FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

ショーベタ コンテスト潜入

 長らくの放置で、ここが在るかも知らずに居た。
「死んだんじゃないか?」と思った人も居たらしい。
一応生きてるから… 

 ここの画像アップがあまりにもタルく、イヤ気がさしていた。
やたら画像が多いからなんだが、「百聞より一見」言う。
 折悪く、ログインできない日が続き、本館にも繋がらない。
何度やっても「パスワードが違います」って、なんやの。
すったもんだして、新サービス移行アドを取った翌日、ここも本館も繋がった。
 ムッキーっ!! これが9月頃の話。

 で、ネタも含めて本館に移行、ここは消してしまおうかと思っていた。
あまりサイト増やすのもアレなんで、インコは別フォルダで上げようと思っている。
idとパスワードばっかでワケ判らん。
 そういえば、ウチの北館あるのか知らなネ…
誰か暇な人居たら、ウチの北館の画像確認してちょ!
 とりあえず、ワンコ館は在った。…と思う。

本日、県内某所でショーベタのコンテストがあるというので、
一度くらいは…と見に行ってきた。

 本館にも載せ難いカテなので、ちょっと載せてみようかと思いついたんだが、
やっぱり画像アップがメンドクサイ。
上げた積りが、「失敗しました」って、ムキ~っ!
 
 ああメンドクサ…
「簡単」とは書かれているけど、「楽」とは書いてないもんな。
しょうがないか。
もしかして、ブログやってる人って、物凄くマメな性格なんだろうか。
 私、カウントなんてどうでもいいし。ブツブツ…


 のっけからの愚痴は置いといて、ベタ画を少し。
初めて見た多数のベタ達は綺麗~~~としか言いようが無い。
水槽の中に花が咲いているようだった。

 ベタを見ていたら、元々彼に会いたくなった。
あの調子のいい人、生きてるんだろうか? 
 ベタのように派手な人だったが、もうあんな風には踊れないんだろうな。
元気でも、白髪ばっかりになってたら、それはそれでイヤな気がする。
 やっぱり会いたくないわ。


 ベタ見後は完全に躁転、帰りは夜道の危険も忘れ、
続くコーナーをすっ飛ばし、いつになく早く帰り着いてしまった。
 鳥も居るし、花も置きたいし、これ以上モノを増やせないしなぁ…
花かベタかと言われたら、春夏なら花、みたいな。


↓某所のショーベタコンテスト会場
こちらは尾ヒレの短い種類 原種に近いヤツ
関係無いが、画像タグの紅い波線ってナニ? こんなんあったっけ。
09oct25003.jpg

ショーベタ 瓶の中で揺れる花びら
09oct25004.jpg

審査が終わった後なので、色々なメモが貼ってあったが、
私はこのテの評価には興味が無い。
他人がどうであれ、自分がそれを好きならいい。
じゃなきゃ、長年あんな車に乗って居られるかい。
 ああ、北海道行きたい… ←愛車=北海道の記憶
いっそ片道って手もないことはないが。
09oct25017.jpg

圧巻過ぎ… 
09oct25005.jpg

タマタマ撮影用水槽に入れられていた(撮影中の)個体
ライトがあるとダークな色でも明るくて撮りやすい
09oct25008.jpg

仕切りを入れた水槽で2匹を対面させ、威嚇させての撮影
09oct25007.jpg

ラベンダーパープル系 グラデがパンジーの花を思わせる
09oct25018.jpg

青白バタフライ 日本海沖と雲の色、夏に涼しげ
09oct25009.jpg

こちらはフラメンコのドレスみたい
09oct25023.jpg

09oct25021.jpg

白も綺麗 こういう感じのドレスもいいね (もう着られんけど)
09oct25011.jpg

どの色も全部綺麗だけど、一番の好みは淡いブルー系↓
青い芥子の花みたい
09oct25025.jpg

09oct25015.jpg

 全く関係ないが、淡い水色に惚れて買ったインコが、
最近、頭の端から黄色味を帯びてきた。
羽が生え変われば、多分、全身緑系に変わると思う。
水を連想させる名前として「睡蓮」って付けたんだが。

「結婚したら嫁が劣化した」という男のキモチが少し判った気がする。
09oct23001.jpg
このページのトップへ

クラウンテールの嫁

 ウチのベタは8匹居る。
パステルが死んだから、本来は7匹になるのが正解だ。

 実は、先週の外出で、クラウンテールの雌を見かけ、
嫁にしようと思い買ってきた。
ベタの雄は近所のホムセンにも売ってるが、雌は意外に売られていない。
クラウンとなるとさらに売っていない。
 それで雄に合う体格となると、さらに確率は減る。

 繁殖させるかはともかく、ウチの雌ベタ2匹の仲がビミョーなので、
力の均衡をとるため、もう1~2匹居るといいなと思っていた。
2匹だと喧嘩が激しいが、それより多くなると対戦相手が分散するんだと思う。
 
 
 小柄でライトカラーの可愛い子が居たのでソレを…
できれば、雄のような綺麗青系がいいんだが、
そこまで限定すると相手が居なくなってしまう。
09june25004.jpg

 雌は、ヒレが小さく、パッと見、あまり種が判らないが、
小さい尾びれにクラウンテールの特徴が出ている。
09june25016.jpg

小柄なので、どう考えても、ハーフムーン2匹にヤられてしまいそうだ。
二日ほどは別容器に入れ、その後、雌ばかりの容器を作ってみたが、
意外に喧嘩がヒートアップしない。
 
これ↓はプラ容器だが、
その後、そろそろヒーターも要らないし、小型水槽を買ったばかりなのに、パステル死亡…
今は、雌たちがその小型水槽に入っている。
09june25009.jpg

こんなに体格差があるのに、クラウン嫁は動作のすばしこさでかわしてしまう。
っていうか、2匹目にきた雌、大きくなり過ぎて合う雄が居ないんだけど。
(↓右下の子がクラウン雌)
09june25012.jpg

 クラウン雄は、いつの間にか、ウチのベタの中で一番元気で派手になった。
体はあまり成長した感は無いのに、ヒレが凄い。
フレアリングしてない通常時でコレ↓だし。
09june25024.jpg

 「ヒレが切れ込んでいるため、破れる個所そのものが無く、扱いが楽」
という記述をどこかのサイトで読んだが、ホント、その通りだ。
09june25026.jpg

 雌容器を並べると、クラウンは全身を激しくうねうねさせながら泳ぎ回る。
他の雄ベタと合わせてもそうだ。
ハーフムーンは、ヒレは広げるが、そのまんま水中に静止していることがほとんどなのに、
この違いは、やはり若さ?


 クラウンは、このガタイのいい雌↓に惚れてるようだった。
09apr17015.jpg

 種類云々は置いといても、体格差があり過ぎて物理的に無理。
一見しても、雌の方が体が大きいのだから。
 しかし、相手の雌も、クラウンが気になるらしく、隣同士の区画に入っていた時は、
しょっちゅう覗きあっていた。
 
 やっぱり、一番元気に求愛ダンスをするからだろうか。
他の雌も、クラウンのダンスを見ているし、男は押しが第一?
まあね、勘違いな押しも困るんだけどねぇ…

クラウン ディスプレイ中
09june25032.jpg
このページのトップへ

ベタ パステルブルー死亡

 一番お気に入りだったベタが死んでしまった。
今月初め頃、僅かに異変が見られ、やがて腫瘍みたいになり、
それでも普通に食欲はあった。

エロモナス症とかエラぐされとか調べても、どれも感じが違う。
ウチのベタは、水槽に仕切りを入れて飼ってるし、
時々、モスマットもシャッフルする。
千切れたモスは、集めておいて、新たに造るマットに植えてる。

 感染性の病気なら、隣のスペースの子や、
モスからも掛かるハズだがそういうこともない。
単に症状が出ないだけかも知れんけど。
水替えは、変わらずキチンとしている。
芥子見に行った時も、帰ってから替えた。


 水安定ということで、マジックリーフとか、
塩浴とか、グリーンF薬液とかも使ってみたが、
この数日は餌も食べなくなり、その割に腹が膨れて(腹水?)水底でじっとしていることが多かった。
なんとなく、「もう助からないな」と思った。
 ダテに魚の居る家に育ってはいない。


 この状態で薬液に付けてもいいものかとも思ったが、
何もしないよりはマシかもと漬けていたが、やっぱりダメだった。
 朝見たときは生きていたが、昼過ぎに見たら死んでいた。
昨日植えたテイカカズラの(←花屋で買ってきたもの)根元に埋めた。

 綺麗な子だったのに、短い付き合いだった。
↓ありし日のパステルブルー
09may01047.jpg

初期の状態
寄生虫らしいものは見えなかった
09june13002.jpg


 純血のハーフムーンは弱いものなのか、
もう一匹の子は、背びれの付け根に腫瘍みたいのがある。

 元々おっとりした子なので、普段から元気は無い。
特に、嫁候補にボコボコにされてからは、あまりフレアリングもしなくなった。
DV嫁に食いちぎられたヒレも再生中、食欲も普通、
まあ、すぐ命に拘わることは無いだろう。
 09june25019.jpg
 
 3月頃、白い点のような模様に見えたソレは、
次第に大きくなったが、他に転移することもないようだから、
イボみたいなものじゃないかと思っている。

 外科的切除という手もあるみたいだけど、
ヒレの付け根なので、切りとる場合、ヒレ自体を切るしかなく、
普通に考えても、ヒレの再生は出来ないと思う。
09june13005.jpg

 ヒレが切れてしまった子は、かなり再生してきたが、
この子も、前ほどは覇気が無い気がする。
 というより、前ほどチャカチャカしなくなったというか…
09june25038.jpg

 ロイヤルマルチブルーの子は、一向に成長しない。
最近はベタを見せてもフレアリングしなくなってしまった。
トシをとったベタのように、1日中、隅でぼーっとしている。

 画像が汚いのは、色がダークなので室内では綺麗に撮れないから。
09june25037.jpg

 以前から居るトラベタ 
これも、元気が無いのか普通なのかよく判らんが、病気はしていない。
そろそろ寿命でもおかしくはない。
 とりあえず、普通に食欲はあり、ガタイの大きさは一見でも一番だ。
改めて、トラベタは丈夫だと思う。
09june25036.jpg
このページのトップへ

ベタの寝ぞう

 「夏も近づく八十七夜」ってことで、ウチの茶摘みが始まったもよう。
微かにアオバズクの声が響いている。

 暑いと思って布団を変えたらうすら寒い。
かといって、せっかく片付けたモノを引っ張り出したくは無い。
 昨夜なんて、梅雨みたいにムシムシだったのに~



 さきほど自室に戻ると、ロイヤルベタ↓が、
09apr23b035.jpg

二つ折れになり、頭から水底に刺さるように沈んでいた。
こんな↓風に…
09may13beta.jpg

 色は褪め、口をバカっと開けたまま、エラ蓋も動かない。
ヒーターは正常、水槽をトントンとしても無反応。
…死んだ? なんの前触れも無しに?
うそ~っ…

 思いあまってスポイトでつついたら、モゾモゾと動いた。
寝てたのか… って、紛らわしいカッコで寝てくれるなよ!
その後、別の場所に移動して、また頭から突き刺さっている。
酷く不自然な格好で…

 
 起きてると見えたクラウンに、餌を与えても反応無し。
おまいは、水面で各ヒレ広げたままで寝ているのか。
疲れないか?ソレ。


 苦労して造ったモスマットを、意図どうり、
ベッドとして使ってくれているのは、後から来た雌一匹のみ…
09may13beta2.jpg

 アイツら、ホント、ワケ判らん!



 ついでに、親戚宅の金魚達
あまり餌を貰えないため、人が寄ると、「餌くれ!」ダンスが凄い。
 それにしても、口がデカくて怖い。
09may06a062.jpg

 中の出目金が一匹、この連中に片目を食われてしまったそうだ。
そこまで飢えてるってのも…
09may06a065.jpg

09may06032.jpg


本館制作遅れで載せるタイミングを外してしまった花↓
同親戚宅のイワカガミ
09may06009.jpg

09may06056.jpg

09may06058.jpg
このページのトップへ

ベタ水槽 またヒーター急逝

 またヒーターが逝った。
一昨日の夜くらいから「ビミョーに水温が低いな~」とは思っていたんで、
調節ダイヤルを上げてみたりした。
 
 まさか、コレも壊れるなんてナシだろう。
同時期に買ったヤツだが、こちらは、二月にトラのラベンダーが逝ってから、
暫く遊んでいた=使用期間が短いハズ

 そして、昨夜には、水温計が20度くらいになっていて、ベタ達も餌の食いが悪い。
一応、他の水温計で計ってみたが、やはり水温計は合っているもよう。
試しに、室内置きのペットボトル入り水を計ってみると20度。
つまり、全くヒーターが効いてないのだ。

 電源ランプは、指定温度内であるという緑色が点灯している。
通電しているけど、センサー壊れた?
先月逝ったヒーターも同じ症状だった。

 手動水温設定可のヒーターなので、
サーモ内臓のオートヒーターよりも高性能だと思って買ったんだが、
高性能=長持ちというワケではない。
 小型水槽用に探した25Wのものだから、寒地の冬に負担が掛かったのだろうか?
 

 にしても、半年足らずしか持たないのか~…
コスパ悪過ぎだろコレ
それより前に、近所のホムセンで買ったオートヒーターは未だ現役なのに。

 とか言ってても、水温が上がるわけじゃない。
前回壊れた時の経験で、予備のヒーターは買ってあるが、
今期はもう要らないものだと思ってたから、メンドクサイのだ。

 今は20度でも、明け方になるともっと下がるハズだ。
仕方ない。 交換するかぁ…


 とはいえ、その予備は、このサイズの水槽には、ちと大きいのだ。
なぜって、ワンサイズ上の水槽でも可なようにと、少し大き目のを買ってみたのだ。

 サーモ付きなので、湯になってしまうことは無いハズだが、
出力の大きい分、表面温度も高いハズ。
 以前近所のホムセンで買ったオートヒーターは、最小の30W、
対し、こちらは50Wである。

 コイツ↓が、以前、ヒーターと仕切り板に挟まり、
煮魚になりかけていたことがある。
 09may07006.jpg

 直後、配置を替えはしたが、何かの加減で仕切り板を超えていかないとも限らない。
破損していたヒレも再生しかけているが、ホント、行動予測不可能なヤツ等なのだ。

↓ダークブルーなので、色が綺麗に出ていないが、もっと綺麗な青
09may07011.jpg

 で、急きょ、例の園芸用ネットを使い、ヒーターカバーを作った。

 ネットを適当な太さに丸め、紐で括り、鍋で数分煮ると、丸い癖が付く。
取りだして水で冷まし、あとはヒーターに合わせてカットするだけ。

…ではあるのだが、ヒーターにも汚れが付くから、カバーをササっと外して洗いたい。
熱処理で丸くなっているが、それを何度も開いたり閉じたりすれば、
巻きが緩くなっていくのは当然だろう。
09may07002.jpg

 ヒーターのキスゴムを度々外すにも面倒だし、
そんなことしているとゴムが緩くなる。
 ならば、カバー端を留めずにおいて、
巻いて、端を何かで引っ掛けて留めるようにすればいい。

 空中ならば、その辺のワイヤーで固定すればいいんだが、
水中では錆びるハズ。
 何か無いものかと考えた揚句、思いついたのは服のホック。
しょうがないだろ、繊維業界人なんだから。

09may07001.jpg
 
 ブツは、ワンピのファスナー開きの上端とか、
ベルトレスデザインのスカートファスナー開きの上端に付ける、
小型の「スプリングホック」というヤツだ。
 反発力があるから、普通の鉄製ではないと思うんだが、
もし鉄だったら、また何か考えよう。


 コレ(↓画)の鉤側のを、テグスで留める、というか、縫いつける。
んで、ネットに引っ掛ければ留まるハズだ。

テグスは透明なので、夜は激しく見難い。
位置が悪かったり、変なところに引っ掛けて縫っていたりと、
何度も付け直し、イヤになった頃、ようやく完成。

 ついでに水替えもして動作確認完了、
今のところは煮魚にもなっていない。
09may07057.jpg

 ついでに、フレアリング中を…↓
ショーベタは、こうしてヒレを開かせないと、
ヒレがくっついて開かなくなってしまうのだそうだ。
 
 鏡を見せるのもアリなんだが、
最近、鏡に反応しなくなったヤツが居るので、
水替え前に、別の水槽を合わせることを思いついた。
09may07051.jpg

 若い子は元気がいい分、動きが激しい
少し前、水替え時にヒレが裂けてしまったが、既に再生を始めている。
09may07049.jpg

 映った自分を威嚇するという勘違いも多いようだが、飼い主はこっちの方が楽。
09may07047.jpg

 一番後に入ったクラウンテールだが、 
自分の倍もあるパステルブルーにケンカを売り放題

儚げなルックスのパステルブルーだが、容赦無し!
(やっぱり薪さんだよ…)
09may07018.jpg

 クラウンには、体格差なんて感覚は無いようだ
09may07037.jpg

↓薪さん、少々疲れた様子
09may07036.jpg

クラウンは、最近、腹ピレ先端に赤色が指してきた
これからも色が変わっていくんだろう
09may07022.jpg

09may07029.jpg

09may07044.jpg
威嚇顔が、全く怖くないどころか、面白い顔にしか見えないのは、
やはり、種族の差?
 早く大きくなってくれ~
09may07043.jpg

このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する