Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

階段から落ち、ダサい靴下を買った

 長年、アパレル界で(の末端の末端だが)生きてきた私は、
自称、お洒落なタイプだと思っている。
そんな私が、滑りどめ付きの靴下を初めて買うはめになった。

コレだ↓
12nov02007.jpg


 冷静沈着を自称する私は、そそっかしい人は嫌いだ。
つまり、自分はそそっかしい人間ではない、と思ってるわけだ。
サザエさんとか(←実在しないが)そそっかしい人の代表的なタイプだろう。

 好きか嫌いはともかく、
このところ、サザエさんを通り越し、
ドリフのコントのような怪我が続き、自己嫌悪に陥っている。
 基本放置プレイのブログを、この数日、連ちゃんで書いているのは、
その怪我でマトモに動けないからだ。

 半月ほど前、思い切りコケて左足親指付近を強打し、
近所の内科医院へ行くはめになった。
怪我なのに外科じゃないのは、単に外科が遠いからに過ぎない。
 何がどうって、田舎で一番困るのが病院関係だろう。

 
 足の腫れがひき、まだ充分に痛いが、
なんとか靴が履けるようになり、
やれやれと思った矢先のことだった。
 あろうことか、先日、自宅の階段から滑り落ちてしまった。
 
 階段を降りるさい、
真ん中からやや下付近で、足がズルっと行ってしまい、宙に浮いた。
足が痛いから、些細なことでも支えきれないのだ。
あっ、やべ~~!とか思っても、所詮、重力に逆らえず…
 
 滑り落ちる僅かな時間に、
「あ~、ようやく足が治ってきたってのに…
これ、背骨とか折れんじゃね?
良くてもズレるだろなぁ… 頚椎もイッてしまうかも…
明日、カイロプラクティックに行く程度の余力は残るんだろうか」
…などと考えたのを覚えている。

 その間にも落ち続け、
最後は、階段の下にある小雪のトイレに突っ込んで止まった。
そのさい、治りかけの左足を再びガン! カンベンしてくれよ…
 階段落ちって、そそっかしい人の代表的な怪我じゃまいか…

 耳がキーンとして音が消え、やったら全身が痛かった。
落下の音に駆けてきた小雪がギャンギャン鳴いていた。
動けねーよ… どこが痛いのかも特定できないくらい痛い。


 その1Mほど脇で、母が婆友と電話していたが、
私が落ちたことにも気づかず…
後で言うと、「音がしたのは判ったけど落ちたとは思わなかった」
 つか、落ちたままのカッコで動けずに転がってるんだけど?
いくら年寄りは周りが見えないったって、
うちの家族は、私がその場で死んでても気づかずスルーしそうだ。


 そうして暫く転がってると、どこが痛いか判ってきた。
まず指を動かしてみる。
次は腕…
 てな感じで、とりあえず、脊椎は繋がっていることが判った。

 で、激痛が治まるまで転がってて、
暫くのち、恐る恐る服の下を確認した。
 寒かったから、長袖の婆シャツ着ていたのに、
右腕の肘が擦りむけて流血していた。
とりあえず折れては居ないようだが痛い。

 次、右のわき腹。
洗面所の鏡に、バーコード状態のあざというか、打撲痕がくっきり!
ひえ~~!! 洗濯板みたい。←世代が判る
 幸い、肋骨は外れ、腹の肉だけで済んだようだが、広範囲で痛い!

 とりあえず流血部に絆創膏を張り、その上から湿布を貼った。
肘はともかく、わき腹は、湿布が二枚要る範囲を摩り下ろしていた。
服着てるのに、こんなに擦れるのか…
階段、恐るべし!!
 タマタマ、コンデジを首にかけていて一緒に落ちたが、こちらは無事だった。

 当然、その後は何も出来ず、どうにかこうにか小雪の散歩には行き、
ヤケクソと自己嫌悪で、
犬仲間に、起きたばかりのネタを提供したら、
また落ちたんか!」
この前はコケたの! それで足が動かないから落ちたんだよ!」

 とにあれ、昨夜の風呂は、湯がかかっただけで激痛、
寝ると背中が痛いからうつ伏せ限定。
後でわかったが、当然の如く、尻も思い切り打っていた。
当然、寝ても座っても痛いとゆー…
 右半身を打ったってことは、捻って落ちたわけで、翌日は首も痛くなっていた。

 てなわけで、靴下と階段の恐ろしいコラボを実感した私は、
今日、痛む体を引きずり、滑り止め付きの靴下を買ってきた。
微妙すぎるが、背に腹は変えられない。

まあね、多分、夏なら体ももう少し反応よく動くんだろうけどさ…
「週末には11月下旬並みの寒さになるでしょう」…てさ?
冬は体が動かなくてイヤだね。

 さすがにヘヴンも花を開けなくなってきた。
12nov02015.jpg

12nov02016.jpg

 そろそろ霜が降りそうなんで、
試験的に露地植えにしたニオイバンマツリに保護キャップをした。
 翌日の今日、見たら、思い切りへこんでいた。
犯人は猫のようだ。 それにしても、使えないヤツ。
12nov02018.jpg

状況証拠画
12oct20010.jpg

12oct20009.jpg

12oct20011.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

あらららら、、、

階段から、、、ですか、、、
骨が折れていなくて不幸中の幸いでした。
折れていたら大変ですものね。
気をつけてくださいねぇ~
私も3ヶ月前に転んで今でもまだ膝の傷が治ってません。
年齢と共に注意が散漫になるのかしら?
お互いに注意しましょう、、、って
リコさんは私よりズーーッと若いのだからね!

子供達がハイハイする頃一人一回は落ちてました。
今思っても怖かった!
私は高校の入学式の前日
学生服の入っている箱を両手で抱えたまま
1番上から下までお尻で降りてきた思い出があります。

お大事にしてね。

mocomocoの靴下今大流行なんですよ
  ↓
http://store.shopping.yahoo.co.jp/capito/o-w10-31-700.html
若いこの間ですごい事になっているって
テレビで見ました。
確かに暖かいしいいですよね。
私も若いこのまねをしてこの冬モコモコにしようと思ってます。

ヘブン1本だけ残したけど
蕾のままでもう咲けません

  • 2012/11/05(月) 01:27:50 |
  • URL |
  • さっちー #8G22hESc
  • [編集]

Re: あらららら、、、

 家での死亡事故の一番でそ、階段は。
その次は確か風呂。←私もよく滑るし

以来、怖くてダサ靴下が脱げないリコリスです。

脇のバーコード痣が真っ黒になってます。
尻の痣もくっきりですよ。
どんな虐待よ?みたいな感じ。
 いっそ、自虐ネタで画像上げようかと思ったけれど、
角度が悪くて撮れませんでした。

> リコさんは私よりズーーッと若いのだからね!
いや、在る程度の年齢超えると大差なく思える…
同年代、足が痛いだの腰が痛いだのと、年寄りみたいな話ばかりです。
 若い頃、会社の寮の階段から落ちたときは、
「いて~」くらいで、普通に仕事できたのに、
婆になると受身が取れないんですよね。


> 子供達がハイハイする頃一人一回は落ちてました。
幼児は体が柔らかいから意外に大丈夫らしいですよ。
>
> mocomocoの靴下今大流行なんですよ
>   ↓
> http://store.shopping.yahoo.co.jp/capito/o-w10-31-700.html
> 若いこの間ですごい事になっているって

この綺麗色では年齢オーバーだから
外から見えない毛糸のパンツくらいにしておきます。
靴下でなく、タイツに滑り止めのついたものは無いんだろか…

> ヘブン1本だけ残したけど
ヘヴン、蔓ごと切って室内に活けるのも手ですよ。
「生リース」ってのもアリらしいです。
> 蕾のままでもう咲けません[/色]

  • 2012/11/06(火) 02:24:56 |
  • URL |
  • ナツズイセン #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/908-5443b14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012/11/13(火) 04:55:30 |
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。