Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

追憶

 この数日でぐっと寒さが増した。
晩秋から一気に冬だ。

空の雲は真冬そのもの、辺りにはユキムシがふよふよと舞っている。
木蓮が時間を追うごとに裸になっていく。
11nove17004.jpg

葉を落とした枝先には来期の花芽が沢山ついている。
11nove17006.jpg


あのヒマワリはどうにか頑張っているが、
冷たい風に吹かれ、身を縮めている。
11nove17008.jpg

睡蓮蜂に居たアオメダカたちは、
低温期になってから、水面に上がらなくなり、餌も食べなくなった。

 今日、アオメダカを、近所の親戚宅へ養子に出した。
なにぶん、大雑把な爺なので、ここへ出す気は無かったが、
その後、大き目の水槽にヒーターが装備されていたから。

その後、コウホネ池に取り残されていた二匹を確保、
これも追加で養子に…
どのくらい生き残るだろう。 
なにせ、あの爺はウチから行ったグッピーを一週間足らずで全滅させた過去がある。

しかし、まだ畑の睡蓮桶には、ヒメダカが20匹以上居るのだ。
どうしよう…
↓アオメダカ
11nove17011.jpg

この時期は、風が強い日が多く、
一夜明けると、残っていた傘も裸になっていた。
11nove17001.jpg

 古い傘を一本立ててみた。
霜除けといってても、もう、ほとんど意地。
11nove17017.jpg


線路脇に咲いた、時期外れの小さなコスモス
毎日のように歩いていたここを通ることも減り、
ついで、こうした花が咲いていても気づかなくなった。
11nove17016.jpg

11nove17015.jpg

11nove17013.jpg

去年の十日頃
風景は似ているのだが、どうしても足りないものがある。
10nov10005.jpg

 その不足分を求める同志、一頭…
今日、またも、散歩途中で「アナに会いに行く」と飼い主を引っ張ってやってきた。
どう思ってるんだろうね。 何度来ても居ないアナ…
 「死」が理解できるのと出来ないのは、どちらが不幸なんだろう。
11nove17010.jpg

このポメの飼い主と、「たら れば」話しをした。

「ポメの子供を作ってから手術すれば良かった。」
「アナと? 5~6頭生まれるから、飼い主二軒で折半ね、三頭ずつよ?」

「そ、それは困る… (金銭的に)」
「けど、他所へホイホイ渡せないやろ」

「う~… 」
「でも、ほんとに、子供をとっておけば良かったね~」
 今となっては、遠い夢物語だ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/828-51f2dd0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する