Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

重なる想い

知人宅のシェルティ「との(殿)」の容態が悪くなったと聞き、
出たついでに寄ってきた。

 私を見て立ち上がろうとするが、すぐに腰が落ちてしまう。
この前… 初夏頃までは激しく吼えたのに、その力も無い。
後ろ足がダメ。
それでも、支えられながら、外へトイレに行っているらしい。

 昨日も抗がん剤を入れたばかりだそうだ。
副作用もアレだし、
今さらと思うのだが、薬入れないと、ますます状態が悪くなるんだと。
 11oct11c007.jpg


 見るからにアレなのに、痩せているわけでもない。
ステロイドが入ってるのだろう。
量は減ったが、肉などは食べたがるそうだ。
 

 先々代のジュリアがそうだった。
当日の朝もゴハンを食べ、
昼、いつものジャーキーを一枚食べ終え、
二枚目に口をつけたところで意識が遠くなった。
 なので、全く痩せず、艶々とした毛のまま、日付が変わる少し前に逝った。
だから、ジュリアの死は、割と早めに納得できたのだと思う。


 アナは、食べ物を採れなくなり、干物のようになって逝った。
十日前の検査でも特に難は見つからず…
 そのうえ、一晩で、体の中のものを全部出したから、
アナの遺体はますます軽くなり、腕に当たる骨の感触が哀しくて…

この「殿」は、
我家のジュリアとアナの二代に渡って生きている。
両方とも会ったけれど、仲良くなれそうになかった。

11oct11c005.jpg


小母さんは、かなりストレスが溜まっているようだった。
そりゃそうだ。
「間違いなく死ぬ状態」のときは、
「いつ死ぬか…」と、常に追われるキモチになり、気が休まるときがない。

変な言い方だが、死んでしまうと、
悲しくてどうにもならない反面、切迫感からは開放される。


「殿」は、すぐに横になってしまう。
呼吸が深い。
生き物が死にかけたとき特有の…

私の経験からなら、今夜も危ないように見えるが、
この「殿」は、「春までもつかどうか」と言われながら、夏を越えたヤツだ。
しかも14才超の高齢、甲状腺系の薬も何年も飲んできた。

 長引くと、飼い主的にはキツイものがあるが、
他所のシェルでも、できれば、生きててくれるほうが嬉しい。

 …とか思う反面、
もし、私が地球を破壊できる権限や方法を持っていたら、
多分、ソッコーで破壊する。
ヤケクソなキモチがそのくらいには続いている、ということで。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/806-2a95919c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する