Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

紅い満月 アケボノソウ

 古い少女漫画を買った。
雑誌掲載時にも読んでたはずだが、細かいところは忘れてしまった。

そのなかで、
「200万光年離れた星へワープ移動が出切れば、
200年前の地球が見える」という論理から、
その星へ行き、特大の天体望遠鏡で、過去の地球を見るシーンが出てくる。
 
そうして、今は亡き、愛しい人の姿を視る。
(視る本人は透視能力を持っている設定)

実際、遠い星の光が地球に届くには百年単位の時が要るので、
瞬間にワープ旅行が出切れば不可能でもないような気がする。
出来ないから見られないのだが。

 もう居ない人の姿を見るとか、
羨ましいような、羨ましくないような…
(見ることはできても、現実には居ないから)



 夕暮れ時、戸外へ出ると、
稜線から、いやに赤い色の月が覗いてた。

 急いでカメラを取りに行ったが、
紅い月はほぼ出た後だった。
11oct11014.jpg

 平野で見たら、さぞや大きく感じるだろうな…
出たばかりの月が大きく見えるのは、ただの錯覚だそうだが。

↓月の下側に掛かるのは、ゴミなどでなく、稜線の枝葉。
11oct11013.jpg

11oct11016.jpg

月の周りを虹のような帯が取り巻いていた。
数日後の雨予報だろうか。
11oct11020.jpg


 出たついでに、ドライ素材のコケを採りにいった。
…って、こんなん書くと普通に元気そうに見えるな。

 行動すればするほど、夜の反転が深いという副作用つき。
自室に上がってPC点け、パタン、そのまま午後11時過ぎまで目覚めないことも普通。
 ふん、熊にでも出くわして「事故」でも起きればいいのさ。
ヤケクソで、その瞬間まで撮ってやるわさ。


 アケボノソウが咲いていた。
「花びらの点々模様が明け方の星に見えるからアケボノソウ」って、
アンタ、それどんだけ遠回りなこじつけよ?
11oct11012.jpg

 「ツライ日々でも、いつか朝がくる」とか言われても、
別にぃ~ 朝がきて欲しいわけじゃないしぃ~

こんな言葉で救われるって、一体、どんな人なんだ。
そういえば、ウチの母とかは何か言って欲しいタチのようだ。
言葉で救えるような状態なら、誰も死なんよ…

 マッチ売りの少女だって、
幻でなく、本物の食事が出てくれば生き延びたはずだ。
どんな場合でも、私は現実主義なもんで。
11oct11010.jpg

11oct11009.jpg

今期は、なん年かに巡る、ドングリ類の凶作の年に当たるそうだ。
熊だって、生活に困るよね。
山歩きは要注意だな。
11oct11008.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/805-912c8a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。