Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

フジフィルム FinePix HS10 購入顛末

 ワンコが逝ってからというもの、
定期的に外へ出ることもなくなり、
同時に、写真を撮る機会も半減以下となった。

が、オク出品にデジカメは必須だ。
現行機(だった)ミノルタ A1は、
昨年初冬頃から、色々と不具合が強くなってきていた。

固まるのは珍しくなかったが、
シャッターボタンが利かないときもあり、
電池もそろそろ寿命ときている。

マズイな~…と思いつつも、
条件に合う後続機が無かった。

ローアングル撮りが多いのと、
生来の面倒がりにて、バリアングル液晶は必須。

しかし、一眼はもうイヤ。
レンズ交換なしで広角から接写までいってくればいいが、
(↑それはもはやレンズ交換カメラとは呼ばない)
やたらに荷物ばかりが増える。
長期旅行のときなんて、車のトランクの三分の一がカメラ機材だった。


 昨今は、一眼の値が下がったため、
なんでもかんでも一眼が一番!みたいな風潮になっているが、
本当に必要な人ってどのくらい居るんだろう。
 「長年一眼使ってて懲りた」という、
私みたいなパターンは案外多いんいじゃないかと思う。


 少なくとも私は、そこまでシビアな画は要らない。
年に数枚、せいぜいワイド四つ切サイズでプリントに出す程度だし。
ちなみに、今期伸ばしたのは、全部、ワンコの遺影のみ… 
 これじゃ、撮る意欲も無くなるって。


 で、キャノンとニコンで、
バリアングル液晶機が出たのを知ったのが1年前くらいだったか…
実機を見たが、キャノンのほうは、バリアングルの動作に二段階要り、使い辛い感じ。
言い換えれば、自分撮りをしたい人にはあっちのほうが向いているだろうと思った。

ニコンのほうは上下動作だけなのでさっと使える。
本体も軽くて、店でもこちらを勧められた。


 しかしだ、二機とも、当然のように電動ズーム機なのだ。
電源ONでレンズが繰り出すアレ。
 一見楽そうなんだが、
ズームリングが、サッと動き、思った位置でピタッと止まらないのがタルい。
この辺は、長年の一眼使いだからこそ感じるタルさだと思う。

 沈胴式レンズなので、先端部に、ねじが切ってない。
…というか、多分、自動でレンズが引っ込んでしまうため、ねじ山を入れられないのだろう。
なので、保護フィルターとか、フードとかを付けられないという難がある。
カメラを日常的に使うものにとっては、保護フィルターは必須だ。

過去、一眼をレンズ部を下に落としてしまったことがある。
ガシャンという音に、「終わった!」と観念したら、
フィルターが割れただけで済んだ。


 悩んだが、まだA1は十分に元気だったので、
まあ、どうにもならなくなってからでいいや…と保留。
なんたって、機械的な操作感が使いやすかったからだ。


 そうしている間に月日が経過、
タマタマ、どこかで、手動ズームでバリアングルのがあることを知った。
ふ~ん… 
これならいつでも買い換えられるわ。
(次代に変わっても、装備は変わるまいし)
 と、また保留。 なにぶん、資金に余裕がないのだ。

 撮るのが趣味というより、オク用に近くなっているので、
もはや仕事用みたいなもの。
そうなると、買う楽しみというものが無いのだ。
親バカ記録対象のワンコも居ないしね。


 それから数ヶ月、ブクマしておいたページを見ると、
既に生産終了。はやっ… しかし、まだ在庫を持っている店もある。
後続機は微妙に評判が良くない。

 微妙な値段のヤフオク中古と、
某比較サイトで価格比較をチェックしていたら、
ある日、最安値の店のクチコミが載っていた。

 台数限定か…しょうがない、ここで行こう! 
送料も無料だし、この値段なら、付属品を買っても、オクの中古と大差ない。
てなわけで、その夜のうちにポチった。

FinePix HS10
有効画素数 1,030万画素
撮像素子 1/2.3型 裏面照射型CMOSセンサー
 ←CCDとの差が解っていない

 
フードは別売で取り寄せだった。
皆、あまり使わないんかね?私はレンズ保護の意味でも欲しい。

レンズキャップつけるの面倒だから、
黒いバッグに入れて、光が入らないようにして持ち歩いてるので、
フードがついてると、フィルター面とバッグが接触しなくてよいのだ。

撮影の都合でフードは外している。
ちなみに、フードは、安っぽい、ペラペラのプラだった。
万一、踏んだりしたら一発だろう。
まあね、当時10万越えの贅沢仕様のA1と比較にはならんわな。
11sep09003.jpg

ズームは凄いが、ズーム側はレンズが暗いので、
私の使い方では、あまり実用的ではないと思う。

名称 フジノン光学式30倍ズームレンズ
焦点距離 f=4.2mm~126mm
(35mmフィルム換算:24mm~720mm相当)
開放F値 F2.8(W)~F5.6(T)
絞り F2.8~F11(W)、F5.6~F11(T) 1/3EVステップ 手動/自動切り換え

11sep09m003.jpg

 バリアングル液晶は、ズボラ~には必須装備
年代の差が液晶画面の大きさに表れる。(老眼にはありがたい)
 しかし、グリッド表示は装備されてないようだ。
11sep09001.jpg

前機のグリッド表示画面↓
私の癖か、たいてい、左側が水平から下がるので、これで水平取っていた。
(しかし、それでも傾くとゆー…)
11sep09da1a003.jpg


 PCのようにピカピカ液晶なため、
戸外でチルトさせると、反射して何も見えん…
一緒に買った保護フィルムもピカピカ透過。

 ノングレア液晶って、実にありがたいものだったことを知る。
その後、反射防止フィルムを探して張り替えた。
11sep09008.jpg

撮影可能範囲(レンズの先端から)

標準:[広角]約50cm~∞、[望遠]約3.0m~∞
マクロ:[広角]約10cm~3.0m、[望遠]約2.0m~5.0m
スーパーマクロ[広角]約1cm~1.0m
クイックショット:[広角]約2.0m~∞
クイックショット:[望遠]約5.0m~∞


11sep09009.jpg

 デジの専用電池は高価なので、
「単3形充電式ニッケル水素電池×4本」というのはありがたいが、
以前使用していた「DIMAGE7」の電池食らいのトラウマがある。
なにせ、中古買いの本体よりも、電池代のほうが倍くらい掛かったのだ。

 あまりに電池食いなので、最高容量の2600mahの電池を二組買ったが、
一年も持たず…
後に、容量の高いものは、寿命も短いのだと知る。
 あまりに電池代が掛かるので、一年くらい使ってA1を中古で買った。


てなわけで、とりあえず、エネループをワンセット一緒に買い、
使用してみたら、使える範囲と判断。
その後、もう一組を追加購入。

四本もあると、交換のさい、間違って混ざってしまうことがある。
以前も、それを懸念して、各電池に記しを付けていた。

 エネループは、地色が白なので、
ふと思いつき、プラス側にアクリル絵の具で花を描いて見た。
購入期が判るようにと、秋の花コスモスを。
11sep22 025

 もう一組は悩んだ。
小さなスペースに描ける秋の花は、ピンク系の花が多いからだ。
それでは区別の意味がなくなってしまう。
 
 かなり無理を感じたが、「とりあえず今も咲いているから」と、
瑠璃茉莉のブルーの花を描いてみたが、
描いた私が見ても、コレをルリというには、かなり無理を感じている。
11sep25 001
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/790-b4a1b754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する