Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

カラスウリ

 親戚宅で貰ったカラスウリの苗が、今期、ようやく開花した。
三年目くらいだろうか…
蔓が伸びてくると、父に毟られてしまうので、今期もダメかと思っていた。

ある日の宵、アナの墓参り時、ふと見ると咲いていた。
蔓は頭上のサザンカに這い、難を逃れたらしい。
見えないところにいくつか咲いていた。

11aug21026.jpg

 まさに、レースのような花びら、
この時点では完全に開ききってはいない。
11sep10028.jpg

 その後も度々見かけたが、なにぶん、闇が降りないと開かない。
しかも、翌朝には完全に萎んでしまう。
ウチの家族は全く気づかない。
 クレオメのように、せめて、夕暮れから咲いてくれればともかく。

 同属のキカラスウリは、これほどには繊細ではないので、
盛夏でも、翌日の早朝くらいまではもっている。
双方とも雌雄異株なため、両方無いと実が生らない。

どう見ても、ウチのは雄株らしい。
雌株は、こんな風に、沢山の蕾は付かないそうだ。
「花を見る」と割り切れば、雄株のほうが沢山花が咲いていいとも言える。

11sep15023.jpg

戸外では、視界角度が限定されるので、
一輪採って、室内で接写。
あの蕾の中にこんなに折りたたまれているのか。
11sep17027.jpg

その蕾
11sep18045.jpg

11sep18044.jpg


11sep17030.jpg

まるで、孔雀が羽を広げたような。
見るからに繊細な仕様だが、先端の糸状部分は、意外にしっかりしている。
11sep17032.jpg

花裏側 
この種の実は、赤い果皮で、大きくても長さ4センチくらい。
葉はマットな質感で、薄く、縁の切れ込みは浅く、のっぺりした感。
11sep17034.jpg


キカラスウリ 7月初旬頃 この種は当地にも自生している。
そういえば、こちらのほうが開花期が早い。
11july01 053

葉は肉厚な照葉、初冬に熟す黄色い実は、長さ10~14センチにもなる。 
上のカラスウリとは対照的だ。
11july01 058

11july01 056

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/780-1d5de52a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。