Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

ン年ぶりの歯医者

 晴天に、ふと思いつき、歯医者へ行った。
「さっさと死にたいし、もう、どうでもええわ」と放置してきたが、
どうにもならなくなってきたからだ。

 町内でと限定すると、今は二軒しかない。(「も」と言うべきかも)
地元で長く開業していた医師は、
十年くらい前、高齢のため引退し、その後、暫くして亡くなった。

 町から車で30分くらい掛かる歯医者へ通っている人も多い。
評判どうのではなく、田舎ゆえ、選択の余地がないのだ。


 以前治療した歯医者は、出来たばかりで、設備は最新だったが、
あまりにも客商売に不向きな医師の性格のせいで、
悪評判が立ち、早々に医師が移転してしまった。
 
 患者の居るところで、助手に当り散らすように怒るのだ。
素人目に見ても、言いがかりとしか思えないような些細なことで。

 初めの頃は、タマタマ、何かで機嫌が悪かったのか、
その助手が、続けてミスばかりしていたのかとも思ったが、
掛かった人は、皆、ほとんど同じことを言うところをみると、
多分、ハナからそういう性格の人なんだろう。

そんなところに居ると、患者のほうがいたたまれないキモチになってしまう。
そうして、客足は遠のいていった。
 偉そうに客面する気は無いが、医師というのは、ある意味、究極の接待業でもあると思うのだが。
(年配の美容師さんも、妙に偉そうな態度の人が居て気分が悪い)


 思いたったら行動しないと、気が萎えてしまう。
同じ病院でも、他の科と違い、オトナになっても、できれば行きたくないところだ。
「初診の予約は半月後」とかね、もう…

 丁度、ギリギリで受付に間に合う時間だったので、
無理やりねじ込んでもらった。
整体で治して間もないため、口も開きやすい。


 前歯の上下に隙間が出来、噛み合わせ云々以前の歯をみた医師は、
「どうしてこうなったんですか」
 
 レントゲン画像の歯並びは奥歯から前側へと、
ドミノのように歯が押され、もとの位置とは程遠くなっていた。
「もしかしたら、下の親知らずが、まっすぐ生えなくて、
他の歯を押してしまったのかも知れない」と。

  どうしてなんて、こっちが聞きたいわ。
どこが自然な噛み合わせのラインなのか、何年も前に判らなくなった。
去年、茹でた鞘エンドウが噛み切れなくて、鏡を見て唖然…
 多分、体の不調が長くて、日常生活のさいにも、始終、歯を食い縛っているから。
 
 力を篭めるような作業は、
奥歯が割れるんじゃないか?というくらい、歯を食い縛らないと力が出せない。
「割れるんじゃないか?」はたとえでなく、時々、奥歯が欠ける。
大きめのジャムの瓶のふたを開ける程度でもそれだ。

 一生歯が伸び続けるげっ歯類とか、
一生新しい歯が生えてくる鮫とか、そういう因子を組み込んで欲しいわ。
 副作用で鮫肌になってもイヤだが。 …大根でも擦るか。

 最近、鈍痛が続くので、気になっていたが、
顎の骨が融けたりはしていなかったのは幸いなのだろう。


 噛み合わせが狂ってるから、くしゃみとかで舌を咬んでしまうことも多い。
加減できないから、思いっきり咬んでて、翌日、舌が痛くて動かない。
なんで?
あっ、昨日咬んだのか。 ←しょっちゅうなのですぐ忘れてる
 
 舌咬みがらみで、
和モノのオヒメ様時代のエピでは「舌を咬んで自害」ってのが定番だが、
あれって、物凄く痛いだけで死なないような気がするんだが。


 色々と、実に鬱陶しい体である。しかも、決定的な重病でもない。
眠るさいにも体から力が抜けないから、安定剤だの眠剤で緩めて寝てるんだ。
 だから、余計に「死んだら脱力して楽だろうな」…とか思うわけだ。


 歯は、 「矯正具をつけても、とうてい治らない」とハッキリ言われた。
判ってるから放置してたんだ。
とりあえず、右側の奥歯だけなんとかしてくれ。

 で、とりあえず、奥歯を削って(といっても、治療した奥歯だが)
高さを合わせることから…ってさ。
 顎関節症の人の場合、少しのことでもどう影響が出るか判らないから、
一挙に大きく変えることは難しいらしい。
これ以上、悪くなりようがない気がしないこともないが。

気のせいか、少しだけ、歯の浮く感じか無くなった。
は~… 暫く歯医者通いかぁ…




 ワイルドイチゴが色づいた。
これは昨日の画なので白っぽいが、今日はかなり紅くなった。
 
 が、現在、二個。
やはり、収穫前提の場合は、十本くらいは植えないと。
11june05009.jpg

 形もワイルドで、いびつ。 長さ2センチくらい。
よいほうに考えるなら、ブニブニな木苺類よりは扱いやすいかも。
11june05010.jpg

11june05011.jpg
 

 てまりてまり、退色進む。
花弁が厚くなってきた。
 綺麗な色のドライを目指すならば、この時期は日陰に置いたほうがいいんだが、
それをすると株全体が徒長してしまう。
11june05013.jpg

 当初の淡い色は、もう彼方へ消えた。
露地植えのアジサイは、まだ蕾が出たばかり。
11june05017.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/752-116b1f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する