Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

白チビ猫死亡

 今朝、白チビが死んでいたらしい。
「らしい」というのは、早朝に見つけた親が、すぐに埋葬したのち出かけ、
帰宅後に、両親の会話から知ったからだ。
 常に、私は猫に感知しないから、黙って埋めたのだろう。

 白チビの小さい頃↓
061025001.jpg

 ちなみに、同じ家に暮らしていても、
この数年、私は親と食事を共にしたことはない。
 さらに、アナが逝ってからは、
極力、人と会わないようにしているため、
家族といえど、ほとんど話すこともない。
 
 世代間のギャップは仕方ないが、
基本趣味嗜好が真逆なため、話題を探すのも面倒くさい。
中でも一番理解できないのは、爺婆たちの長生き思考だ。
 私は一日でも早く終わりたいだけだから。



 白チビは、子猫のとき、我家の軒に瀕死で転がっていた猫だ。
猫風邪で目やにが溜まり、目が塞がり…
 流れで保護したが、風邪は慢性化していて、薬を投与しても治らなかった。

 その母猫は、去年、乳離れが済んだ子猫を残して行方不明。
後に、近所で見つかったミイラのような遺体が、その母猫であったと推測。
 その母猫が、子育てが異常にヘタだったためチビが死に掛けたのだが。


 いずれも半野良なので、犬のようなわけにはいかない。
&それ以前に、私はワンコ飼い(と鳥飼い)なので、
猫たちのことには積極的ではない。
 
 だから、言ってはなんだが、白チビが死んでも「逝ったか…」程度にしか思わない。
アナが死んだとき、ウチの親たちが他人事みたいだったと同じく。
 むしろ、母のヒステリー原因が一個減った分、気楽。
(母は、自分の気分で猫を構い、都合が悪いと当り散らす)

 

 白チビは、一応、ウチへ集まる猫たちのボスだったようで、
よく喧嘩をして、しょっちゅう怪我していた。
つまり、あまり強くないのだ。

 このところ、やせ細り、何も食べない日が続いていたので、
長くはないと思ってた。
 怪我や病気の際、母が「猫が猫が…」とブーブー言うので、
「じゃ、病院へ連れて行く?」というのだが、答えは否。
ならば黙っていればいいやん。 

 喧嘩も、猫自身には事情があってのことなんだし、文句あるならちゃんと飼えばいい。
くどいが、私はアナのアルファだから、アナ優先だ。当然だろう。


 常ではないが、猫は家にも結構出入りしていた。
一見、アナと仲良く寝ているが、実は、アナの意図は縄張り保守。
アナの常駐区画に猫が来るため、アナが無理やり割り込む、結果、仲良し画
07dece200030.jpg

 元々、アナは、この近辺の猫に完全に舐められていた。
多分、猫たちの情報網で伝わるのだ。「アレはヘタレだ」と。
07dece200031.jpg

なにはともあれ、平和な光景ではある。
07feb15010.jpg

07feb25011.jpg

 
 アナは、散歩やトイレから戻ってくると、度々猫の上に座っていた。
正確には、「猫の座っているアナの布団」に。
 本当に見えてないのか、
見えないフリして故意にしていたのかは謎だ。
  
 薄暗い和式の家、
白っぽい布団カバーに白い猫が丸まっていても気づきにくいのは確かで、
度々、事前に「アナ、猫居るよ、猫!」声を掛けてはいた。
 たまに、そのままドスンと座ってしまってから気づき、びっくりしていた。

 ちなみに、コレ↓はアナの布団なので、アナは猫の後に来て、猫を潰して寝ている。
07dece270004.jpg

猫は猫で、自分の領域と思っているんだろうが。
07dece270006.jpg

白チビ、コタツでうとうと、アナ、「あ、丁度いいところに枕があった~」
暫くのち、アナの体重に耐えかねた猫は出て行った。
08dece22019.jpg

 猫を蹴飛ばして転がるアナ。 もう、ほとんど意地の張り合いのレベル。
その前に、犬の威厳を使えないのか。
09apr140020.jpg

しかし、外で会えば挨拶するし、
お互い「一人で居るよりマシ」くらいには思っていたのではなかろうか。
09apr140030.jpg
 
また、アナ関連の者が一つ消えた。
もう、アナの大きさとか重さとか、感覚が薄れてしまった。
 こうして、いつかは、誰も居なくなるんだろうなぁ。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/733-0cf02dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する