Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

ロ・ロ・ロ・ロシアンルーレット

初夏の連休、世間は皆、元気に溢れている。
夜は夜で、田に張られた水の中、蛙たちが元気に合唱する。

反して、私は、ますます気持ちが落ちるばかり、滅多に出歩かなくなった。
連休頃に咲く隣町の八重桜すら、見に行く気力が無い。


 外から帰ると、どうしても、アナの姿を探してしまう。
昨夜など、コタツの中まで探してうろうろしてしまった。
 そうした行動の後も、今のところは、なんとか自力で戻っているが、
そのうち「他の人には見えない犬」を作ってしまいそうで。

 うふふ、あはは…の彼岸の人、
それは、ある意味、当人にとっては最高の幸せなのかも知れないが。

 
 後先考えず、勢いだけで次の子を迎えるにも、
私自身が、この先20年近くも生きる自信が無いのだ。
 来年どころか、今夜を越せるかも怪しい。
そのくらいキモチが振れ続けている。
 
 ナイショのロシアンルーレットも欠かさず続けている。
ニアミスは何度かあったが、故意ではないので中々…
今のところ、寸前で理性が勝つようだ。
 
 最近、他所のワンコに吼えられることが増えた。
もしかして、すんごいダークなオーラを出しているのか?

明るいロシアンルーレットはヨウツベで。(←アニメは知らない、知ってるのは歌手のほう)


 このままでは何をしでかすか判らない。
そう思いつつも、敷地内を歩けば幻を探す。
時の空間、焼きついた映像がどこかにあるのではないかと。

 もし「幽霊」というものが居るとしたら、
そうした残像じゃないかと思っている。
空間に焼きついた残像が、傷の付いたCDのように、何度も繰り返し現われる。
 

 以前、とても敬愛していた人がよく言っていた。
「幽霊なんて居ない」と。
「もし居るのなら、一度でいいから娘に会いたい、
 出てこないわけがない」と。


「とても」どころか、
多分、私の一生のうち、唯一、全面的に信頼を寄せた人だ。
本能的に、私は、その人の娘の代わりとして接した。
年も近く、髪が長いというだけで、私に娘を重ねているのが判ったから。
 
 唐突に娘を亡くした父と、
父が欲しかった娘との(←言葉のあや 実父は健在、同居)親子ごっこは数年続いた。
 野生の獣のような私が、人を信頼するということを覚えた時だった。


 …うん、幽霊は居ないよね。
時々聞こえる呼吸の音や、夢うつつのリアル動画は、私の脳が作ったもの。
確認は、自分であの世に行ってみるしかないけどね。

 もし、私が幽霊になったら、○林○子の如く、ド派手な衣装で出てやる。
髪も長いことだし、これこそ理想の幽霊じゃないか。
愛車もいまやノスタルジー部類、小道具には事欠かない。
 闇夜の国道、いきなり背後に現われ、追い越したと思えば、
また背後につき、追い越していく白い車とか…


 アナ墓の花が元気に咲いている。
じきに、裏庭のシャスターデージーも咲くだろう。
 日が長くなったから、墓の前に居るところを人目に付かないようにしなければ。
…とか思いつつ、当時ほど寒くないので長居するうちに足場が固まり、さらに長居…
11may06046.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/725-39739cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する