Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

夢うつつ ペットロス

 今日も雪が降っている。
昨日から20センチくらい。

 ワンコを埋葬したところも、すっぽり埋もれている。
地下の亡骸は、暫くあの姿のままだろう。
 夜、自室へ上がる前に、
埋葬地で語りかけるのが日課となっている。

 その一方で、
アナがそこには居ないことを確信している私が居る。
体が死んだとはいえ、
あのアナが私の傍から離れるわけがないのだ。

 敷地内ですら、一人でトイレにも行こうとしなかった。
室内の数メートル移動でも、
いつも後ろを振りかえる。
 実に鬱陶しい。

 鬱陶しくて、鬱陶しくて、
その信頼や依存心が重くて、
それに応えられない自分が、
思うように動けない体が情けなくて…
 なさけない分だけ、愛していた。


 あれ以来、時間経過の自覚も無く、
今日が何日かも判らない。
ぼんやりと夢を見ているかのようで。
 日常の必要なことは機械的に出来る。
引き出しの肥やしとか、使わないものを片端から捨てた。


 階下でアナが居ないのを確認するのが怖くて、
自室に篭ってぼーっとしている。
階下へ降りると、寒くなくとも(普通に寒いが)
足ががくがくと震える。
 体に力が入らない。
 

 深夜、灯りの消えた居間、
両親の部屋の障子の隙間から、
私の気配を感じたアナが、もっそりと出てくる。
 闇に紛れる黒い毛色。現実と幻影の境が曖昧になっていく。
私はいつものように、アナを待って自室へ上がる。
アナは階段を昇降できないから。

 
 先日、かかりつけの病院からお悔やみのはがきが来ていた。
今夜は、アナの生家から電話があった。
(今日、葉書が着いたらしい)
「お花を送る」と申し出されたが断った。
アナはそんなところに居ないことが判っているから…
(ワンコ友達のS様の申し出も辞退した)

 いつものように、振り返り、
私を待っているに違いない。
忠実というより、変なところで頑固なのだ。

 自室の、いつもの場所に、いつもの布団と毛布、
いつものように声を掛ける。
毛布の下には、ガラス瓶に詰めた遺髪…
 
 人の視覚はあくまで機能的なもので、
視界に入ったそれを判断するのは脳だそうだ。
 同じものを見ているからといって、
全ての人が同じように見えているわけではない。

 先日、自室の灯りを小玉だけにしたとき、
周辺ににあった黒い布を、(少し前まで使用していた鳥かごカバー)
私の脳はアナの寝姿に変換して見せた。
 季節的に、自分の服も黒っぽいものが多く、日々、幻影に惑わされる。


 先代の子は、階下に居るとき、少しでも暑いと、
よく、玄関脇の木の床(フローリングともいう)で転がっていた。
 
 いつぞや、暗い階下へ降りたとき、
眼がなれないまま歩こうとした。
「この辺に転がっているだろう」と見当をつけ、
先代を避けた積もりで足を踏み出したら、
思い切り土間に落ち、悶絶したことがある。

 田舎の木造民家は必要以上に床が高い。
あの時は、背骨をヤったと思った。
暫くは痛みすら感覚がなかったから。


 その先代と出会ってからというもの、
私の脳は、黒い塊をワンコと変換する仕様になっているらしい。
 当面、灯りのないところに、
黒い物を置かないようにしたほうが良さそうだ。
 
 それにしても、シェルティの縫いぐるみって、
どうしてあんなに微妙なものばかりなんだろう?
 全身の毛が長い種や、全身短毛の子はそれなりの造形になっているから、
境目がヅラっぽくて違和感ができてしまうのか。
 自作するにも、畑違い過ぎて手が出ない領域だ。

 
 
 すっかり忘れていたが、
病院へ行った際、車スタックで怪我した指が妙に痛いんで見た。
 関接部の皮がペロンとめくれてるんだが、
もしかして、ここに見えてるのって骨?

 自慢じゃないが、腹は三段腹でも、
手は関節の骨の形すら透けて見えるほどペラペラだ。
グロいんで、軟膏塗って、テープで隠して見えなくした。

 積極的に生きる気も無いし、
何度も怪我を放置してみたけれど、
怪しい傷跡ができるだけで、なかなか敗血症とかならないやん。
 
 人間て、大型動物だけに、意外にしぶとい。
それにつけても、先日逝った知人の潔さよ…
 ン年前、貴方が感心したほどには、私は潔くない。

 このまま永遠に夢の中の人になってしまうか、
現実に戻れるのか…
今回ばかりは、ちと、自信が無い。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/668-7fe36f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する