Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

女の恋愛のツボ

 ネットを徘徊していたら、こんなコラムを見つけた。
私が入ったのは「悪魔の花嫁」のページからだ。
 その昔、美人な悪魔に萌えたことを思い出す。

 世代的に漫画が多くて、つい全部読んでしまったが、実によく女心を説明している。
男と女の脳が違うから、萌え部分も全く違うのだ。
 美人や中性的な人萌えな私だが、なぜか「ベルバラ」や「ヅカ」は興味がない。
なんつーか、ケバ過ぎるんだよね。


 女の身からすると、「男というヤツは~~!!」みたいなことが多い。
多分、男からしてもそうなんだろう。
 私の経験からして一番不可解なのは、
「別れた女が、ずっと自分を好き」と思いこんでる男が多いことである。

 世に離婚は多いが、復縁を迫って元パートナー宅を襲撃するのは断然男が多い。
つか、目立つ。
 なぜ、自身に、そんな絶対的な価値観を持てるのかギモンだ。
 
 そもそも、「別れた」という事実からして、
好きじゃないから、あるいは、好きではあるが、
なんらかのワケで未来がいい方向に向くとは思えない、とか、
そういう「何か」があるから別れたハズ。
 嫌われた相手に迫っても無理だって!

 
 女は現実的なのだ。少なくとも私はね。
愛では腹は膨れない。
 どんなに好きな相手でも、
口紅一本も買えないようなド貧乏生活するくらいなら、
そこそこ無難な相手と結婚する。
 「別れても好きな人」なんてのは、所詮、歌の中の設定だろう。
  

 女は、特別に愛してなくても、付き合いで食事に行くし、
基本的に協調性もある。
よほど嫌いな相手じゃない限り、…イヤ、そこまで嫌いならそもそも、
でも、仕事やなんかの付き合いのある相手なら、無下にも出来んしな…


 まあ、アレだ。
その場の雰囲気を悪くしないように、
…っつーか、無言で居たら、自身が居たたまれないから、
そこそこ愛想よく相手をするモンだ。
 
 でも、愛してるワケじゃない。
少しでも憶えのある男は、コレでも読んで、女心を理解すれば、
モテるようになる…かも知れない。

以下 少女漫画に学ぶ[ヲトメ心とレンアイ学]より、一部を転載

『悪魔の花嫁』編より
70年代、性的描写がタブーだとされてきた時代の少女漫画でも、
なんだかんだいって主人公に欲情する男キャラは多かった。
しかし、デイモスは違う。
悪魔のくせに非常に理性的である。

ウロウロチョロチョロ、美奈子の周りに半裸でくっついてるくせに、
突き上げるものはないようである。
なのになぜ、この漫画は少女たちに熱烈な支持を受けているのか。

いや、もちろん恋愛とかけ離れたところでのストーリーのおもしろさはある。
初期少女漫画特有の荒唐無稽さ、ミステリ仕立ての構成、
貧乏人と金持ち、ブスと美人の比較など、暗いテーマ。
しかしそれだけではなく、デイモスが抱える苦悩が非常にヲトメ的なツボを突くのである。

美奈子にくっついてるうちに、
すっかり美奈子が好きになってしまったデイモスは、
美奈子を殺してヴィーナスにその身体を与えることにためらい始めてしまう。

しかし、かわいそうなヴィーナスは、
自分のためにまさに"腐女子"となって苦しんでいるのだ。
早く美奈子を連れて行かなくては……
でも、でも、美奈子ちゃん、いい子だし……と悩むデイモス。
これが少女の自尊心を刺激する。

誰かが、自分のために悩んでいる……私って、そんなにすごい人なのねと。
女はとにかく、

「人の男を奪ったりして、私って悪い女」
「気のない人から好かれて、困っちゃってるのよねえ」

と言って、いい子ぶってほくそ笑みたい動物なのである。
ヴィーナスと美奈子に挟まれて、うんうん悩むデイモスは、
少女たちにとっては非常に(都合の)いい男なわけだ。


01deimos.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/496-3e080406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。