Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

春箱庭セット

 狂い咲きのヒマラヤユキノシタは咲き続けているが、
春は遥かに遠い。
08dece11007.jpg

 少しでも早く春が欲しいから、去年のように早咲きバージョンを作っている。
小鉢を数作ると管理が面倒なので、小型のプランター1個に纏める予定だったが、
最終的には、小型のプランター2個と鉢1個。
 減らすどころか、増えてるやんけ!

 当初、小型水仙「ティタティタ」 と、クロッカスとスノードロップを
一つの容器に押し込んでいたが、
十日前くらいに、セールの野生種チューリップを買ってから植え直した。
08dece10014.jpg


 春咲きの球根植物は、冬の寒さを経験しないと蕾が出ないため、
年末くらいまで戸外に曝し、室内に入れて開花促進させる。
 とはいえ、この辺りは寒地だし、ウチなんて古い日本家屋だから、
隙間風スカスカで、室内も室外もたいして変わりはない。

 日中の最高気温は5度にもならないときもある。
厳寒期は冷蔵庫の中の方が暖かいくらいだ。
 親戚宅で貰ってきたブロッコリーに、ヨトウムシが居たんだが、
野菜庫の中でブロッコリー食って普通に生きていた。
戸外なら、あの雪で死んでるだろうに、このまま放置したら成虫までいくかもね。

 関係ないが、「冬季も凍らない」類は、
「体液を濃くして凍結を防ぐ(細胞破壊を防ぐ)」という能力があるらしい。
 車のラジエーターの不凍液みたい。
 って、今は年中LLCだから、そんなもん知らんか。(私もLLC世代だが)
野菜を冷凍するとまずくなるのは、細胞が破壊されるからだ。


 自室は夜しか居ないため、暖房もしてないから、さらに寒い。
こんな条件では、春の花の早生栽培なんて話にならんが、
それでも、鉢の土に霜柱は立たないくらいには暖かい為、戸外よりは早く咲く。

 昔、一月の末に伊豆へ観光に行ったとき、沈丁花が咲いているのを見て、
いかにこちらが寒地かを思い知った。
 暖地はいいなぁ…


 最初の組みを植えたあと、猫達に蹴り倒されること三回。
なんとか持ち直したが、開花は、早くても来春3月末頃だろう。

 年末頃、花屋へ行くと、同じ花の温室仕立てが売られていたりして、
妙に空しいキモチになる。
08dece11010.jpg

 私も、もう冬太りしたかも…
08dece11012.jpg


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/442-2a13bde6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する