Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

オタマの足

 別に月マニアでは無いが、夕方の散歩から戻る頃、月が昇っているので撮る。
今日の月は、なんだか、赤っぼくて暗くて、いつもよりシャッタースピードを遅くしてようやく撮れた。
08july15019.jpg


 月が綺麗に見えるということは、もう、周期的には秋に近いのか。

 以前は全く眼中になかった月だが、03年の北海道旅の最後の日、苫小牧港へ向かう道のり、昇ったばかりの大きな満月が、煌煌と原野を照らしていた景色が忘れられない。
すっかり夜になっていたのに、ヘッドライトが要らないんじゃないか?ってくらいに明るかった。
 よほど、車を停めて撮ろうかと思ったが、当時は月を撮る術を知らなかった。

 ウチは山間部なので、月は、かなり昇ってからでない見られない。
たいてい、月の出の時刻から1時間くらい遅れて出てくる。
その時には、既に小さな月になってしまってるわけだ。

 夜に移動するのは、到着日と帰り道だけ、そのうえ雨女とくれば、満月に遭遇することなど、狙っても無い機会。
 北海道の満月を見たのは、それが、最初で最後だった。

 …てな想い出で、月を見ている。
08july15016.jpg



 毎日、楽しみ(?)に覗いてるオタマだが、
08july15006.jpg


今日、数匹に、小さな足が出ているのを発見した。
08july15003.jpg


足だけが生えたオタマって、妙にアンバランスだよね
当人たちは、この変化を、どう思ってるんだろう?
(そんな知能は無いと思うが)


 再生医療の発達で、皮膚細胞なんかは、比較的簡単にできるようになったが、今の技術では、皮膚細胞からは皮膚を作れるだけ、骨の細胞からは骨しか出来ないし、骨はできても、例えば腕の骨の形が出来るわけではない。

 例えれば、車のパーツの複製が出来る程度。
理想は、車そのものの複製。(その人間版ね)
 
 そんなことで、一つの細胞から、一人の人間が出来るまでには、遠く及ばないものらしい。
「背骨を交換出来ればいいのにな~」 …と、常々思う私には、再生能力のある生き物が羨ましいのだ。
 
 そういえば、魚は痛感が無いらしいが、ホントだろうか?
とりあえず、痛みがなきゃ、背骨がズレてもオッケー!! …か?

08july15005.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/336-1c81ebfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する