Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

ナイト3000 KITT

 数日前、本国放映の「ナイトライダー」の新作のCMを見て以来、誰か本編を上げてくれないかな~と、期待して某動画サイトを覗いたら、載っているじゃないか!!
 海外のテレビドラマが即見られるなんて、ネットって、ありがたい!!

 「見る」ったって、字幕なんて無いから、言葉は解らない。
それでも、だいたいの話の筋は判る。
いわゆる、「正義は勝つ」パターンだ。

 ちょこっとだけ…の積もりが、結局、明け方近くまで掛けて見てしまい、今日は、ぼへーっとしていた。
そして今夜も… ←萌え復活中
 

 当然、配役陣は変わってしまっているが、KITTの、理詰めで不遜な話し方は変わらない。
(っつーか、KITTの声しか聞いて無い)
日本語吹き替えの人も良かったけど、無機的な感じは英語版の方が強いかも。

 
 愛車が車検で留守なのをいいことに(?)嫁の留守中に初恋の人に会った男のような状態になっている。
 大丈夫だシルビア、私は、萌えるのも早いが、飽きるのも早いヤツだから。


 芸能人とか、有名人とか、何とかのコンサートとか、特定の誰かを目的に、そこへ出向こうという気は無い全く私だが、ナイト2000が日本へ来た時は、展示会場へ問い合わせた。
時遅し、既に終わっていたが、もし、彼(?)に誘われたら、ソッコー、全部捨てて行くかも知れん。


 話のパターンは、美人に泣きつかれたカッコいいめのヒーローが、人工知能搭載&トンデモ改造の車と共に、少しマヌケな悪党を倒し、美人に感謝され、キスで別れて終わり。
 話の筋だけなら、水戸黄門とかが近いかも?
ラストが判ってても、つい見てしまう系。


 この番組の影響で、私も、かなり本気で、黒いトランザムを買おうかと思ったくらいである。
私の周りには、女性ファンが居なかったのだが、当時から、潜在的な女性ファンは、かなり居たもよう。
 しかも、カッコいい男はアウトオブ眼中の車萌え主(というか、搭載CP「KITT」萌え)

 ネットで知り合った彼女など、「アナタは私ですか?」みたいな類友で、自分だけが変態(?)かと思ってたん私は、ちょっと安心した。
オクで売ってしまったが、これの小説本まで持っていたほどのアホだ。
 ソニーの、既に亡きβビデオデッキで撮ったテープが、今でも、押入れに沢山残っている。



 以前の「ナイト2000」はトランザムベース
当時は、フロントの赤いランプ(スキャナー設定)をまねた安っぽいパーツをつけた車が、そこらじゅうにいた。
 商品名は、そのものズバリ「ナイトライダー」 …かんべんしてくれ
2~3千円くらいで売ってたように記憶している。


 萌えのあまり、配線からメーターパネル、外装に至るまで、コツコツとレプリカを作っている凄いファンの人が有名だが、新型を見て、どう思ったか心配だ。
 聞いてみたいが、凄過ぎて、とても書き込みなんてできない。
あえてリンクはしない。→ http://www.lcv.ne.jp/~aiaki/kitt/kitt.html

 
 新盤は、よくしらんが、ムスタングベースらしい
ぼってりしていて、昔の車よりも古風な気がするんだが?
後ろの方はともかく、フロントが、ぶった切ったようなデザイン。

 このフロントデザインに、スキャナー光を付けてもねぇ…
やはり、ここは、リトラクタブルライトじゃないと「怪しさが足りない」とでもいうか。
 闇の中、ふっ…とスキャナーが点き、左右に走査したあと、エンジンが掛り、ライトが上がり走り出すシーンは、最高の萌えだった。


 何がどうって、あの番組が凄い点は、実写でやったことだ
一回ジャンプするたび、トランザムがお釈迦となったらしいが…
 見ないふりしてたけど、あの角度で着地したら、絶対フロント逝くよね。
アメリカらしい大雑把さ(?)で、ジャンプ台がモロ見えの回も何度かあったが、そういう軽さも好きだった。

すべてがバブリーな時代だった。

 今のオモチャのような代物だったCPも、急速に発達したけれど、人工知能の開発は未だ夢物語。
当時は、近い将来、こんなCP搭載車が出来るんじゃないか?と期待したものだが。
 
 「問題が発生しましたので、プログラムKITTを終了します」と、すぐに固まってしまうKITTや、起動に異常に時間が掛るKITTが在ったら、それはそれでイヤだ。



 現代版は、CG技術の進化で、自動走行時に人の腕が見えたりなどのアラは無い。
CGばっかのハイテク装備はてんこもりだが、車は普通に走ってるだけだった。
 実写じゃなきゃつまんない部分もあるのに、残念

 あえて言えば、T2の敵対サイボーグのごとき自動修復ボディは、本気で羨ましい。



 かつて、「美青年」ともてはやされた、主人公マイケル
日本では、「マイケル」の劇名しか知らない人が多いが、本元は歌手らしい。
 全幅183センチのトランザムのルーフに片手をつき、ひょいと飛び越えるシーンを見て、なんて足の長い男や!と感心(?)したものだ。

 私の場合、(もちろん自車で)ルーフの真ん中辺りにギリギリ手が届く程度。
よっこいしょ!で、フェンダーの上に座るくらいがせいぜいだ。


 その美青年マイケルは、新盤では、普通にオッサンとなっていた 
時の流れは、実に残酷なものである。 
 更なる問題は、私の時も、マイケルと同じに流れていることだ。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

やっぱり昔のでないと見る気しませんね。
ハッセルホフは年取りましたね~
あの、ハッセルホフとKITTのやり取りが大好きでした。
アメリカTVドラマにありがちな、ちょっとしたチープさ加減も含め、本当に好きな作品でしたね。

  • 2008/12/12(金) 17:53:24 |
  • URL |
  • マイト #-
  • [編集]

Re: タイトルなし

> やっぱり昔のでないと見る気しませんね。
> ハッセルホフは年取りましたね~
激しくオサン、昔のイメージは皆無ですがな
あれでマイケルやられてもイヤん!

> ちょっとしたチープさ加減
> ハッセルホフとKITTのやり取り
今のも、本エビに入ってからは、ビミョンにアメリカンありで、
kittが可愛くなってきたところでしたよ。
 あの激しいトランスフォーにも慣れてきて、
結構便利じゃないか?と思い始めてきていたのに。
↑意外に適応力の高いリコリス

以下、西部劇を見ている二人(っつーか、kittとマイケル)
『マイケル、私はあなたを手放す積りはありませんよ。
あなたは素晴らしい馬ですから』
「KITT、ジョークが判るようになったか」

 あああ~~
最近の生きがいだったのに、誰か載せてくれぇぇぇ~~~
誘惑に勝てず、危ないリンクを踏みそうでつ

  • 2008/12/13(土) 22:04:02 |
  • URL |
  • リコリス #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する