FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

水仙 ティタティタ

 昨日の寒さとは裏腹に、うららかでさえある。
とは言っても、道路の表示板に出ている気温は14度、寒いことには変わりない。
 
 近所のホムセンから出ると、その玄関前に、売れ残った球根が半額セールで並べてあった。
一度は通り過ぎたが、つい、戻ってしまった。
 
 網袋の中で、水仙の球根が、緑の芽を出している。
早咲きの小型種「ティタティタ」だ。
極小サイズながら、ちゃんと、水仙の特徴を備えている。
 私は、改良を重ねた園芸種より、こういう感じの原種系の花の方が好きだ。

tyita2027.jpg


 早春に、ポット植えなどで売っていることが多い。
何度買おうと思ったか知れないが、なにぶん、おき場所が無い。
 
(時期的に、開花中のものを、寒地の戸外に置くのは無理)

 球根や木は、ほとんど放置しても、勝手に花を咲かせる。
私が居ても居なくても構わない。
 
 だが、自室には、既に、こんな鉢植えが4ツある。
プラス、初夏に買ったニオイバンマツリが成長し、幅を利かせている。
 ↑もう一株のニオイバンマツリは、初夏に知人に押し付けた。

 迷いに迷ったが、そんなところで芽を出した球根が哀れで、一袋買ってしまった。
198円也。
植えようと開いたら、意外に数が入っていて、結果はこんな感じ。↓

 タマタマ通り掛った親戚の叔父さんが、「オマエ、それ無理だろ」
どうせ花後は地植えにするんだからと、そのまま決行。

sui027.jpg


 球根と言えば、最近、近所のスーパーに「ユリ根」を売っていた。
早い話が、「コオニユリ」の球根だ。
 ユリ根は、滋養強壮に効くというので(って、一個食べたくらいで効くなら、それこそ、医者は要らん)買ってきて、湯豆腐とかに入れたのだが、どうも、「花の球根を食べる」というのは、抵抗があるなぁ。

 袋の中で芽吹いた水仙は気の毒で、台所で芽吹いたジャガイモは「ああ~…芽ぇ出ちゃったよ~」で、もぎ取ってしまうってのは、どういうモノなんだろう。
同じ植物なのに。
 自分チで飼ってる鶏が食べられないのと同じなんだろか。


 ウチに、花が全く無いわけでは無いのだ。
数年前、誰かに貰った「冬知らず(多分俗称)という花が、勝手に生きている。
繁殖力が強く、落ちた種で、年中芽吹いている。

 夏に、クレオメの花が揺れていたそこを、今は、この花が占領している。↓

07dece27001.jpg


 菊科だが、くすんだヤマブキ色と、控えめな花のせいか、
黄色系の花なのに、あまり明るい感じが無い。
春咲きのムルチコ-レのような、澄んだレモン黄なら、もう少し、なんとかなるのだろうが。

07dece27002.jpg


 それにしても、花の無い時期は淋しい。
じきに来年度、賀状の決まり文句は「迎春」でも、実際のそれは、丸3カ月も先の話なのだ。
何は無くとも春、ただ、ただ、桜の季節が恋しい。

07dece27003.jpg
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/163-64b84bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する