Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

鰯の頭も信心から…? 聖獣

 昨夜、風呂上りに鏡を見たら、明らかに、胸が凹んでいた。
妙にブラがスカスカな気がしてしたが、気のせいじゃなかったようだ。
 
 貧乳じゃないから、少しくらい減ってもどうってことは無いんだが、夏に、下着を買い換えたばかりである。
 晩秋から加速した欝に、さらに、物の味がしなくなり偏食が加速、そこへ先頃の不調で胃腸をヤられ、うどんと、菓子パンと、野菜ジュースという食生活が続いているせいだろう。
 どうせなら、腹から痩せてくれればいいのにさ?


 色々と「年内に…」で、気が高ぶって寝付けない日が続いている。
俗に言う「躁転」というヤツか。
いっそ、寝なくても居られるなら効率的だが、昼夜逆転はアカン。
 ダラダラしていたら、一昨日、ネット通販で買ったもの↓が届いていた。
「できれば、年内にお願いします」と頼みはしたが、早っ!!

ドイツのシュライヒ社 ユニコーンのフィギュア
結構リアルだが、モノとしては、普通の馬に角を付けただけのようだ。
シュライヒ・フィギュアのネッショ
犬系もあったが、シェルは無かった。

07dece22002.jpg


元が伝説の生き物だから、定義は、あるようでないようなモノだが、
特徴の、長く捻れた角、ヤギの顎鬚に獅子の尾、足は…鹿だっけ?

この模型のように、馬のような奇蹄目の蹄ではないハズだが、一応、雰囲気は出ている。

07dece22003.jpg


 私がオタでも、模型などには興味は無い。
幼い頃、人形を見てひきつけを起こしたというエピがあるほどに人形嫌いだ。
 狭い部屋に、様々な趣味の道具がてんこ盛りでは、モノを増やせば、邪魔になるだけだ。
興味が無いので、こんなものがあることも知らなかった。


 きっかけは、一昨日のオクで、狙っていた生地を、競り負けたことだった。
オクは、バクチ的要素が強い。
落札できても、出来なくとも後悔する…みたいな。
 ライバルが居た場合、終了間際には、物凄く神経が高ぶる。
そうして、えげつない(?)争いをして、競り負けたわけだ。

 ガックリして眠れない。
とはいえ、強制的にでも眠らないと、またダウンしてしまうので、眠剤を飲み、夢うつつの状態で、思いつきの検索を掛けた。
 
 現実主義の私は、他人の価値観の生産物の「霊験あらたかな壷」や「ありがたい宗教」などは、全く信用して無いが、救いを求めていないわけでないらしい。
 
 まあ、私の場合、普通の人のいう「救い」の類とは、少しばかり方向が違うワケだ。
「家内平和、元気で長生き」ばかりが幸せではないとでもいうか。
 
 元々馬は好きだが、ユニコーンの「優美な姿に似合わず、凶暴な性格で、清浄無垢を好む」という伝説は、さらにツボだ。
 私のような、煩悩てんこ盛りの腹黒は、出合った途端に蹴り殺されそうだが、もしも、もしもだ。
目の前に、愛車とユニコーンが並んでいたら、私は、ソッコーで人間やめる決心して、ダメ元で、ユニコーンに突進するぞ!
(長年のパートナーなのに、スマン、シルビア)

20020201.gif



 ずうっと前、小樽の「北一ガラス」で買ったガラスのユニコーンは、飽き性の私が唯一持ち続けていたものだが、ある日、洗濯物で角を引っ掛け落下させ、肝心の角が折れてしまった。

07dece22004.jpg


 
 そうして、オクをうろついていて、検索に引っかかったのがアレ↑だ。
動物フィギュアでは、そこそこ有名な会社らしい。
 開始価格3千円弱、価格としては、私でも手を出せる品だ。

 オクの説明には「希少」としてあるが、オクの値段というのは、その人が決めるものだ。
試しに、メーカー名で検索すると、もう少し安い価格で、普通に売っていた。
 危うくボられるところだったよ。

 で、ウトウトしながら、そのまま注文してしまったワケだ。
翌朝、前夜の行動に確信が持てず、PCを開いたら、注文確定メルが来ていた。
 大量注文とか、変なことしてなくて良かった。

 
 同シリーズで、ペガサスも在ったが、同じ伝説の生き物でも、アレは、非現実的過ぎる。
鳥の翼は、前足が変化したものであり、4本足+翼というのはアレだし、パッと見で、あのカラダにあの翼では、揚力が足りな過ぎで、気分的に落ち着かないのだ。
 
ツバメの体重は10gくらいしかないから、最高時速200kくらいで飛行できるって、知ってる?
(「ダーウィンが来た」で見た↑)
動物が、自分の体で飛ぶということは、たいへんな軽量化が要るのだ。
 
 どうでもいいようなことだが、子供の頃から、妙な知識ばかり入れてきたんで、どうしても、理屈が先立ってしまう。
神話の半獣、ケンタウロスとかを見ると、「内臓とか、どういう構造になってるんだろ?」とか思ってしまう。
 だって、あの接合状態だと、それぞれに、臓器がひとセットずつありそうじゃん?


 私が買った店以外にも、同じモノを扱っている店があった。
そちらは、馬モノの雑貨店で、馬好きな私には、ある意味毒だ。
リアルな模型を見ていると、全部欲しくなる。↓
馬の雑貨屋

 ちなみに、動物学上では、「一本の角」を持つ動物というのは、ありえないのだそうだ。
(サイの角は、皮膚の変化したもの 鯨の仲間の一角は、牙が変化したもの)
 
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/156-79e5772c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

動物学 を一語で検索

動物学での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。

  • 2007/12/23(日) 03:32:09 |
  • 一語で検索
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。