FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

来春の…

 外へ出れば、どこもかしこも枯れ野原…
「春」は、タテマエや、言葉の端にも見えない。
花や緑への飢えが激しくなって、妙な鉢植えの花を買ってしまう。
(この場合の「妙」は、売れ残りの球根の鉢植えとかを指す)

 そんなモン買わなくても、秋のうちに、球根を植えればいい話なのだが、この数年、私の意識には「来年」というものが無く、とりあえず、「今」を凌いでいる生活だ。
 でも、イヤ、だからこそ、「光」を感じさせる春の花は、言葉に尽くせないほどに好きだ。
その結果、目に付いた鉢植えを買ってしまうわけだ。

 しかし、当然の如く、そのテのものは割高だ。
自分で育てたものには、時間が掛かる分愛情も湧くが、ホイホイ買ってきたものには、そこまでのキモチが湧かない。
 それは、花にとっても、人にとっても、あまり幸せなこととは言えない。
 
ってなワケで… 
イヤ、本当は、タマタマ目に付いただけなんだが、とにかく、近所のホムセンでセールになっていたクロッカスを買ったのが始まりだった。

 浅い春に咲く小さな花、クロッカス。
どこにでもあるそうな花だが、あまりにもポピュラーすぎるため、最近、我が家では買ったことがない。
 そんなクロッカスを、春先、どこかの庭で見ると、ああ、しまった!植えれば良かった! と、バカな後悔をしてきたワケだ。

で、小さな鉢に植えた球根が、早くも、先月末に芽を出した。
ちなみに、クロッカスは白だ。
春先の光を受け、白鳥のように咲く様は、まばゆいばかりだ。

07dece19001.jpg


クロッカス
07dece19004.jpg


ユキワリソウ ↓
そういえば、去年のは、開花直前で、鼠に齧られてしまった。
この二年、ユキワリソウを植え、花後、少し気温が上るのを待ち、畑に移植してきたのだが、一本も残っていない。

キンポウゲ科だから、さほど難しいものではないハズだが、我が家の土壌には合わない性質なのだろうか?

07dece19003.jpg


球根植物は、初夏に休眠に入り、冬の寒さを経験することで、萌芽のスイッチが入る。(春に咲く花木は、大抵同じだが)
逆もアリで、冬らしい寒さが来ないと、花は、開花するタイミングを外してしまう。

それを応用して、球根を冷蔵庫などに入れて寒さを経験させ、人工的に萌芽させる方法がある。
今時分、花屋で売られている球根植物は、その方法で開花させたものだ。
 
 しつこいようだが、この地方は寒い。
思いつきで、上記の方法を試してみることにした。
クロッカスも、ずうっと戸外に放置していて、今日、自室へ入れた。
 
 後に、もう一鉢、妙な寄せ植えの鉢を作った。
半額セールのヒヤシンス3球と、スノードロップ
こちらは、植えてから半月弱なので、まだ戸外に出してある。

芳香のある大きな花房を付けるヒヤシンスが198円セールで、小さな身の丈に、これまた小さな花を一個だけ付けるスノードロップが398円なのか?少し疑問も湧いたが、まあ、いい機会である。
 まだ花の欠片も見えない頃、ひっそりと咲くスノードロップは、ある意味、神々しくもある。

 開花予想図というか、希望図↓(激 手抜き画)
実際には、スノードロップが先に咲くから、ヒヤシンスが咲く頃には、もう徒長してしまっているはずだが。

08sp00.jpg


スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/153-f8e6e1d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する