Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

まだまだ冬色が濃い季節

  ときおり射す日が、福寿草の花びらに反射している。
15feb15 007

クリスマスローズ
長く咲いていたが、そろそろ終わりかな
習慣で、夜にはカバーをかけることを続けている。
15feb15 006

15feb15 005

この前のバラ咲きプリムラ
ウチにしては珍しく生きているが、
紫の方が、色が薄くなってきてて、ほとんど薄ピンク…
 とりあえず、蕾は次々出ている。
15feb15 001

コレって、調べると、水はけの良い土が良い、とか載ってるので、
植え替えるさい、パーライトとか多めに入れたんだが、
肝心の育成ポットの土は、ほとんど粘土に近いような、みるからに水はけが悪そうな土だった。
 
 売るさいの管理には、土こぼれしにくく、水もちがいいようにしてあるのかも知れんが、
枯れるのはこのせいじゃないか?
ということにして、水に突っ込んで、落とせるだけ土を落として植え替えた。
それが効して枯れずにいるんじゃなかろうか、と、都合の良い解釈をしている。
 売る側としては、長持ちしないほうが次が売れやすいしさ。
15feb15 002


 こちらは、水槽での温室もどきで育成中の、ラグラスの苗。
1/22頃に種を蒔き、加温もどきで発芽させた。
15feb15 009

はじめは浅い水槽に入れていたが、見る間に伸び、天を突きそうになったので、
深め(一般的な30センチ水槽)のに入れ替え、自室から階下に下ろし、
日が出たら戸外に出し、夕には室内に…という、
今期中に意地でも穂を採ってやる!な管理をしている。
 
大きめの穂のものが欲しかったので、高性種を買ったのだが、
草丈表記が結構まちまちで、中には80センチとか書いてるサイトもあり、
これからどうすんべ…とか思いつつ、成り行きに任せている。
15feb15 011

 こちらの大きな芽は、ルリ玉アザミ。
管理の都合上、最初、7センチポットに二粒ずつ蒔いたら、
全部発芽した。
 しかたなく、根が絡まないうちにと、分けて、10センチポットに植え替えた。
そうして、置き場が無くなったコレは、小型水槽に入れ、以下、上と同文。
15feb15 010

 以下、書きなぐりの駄文につき、キブンを害しても知らんよ、と警告。

人間、唐突にありえないものを見ると、それが事実か確信できないものらしい。

 いつもの散歩コースを少しだけそれ、
道一本変えたら、山沿いの斜面に仕掛けられた檻に何かが入っていた。
 ぎゃーっ!(←あくまで、声に出さない悲鳴)

く く く…熊? いや、本州にはヒグマは居ないハズだ。←変に冷静
オオカミ~? 違う~ 日本では絶滅したはずやんけ! ←焦ってる割に変なところで冷静
 そう見えた。そもそも、その檻が小さく、背も低いからだ。
大型犬用のケージをちょっと長くした感?
↓翌日、空になった檻を撮影 やっぱ、小さいな~
比較物は檻の手前の梅の木くらいしかないが…
15feb16 011

 しっかり見たら、小さな鹿が二頭入っていた。
その二頭が重なっていたので、大きな動物に見えたらしい。
それにしても、あの低い檻に鹿二頭… なぜ二頭同時に…
 一頭は尻というか、背中というか、その辺に怪我をしているようだ。
多分、閉じ込められているうちに暴れてついたんだろう。

 ど、ど、ど、どうしよう? どこへ連絡すれば…

私の心情だけなら、今すぐ逃がしたい。
怪我も診てやりたい。
 しかし、檻は害獣対策のものだ。
この田舎で、そんなことをしたら…
だいたい、そんなことをしそうな人間なんて私くらいのものだ。すぐバレる。

とりあえず、近所の家へ走ったが留守だったので、
もう少し離れた犬友の家へ走った。
自分が見たものが見間違いじゃないかと、
とりあえず誰かに見て欲しかったワケだ。

 知人は、仕事に行く時間が迫っていたらしいが、
しょうがない…という感で見に行ってくれた。
ついでに役所に連絡してくれたらしいが、「担当に連絡しておきます」で終わり。
あの怪我、この天気… どんなに怯えてることだろう。

 判ってはいるのだ、頭では。
ウチの畑も鹿や猿に荒らされているし、列車はしょっちゅう鹿を撥ねて止まる…
乗用車と事故れば、車は大破、廃車に近い事故になる。
自分がそんな事故に遭えば、やはり鹿に対して怒るだろう。
 人間なんて、そんなものだ。 自身に拘われば逆のことを言い始める。


 まあ、野獣の件は、人間が彼らの食料や住みかを奪ってしまったからだが、
その流れは簡単に戻らない。
二十年くらいして、この過疎地が限界集落となり、人より獣のほうが多くなっても、
山の植生は簡単には変わらないから、獣は、より餓えるだけだろう。

 どうせ殺されるなら、長く苦しませたくはない。
私がその立場でも同じことを思う。
どうか一撃でやってくれ、と。 動物は「自殺」という概念が無いから哀れだ。
 
 暫くうろうろしていたが、役所人らしい人は来なかった。
日曜だしね… なんたって、お役所だし。 
 
長々書いたわりに、画一枚もないのは、
時期柄、撮るものもなにもないので、カメラを持っていなかったからだ。
取りに戻るには、現場はコースの真ん中であり、
未だ治りきらない風邪が悪化するのがイヤだったから。

 文に統制がないのは、少しばかり、ムカつくことがあったストレスと、
明日は我が身…の、気になっている件で情緒不安定だから、ということにしておこう。
 
 私がこの地に戻ってから、ずいぶんと人が減った。
「死は死を死なしむ」…か。見知っていた人との記憶も、何年かすれば薄れていく。
私自身が、その属に入れるのは、いつのことだろう。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/1058-a138460f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。