Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

二代目ブリストル朱文金 成長記録

 初夏頃、ブリストル朱文金が居なくなり、
ガックリした私は、よせばいいのに、また飼おうとした。

 しかし、この金魚は出回っていない。
居ても異常に高い。=私にしてみれば居ないと同意語じである。
 希少というのもあるだろうが、多分、需要が無いのだ。
希少でも何でも、売れるとあれば、
バカスカ繁殖させるのがペット(?)業界の常識だから。

結局、前買った通販店で入荷を待った。
入荷しても、すぐに売れてしまうので、
店のブログをチェックして待った。

 そうして、金魚が来たのが6/21だった…多分。
ちっさっ! 
判っちゃいるが、先代の大きい姿の記憶からすれば、
メダカにしか見えない。
14june21 012

14june21 014

画像が多いので沢山居るように見えるが、今回も三匹セットだ。
14june21 004

14june21 001

14june21 005

30センチの水槽に入れた
14june21 002

もちろん(?) 外置きだ。
14june21 003

14june21 013

24日 計測画撮り開始
気のせいか少し太ったような。
14june24 009


27日 いくらか馴れてきて、傍に行くと寄ってくる。
相変わらず、大食いだ。
14june27 012

金魚は、三色くらい混じった体色や、
顔にコブがボコボコ付いていたりするヤツのほうが高価なんだが、
私は絶対に白っぽい子がイイ!
 白い子は、眼が黒くて大きく見えるから可愛い。
魚の目がコワい感があるのは、金色の縁取りがあって無表情だからだろう。
白いブリは、大きくなっても、あまり顔がいかつくないし、なにより、薄暗い水中でもよく目立つ。

 熱帯魚のように、パールが入って虹色に光っていたら言う事無し。
想像しただけで綺麗じゃないか、体が大きい分、余計に。
やはり、淡水魚では光る魚体は無理なんだろうか…
昨今「光メダカ」というのも居ることだし、
金魚にソレを入れられないものかな。
14june27 017

14june27 018

14june27 023

14june27 024


14june27011.jpg

14june27013.jpg

14june27026.jpg

なにぶん、外なので、ネコがナニをするか判らない。
ガン見されるだけでもストレスかも、と、三面は鉢植えでモロ見えを遮っているが、
とりあえず、直接、害を与えられないように、簡易防護ネットを設置
14june27025.jpg

この子が少し変、元気が無く、尾が広がっていない。
で、これはマズイと、隔離して薬浴に入る。
14june21 006

隔離後、翌日、少し元気になったように見えたが、その翌日、28日には死亡していた。
たった数日の命だった…
腹部には赤班が確認できた。
先代が赤班になった時は、10センチ近くに育っていたから体力があったのだろう。
幼魚だからもたなかったようだ。
14june28 002

28 二匹になってしまったブリ、なんだか淋しそう
三匹居れば、確率的に、雌雄が揃う率が高いのだが…
14june28013.jpg

14june28 043

14june28 045

14june28 046

暑い時期なので、ネコも涼しい場所を探して移動するんだが、これは無いわ!
14june28 048

その後、ネコブロックを設置した
14june28047.jpg


6/30
既にぽっちゃり体型に…
14june30 057

7/7
14july07 001

14july07 002

14july07 003


7/13
二匹でも、体格差はできるんだよね
同じように食べてる筈なのに。
 先代もだったが、体が白に近い個体は小さめだ。
やはり、色が付いているほうが丈夫なんだろうか。
14july13 018

14july13 019


7/17 40センチ水槽に変えた
鉢植えで日陰にしてみても限度があるので、
すだれを載せてみたが、気温が高いため、あまり変わらない。
14july17 002

14july17 001


7/22 
定規では思うように撮れないので、計測用のボウルに目盛りを入れてみた
金魚が目盛りと平行になってくれないのは仕方ないだろう。
14uly22 011

丸いヤツは、食べ残しなどの掃除部隊として入れた淡水貝「ラムズホーン」
水質が悪化すると、この貝は水面に上がってくるので、その役目もかねて。
14uly22 010


7/23
なにぶん、真夏、ろ過装置なしの水槽は、二日で水が臭くなり、
金魚が鼻上げするので、二日に一度の水換えである。
 最初、メダカ用サイズの餌しか食べられなかったが、
この頃には、普通サイズの餌に変えた。
14july23 037

14july23 036


7/25
14july25 003



7/29 日向の水槽よりマシだろうと、径40センチの睡蓮鉢へ入れた。
水槽のときは、金魚たちも外が見えるので、餌槍のときもすぐ寄ってくるんだが、
この鉢は上からしか見えないため、金魚が驚いて水草の下に隠れてしまう。
…つまらん。やっぱ、何がしかのコミュが無いと、生き物を飼う面白みがない。
14july29 003

しかも、餌やりで逃げていくため、沈んだ餌の残りが多くなり、水が早く腐る。
睡蓮鉢でも、結局、二日に一度の水換えとなった。

成長したので、ボウルの目盛りを増やしてある↓
14july29 005



8/25 もう限界、と、池へ入れた。これはその前の計測画↓
この間の画が無いのは、鉢の横から金魚が見えないからだ。

池に入れる前に、
池に茂りまくったコウホネを毟ったり、
(ちなみにコウホネは私の管轄ではない。家族の留守中に勝手に毟った)
水をくみ出して底の泥を搔き出すという、肉体作業があった。
コウホネ採りのさい、池へ引き込まれたり、泥水被ったりと、
とにかく、無茶苦茶疲れて、翌日はぶっ倒れていた。
14aug25001.jpg

14aug25002.jpg

14aug25004.jpg


池に入れると、水換えしなくてもいいんだが、
金魚の顔がろくに見えないんだよね…
それでも、餌のさい、池の縁を餌容器で叩くという合図を続けていたら、
その意味を理解したらしい。
 人影が写ったら寄ってくる…ことも、たまにある。

ちなみに、私は、コイツ等を「ブリ~」と呼んでいる。
鰤 ×
ブリ ○

9/20 強引に掬って撮影↓ 
その後に気付いた。 特徴的な尾を、横から撮ってないことに。
14sep20 024

ウン、先代の去年の今頃くらいの大きさになった。
黒っぽい柄が出た個体のほうが明らかに大きい。
コイツは、餌やりのさいも、すぐに寄ってきて、しつこく食べている。
要領がいいのか、大食いだから沢山食べるのか、
どっちにしても、沢山食べる個体は大きくなる、ということだ・
14sep20 026

 水温が下がると餌を食べなくなるので、
冬越しのため、と、せっせと餌を与えている。
池で冬越しできないかなぁ…
14sep20 030
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azuresky06.blog69.fc2.com/tb.php/1038-9deb3cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する