FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

初 蝶

 続く四月並み気温で、桜開花予想が一週間ほど早まった…とか。
早く咲くと、寒の戻りでだめになったり、花持ちが悪いんだよね。

下降気味の天気予報なのに、陽ざしの眩しさが素晴らしい。
長く暗い冬が終わった~っ! ヒャッホー! て感。
DSCN6216.jpg

日中に散歩に出たら、蝶を数匹見かけた
どれも、キチョウの成虫冬越しタイプ  今季の羽化にはまだ早い。
DSCN6209.jpg

陽は強くとも、風もある程度はあるので、小さな蝶は、飛ぶというより、風に吹かれていた
DSCN6206.jpg

花に留まるさいも、狙って降りようとしたら落ちた、という感
DSCN6214.jpg


日陽ざしの分、影が濃い  この気温の日中では、モコモコになった小雪には暑すぎるようだ
DSCN6215.jpg

ちらほらと咲き始めた梅の傍には、
DSCN6221.jpg

小さなすみれがひっそりと咲いていた
この分なら、一昨日くらいには咲いていたろうが、ひっそり過ぎて気づかなかった
DSCN6220.jpg

DSCN6219.jpg


家周りのクロッカスも次々咲き、
DSCN6226.jpg

DSCN6227.jpg

小型の早咲き水仙も開花
DSCN6228.jpg

小型のダッチアイスリスも
DSCN6231.jpg

ハナニラ、まだ一輪
DSCN6232.jpg

クリスマスローズ満開
DSCN6225.jpg

あまりに沢山咲いてるので、陰になる葉を取ってみた
いくつ咲いているのかなんて数える気も起きない
DSCN6234.jpg

地面に花束が置いてあるみたい
しかし、オマエの脇にあるバラは、全部肥料を持っていかれてるんじゃないか?
植え替えた方がいいかも知れないが、ウチはクリスマスローズが夏越できる場所はまれだ。
DSCN6237.jpg
スポンサーサイト



このページのトップへ

春色 ラナンキュラス 

 全く懲りずに第三弾…
近所のスーパー入口で、複色系のが売っていたので買ってしまった
もう一色、微妙なサーモンピンクが欲しかったが、さすがに置き場が無くて断念
DSC03945.jpg

花屋に並んでいるこの花を見たとき、最初に連想したイメージがねどうしても消えてくれない
DSC03946.jpg

このオレンジの花は、バラのレディオブシャーロットに似ている
株は比較的元気で、
DSC03939.jpg

その後、小さい花がどうにか開花
ちなみに、戸外のビニールトンネルに植えた四株は、一株即死、三株瀕死…
寒いからというより、トンネル内の気温が上がり過ぎたからかも
DSCN6125.jpg

室内で一足早く香を楽しもうと、三個ぎゅう詰めで植えたヒヤシンス
結局、戸外と大差ない開花
 ダッチヒヤシンスのイモはほとんど分球しないし、翌年の花はショボい。
この後、露地に植えて肥料をやるのだが、それでも初回のような花は咲かない。
そんなヒヤシンスが、毎年、一定の数増えていき、掘りあげたイモを植える場所が無い。
DSC03942.jpg


何年ぶりだろう。この手の色物を買ったのは。Amazonで注文した水彩色鉛筆が届いた。
DSCN6165.jpg

DSCN6167.jpg

かなり前に買った水彩色鉛筆、当時は物珍しくて買っただけで、何という目的は無かった。
一時期、花を描くのに使っていたが、
画のサイズが大きくなると、筆で塗る方が楽なので、透明水彩絵の具に移行、
鉛筆は、ごく小物用の色付けに、忘れた頃に使っていたが、年数が経ち、
しまい忘れたものなどが行方不明になり、色が揃わなくなっていた。

最近、極小物の着色に欲しくて色々探していた。
アクリル絵の具を買い足すにも、私が欲しい色は特殊で、扱い店が少なく、数色買うだけで送料払うのもなんだかね…
手持ちのアクリルで混色するにもメンドクサイし、これでも行けるか~ と。
前買ったものは、もっと高価だった記憶があるので、こんなに安くて色出るの?という不安はある。
 とはいえ、こんな綺麗な色が並んでるのを見るとキモチが浮き立つ。

しかし、アレだね… 何か始めるたびに、わけわからん物が増えていくのはどうにかならないものだろうか。
近所の人が亡くなり、その親族が家の片付けをしていた。トラックはゴミの山…
 そういうの見るたび思う。
私が死んだら、ホントに、イミフな道具ばかり出てくるわな。
このページのトップへ

梅と藪椿

気温は四月並みという。
急に未だキモチが切り替わらない身に着けた冬物の厚いセーターが暑苦しい

こちらに ショウジョウバカマとか、別編を載せてみた

地区の日当たりの良い場所では、梅がチラホラ
DSCN6183.jpg

DSCN6184.jpg

DSCN6185.jpg

フキノトウも開いている
DSCN6181.jpg

DSCN6180.jpg


遅咲きのクロッカスが咲いた
DSCN6126.jpg

フクジュソウは、とうに面影も消え、知らない人が見れば判らないであろう花と化した
DSCN6089.jpg

クリスマスローズ
株一杯に花を付けている
DSCN6091.jpg

DSCN6092.jpg

DSCN6094.jpg


一昔も前に住人の居なくなった廃墟前、オウバイがひっそりと咲く
DSCN6097.jpg

DSCN6099.jpg


山裾に、ほんのり色づく アブラチャンらしい花
山に黄色い小花が見え始めると、春が駆け足で近づいてい来る
DSCN6131.jpg

DSCN6132.jpg

DSCN6129.jpg

藪椿
DSCN6163.jpg

DSCN6190.jpg

桜は まだ「花芽」
DSCN6187.jpg

小雪 対 野良ネコ 
この野良は、周辺で共謀なことで知られている、非常に険のある眼つきをしたネコだ
私も以前、ネコ違いで手を出し、強烈なネコパンチと咬み傷を受け病院行きとなった

比較すると小雪が小さく見えるかも知れないが、ネコがデカいのだ
小雪はポとしてはオーバーサイズで体重4k超、体高も27ほど、
毛が多いので実物より嵩張っているのは確かだが
DSCN6178.jpg

DSCN61240.jpg
このページのトップへ

フキノトウ クロッカス

 この数日は、浅春をすっ飛ばしたように春っぽい
いつの間にか、畑の霜柱も立たなくなった

昨日蕾だったクロッカスが咲いた
DSCN6060.jpg

まだ早咲き種だけ
DSCN6061.jpg

DSCN6062.jpg


八重椿がヨレヨレで咲いていた
DSCN6044.jpg

他はまだ色づいてもいないような蕾ばかり まだまだ本番には程遠い
DSCN6046.jpg

フキノトウ ここは陽だまりなので、この地区で一番早い
DSCN6041.jpg

DSCN6043.jpg

小雪もふさふさになってきた 前足の飾り毛に、杉葉の落ち葉が絡むこと!
晩夏に刈った毛が、尻だけ中々生え変わらなくて、ポメ禿かもと内心ヒヤヒヤしていた
DSCN6052.jpg


オオイヌフグリ
DSCN6050.jpg

毎度のことながら、春を実感する花だ
DSCN6049.jpg

DSCN6048.jpg

ショボいナズナと
DSCN6047.jpg

こちらはヒメオドリコソウと
DSCN6055.jpg

DSCN6056.jpg

DSCN6053.jpg

春先は地味な花ばかり
いったい、この町の何人が、この小さな花に気づいているだろう 
この町の人達は、人のうわさ話以外には興味はないようだ

私としては、枯れ景色が少しずつ色づいていくのは嬉しい
DSCN6054.jpg


このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する