Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ヒナゲシ エンジェルス コイール その2

 最初、ぽつりと咲いていただけだったソレは、
日々、花数を増やしていき、やがて、背丈も、見慣れたヒナゲシと変わらないほどになった。

多分、今季の変な気候が功をなしたのだと思う。
普通、花は、自然下で育てると、時期が来れば、どんな小さな苗でも咲いてしまうからだ。
 おかげで、大柄な薔薇が、その群れに埋もれてしまっているが、向こう側から日が当たるのでスルー。
DSC09141.jpg

綺麗なパステルカラーもあるが、大半は、いわゆる「アンティーク調」の色だ。
DSC09124.jpg

DSC09128.jpg

なんなの、この小豆バーのような花は…と最初は思ったものの、
見慣れると、意外に味がある、に変わった。
DSC09126.jpg
ヒナゲシは遺伝的に赤が強いので、赤系統はしっかりした花が咲く。
この花など、フラメンコの衣装を思わせる。
DSC09134.jpg

DSC09173.jpg

一面に咲いてるように見えるが、実際は、80センチ程度の幅で、数カ所に分かれている。
写真は、フレームの中しか見えないからね…
DSC09139.jpg


2017_06_09090.jpg

普通なら、7か月くらいかけ、年をまたいで成長するものを、
温室でもなく、たった四か月で咲かせるなど、かなり無理があることなので、
こんな小さいまま、開花してしまった個体もある。
 ※隣の青い花はニゲラ
2017_06_09054.jpg

こんな季節にヒナゲシが咲くなんて、北海道の7月中頃と同じくらいの気温なんだろうか。
いつもの気温なら、この薄紙のような花びらは、一瞬で日に焼けてしまうだろう。
 実際、暑い日は、午前中しか持たなかったし、
ぎゅうぎゅうの花弁が、開ききらずに焼けてしまったものもある。
雨が沢山降ると、花びらがボーリングしてしまうが、それでも、かなりの数が咲いた。
 こうなると、気候不順にも感謝したいくらいだ。
DSC09180.jpg

DSC09168.jpg

各色載せるので、バリエーションを楽しんでください
DSC09207.jpg

DSC09197.jpg

2017_06_13015.jpg

2017_06_13066.jpg

2017_06_13011.jpg

2017_06_13014.jpg

DSC09170.jpg

6/24 ピークは過ぎ、花が小ぶりになった。
あとは、うまく種を採ることができるように…
DSC09328.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

アナベル倒しの雨

 今年も梅雨入り。もう半分が過ぎたのか。
それにしては、いつものようには暑くはない。

去年、当地区内に蛍が少し居ることを知り、小雪の散歩時に覗きに行くと、
肌寒い中、数匹が飛んでいた。
6/12、蜘蛛の巣に掛かっていた蛍を持ち帰り、撮ってみたのがコレ↓
2017_06_12012.jpg

ちなみに、留まらせているのは、ウチで栽培している「本物のツキミソウ」
2017_06_12015.jpg

 明治頃にきた帰化植物だそうだ。
数年前、某オクで買った苗が、細々と命を繋いでいるが、
この種は、背丈も低く、一面に咲くような繁殖力は無い。

一般的にツキミソウと思われている黄色い花は、マチヨイグサといい、
強健なため、雑草化して蔓延っている。
2017_06_12006.jpg

こぼれ種で生きているソレは、移植を嫌う。
去年、小さな苗を鉢に移植して冬越しを試みたが、全て枯れてしまい、
いつもの場所の小苗は、父に毟られてしまい、もう絶えたかと思っていたが、
春に小さな芽が出、それを保守。なんとか繋いだ。
2017_06_12008.jpg


 アナ墓地のナツツバキが、今までになく沢山の蕾を付け、
毎日咲いては落ち、地面を飾っている。
 両隣はイングリッシュローズである。 どちらも大型なので、かなり庭が狭くなってきた。
DSC09278.jpg

DSC09276.jpg

DSC09280.jpg


 夏の夕に咲く花、クレオメ 
もう何年なるだろう… なんか、この花がないと夏が淋しいんだよね…
夕暮れの空に飛び立つ蝶のような、艶やかな花。
DSC09363.jpg

ハナショウブの群れ、野獣が一頭 ※小雪
DSC09332.jpg

写真撮りしてて、ふと気づけば、小雪が居ない。
呼んでも来ない。 ちと焦り出したら、傍のトウモロコシの下で涼んでいた。
オマエはホントに室内犬かと。
DSC09339.jpg


アナベルの季節となった。
白い大きな花塊は、この時期、とても爽やかな雰囲気だが、
アナベルの季節は梅雨。

卯の花腐れの雨、などというが、
それをもじって「アナベル倒しの雨」と名付けている。
DSC09292.jpg

この株は、隣に大型ハーブを植え、寄りかかるようにしてあるが、
片側のみなので、無いよりはマシ程度、そして、今季、さらに株は大きくなった。
DSC09216.jpg

 その隣はカシワバアジサイ、これも、どうやっても垂れさがる系だ。
入手当時は、傘を立てたり、
先端まで支柱を入れたり、吊ったりで、操り人形のようになっていたが、
どうやっても折れるので、勝手にしやがれと、そのうち諦めた。

 そうしたら、垂れ下がりはするが、結果、折れることは減った。
今までの苦労はなんなの…
購入時に、全部の花に支柱が立ててあったので、立てるものだと思っていたのだ。 
DSC09217.jpg

別の場所のカシワバ。 
日当たりが良くない場なので、徒長気味で、思いっきり垂れ下がっている。
DSC09294.jpg

 予報は雨マークが続いている。
安価で簡単な、何か良い方法はないものか?と思案、
花のきわまで支柱を立てたところで、括った部分に力が集中して折れてしまう。
そうだ、点で支えるから無理がある。面で支えればいいんじゃないか?

柵のようなもので囲えばどうだろう。
イヤ、私の力では手に負えないし、第一予算が一桁以上超えてしまう。
在庫のポリ系生地に、支柱を固定する細工をして支えたら…アカン、日当たり悪くなるか。

ふと思いついたのは農業用のネット、
これなら、ある程度の張りもあり、ふんわりと受けてくれるはず。
目が荒いものは、多分、花がはみ出してきて収拾つかなくなるから、ある程度細かいものがいい。

で、近所のホムセンで探したネットを試験的に張ってみた。
私のいい加減な作業なので、大した保持力はない。

その後、迎えた大雨、意外にも、こんなものが利いた。
ちなみに、他の株は全て倒れていた。
DSC09208.jpg

そんなわけで、次の雨予報までに、他の株も処置することにし、
一昨日の夕方、全部の大株にネットを張った。(小さめの株は見ないことにした)
全部で10mほど使用。ちなみに、1mあたり150円くらい。支柱は手持ちの物を使用。
DSCN7853.jpg

このネットは、上下、真ん中に、ヒモが通ってるので、
緩めに張り、必要な部分は絞って緩みを作ることができる。
DSCN7856.jpg

網目から花がはみ出すが、少しくらいはしょうがない。
DSCN7855.jpg

専門農家のように、全部に屋根を付けることができればいいんだけどね…
DSCN7854.jpg
このページのトップへ

二倍速で咲いた八重咲ひなげし

 ポピー エンジェルス コイール 「天使の歌声」
ヒナゲシの八重固定種らしい。
普通のヒナゲシでも、ある程度の率で半八重は咲くが、
代を重ねると一重の赤ばかりになってしまう。
DSC07923.jpg

八重咲のその花を、ネットでたまたま見かけ、種を探したものの、どこにも無い。
多分、その年にだけ出回った輸入種なんだろう。
で、海外の販売サイトも探したが、すでに別の種に代替わりしていた。

 しつこくググっていたら、種配布記事に行きついた。
去年か… ダメもとで特攻し、幸いにも、種を分けて頂けたが、
この地方では、前年の秋に撒く種類だ。
 ウチのヒナゲシも、初冬にはロゼット状の葉を広げている。

…どう見ても、今期には間に合わない。
そんなこと言っていられるか~! 来年が、必ずあるとは限らない。
 時は二月末、発芽温度には程遠いが、開花は四月末ときている。
そう、種から開花まで、二か月余しかないのだ。
アレしかないだろう、室内で、水槽と、昆虫用シートヒーターを使った温室もどき発芽。

 3/5 とりあえず発芽はした。多めに撒いたら、間引きどころじゃなくなった
日中、戸外に出してモヤシ化を防ぐものの、長い時間は稼げない。
 早々に、畑に簡易ビニール温室もどきを作り移植、
しかし、芥子類は、本来移植を嫌うため、明らかにダメージを受け、中々生育しない。
DSCN5302.jpg

そうして、あっという間に四月に突入したものの、気温は上がらず、すべての植物が遅れていた。
ウチの放置ヒナゲシたちは、すでにトウが立ち始めている。
株はそれなりに大きくなったものの、開花しそうな大きさではない。

植物というものは、正規の大きさにならなくとも、時期が来れば開花しようとするので、
苗が小さいと、あり得ないような小さな花になってしまう。
気温の上下に合わせて、ビニールを少し開けたり、こまめに調節した。

 やはり無理だったか… 
そうして、ウチのヒナゲシが終盤を迎えた頃、トウが立っているのに気付いた。
出た蕾は八重にしては小さい。
 中々開く気配がなく、気温は、不安定に戻る。
そのうち、蕾から、花びらが覗いた。
DSC07151.jpg

DSC07152.jpg

さらにまる二日、一番花が開花…しなかった。
多分、その日が暑すぎて、開く前に焼けてしまったのだろう。

事実上、二番花となったソレは、半八重で、小さな花だったが、
よく間に合ったものだ。
DSCN7525.jpg

DSC07752.jpg

ガクが中々割れないので、手で割ったさい、少し花びらが裂けてしまった。
DSC07922.jpg

DSC07837.jpg

これは渋系の色だが、花びらは八重らしい重ねがあった
DSC07839.jpg

これも開き難い。 こういうものなのか、それとも、時期的に無理があるのか。
開き難いぶん、ウチのヒナゲシより、開花時間が長いようだ。今の低温のせいかも知れないが。

一応、花は見えたことだし、次の季節に本格的に植えてみれはいい。
DSC07924.jpg

終盤の花と、どうにか間に合った花では、対等な比較ではないけれど、
普通のヒナゲシ↓左側 と比べると小柄
DSC07860.jpg

並べると、見慣れたヒナゲシがゴツく見える。
初夏の風に揺れる、薄紙細工のようなそれが。
 来季があったら、本気入れるで~!
DSC07863.jpg


 夏の花は夜に咲くものが多い。そして、その色形は、独特の進化をした。
数日前、店で開花株を見かけて買ってきたクレオメ
我が家のものは、まだ10センチにも満たない。

ひょろい苗ではあるけれど、この大柄な花を、10センチポットで開花まで育成するとか、プロの仕事だ。
一昨年くらいから、30センチくらいの縮小版も出まわっているが、
やはりこの花は夜にすっくと咲いてことふさわしい
DSC07648.jpg

DSC07649.jpg

 ウチの畑のモリナール 
もうね、どんだけデカイの! 根本付近とか、ノコギリじゃないと切れないだろう。
重量もそれなりだろうから、多分、台風来たら、支柱ごと飛んでいくわ…
DSC07750.jpg

沢山の蕾をつけているが、暑さで、開花前から、花びらが痛んでしまうのが難
形や香りはいいのにね…
DSC07631.jpg

それにしても、この寒さはナニ?
宵に畑を周ったら、気温が10度しかなかったよ…
アレが出ない温度という分には、むしろありがたいというべきか。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。