Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

桃の花

 雨が上がり、花は散り果てた
これほどタイミングの悪い桜の時期って、そんなに無い。

「四月は晴れの日が多いはずだが、
今年は日照時間が三割しかない」と、天気予報のコーナーで言っていた
萌芽には適度な雨が要るんだが、度を越すと陽が足りない。

咲き始めたと、思った桃すら、もう地面をピンクに染めていた。
15apr16 004

15apr16 008

小雪は、いつもヘラヘラと嬉しそうなので、
15apr16 010

桃で遊んでみた
15apr16 020

15apr16 014

15apr16 025

フルコートの小雪も、そろそろマルガリータな季節になる。
ペット用の「もう少しマトモに切れる鋏」が欲しい。
 
 とか思ってたら、はさみ繋がりで、布切り用のラシャ鋏が使い物にならないことを思い出した。
去年、近所のスーパーにきていた「磨ぎ屋」に砥いで貰ったら、
とんでもない砥ぎ方をしてくれて、修正ができない状態になってしまった。
布が逃げる、どころじゃない。裏刃のギザギザに布が引っかかって切れないとゆー。
つーか、裏刃をあんなにえぐるほど研ぐってありなんか。

「ラシャ砥げますか?」
「できますよ~」 
「手? 機械砥ぎ?」
「機械です」 (ならば、特別良くはなくとも、特別悪くもならないかも)

 で、母のと私のと二丁、それと糸きり鋏も出した。
…まあね、砥げるとは言ったけど、ちゃんと切れるように砥げる、とは言わなかったけどさ。
一応専門だし、ミシン屋の爺さんよりはマシかも、とか、ぬるいことを思ったのが間違いだったワケだ。

 覗いたとき、そのオッサンが砥いでいたのが農機具で、
それと、その砥石が非常に荒いものに見えた時点で、
ラシャのような繊細な鋏は管轄外と気付くべきだった。
 私の鋏は、落としたせいで、刃が咬みあわない部分があったんだが、
その点にも触れなかった。(=気づいて無い)
できないならできるって言わんで欲しいわ。

あ~ ヤなことを思い出してしまった。
(冬場は放置なので頭から消えている)
 
薄地のシーズンだし、なんとかしないと…
鋏二丁か、もうカメラどころじゃないな… ふっ… ←自己嫌悪のため息
桜の季節も過ぎたことだし、そう撮るものも無いか。
 「あのブドウは酸っぱい」 だ。
誰か鋏くれ…
スポンサーサイト
このページのトップへ

春嵐 雹、雷、筍

 小雨続く中、急にバラバラと音が響いた。
一センチくらいもありそうな雹だった。
15apr15 032

根元の粒々は雹
15apr15 033

あっというまに雹の粒が覆う
苗床にビニールを掛けに走ること二回…
いったんは晴れ間も見えたのに、とても不安定な天気だ。
15apr15 031

15apr15 034

雨に混じっていても、氷の粒は溶けるよりも積もるほうが早い。
叩かれると痛いくらいだった。
15apr15 035


さくら散る道  もう、あの並木も散ってしまっただろうか…
15apr15022.jpg

15apr15019.jpg

脇のヒイラギにも桜の花びらが積もり、別のものと化していた
15apr15 024

15apr15 030

雨間というだけで、冬のように寒い
15apr15 029


雨後の竹の子
寒気がきても、季節は止まらず…
15apr15 026

15apr15 025


クレマチス マクロペタラ ウェッセルトン
去年買って、楽しみにしていた青いクレマチスが、
わりと多くの蕾をつけたので、
ホクホクして待っていたら、開いた花は、どんよりした青紫だった。
もうガックリで、ヤル気が萎んだ。
15apr15 009

高山系の種なので、夏越しが難しいらしいってんで、今期限りの積もりで買った苗。
数年前、花屋で開花株を見て、迷ってやめた。
夏越しがし難いと書いてあったからだ。

和紙のような質感の青い花が心残りで、去年、あちこち探したが見つからず、
夏過ぎ、某大手通販サイトで見つけ、念のため、夏過ぎ発送で注文。
鉢管理で冬を越し、花芽らしきものを確認したのが二月頃。
 どうだろう…もう少し青っぽくなるんだろうか。 
15apr15 010

蕾、ぽっこり
15apr14 004

株全体 直陽が少ないところに植えた
15apr14 005


チューリップ 
基本、花は一重咲きが好きなんだが、なぜか、この種を選んでいる。
どうも、チューリップという花の造花っぽい造りがイヤなんだ。
15apr15 012

15apr15 017

三年目くらいのトライだが、あまり綺麗に咲いたことがない。
15apr15 015

15apr15 013

このページのトップへ

さくら、桜…

 寒気が続き、ようやく咲き始めた桜だったが、
数日の陽気が、花の寿命を短くした。
 木はスカスカ、一陣の風に、たくさんの花びらが舞う。
15apr11 026

吹き溜まりに積もった花びらが、色を保つのは明日頃までだろうか。
15apr11025.jpg

15apr11 023

15apr11 022

15apr11 027
最近、我家へきた知人が、小雪を見て、抱きたいというので手渡したら、
「どっちが頭よ?」と、ボケかマジか判断に迷うことを言っていた。
 
 実は、常々私もそう思っている。 
もこもこの毛玉は、上から見ると、両端とも似た形をしているからだ。
特に、風で煽られたときや、下を向いてるとき。
 尻のピンクが目立つので、知らない人はそっちへ目が行くのは普通だ。
15apr11024.jpg

15apr11 028


 ここは本命ではないので数分で移動。
向かう先は、いつもの、マイ桜並木、そろそろ花吹雪が見えるんじゃないか、と。

 車の中、小雪は、こうしてガン見を続ける。
犬とはいえ、続く視線に少々疲れる。
15apr11 046

アナもそうだったが、なぜ、見慣れた飼い主だけを見ているんだ。
せっかくのお出かけなのに、なぜ、他の犬のように、窓から外を見ない?
15apr11 049

 
15apr11 030

15apr11 032

いつもなら独り占めのお気に入り場所だが、
あいにくの土曜、晴れ間は今日だけ予報に、人が居ないわけもなく…
15apr11 067

予想外に、桜も花をしっかりつけていて、
散る気配もないので、そそくさと退散。
 次の晴れにはもう散り果てだろうな…
15apr11 036

せっかくきたので、小雪を撮った。
犬を撮るには黙ったままではできない。
一人で大騒ぎして気を引く変な人と化すること数分、
奥の人目が痛いような気がするのは気のせいか。

構図だけはデジャヴ、シェルティっぽいと見えないこともない…かも。
15apr11 081

顔がタヌキ系なことを除けば。
15apr11 076

このページのトップへ

罠に掛かった鹿と、カエル産卵

 いつもの散歩コース、山際の捕獲罠に鹿が二頭入っていた。
この前のものより大きいように感じる。
15apr08 025

 道路から7~8mくらい離れているが、
人の気配に怯えた鹿が、檻に体当たりし、カシャン、カシャンと、金属音が響く。
辺りには濃厚なケモノの匂いが充満していた。 

斜面をちょっと登れば檻の傍まで行けるんだが、
犬も居るし、また、それが生意気に吼えるし、
これ以上怯えさせるのも難…と。
(動画も撮ったが、小雪の吼える声が…)
15apr08 018

 それにしても、なぜ、二頭同時に入るんだろう。
続けて入らなければ、二頭とも捕まることもあるまいに。
15apr08 019

15apr08 023

15apr08 020

15apr08 024

15apr08 026

 遠目には、背中に斑点があるように見えたが、
抜け毛が浮いてるだけにも見える。
15apr08 028

15apr08 027

 田舎は自然が豊か過ぎて、まして、過疎地では、
もはや、ヒトよりケモノのほうが多いんではなかろか。
15apr08 030

気温は10度にも満たず、真冬の寒さに真冬のコートを着ての散歩だ。
雨上がり、まだ雲がかなり残っていたが、水溜りに、うっすらと青空が写りこんでいる。
15apr08 031

やがて空が晴れた。
15apr08 040

でも寒い…
15apr08 044

一昨日だったか、畑の水桶にカエルが二匹居るのを見た。
一匹は体が大きく、腹がパンパンに膨れていた。
もう一匹は小さくて痩せていた。
 父が、アカガエルだと言う。

そういえば、先月、庭先の水場にカエルが居たな。
動きが鈍くて死んでるのかと思った。
記録を掘り返してみると、3/24 この日は霰が降る寒い日だった。
15mar24005.jpg

↓コヤツだ。
15mar24012.jpg

 あれが畑に居たのか知らないが、
去年、庭の小さい池に確かにアカガエルらしきモノが居たことは確かだ。
 小さな池なのに、毎年、ツチガエルが繁殖していて、睡蓮鉢にも産卵するので鬱陶しい。
そこにアカガエルまでやってきた。
そして、食物連鎖で、ヤマカガシまで常駐するようになった。

そして、今日、畑の水桶を見ると、なにやらぼやぼやしたモノが…
大量なカエルの卵塊だった。しかも二箇所に。既にカエルの姿はなかった。
 また繁殖までするのか… つーか、一匹でこんなに産むもん?
↓左上の黒い容器は、径60センチの睡蓮鉢。
15apr08 036

 ゼラチンのような透明部分は体外に出てから吸水して増えるんだろうが、
それでも、その原料?は、あの腹の中に入っているワケで…
15apr08 038

 ヤツ等にも生活があるんだし、この酷寒を生き延び、根性で産卵したんだろうから、捨てるのも憚られる。
かといって、ここで孵化されると、水を汲むたび、如雨露にオタマジャクシが詰まる。
 ということで、庭の小さな池に移した。
そこで、鯉だの、他のにオタマだのに、卵が食われるのはしょうがないだろう。
↓バケツ一杯の卵… イヤ~…子供の頃は田んぼに採りに行って遊んだものだが。
15apr08 042

ちなみに、我家周りの敷地内には、モリアオガエルも住んでいるようだ。
このページのトップへ

パーフェクトペット ラッシーネタ その2 ケース蓋

 パーフェクトペット ラッシー その2
水槽代わりのケースを探したが、どうみても、これ以外にピッタリなサイズのものがない。
 で、ガラスで蓋を作ることにした。
正確には、ガラス屋で作って貰った。

ホムセンでアクリル板を見たが、ガラスより高いし、加工道具がない。
じゃ、町内の店で聞いてみるか…と。
で、こうなった。↓
15apr02 068

縁の一箇所が開けてあるのは、指を掛けるため。
市販の蓋は、たいがいこういう構造になっている。
モノが生き物用なので、ホースとかコードとかも通す必要があるし。

ここから埃が入るのが難だが、何もないと蓋が外せないし。

元蓋を持ち込みはしたが、ソレは、ペラペラのプラ、たわむので誤差がある。
一ミリでも大きいと嵌まらないな~と思ったら、あまりのピッタリサイズに感動し、
水槽を漂白剤に漬けて洗いなおした。
 
 生きていないとは判っていても、
呼吸しているように見えるものだから、
見ていると、そのうち起きるんじゃないか?と思えてくる。
動物の本能的な感覚なんだろうな。点が三つあると人の顔に見える、というのと同類。
 そのせいで、密封がためらわれてしまう。
15apr02 069

ちなみに、元の専用蓋↓ 100円くらいだったし、ペラペラもしょうがない。
15apr02 070

ついでに、この前買ったポの縫いぐるみも、小型水槽に入れた。
なんで、そう水槽があるんだよ!と言いたいのは判る。
 これも、以前、夏場にベタ一匹だけ入れようと買ったものの、
あまりに小さいので却下。 
それが、あつらえたようにピッタリサイズ。
15apr02 065

一応、専用サイズの座布団も(普通はクッションとか呼ぶ)作った。
上の水槽にも、同じ柄で敷物を作った。
生きてる犬が居るのに、オマエ、ナニやってるんだ!と言いたいのは痛いほど判る。
 15apr02 066

蛇足だが、私が、歴代の愛車のミニカーを揃えて持っているのは親も知らない。
置き場がないので、暗いところのタンスの上に置いている。
まあね、劣化とか考えると、日に当たらない場所でいいんだが、こっちもピッタリなケースがあれば…

↓ 同型のバージョン違いが三台あるので、実際より多い。
ついでに、左端のは単なる趣味。つーか、心の恋人(車だが)
個別プラケースの蓋を外しての撮影。

 世間では、こういう人を「オタク」と呼ぶ。…多分。
しかし、ここまでカテゴリの幅広いオタクというのは居るのだろうか。
専門じゃないからオタクじゃないのだろうか。
09sep10s041.jpg


とか、ガラス屋へ出かけたら、あちこちで桜が咲き始めていた。
ずっと撮ってはいるが、春は、あまりにもめまぐるしく進むので、いつも画が置き去りになる。
これはソメイではなく、多分彼岸系。
15apr02 002

町の並木も二分から五分咲きくらい。
しかし、ずっと続く雨マーク…
もしかして、一度も満開を見ることなく過ぎるのか?
15apr02 010

15apr02 013

15apr02 011

15apr02 025

15apr02029.jpg


散歩コース脇のオカメ桜
15apr02 034

15apr02 038

15apr02 035

左手前から、コブシ、梅、オカメ
15apr02 033

天気は悪いが、いい季節だ
15apr02 031

反対側のソメイは立ち枯れたようだ。いつぞやの雪での太枝折から立ち直れず。
春は命の交代の季節。
15apr02 039

このページのトップへ

パーフェクトペット ラッシー、見つけた~! キタ~!

 何気なく見た新聞広告、雑貨の通販に、それが出ていた。

何年か前、それが出回っていたらしいが、私が知ったときには製造終了で、
たま~にオクに出たが、…というか、後で知った。500円スタートの凄い投売りで。
タグが違うから掛からなかったんだよ…
 
 知ってからはキーワードを登録していたけど、高値がついていて競り負けた。
それから二年くらいだろうか… もう無いものと思っていた。
 で、くだんの新聞広告を見て、ググるとヒット!!
もうこの機会を逃したら、死に際にまで後悔しそうなので、すぐポチった。
トライカラーが欲しい、とか言っていたら、一生入手できないし。
それが一昨日の夜、で、その場で支払い完了。
パーフェクトペット ラッシー

そして今日届いた。
…以外に小さかった。まあ、子犬ってことだし。
15aor01 048

大きさ的には、シェルだと体重1.5k時くらい?
15aor01 054

これ、コリーって前提らしいけど、
シェル、コリ飼いは、多分、違うって思うだろう。
だって、額のストップのラインとか、まんまシェルティやん。

コリーは子犬でも楔形のラインしている。…子犬みたことないけど。
15aor01 049

まあいいだろう。こういうものは、視る人がどう想うかが肝心なのだ。
15aor01 050

せっかくなので(?)腹部の動きを動画で…
雑音が入っているため、動画の音は消してあるが、軽いモーター音?らしき音がする。
それが呼吸音に聞こえないこともない。



物事には全て「裏側の世界」というものがある。
それがどのくらいダークなのかは別として。

 もちろん、コレにもあった。私は以前、在庫切れなどの画で見て知ってはいたが、
知らずに買ったら少々ショックかと思われる。
15aor01 052

 気が急いていたので、あやうく、力ずくで蓋を千切るところだった。
造りは「縫いぐるみ」じゃないね、多分。 型に生地を貼り付けてある感じ。
生地は硬い。抱き系じゃないので、さわり心地は重視してないってことかな。
15aor01 053

こんな箱に入ってきて、
15aor01 057

飼い主証明書とか付いている
15aor01 058

とりあえず、埃避けとして、手もちの水槽に入れて置いている。
最初はベタ飼い用に購入、多いときは、仕切りを入れて四匹とか同居していた。
(冬場はヒーターが要るので、なるべくまとめて飼いたいから)

それにしても、水槽の使いまわし具合が激しい…
15aor01 056

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する