Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

花屋巡り

二月末、ストレスが溜まっていたので、
一日だけの晴天予定だった28日、隣市の花屋に出かけた。
途中の国道沿い、山の斜面に黄色いショボショボした花らしきものを確認。
多分、マンサクだ。
遠過ぎて撮れないが、もう春なのだ。

 
ラナンキュラス満タン
欲しかったが、あまりにダメダメなので諦めた。
 実は、前回追加で買ったものが、もう死に掛けていたり…
最初の一輪しか咲かないなら、いっそ切花でも買ったほうがいいような。
15feb23 013

15feb28 019

15feb28 020

15feb28 023

15feb28 024

チューリップは、いかにも春の花という感
15feb28 026

あえて言うけど、芋で買えば安いのに…
かくいう私は、淡い紫のヒヤシンスを探しに来たのだが。
芋のラベルの画は、たいてい、かなり違うのが、この手の紫系。
15feb28 025

アネモネとか
15feb28 021

ヒヤシンスとか
花もいっぱいだが、珍しく土曜に出たので、人もかなり居た
15feb28 022

ゼラニウム、色変化する系らしい
ウチのゼラも、気に入っている色だけは、挿し穂でなんとか冬を越した。
ある程度の大きさの株で、室内なら冬でも咲き続けているし、
すぐに枯れてしまうラナンやシクラメンよりコスパはいいね。
15feb28 030

ポピー、後で、と思ってたのに買い忘れた…
ついでに、ネモフィラも買い損ねていた。
通販で無いか探していたら、「ネモフィラの丘」というのがヒットした。
北海道かと思うような一面の青い花… 
青花好き~には天国のような場所だ。見に行きたいけど遠い…(泣…)
15feb28 027

パンジー系は色が豊富でどれも綺麗
15feb28 033

15feb28 034

15feb28 035

綺麗なコバルトバイオレットのビオラ?を買った
この色はセキセイインコを思い出させる。
「瑠璃さん、瑠璃色…」なんて喋っていたインコ…
セキセイは花のように色鮮やかなので、見るたび、つい買いそうになってしまう。
我ながら、カテゴリ越えて目移りしすぎだろ、と。
15feb28 028

ミニバラとか、
15feb28 031

香る沈丁花とか、春は花が色々あって目移りしまくり
ここで売り場を移り、迷っていたバラがあったので、予定外の出費となってしまった
15feb28 032


二軒目の花屋に移動
仕入れの加減か、花台がガラガラだった。
規模は半分も無いけど、私はこっちの花屋のほうが好き。管理がいいから。

一軒目と被る花はスルーで。
15feb28 036

真冬にオキザリスを見るたび、つい買いそうになるが、
雑草より始末に負えないピンクのカタバミを思い出し、絶対に手を出さない
15feb28 037

ウチのは花芽すら確認できない小型クレマチスがもう開花してた
15feb28 038

前回買い損ねたジャスミンを手に。
夏場に巨大になってしまうため、冬越しが困難なので、
もう、小株を買って使い捨てにすることにした。
15feb28 039

鮮やかな紅いゼラニウム
花屋は何度行ってもいいわ。
15feb28 040

スポンサーサイト
このページのトップへ

初ミツバチ撮影 オオイヌフグリ

 昨日の夜、雨音が響いていた。
真冬、そんな翌朝は、雨音が消え、かわりに雪が積もっているものだが、
今日は霜柱すら無かった。

 天気はイマイチだが、風も無く、穏やかな初春ぽい日、
道端に花らしいものがポツポツ。
オオイヌフグリとヒメオドリコソウ
15feb23 001

オオイヌフグリは、たいてい、二月前から、探せば、どこかの陽だまりに咲いているのだが、
この冬は、雪続きで遅れたようだ。
15feb23 002

15feb23 004

タンポポも、厳寒期にも、葉を地面に貼り付けるようにしながらも、
どこかに、一輪くらいは咲いているのだが、
今期は全く見なかった。
 とはいえ、真冬に咲くのは西洋種だが。
15feb23 005

ナズナ 
なんとか咲いてはいるが、見るからに寒そうだ
15feb23 003


福寿草にハチが来ていた
まだ啓蟄じゃないが、暖かい日は、彼らも外へ出たいのだろう
枯れ野に目立つ輝く黄色い花…

田舎でも、真冬は全くというほど、虫などを見ない。
何もうごめくものが居ない、一面、「死」の世界だ。
この時期に見る蜂や蝶は、しみじみと、春の訪れを実感させられる。
15feb23 007

15feb23 006

15feb23 008

15feb23 009

15feb23 011


近所のホムセンに、色とりどりのラナンキュラスが並んでいた
15feb23 013

また欲しくなったが、前回買ったものが、すでに一株萎れてきている。
他の色も、二番花は、当初ついていた花の半分も無く、別物にしか見えないし。
かなり気をつけているんだが、なんでいつも…?
15feb23 014

15feb23 015
このページのトップへ

初ミツバチ

 昨日、自室に入ると羽音がした。
窓のところ蜜蜂らしきものがうろうろしている。
 さっき開けたさい、入ってきたらしい。
窓辺に出した鉢植え花に、何匹か蜂が来ていた。
たいしたものだ。こんなところの花を見つけてやってくるとは。

 初ミツバチか…
裏の畑では蚊のような虫が数匹群れていた。
そんな虫にも春の息吹を感じる。

昼間はそれなりに暖かくなった。
畑の霜柱もかなり控えめになった。
 しかし、晴天でも、雪雲は流れてくるし、
ときおり、雪が舞ったり、時雨が駆け抜ける。
 この地方は、桜が咲く頃でも雪が舞うことがある。


 満開の福寿草、だが、まだハチは来ていないようだ。
14feb19 001

14feb19 002
このページのトップへ

暖かい日の翌日は雪が降る

 妙に暖かいと思えば、翌日は、やっぱり雪だった。
15feb17 016

15feb17 012

今日も、野生みなぎるケモノは満面の笑顔で駆けてくる
15feb17 011


15feb17 007

15feb17 001

そして残る足跡 
こんな日は、野生の獣の足跡もない
15feb17 009

15feb17 015

15feb17 014

畑もすっぽり雪で覆われ、残る野菜は凍みて腐っていく
雪中保存には、雪の量がハンパなのだ。
15feb17 002

15feb17 003

15feb17 004

ポケの花芽 これだけ寒暖差があっては、身支度も整わまい
15feb17 005

木蓮の花芽が膨らんできている
15feb17 006

 今日、隣市に住む叔父が来て、
母が鹿の話を振ったら、「そういえば…」と、同類の話が出た。
 叔父の住む地は、母の実家でもある。
南部の市には近い地理なのだが、
そこは鉄道から取り残されたため、ある意味、わが町よりド僻地である。

 最近、叔父宅の隣の敷地内に、
ヤギ程度の小さなカモシカがウロウロしていたのだそうだ。
逃げようとしないので、一応、役場に連絡したらしい。
 そして訪れた役人に聞いたそうだ。

「コレ、俺等が食ってもええかい?」
おい! おい! 
なんでいつも食う方向にしかいかんのや!

役所人「アカン! 天然記念物やから捕るわけにはいかん!」

叔父たちは仕方なく、棒でカモシカを山のほうへ追いやったそうだ。
その数日後、近所の道路際で、それらしき個体が死んでいたらしい。
多分、病気で弱っていたんだろう、との推測。
 そりゃそうだ。
キケンを承知で人家近くに下りてきた野獣が、
人を見て逃げることもしない時点で相当衰弱していたんだろう。
 
それにしても、食うって…
「飼う」ならわからないくもない。←これはこれでフツーの感覚ではない
まあ、そのへんは、根本的な趣味の差だ。

 野獣って、美味しくないから家畜が作られたんだし、
色々寄生虫とか持ってるやん?
いくらド田舎でも、数キロ以内にスーパーがあり、
フツーの食料は手に入る。
 そのスーパーができる前は、隣の市まで買い物に行っていたらしいし、
わざわざ野獣を食べなくてもいいだろう。

 何年か前も、この叔父は、
早朝の散歩中に、近くの道路で轢かれた直後の鹿を見つけた。
その鹿は雄で、立派な角を持っていたらしい。
「これはいいものを見つけた!よし、皆で食おう!」と、
トラックと仲間を呼びに戻り、
現場へ戻ると、既に角を誰かに持ち去られた跡だった。
 
それでも本体はあるので、
仲間でトラックに積み込んで持ち帰り、
さばいて焼いて食った、…と。

その話を聞いて暫く、
近所の犬友にネタとして話した。
 ナンでも、その犬友の同僚が、隣市から来る途中、
鹿と衝突し、車は半壊の憂き目に遭ったが、
シフトの都合で遅れるわけにもいかず、車もなんとか動いたので職場に行った。
日にちとかの符合で、どうやら、ソレが例の鹿だったらしいと判った。

 衝突→叔父が発見、自宅へ戻る→その僅かな間に誰かが角を取って去る→叔父現場へ…
田舎の原住民の思考、恐るべし!
このページのトップへ

ポメグッズ ポメぐるみ

 昨日の寒さはウソ?

晴天の今日、外の苗水槽を見ると、中は30度…
まがい物でもガラス張りの威力、侮れない。
こんな日は、車の中でも暑いもんね。
 
これはマズイと、蓋を取ったけど、温度はさほど変わらず、芽はしんなり…
一時的に水槽から出したが、なんなの、この気温差は。
やばい、暑さに弱い種なのに、枯れたかも知れん。


おかげで、コートも着ずに散歩に出られた。
昨日の鹿檻は空になっていた。
近所の人が、「いつの間にか持っていったようだ」と。
(空の檻画を昨日のページに載せてみた)
15feb16 010

途中の谷沿いとか、山裾には、この前の雪がしっかり残っている。
暖かくても、冬は冬なのだ。
15feb16 009

トートツだが、ポメグッズを買った。
アメリカだったかで、可愛い犬認定されたポがモデルらしい。
15feb15 015

15feb15 022

 でも、主目的は私じゃなく、ポを亡くした犬友への贈り物。
その辺の事情はダークすぎるので、追記部分に吐き出しておく。
私なりに、他人事とは思えないくらいショックだからさ…

そんなワケで、ここ暫く、かなり真剣にポぐるみを探していたんだが、
どこも在庫なし、入荷予定なしで、
在れば、ふざけんな!てくらいにプレミアついてたり…

その日、タマタマ入荷直後のものにヒットしたようだった。
送料変わらんしと、ついでに私のも買っておいた。
いずれ、死ぬほど欲しくなるときが来るかも知れない…だろうか。

 まあ、ウチだってポは居るんだけどさ、
牛柄の色からして、たいていのひとは「なんて犬種?」という。
だから、むしろパピヨンの縫いぐるみのほうが似ていると思う。

どちらにしろ、ポとかシェルティの縫いぐるみは、
毛の表現とかマズルとか、肝心の要部分が、物凄く残念な縫いぐるみが多い。
まさに「とってつけた」感。
しょうがないのは判ってる。
自然なグラデのロンゲでダブルコート、足の飾り毛、そんなの特注生地でもないと表現できんわ。

 白黒ボダらしい大き目縫いぐるみをオクで見て、
顔を見て思わず「ありえない!」と、口に出るくらいにガックリしたことがある。
いっそ「後から見る専用」として買うか?とも思ったが、
あまりに残念な顔なのでやめた。

羊毛で作るのはねぇ、どう頑張っても、実物に近い…いや、半分でもいいんだが、
大きめサイズは無理。
長年体に染み付いた「大きさの存在感」というのが無いから淋しいのだ。
 
 写真は、どんなに大きく伸ばしても、何枚並べても、所詮二次元。存在感は無い。
とりあえず、同じくらいの大きさの縫いぐるみでも、いつもの位置にあれば安心する、みたいな。
 今の小雪が来た日まで、どうしても、アナの寝ていた布団をどかすことができなかった。
そのくらいシェルティが好き、とも言える。

 まあ、その話はどんだけ書いても終わりなんてないから、ポメくるみの話で。
って、ここまでがウンチク長すぎだろ。
ダラダラ書くときは、どうにもならない気分だから、でもある。

 で、犬友のポが白系だったので、
どうしてもこのバージョンが欲しかったのだ。
色というのは、形より先に感覚に訴えるものだから。
 犬友に渡すと、話ながら、しっかりフードを被せていた。
自覚は無いのだろうが、やはり白っぽいのがいいんだろう。
15feb15 016

 私的には、ロンゲの犬には服は要らない派だが、
これはこれでアリだと思う。
とにかく、見た中では、表情が「ポらしく」見えたわけだ。
無理してロンゲにせず、柴犬カットで表現したからこそできた造形かも。
15feb15 020

15feb15 018

しかし、問題がないわけでもない。
犬の縫いぐるみとしては、少々小さすぎることだ。
つまり「手乗りサイズ」
 抱いたときの感覚が無いのが残念だが、
私に作る能力がないんだからしょうがない、ということで。
15feb15 019
【“ポメグッズ ポメぐるみ”の続きを読む】
このページのトップへ

まだまだ冬色が濃い季節

  ときおり射す日が、福寿草の花びらに反射している。
15feb15 007

クリスマスローズ
長く咲いていたが、そろそろ終わりかな
習慣で、夜にはカバーをかけることを続けている。
15feb15 006

15feb15 005

この前のバラ咲きプリムラ
ウチにしては珍しく生きているが、
紫の方が、色が薄くなってきてて、ほとんど薄ピンク…
 とりあえず、蕾は次々出ている。
15feb15 001

コレって、調べると、水はけの良い土が良い、とか載ってるので、
植え替えるさい、パーライトとか多めに入れたんだが、
肝心の育成ポットの土は、ほとんど粘土に近いような、みるからに水はけが悪そうな土だった。
 
 売るさいの管理には、土こぼれしにくく、水もちがいいようにしてあるのかも知れんが、
枯れるのはこのせいじゃないか?
ということにして、水に突っ込んで、落とせるだけ土を落として植え替えた。
それが効して枯れずにいるんじゃなかろうか、と、都合の良い解釈をしている。
 売る側としては、長持ちしないほうが次が売れやすいしさ。
15feb15 002


 こちらは、水槽での温室もどきで育成中の、ラグラスの苗。
1/22頃に種を蒔き、加温もどきで発芽させた。
15feb15 009

はじめは浅い水槽に入れていたが、見る間に伸び、天を突きそうになったので、
深め(一般的な30センチ水槽)のに入れ替え、自室から階下に下ろし、
日が出たら戸外に出し、夕には室内に…という、
今期中に意地でも穂を採ってやる!な管理をしている。
 
大きめの穂のものが欲しかったので、高性種を買ったのだが、
草丈表記が結構まちまちで、中には80センチとか書いてるサイトもあり、
これからどうすんべ…とか思いつつ、成り行きに任せている。
15feb15 011

 こちらの大きな芽は、ルリ玉アザミ。
管理の都合上、最初、7センチポットに二粒ずつ蒔いたら、
全部発芽した。
 しかたなく、根が絡まないうちにと、分けて、10センチポットに植え替えた。
そうして、置き場が無くなったコレは、小型水槽に入れ、以下、上と同文。
15feb15 010

 以下、書きなぐりの駄文につき、キブンを害しても知らんよ、と警告。

人間、唐突にありえないものを見ると、それが事実か確信できないものらしい。

 いつもの散歩コースを少しだけそれ、
道一本変えたら、山沿いの斜面に仕掛けられた檻に何かが入っていた。
 ぎゃーっ!(←あくまで、声に出さない悲鳴)

く く く…熊? いや、本州にはヒグマは居ないハズだ。←変に冷静
オオカミ~? 違う~ 日本では絶滅したはずやんけ! ←焦ってる割に変なところで冷静
 そう見えた。そもそも、その檻が小さく、背も低いからだ。
大型犬用のケージをちょっと長くした感?
↓翌日、空になった檻を撮影 やっぱ、小さいな~
比較物は檻の手前の梅の木くらいしかないが…
15feb16 011

 しっかり見たら、小さな鹿が二頭入っていた。
その二頭が重なっていたので、大きな動物に見えたらしい。
それにしても、あの低い檻に鹿二頭… なぜ二頭同時に…
 一頭は尻というか、背中というか、その辺に怪我をしているようだ。
多分、閉じ込められているうちに暴れてついたんだろう。

 ど、ど、ど、どうしよう? どこへ連絡すれば…

私の心情だけなら、今すぐ逃がしたい。
怪我も診てやりたい。
 しかし、檻は害獣対策のものだ。
この田舎で、そんなことをしたら…
だいたい、そんなことをしそうな人間なんて私くらいのものだ。すぐバレる。

とりあえず、近所の家へ走ったが留守だったので、
もう少し離れた犬友の家へ走った。
自分が見たものが見間違いじゃないかと、
とりあえず誰かに見て欲しかったワケだ。

 知人は、仕事に行く時間が迫っていたらしいが、
しょうがない…という感で見に行ってくれた。
ついでに役所に連絡してくれたらしいが、「担当に連絡しておきます」で終わり。
あの怪我、この天気… どんなに怯えてることだろう。

 判ってはいるのだ、頭では。
ウチの畑も鹿や猿に荒らされているし、列車はしょっちゅう鹿を撥ねて止まる…
乗用車と事故れば、車は大破、廃車に近い事故になる。
自分がそんな事故に遭えば、やはり鹿に対して怒るだろう。
 人間なんて、そんなものだ。 自身に拘われば逆のことを言い始める。


 まあ、野獣の件は、人間が彼らの食料や住みかを奪ってしまったからだが、
その流れは簡単に戻らない。
二十年くらいして、この過疎地が限界集落となり、人より獣のほうが多くなっても、
山の植生は簡単には変わらないから、獣は、より餓えるだけだろう。

 どうせ殺されるなら、長く苦しませたくはない。
私がその立場でも同じことを思う。
どうか一撃でやってくれ、と。 動物は「自殺」という概念が無いから哀れだ。
 
 暫くうろうろしていたが、役所人らしい人は来なかった。
日曜だしね… なんたって、お役所だし。 
 
長々書いたわりに、画一枚もないのは、
時期柄、撮るものもなにもないので、カメラを持っていなかったからだ。
取りに戻るには、現場はコースの真ん中であり、
未だ治りきらない風邪が悪化するのがイヤだったから。

 文に統制がないのは、少しばかり、ムカつくことがあったストレスと、
明日は我が身…の、気になっている件で情緒不安定だから、ということにしておこう。
 
 私がこの地に戻ってから、ずいぶんと人が減った。
「死は死を死なしむ」…か。見知っていた人との記憶も、何年かすれば薄れていく。
私自身が、その属に入れるのは、いつのことだろう。
このページのトップへ

何度目かの「この冬一番の寒気」

 先日から、うっすらと雪が積もっていた
咲いたばかりの福寿草も半分埋もれていた。
15feb09 002

そして夜、雪は勢いを増した。
明日が思いやられる…
15feb09 004

丁度列車が通ったので二階の窓から撮ってみた
15feb09 003


翌朝、やっぱり雪景色だった。
鳥の羽を思わせるような大きい雪が絶え間なく落ちてくる。
15feb10 017

それにしては、ところどころ地面が出ているのは、
風邪悪化にて、ようやく起き出たのが昼近くだったからだ。
すでに父がケモノ道の雪掻きを済ませていた。
 昨夜は、咳が酷くて寝れず、寝付いてからは死んだように寝ていた。
数えると、もう半月は風邪引いてるわ… なんつー非効率な体よ…

 犬飼いには「一日中寝ている」という選択はない。
かくして、自分で歩ける限りは、最低限、敷地内をうろつく。
それにしても「この冬一番の寒気」って、この冬、もう何回目だろ。
15feb10 002

特急がなんとか動いてるところを見ると、たいしたことはないということか。
15feb10 015

15feb10 013

 雪ネタは、何度重ねても同じだし。
15feb10 003

小さなケモノが通ったあとには、
15feb10 012

妙な足あとがついている
15feb10 006

足跡間の線は、雪の深さに足が上がりきらないということだろうか
15feb10 005

同じ土地なんだから当たり前なんだが、
時々、まったく同じシーンに出会い、遠い記憶が一瞬で蘇り、ハッとする。
 ああ、そうだった、違うんだ…と。
15feb10 004

でも、先代たちは、こんなに野生じゃなかったが。
15feb10 007

コヤツ、何をしているかというと、雪に体をこすり付けているのだ。
腹側をべったりつけたり、横になったりと、コイツ、冷たいって感覚ないんじゃねーの?
15feb10 008

 幸い、霙に近いような雪質だったので、雪玉がこびりつくことはなかった。
しかし、今日の散歩はサボった。寒い~
15feb10 011


このページのトップへ

雪景色と小さい野獣

 冷えると思ったら雪だった。
前回ほどは積もってないし、霙に近い
15feb08 007

しかし、視界が真っ白になる程度には降っている。
15feb08 008

そんな日でも、うちの小型犬は気にしない。
15feb08 011

体の大きさからすると、身動きすら困難な積雪のはずなんだが、
コヤツは野生の動物では?と思うことは年がら年中…
 冬は特に野生の獣が人家近くに現れる。
最近はニンジンを引っこ抜いていっている。(推定、猿)
コヤツは、その痕跡を追跡する動作までするのだ。猟犬かよ!と。
 しかし、近所のデカい猫の威嚇には太刀打ちできないらしく、よく援護要請にくる。
15feb08 013

先代たちは、いわゆる「ワーキングドッグ」に属する、バリバリ?の牧羊犬種だったが、
このくらい積雪すると、足を踏み出すことすらためらうお嬢様たちだった。
 こんな日には、目覚めてすぐ、ワンコの通る道の雪を搔き、トイレの場所を作るのが日課だった。
15feb08 003

「尾の巻きが強い犬種は野生味が強い」というのをどこかで読んだが、
あながち間違いではないと思う。
野犬でも生きていけるんじゃないか?と思うことしばしば。
このモコモコな毛は、寒さというものを感じないようだし。
 まあ、体が小さいというハンディは実戦ではどうしようもないが。
15feb08 002

15feb08 001

15feb08 006

15feb08 005

15feb08k013.jpg

15feb08 016

15feb08 015

15feb08 014

↓の板を渡るさい、先代のアナはかなりためらっていたのだが、
コヤツは全く気にしない
 しかし、先代たちのように、列車を追うことはしない。
その辺は、やはり、牧羊犬の血だったのかも…とか思ったりする。
15feb08 009

 この活発さと、ある種の無神経さで、中型犬サイズだったら、
とても扱えないだろうな…と思ったりする。
15feb08 010

 午後過ぎ、僅かに陽も出、雪は収まりはしたが、暫く凍結は続くだろう。
昨日、病院へ行っておいてよかった。
実は一昨日も行った。一向に咳が止まらないからだ。
 翌日、なぜか、さらに悪化、のどか気管から出血もしているようなので、
これ以上酷くなってもマズい、と、強い咳止めと、注射を打って貰って来た。
私は、野生では一日も生きていられそうに無い。
思考は、極めて原始的本能が強いんだけどなぁ…
このページのトップへ

福寿草と氷

2/6、最初に開花した群れは、目一杯、花を開いている
15feb04 002

15feb04 003

こちらの群れはあと少しというところ
15feb04 004

正午を過ぎているのに、日陰は全く融けていない
霜柱というより、地面そのものが凍り付いている
右側が日陰、左側が日向、こうして、日陰はずっと凍ったまま翌日に持ち越す
15feb04 005

凍っていようが、飼い主が風邪ひいてようが、
小型犬は全く気にしない生き物だ。
15feb04 009

15feb04 010

途中、水の飛沫が、奇妙な氷のオブジェを作っていた
15feb04 007

15feb04 006

15feb04 008


2/7
15feb07 010

別の群れが開花を始めた
15feb07 007

15feb07 009

冷え込みは続いている
畑の水桶に、某所で見かけたような氷の柱ができていた
15feb07 002

15feb07 001

15feb07 004

もちろん、この氷も、日中も、ごく一部を除き、溶けることはない。
15feb07 005
このページのトップへ

小さい春

 目に見えて日が長くなった。
午後五時半くらいまで薄明るい。
 二月は光の春、気温の春は三月末頃だろうか。
日々、地面は霜柱でバリバリ、
水の溜まったところには、日中でも氷が張ったまま。
まだまだ冬が強い。

 そんな日々でも、早くも目覚めた花もある。
古いタイプの福寿草が数輪。
いつもながら、初の露地花は、誰彼構わず触れ回りたくなるくらいに心が躍る。
やはり、春は明度の高い黄色い花が目立つね。
15feb03 031

 撮る暇ができたときには、すでに日が外れてしまっていたのが残念。
15feb03 032

15feb03 033

 その前から咲いている花もあるが、
春の花というには微妙。
なにせ、年末から咲き始めているから。
クリスマスローズの原種系、ニゲル

 去年買って、花後に露地植えした。
どうせ夏を越せないだろうと思ったが、気付いたら蕾が出ていた。
毎日のように雪が降るし、雪掻きで蕾が取れても難と、
その辺に転がっていた、熱帯魚飼育に使っていたプラケースを被せて雪をしのいだ。
15feb03 021

寒いので、花もちがいい。
せっかく咲いたんだからと、寒そうな日にはプラケースを被せ、
朝に外したりしているので、綺麗なまま咲いている。
15feb03 020

 展覧会とか開かれるクリスマスローズは、
その名のわりには、しっかり春が来てからしか咲かない、オリエンタリスという種類だ。
 我家のソレは、一昨年の猛暑でほとんど絶えてしまったが、水仙と同じくらいに咲いていた。
15janu31 036

このさい、見栄えは無視で。
15janu31 039

そういえば、こんなのも咲いている。
ビオラの鉢に、無理やり植えたスノードロップの花。
自室用にと、吊り鉢に植えたんだが、置く場所がなく、そのまま外に放置。
あまりに小さいので、これだけ植えてもねえ…

球根も小さいので、掘り出してその辺で乾燥させていると、
くず球根認定した父に捨てられてしまったりする難儀な花だ。
そのせいで、何度も買ってる割に、ちっとも増えない。
15janu31 040

1/31の画をついでに。
散歩中に、大きなあられがバチバチと音を立てて降ってきた。
こんな日ばかり…
15janu31 034

小雪の背中に乗ってる白いのが霰
15janu31 032

 藪の中、鳥が数羽居た。
もしかして初ウグイスか?とガン見してみたが、ヒワっぽかった。
この藪で、ウグイスの声が響くのは、三月中頃だろうか。
15janu31 027


そして夕昏、ほんのり焼ける空、
15janu31003.jpg

しかし、空中は吹雪… 早く雪の心配が要らない季節が来て欲しい。
15janu31004.jpg
このページのトップへ

春色の花屋

 風邪引いてるうちに二月になっていたよ…

2/2日、凄く寒いけど、とりあえず雪は降りそうに無い、と判断、
隣市まで出かけた。
道路は、一面、凍結防止剤が張り付いている。

 そういえば、暫く、車を洗っていない。
凍結防止剤を蒔いた道を通ったら、すぐ洗わないと錆びてしまう。
寒いから、洗ったあと、ドアが開かなくなったり、サイドブレーキが外れないとか、
寒地は色々と面倒クサい。

 途中、トンネルを抜けると、そこは春の光に満ちていた。
凍結防止剤も無い辺り、たかだか30kそこそこで気候が違うもんだ。

 それからさらに20kほど南の隣市に、
いつもいく(二ヶ月ぶりだが)花屋がある。
 屋外のスペースに入った途端、無数の春色が視界を覆う。
この市も寒いけど、ここは、春そのものの空間だ。

プリムラ ジュリアンの虹
15feb02 014

もう、全色コンプしたいキブンになる。
しかし、我家はプリムラが無事に育ったことはない。
15feb02 013

こちらは、ここ数年人気の薔薇咲きプリムラ
15feb02 007

名前のセンスが凄い
15feb02 006

ラナンキュラス 珍しく淡い色の花が揃っていた
15feb02 009

コレも我家ではイマイチの花だ。 球根なんて絶対発芽しないし。
でも、ここ数年、ハマってるので、三本買った。
ちなみに、近所のホムセンで買ったものが、もう1色あるが、すでに元気がない。
15feb02 008

15feb02 017

こちらは温室内のラナン
鉢なので、外のものより少し高い
15feb02 018

15feb02 016

 …全色欲しい
15feb02 015


クリスマスローズ
地味系なのにマニアが多く、展覧会なども多い花
我家では…以下、上記と同文
15feb02 012

15feb02 011

15feb02 010

ベゴニア 今の時期は温室でないと無理。少なくとも我家では。
15feb02 022

プリムラ マラコイデス 以下、同文
可愛いんだけど、ウドンコ病とか、腐りやすいし、手が出せない花
15feb02 021

苺がプリプリ
15feb02 019

15feb02 020

あー、そういう図々しい人もいるのか、と。
15feb02 023


 春色にハイになり、置き場もないのに買ってしまった
左側に見切れてるのはミモザアカシアの苗。
ウチのミモザが巨大になってしまい、そのクセ、寒さに当たって蕾が枯れてしまうので、
そろそろ撤去しようと思い、後釜として購入。

 注 ミモザは移植不可 
一昨年も釜苗を買い、夏にぐんぐん育ち、つぼみも着いたのに、
その冬に枯れてしまったことは忘れることにした。
15feb03 001

ラナンは超パステルカラー
繊細な花びらと色に、クラクラしそうだ。
15feb03 009

店内の切り花屋に、珍しく、品種つきの薔薇があったので買ってしまった。
私は切花は買わない主義なんだが、
冬の枯れ景色ばかり見ていると、やたらと、こんな色の花が可愛く見えてしまう。
s15feb03 030

薔薇咲きプリムラ 
一昨年も買って即死したのに、この色の誘惑には勝てず。
やたらとミルフィーユが食べたいキモチなのは、サブリミナル効果というヤツと思われる
15feb03 004

15feb03 005

ブルーベリーは、咲き始めが白で、やがて色が着いていく
15feb03 013

15feb03 014

ラナン
これって、プロはどういう管理をしてるんだろう
土も調合して、肥料も切らさず管理しても、
買ったときのような花が咲いたことはない。
15feb03 007

15feb03 008

15feb03 006

15feb03 012

植え替え後
15feb03 018

軒下組 ルリタマアザミの苗とミモザ  
15feb03 017

その他は初冬からの冬越し組
 南国系の一種は、やはりお亡くなりになっていた
連日マイナス気温だかんね…
15feb03 016

どこかで焦げたぬこが、その上で日向ぼっこ中 
15feb03 019

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。