FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

伝言

 M.H様、メアドが判らないのでこちらにて。
本日受け取りました。
ありがとうございます。
メアドください。

 とりあえず、手持ちの百均のハーネスを材料にして、
ハンドル部を造りました。
ウチのポは、割と力が強いので、ソッコー引き千切らないか…と。
13oct03025.jpg

 ハンドル部は、一時係留が可能なように、バックルを付けて。
なにぶん、元の材料が百円なのでいつまで持つか…
(しかし、これ以上、紐が厚いと、うちのミシンでは縫えないし)
13oct03026.jpg

スポンサーサイト



このページのトップへ

秋の真夏の花たち

 コスモスが咲き、空や雲は紛れもなく秋だが、
昼間は真夏並みの暑さが続いている。
13sep28 014

初夏に買ったきり、花が途絶えていたブーゲンビレアが花を付け、
13sep29 012

それなりに賑やかだ。
13sep29 011

裏のアメリカフヨウは、こんなにしょぼくなってしまったが。
13sep29 001

秋進むなか、いまだに成長続ける熱帯睡蓮
13sep29 008

水彩絵の具のようなクリアな紫の「ティナ」
去年は一本ずつ咲くだけだったが、今期はスタートが早かったのと、
暑い日が続いたせいで、三輪とか四輪、多いときは五輪同時開花とか、
本当によく咲いてくれた。
13sep29 009

暑いので、ムカゴの生育もよく、
小株が沢山できた。
その結果、早くも二世がガンガン咲いている。

一昨年の小苗は、晩秋に小さな花が咲いた程度、
去年など、秋になってムカゴがチラホラできた程度だったのに。
13sep29 007

問題は普通の花と違い、水を張る容器が要ることだ。
最初の頃に開花した小株たちは個別の容器に入ったのだが、
今は2~3株が同居状態で、それでも足りるはずはなく、バケツまで使っている。
苗の植え鉢にいたっては、ヨーグルトの容器まで代用にしているらいだ。
13sep29 010

奥の三つが親株たち
これでもか…という感だが、これだけではないのだ。
13sep29 006


こちらは、裏の畑の苗たち
一個はホテイアオイが突っ込んである。
 一時はアブラムシにたかられてタイヘンだった。
なにぶん水生、どうにもならなくて、オルトランを葉に包んで土に突っ込んだ。
ちょっと油断するとボウフラがわくし、メダカ入れると猛暑で死ぬし…

ここで開花し始めたものは庭先に移動していたのだが、
もう限界。
 圧倒的にドーベン(白っぽい花)が多く、
ピンクの花と、今期導入したブルーの小株はいまだ一個も取れていない。

苗ができればいいというものではないのだ。
小株は球根を掘って冬越しができるが、
ある程度の大きさになると、球根を掘り上げても腐ってしまうのだ。
13sep29 017


 我家で雑草化して長いトレニアが茂る向こうには、ショボイヘヴンが咲く。
13sep29 015

センニチコウ
13sep29 016

晴天が続く。花たちに遣る、池の水も途絶え始めた。
そろそろ雨が欲しい。
13sep29 013
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する