FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

晩夏の命たち

晩夏の花、リコリス満開。
彼岸花科といえ、秋のそれとはかなり趣きが違い、
青っぽいピンクの、透き通るようなユリ型の花をつける。
12aug23005.jpg

この花のシーズンは、たいてい、連日の雨で半分は潰れる。
今期もしかり、先に咲いた群れは全滅状態だった。
12aug23009.jpg

夕暮れ時、陽が外れると、より青味を増す。
この世のものではないような怪しい雰囲気。
12aug23055.jpg

こういう姿は、やはり彼岸花科かな…とも思う。
花の命はとても短く、開花が終わると、またサッサと眠りにつく。
12aug23052.jpg

積乱雲の上方に白い三日月が浮かぶ。
日暮れが日ごとに早くなる。
日暮れ間際の、蒼いマジックタイムもほとんどなく、ストンと闇が下りてくる。
12aug23056.jpg

12aug23057.jpg


 睡蓮鉢のメダカが爆殖した。
始めは五匹のメダカだった。後、一匹死亡。
 雌率が高く、どんどん増えるので、
途中で二匹ずつに分けたが、その二匹がなお産卵を続ける。

そうして、真夏、睡蓮鉢は稚魚が飽和状態となり、
死ぬ子が増えてきたた。
繁盛な水換えもメンドクサいし、困ったな…と。

そうだ、池に入れればいいじゃん!!
コウホネの咲く小さい方に。

で、当初は成魚サイズに近い初期組のみ移動。
次の水換えで、次の組、二センチくらいの子のみを移動。
しかし、いぜん、飽和状態は続く。
 かくして、最近は、1.5センチくらいになったら池に移動することに。

こうして、80×160くらいの小さな池は、
メダカの養殖専門のような状態となった。
12aug21001.jpg

もうね、軽く100は超えてると思う。
青めだかって、買うと高いのに、貰い手も居ないし。
 とりあえず、これでええわとか思ったら、
数日前、初期の子が卵をぶら下げて泳いでいた。…orz
12aug21002.jpg

今さらだが、この池では、沢山の蛙が繁殖している。
この蛙は動かないが、ちゃんと生きてるんだ。
 食物連鎖ってヤツで、蛙を主食としているヤマカガシが居ついていて、
時々、捕食中に出くわしてギョッとする。
12aug21003.jpg

浮いてる蛙のすぐ右下には、もうじき蛙となるヤツが、同じように涼んでいた。
12aug21004.jpg


 光あれば陰が出来る。
花の陰にはハンターが居る。
不意にばたつく蝶、見ると、小さなカマキリがしっかりと捕らえていた。
12aug23020.jpg

まさか、こんな小さなカマキリに捕らわれやしないだろうと、見ていると、
12aug23021.jpg

力強く羽ばたく蝶、どうあがいても逃れることは出来ず、
12aug23022.jpg

生きながらして食われていった。
惨いが、これも、自然界の命の循環だ。
12aug23023.jpg

スポンサーサイト



このページのトップへ

熱帯睡蓮 「ティナ」開花

 今期、気まぐれ勃発で追加した熱帯睡蓮 「ティナ」が咲いた。

在来のドーベンが花上げがよく、丈夫で色も好みってんで、
この一種のみの積もりでいたが、
某掲示板で、ティナの評判がよく、つい…

 時期が外れかけていたので、
花屋でも「今期の花は無理です」と言われた。
 実物を見たところ、全然OKだろ感。
温帯なら絶対無理だけど。

 ネットで調べたさいには「明るい青紫色」と説明されていたが、
そこの画を見る限り、かなり怪しい感。
 手放した「コロラータ」みたいな色だったらヤだな~とか思っていたら、
もろ「熱帯~~!」な、蛍光色のような鮮烈な色。
12aug23035.jpg

クレオメもこんな感じの鮮やかな色をしている。
透明水彩絵の具をチューブから搾り出したそのままの色、みたいな。
12aug23034.jpg

開花の途中
色彩自体は鮮やかでも、トーンが暗いので、少し遠ざかると目立たない。
12aug23025.jpg

手前はドーベン、奥がティナ… もうドーベンは咲いてるやんか。
期待したのに、ドーベンのほうが早く開き、遅くまで開いているとゆー…
12aug23024.jpg


ちなみに昨日の様子
アレ?蕾が水上に出てると思ったのは朝、天気は小雨、
午後、陽が挿したころ、蕾の先端が開いたので期待していたら、
そのまま閉じてしまった。
 陽射しについては条件的に差が無いんで、開花には強い光がいるのかな。
12aug22001.jpg


8/20 水中で育つ蕾を確認。
すでにティナのほうが葉の大きさで勝っている。
 が、どうも調子がイマイチ。
葉が展開しても、早く腐ってしまう。
メンドクサイ病気でないなら肥料焼けかも。
早く快復させたくてかなり突っ込んだし…
12aug20026.jpg

その蕾↓ 小さな蕾を確認してから待ちに待った。
12aug20025.jpg


8/10 少なかった葉が、次々と展開中。
この時点の鉢は、メダカ稚魚を成育していたものを流用していた。
 この鉢、少し水深が浅く、葉がはみ出て焼けるので、
開花前にと、鉢を換えたばかりだ。
成長した分、その鉢でも「焼け石に水」っぽいが。
12aug10025.jpg

買った当時、7/27頃のティナ↓ 葉は小さく、数も少なく、かなり弱っていた。
鉢をメダカが使用中だったので、一時、畑の水桶に仮住まい。
 これが一月弱で開花するんだから、やはり熱帯種はタダモノではない。
12july29023.jpg
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する