FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

迷蝶? アサギマダラ

所用で出た帰り、自宅付近で車の速度を落とす。
視界の隅にふわりと舞うものが入った。
大型の蝶だ。
 
 こんな時期にアゲハか… 
それにしては緑味を帯びていたが。

 急いで車を置き、カメラの電源を入れながら目撃場へ…
さっき見たとき、
親戚宅の車庫へ向かっているように見えた。
 そのまま突っ切って庭へ入ったと予測、
爺に蝶が来なかったか問うも、目撃なし。

 爺も出てきた。(←親戚なので言いたい放題)
居た! 車庫入り口の菊の花に。
 大きいけれどアゲハじゃない。 アサギマダラだ。
11oct31a022.jpg

 アサギマダラは、長距離移動の「渡り」をすることで知られている。
時にそれは1200キロにも及ぶという。
 
 薄い紙細工のような羽、
これのどこにそんな体力があるか?と思わせる細く小さい体…
こんな蝶が自力で移動するのだ。
たかが蝶、本能、けれど、私は敬意すら覚えている。
 
 伝書鳩のレースで、
「ナントカ系」の優良血統鳩が、一羽も戻ることがないのも多いというのに。
(そういう迷子鳩を捕獲すると、宅配で送り返すらしい)

 
 アサギマダラは、
夏場は高原などで過ごし、冬前に暖地へ渡る。

 その渡りのコースに、岐阜県の高山市があり、
蝶を捕まえてマーキングして放す、
渡り先で捕獲して確認、移動距離とコースを調べるという調査をしている。
 という話を新聞か何かで読んだ記憶がある。

 言うまでもなく、マーキング調査は各地の有志で行われている。
大型の蝶がワサワサと飛び交う様子を見てみたいと思っていたが、
この辺はコースから外れているし、夏季にも見たことはない。
多分、生息域ですらないのだ。

 数年前、ワンコの散歩道で、コースから外れたぽい、
弱った個体を見たことはある。そのくらいだ。
 昆虫類は恒温動物ではないから、気温が下がると動けなくなってしまうのだ。


 そういう説明をしていたら、爺が蝶を手づかみし、
「あっちの温とい(意=暖かい)ほうへ持っていけ」
いや、ウチの近所はネコが居て、蝶を捕まえるから…とか言っているうちによ?
爺、ヒトの話しを聞けよ!


 まあ、ウチのほうが花が多いか。
ネコの居ないところへ置いておこう。
 結局、この菊の上に二時間くらい居た。ずうっと吸蜜中…
11oct31a044.jpg

「雄は後ろ羽に黒い紋がある」ということで、これは雌らしい。
羽の白い部分は、りんぷんが少ないのだろう。
半透明なので背景が透けて見える。

 この白い部分に、メタ情報…いや、捕獲情報を油性ペンで書くワケだ。
調査には協力したいが、羽を汚すのはイヤだ。
作業中に羽を痛めてもキモチが悪い。
 私だったら、「そんなん放っておいてくれ!」言うわ。
11oct31a040.jpg

11oct31a051.jpg

 羽が綺麗だから、多分、秋遅くに羽化して旅立ったばかりなんだろう。
日向では真っ白に抜けて見えるが、日陰では薄い緑味を帯びている。
多分、それで「浅黄」と勝手に解釈。
11oct31a057.jpg
 
 私はあちこちガタがきているし、いや、かなり若い頃から背骨逝ってるし、
そのせいだけじゃないけれど、
自分で自由に飛べるものって、蝶でも鳥でも凄く憧れる。
 (蚊や蝿には憧れないが)
 
 まあね…インコたちを見ている限り、
飛ぶことは凄く体力を使うものだと判ってはいるんだが。
11oct31a052.jpg

11oct31a053.jpg

 夜は寒いし、砂糖水でも与えて一晩保護しようと、
小さい鳥かごを用意し、捕獲体勢に入ると、
蝶はどこかへ飛んで行ってしまった。

 つまりさっきよりは元気が出たということだが、
明日頃、ネコに遊ばれてボロボロになっていたらヤダなあ…
11oct31a061.jpg


 ツマグロヒョウモンも同席中
晩秋の小春日和(←初冬のみ?)少ない花に生き残りの虫が集まる。
 よく見ると、花の中に、ツマグロらしき遺羽が残っていた。
最近まで狩人が住んでいたとみえる。その姿はもうないが。
11oct31a059.jpg


 ツマグロヒョウモンは雌、羽も千切れ、かなりくたびれているもよう。
これも蝶の姿で冬越しをするタイプだが、
冬まで持つのかね…
11oct31a049.jpg

我ながら、ヒトって、虫にも負けてるんじゃないかと思うわ。
11oct31a062.jpg

11oct31a058.jpg
スポンサーサイト



このページのトップへ

夏の名残花と、終盤組み

 朝夕は肌寒いが昼間はそこそこ暖かい。
しかし、家の中は寒い。
モコモコ毛並みの黒い犬が居ないから。

 山の木々が色褪せていく。
11oct31013.jpg

紅葉をすっ飛ばして落葉が目立つ木も。
11oct31014.jpg

 国道脇のPスペースに止め、車を降りた直後、
列車の来る音がした。
丁度車も切れ、即、向こう側へ渡れはしたが、
列車は既に鉄橋を渡りきり、尻を見せていた。
11oct31015.jpg

ピンボケだが、ノイバラの紅い実
花は結構な率で見るんだが、
夏場の草刈で刈られてしまうためか、実まで到達するものは少ない。
11oct31017.jpg


 この低温期に、小さな蕾を上げていた熱帯睡蓮の子株、
中々育たないので、もう無理かと思ったら、
今日の昼頃、小さな花が半開きになった。
11oct31066.jpg

無理するなよ、と言いたくなる。
11oct31003.jpg

 沢山出来た小苗たち、秋も深まる中、
この一株が蕾を出したので、畑の育成鉢から出して様子を見ていた。
ちなみに、容器は古い炊飯器の内釜。
11oct31009.jpg

親株は、容器を大きくするごとに巨大化し、
この寒いのに、まだせっせと子株を作りながら、
今日も開花した。
11oct31005.jpg

 熱帯睡蓮て名前から、熱帯地方しかダメと思いこんでいたが、
温帯種より遅くまで咲くってどうよ?

  問題は長く寒い冬… 
コレは、根茎でなく球根なので、掘り出して室内管理することになるんだが、
ウチ、室内でも0度くらいになるんだよね。
最高気温1度とか、3度とか、どんな寒地だよ…
11oct31004.jpg

11oct31010.jpg

ゲラニウム ロザンネイ 
夏場は花が別人のように小型になり、ビロビロ延び放題、
秋になり、花数は減り、大型化、色も青味を増してきた。
11oct31011.jpg

終盤組のツワブキ
敷地内なのに、定期的に出なくなったため、
気づいたら咲いていた感。
11oct31065.jpg

11oct31064.jpg

 
 とうに昼夜の区別もなくなり、ヘロヘロになりながらも咲き続けるヘヴン
花はなぜ咲く? 自分の子孫を残すため。
しかし、コイツは種の熟成には力を注がない。
 永く咲くのはいいが、自分の本来の目的を忘れてどうする!
11oct31067.jpg

夕暮れの空、細い月が浮かんでいた。
11oct31069.jpg
 
11oct31068.jpg

 ストンと降りる闇、瞬く冬の星座、ぴーんと張るような冷たい外気…
いつもの時間、懐中電灯を持って外へ出る。
アナがトイレにしていた裏の畑を照らし、
名を呼びながら探す。
 どこを探しても、居るはずもないのに、これをしないでは居られない。
 
 我ながら、どうみてもマトモな行動ではないが、幸か不幸か、家族は知らない。
(近所の誰かは聞こえてるかも… 年寄りばかりだから聞こえないか)
そのうち、幽霊説が流れるかもね。
このページのトップへ

アナの気配

 なんだか体がダルイので、居間のコタツで転がっていたら、
真剣に寝てしまった。二時間も…

 途中、動物が近づいてくる気配がした。
あ~ また、ネコが入ってきたのかな。 
二頭?…

 左側の気配は、コタツの角の辺りで止まった。
あ、ネコだ、と思った。

 でも、右側の気配はネコじゃない。 
特有の爪の音がして、私の右脇で止まった。
あ、アナだ。
止まったまま、体をドスンと寄せてこない。
 アナ、(ここへ)おいで、と抱き寄せようとしたけれど、体が動かない。


…そうだった。
アナは、もう居ないんだったな。
そう考えるくらいに頭は醒めていた。

 夢かうつつかといううちに、目が醒めた。
なんなんだろうな、あの奇妙な感覚は。
単に、私の記憶が作った夢なんだろうか。
いつもコタツでこうしているとアナが寄ってきたから。

私は「あの世」否定派だし、「虹の橋」も全く信じちゃいない。
死んだら消滅だと思っている。
 仮に、死後、また生まれ変わるしかないなら、
次はアメーバとかゾウリムシとか、単細胞生物を希望する。

 あの世へ行ってまで、この世と同じ人に囲まれ、
同じような社会生活を送らなきゃならないなんて、
それこそ、死んでも死に切れないじゃまいか。


 
それでも、「アナ、まだここに居る?」と、
問いかけずには居られない。


09年、1月のアナとネコ
09janu28m006.jpg

去年の11月初旬頃
まさか、余命三ヶ月弱とは思いもしなかった。
10nov10017.jpg

 長年、変わらず繰り返した日々なのに、
どんどん遠くなっていくんだね、アナ。
 ある意味、死んだ直後のほうがマシかも。
「昨日まで居た」とか、近いからさ…
10nov10005.jpg
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する