FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

シェルティ、殿様逝く

 雨こそ上がりはしたが、湿気が纏わりつくような午後、
どこからか電話が掛かった。
コール音は続いていたが、面倒だったので放置。(←基本、仕事以外は放置)

 その後、気づいた母が、履歴から相手に掛けた。
知人宅のシェルティ「との」が逝った知らせだった。
(この時点で、気づいた私が受話器をひったくる)
既に火葬も終わったという。
 

 先週の金曜に病院へ連れて行き、そのまま預けてきたら、
その夜のうちに逝ったそうな。
生き物って、やっぱり、零時か明け方に死ぬんだよね。

つい「なんで病院へ置いてきたのよ?
死ぬって解ってるのに…」
 
「持ち直しそうな雰囲気もあったから、
もしかしたら…と」

…まあね… 動物って、死ぬ日まで自力で動いているのも普通だけど、
高齢にガンでは、どうやっても死ぬしかないよ。
 でも、あの神経質な犬が、飼い主から離れ、
病院で数時間程度永らえて幸せなのか?

 病院に泊り込んでもいいなら、
預けることも考えなくは無いけれど…
(寝袋持参して床で寝てもダメか?と聞いたことアリ)


 最後に「との」を見たのは10/11、
その数日後、「食べなくなったから点滴のみで生きている」と伝え聞いた。
あの状態で十日近くも持ったのか…
 さすが殿様、大往生だね。

下は今春の殿
11mar050040.jpg

11mar050035.jpg


 知らせは、飼い主の小母さんではなく、息子だった。
小母さんから連絡するように言われたという。
「死んだ」って、中々口に出せないんだよ、多分…
 私なぞ、未だ、役所にソレを伝えられずに居るくらいだ。
 
 ぶり返す記憶、私の時は、あの日の雪の坂道で止まったままだ。
アナ、まだそこに居るのかい?
また、雪の日が巡ってくる。
スポンサーサイト



このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する