FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

デジカメ、サブ機その2 PowerShot A3200 IS

ケータイのカメラが使い辛いため、
機会があったら小型のデジを買いたいと思っていた。
ワンピースのポケットにも入るくらいの。

 出かけるときはバッグにポイと入れられて、
サッと出して、記録的画像が撮れればいい。
もちろん、メイン機が故障したさいの代理にも。

 美術的な写真ならば、
一眼のように、一箇所だけしかピントが合わなくてもよいが、
オクとか、小物を撮るさいには、前ボケも後ろボケも邪魔なだけだ。
だから、そういう小物を撮るには、安いコンデジのほうが使いやすい。

 以前使っていたコンデジは、小さなビーズのカットとかもビシっと撮れた。
より性能が良いはずの、ミノルタA1には出来ない技…


 しかし、あまりにもモデルチェンジが早すぎて、
また、種類が多過ぎて、ドレにすればいいか判らない。
 カシオは広角が使えるのがいいんだが、
手振れに弱い傾向があるらしい。

初めて買った、ニコンのコンデジの後継機の詳細を見たが、
なんかあまり評判よくないし、
レンズも、その頃より暗くなってしまっている。劣化してどうする!

 むむむ… メンドクサ… 放置。


 先に買った、富士フイルム FinePix HS10のショップが、
決算セール二段目に入り、
丁度出ていたのが、型落ちとなったコレ。
PowerShot A3200 IS


1450万画素(総画素) 
1410万画素(有効画素)1/2.3型CCD
 ←小さいCCDにこんなに詰め込んだらイヤン

28mm~140mm F2.8~F5.9 ←まあまあじゃね?望遠側はともかく
最短撮影距離 3cm(標準) 3cm(マクロ) ←こんだけ寄れればいいか

動画撮影サイズ 1280x720 記録方式MOV  ←ワンも居ない今、何を撮れと…
顔認識アリ ←私には死ぬまで要りそうにない装備

幅x高さx奥行き 95.1x56.7x24.3 mm
重量 130 g
電池タイプ  専用電池
 ←この辺が難…


 私の要求はほぼ満たしていたし、
なにぶん、値段が安かったので、思い切って買った。
A1を売った分が少しあったし。

 欲を言えば、ブルーのが欲しかった。
いっそ、アクセサリー的な感覚でも…と。
他の店には在庫があったんだけど、少~し割高だったので諦めた。

 アクセ的な…ということで、IXYがそれらしい面を主張しているが、
実は、このときまで、
IXYとPowerShotを同じメーカーが作っているのだとは知らなかった。

 だって、CMコピーが真逆じゃん!
IXYのCM見るたび、もやもや感が出ていたわけも、なんとなく解った。
あまりに外面ばかり強調するから。(中身はカスですか?的な)

 ブルーのが欲しかったのならIXYでええやん、な感もあるが。

11sep25002.jpg

 ちっさいコンデジは、5Mもあれば十分だから、
無理して画素数詰め込まんで欲しいよ。
 最初に買ったヤツなんて、2Mだったが不足は無かった。

 コレも液晶画面がピカピカ仕様、暫くは普通の保護シートを貼っていたが、
先日出たさい、反射防止シートを買い、張り替えた。
ピカピカはやめてくれ~
11sep25m002.jpg

さすがに付属のストラップはアレだし、第一、紐が長過ぎる。
11sep25004.jpg

数日後、自作のストラップを取り付けた。
11sep29001.jpg

 これも、先日書いたケータイと同じく、
意地でも市販の金具なんて通さへんで~! …な穴が開いている。
 ビーズなどのパーツは手持ちで十分だったが、
この部分との接続の為だけに、
ネッショでワイヤーを買い、ついでに他のパーツも買うハメに。

 本体は軽いが、持ち歩く率はケータイよりはるかに高い。
ストラップ部のテグスは二号を二重に通し、
接続部のカンは二個使いで補強した。
 紐だけ持って出歩くわけじゃないから、多分、持つだろうと思っている。
11sep29003.jpg

 石は、手持ちのアマゾナイトを使用。
霊感壷的なものは嫌いだが、
そのテのサイトによれば、キモチを落ち着ける効果があるそうだ。
残念ながら、私は信心がゼロなので、その手の自己暗示の効果はない。

 困ったときのなんとやらで、以前、そっち方向に助けを求めた元カレに、
アマゾナイトの薬効(?)の説明をしたら、
「オマエ、それ常に着けてろ。その猛獣みたいなところが抑えられるかも知れんから」
…と、実に失礼なことを言われた。
 
 いっそ、本当に、豹にでも変身できればいいんだが。
11sep29002.jpg

 こういうコンデジって、レンズカバーが長持ちしないよね…
前の二機も、そこが壊れて終わった。
他になんとかしようがないんだろうか。
11sep29004.jpg


 さすがにポケットは無理やり感がありすぎ、ポシェットを作ってみた。
軽いんだが、こういうふうに、吊る紐が長いと、
下げて動くうちに、ガラス細工の頚椎にググっとくる。

 それでも、断然、フジよりは軽くて楽なので、
散歩のさいは、こちらを持ち歩く。=フジはあまり出番が無くなった。
11oct01c021.jpg

 ケータイと比較。
電話のほうが大きいって普通なんだろうか…
11sep25005.jpg
スポンサーサイト



このページのトップへ

彼岸花

 今期は、花見に出る気力もなく過ぎてしまった。
先週、多分、見頃は、木、金頃だな…とは思ったが、
面倒くさくてやめた。

しかし、こんな僻地に居ると、定期的に出なきゃモノが得られない。
今日晴れたので、思いきって出てみた。
せっかくデジも新調したことだし、ついでに撮るのはアリだろうと。

もしかしたら、多少はキモチが前向きになるかも知れん…
1パーセントくらいの確率で。
大雨警報中の晴れ間を探すような低確率だ。


この数日で、一気に気温が下がり、
さしもの私も、完全に長袖の服に移行するしかなかった。
(それまでは、薄手の袖なしにレースの上着)
それでもなお、風が冷たく感じる。


 予想通り、花のピークは過ぎていた。
桜の木も、ほとんど葉が残っていない。
 花の群れを前にしてももキモチが全くハイにならず、
社交辞令程度に撮って、すぐ移動…
 
 アカンな… 
自宅周辺は想い出ばかりでツライ、
出れば出たで、ついワンコ関連のモノが目に入り、
堤防が決壊しそうになる。
 すっぽりと悪循環にハマってしまっている。

帰りに寄った叔父宅で、叔父が言った。
「オマエ、元気そうだな、口も回るし」

脳には意識的に力を送ってるんだよ、でなきゃ、創作できないやん。
カラ元気は、多分、薬の副作用。
自分なりにゴールが見えたってことで。

11oct03006.jpg

11oct03040.jpg

彼岸花は、幽霊花とか地獄花とかも呼ばれるんだよね。
紅い紅い地獄の業火…

 子供の頃、「地獄」というのは、
「悪いことをした人が落とされる怖い場所」というイメージだったけれど、
今は、「悔いのある人が、罰を受けることで気が楽になれる場所」という感もある。
11oct03036.jpg

 
 紅く燃える彼岸花よ、私の全てを燃やし尽くしてくれないか。
11oct03037.jpg


11oct03053.jpg

11oct03057.jpg

11oct03058.jpg

11oct03066.jpg

11oct03061.jpg
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する