Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

26日、夕暮れの虹

 最近、本館をサボっているため、ネタが溜まり続けている。
ワンコが逝ってからというもの、定期的に外へ出なくなり、
シャッターチャンスも減った。
 
 ましてや、ワンコ館など、文章を書く勇気が出るはずも無い。
未だ、お役所に「犬が死んだ」と伝えられずにいるというのに。
 
 
 敷地内はともかく、最低必要限しか出あるかない。
家に帰ったとき、アナが居ないことを確認するのがイヤだから。
結果、愛車は、週一時間労働程度の、超パートタイマーとなった。


 そんな生活でも、季節は進んでいき、
もう、残りの月のほうが少ない。
 既に日暮れが早くなった。
ストンと暮れると、自分の手すら見えないほど。

 じきに、雪の季節が来る。
あの時と同じ、酷寒の季節…
 耐えられるだろうか… 
っつーか、別に、耐える必要もあるまい。マゾじゃあるまいし。
私の役割は終わった。
 

 昨夜なんて、大きいボトルの醤油が、座ったアナに見えたんだぜ~
マジ、ヤバす。 自覚しているよりも限界が近そう。
 今までも、黒っぽい座布団とか、脱いだ上着とか、
とにかく、黒っぽいものは全て、丸まったアナに見えていたのだが。

 醤油のボトルがアナ……… 終わっとる。
「酔っ払ってケンタッキーの叔父さんを連れ帰った」とかのほうがよほどまともだ。


 ペットロスの話につき物の「虹の橋」とかいうエピ、
アレは、一方的に人間側に都合よく出来てるから抵抗がある。
 私が知りたいのは、アナが本当はどう思っていたか、だから。
アナが生きていたとしても、永遠に答えが返ることはないのだが。


 虹の向こうへ辿り着けるだろうか
どうにも、アナは、玄関で振り返って待っている気がするんだが。
11july26066.jpg

 どうでもいいが、という字は、という字に印象が似ている。
ニセコの辺りに虻田とかいう地があったと思うんだが、
私、初めは虹という字に思っていた。
11july26067.jpg

 虹は、この一部のみ出ただけで、数分で消えていった
11july26069.jpg

 クレオメの花も盛りを過ぎた。
寝て起きたら晩夏だった…みたいな。
 寝て起きたら、一生が終わっていてくれないかな。
11july26154.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

熱帯スイレン

 夏はともかく、それ以外の季節は「熱帯」などという言葉とは無縁な寒地。
それが当地、飛騨の山間部である。

 在住の身として、それが身に浸みないわけがない。
かくして、植物群は、「冬が越せるか」を基準に選択しざるを得ない。

 
 数年前、近所のホムセンで気まぐれにスイレンを買った。
開花は二年目に一個、三年目に数個、
去年は… 結構咲いたけど忘れた。
名札の画より濃いピンクの花だった。

 そして秋、巨大な株となったソレを五個に分け、
一個を残して身請けに出した。

 今期もスイレンは芽吹き、二個くらい咲いた。
ピンクの花がどうにもイヤで、近所へ貰って貰った。
 当然、そのときには跡継ぎが来る手筈になっていた。

 温帯スイレンの白花、ついでに買った熱帯スイレン一株。
ああ~ これでようやく、当初の清楚なイメージが実現できる。
 
しかし、温帯スイレンというヤツは、年に数個咲けばいいところだ。
最初、続けて咲いたので気をよくしていたが、その後は葉が展開するばかり。
っていうか、デカイじゃないか!これ。

 その後、小型の白いヒメスイレンを通販で買った。
二個開花後、猛暑のせいか、今は瀕死となっている。
ダメだこりゃ…


…とかやっているうちに、熱帯スイレンが開花した。
品種「コロラータ」
いつまで経っても大きくならないので、絶対咲かないと思っていた。

 ↓コレは26日に開花した何番目かの花。
朝9時頃咲いて、正午頃には閉じる。
温帯もそうだが、融通の利かないことで。
 
 開花が始まったころ↓
11july26002.jpg

青く写っているが、実物は藤色みたいな紫。
11july26046.jpg

 意外に花が小さい。 
「熱帯」と付くので、なんとなく「ドーン!」とい感の、ごつくて派手な花を想像していたが。
実際、過去に見たソレは、安物の造花のような蛍光色っぽい派手な色だったし。
11july26044.jpg

鉢は、例によって、植木鉢の底穴を防水セメントで塞いだものを使用。
外形で30センチくらい。 近所のホムセンの在庫限りのセール品 ¥580也
11july27002.jpg

6月19日の様子↓ 鉢は径30センチも無い。
とても開花するとは思えなかった。
11june19002.jpg

11july26050.jpg

11july26053.jpg


 その後、温帯スイレンは開花する様子もなく、ヒメスイレンなど悪化の一方。
オクを覗いてたら、薄水色の熱帯スイレンというのが目に付いた。
 その品は割高だったので、似た色の名無し株をゲト。
育った苗だったので蕾がついていて、着いた翌日には開花した。
11july26048.jpg

しかし、これも花が小さい。 ヒメスイレンに毛が生えたくらい?
二種買ってこれということは、熱帯スイレンというヤツは花が小柄なのかも。
「微香性」とはしてあったが、かなり傍でほんのり香る程度。
11july26047.jpg

予定外だっため、容器が用意してなく、仮のバケツでの開花だった。
11july25037.jpg

 そして27日、仮住まいから引越したところ。
11july27004.jpg


11july26049.jpg

 比較的小柄だし、次々と蕾が出てくるし、
このさい、割り切って、
ワンシーズン限りでも熱帯種のほうがいいんじゃないか?と思い始める。
11july26052.jpg


両者が同時に開花したので強引な比較↓
11july26064.jpg

11july26065.jpg

 う~ん… 今まで避けてきたのが惜しいわ。
水色の名無し個体は「ペンシルバニア」であることが多いらしい。
特徴も似ているし、多分、そうなんだろう。
11july27005.jpg

結果、庭先はカオスなことになっている。
手前の大きい鉢 温帯スイレン 「オドラータ」

その奥、瀕死のヒメスイレン (もう諦めている)
大きな葉は、メダカの日除けとして入れたコウホネのもの。
夕方になると、各鉢にツチガエルが陣取り、ゲゴゲコと恋人を呼んでいる。
(この前は鉢の中に卵を生まれてしまった)
11july27008.jpg


 温帯種は地下茎が横に伸びるので、平たくて面積のある鉢が要るが、
熱帯種は球根なので、普通の鉢でいい。
 問題は、植え鉢の土が、すぐにドブ臭くなることだ。
水中だし、しょうがないのかな。 
それにしても、臭い!
このページのトップへ

アジサイ 水無月 

 水無月の大きな花房を自室に活けている。
「優雅だから」と言いたいところだが、自発的にそうしたわけじゃない。
極めて不本意だ。
11july26140.jpg

 昨夜は雨が降った。
そのことは十分予想していたが、通り雨くらいだろう…と。

 朝、雨は止み、花房がしなだれていた。
支柱を、より長いものに変えなきゃ… と思った。

時既に遅し…
一番大きな花房を付けた枝が、支柱の端でペッキリ折れていた。
大きな花房だから、少しの雨でも荷重が掛かったらしい。
11july26040.jpg


 かくして、こんな見事な切花を生けるハメとなってしまった。
激しく不本意過ぎる。

花房の先端部分はまだ緑が濃い。
ドライ化するには、まだ一月余は掛かるだろう。
とても水活けでは持たないだろう。 ああ、もったいない。
11july26141.jpg

 取り急ぎ、支柱を交換、傘を立てた。
傘は先月くらいから用意してあったのに、
少しの手間を惜しんだせいで… 我ながら、マヌケぶりがなさけな過ぎる。
11july26151.jpg

↑画の手前にあるのは、初夏にセール買いしたカシワバアジサイ。
花房が思ったより早く枯れ始め、まだ中心部が白いのをドライにした。
 このとき7/8で、花房は二個となっていた。↓
11july08021.jpg

 
7/12
花房は全てカット済み。
生育の早さに、今までの収納場に置けなくなり、植え替えを強行。
連日の西日に、葉が焼け始めてた。

 株の大きさに、どうやって抜くか悩み、試しに、株元を持って引いてみた。
鉢の土ごと、ガボンと抜けてきた。
かつての小さな鉢から植え替えて二ヶ月、もう、根が全体に回るほどになっていた。
11july12012.jpg


 本植え場所はまだ決まっていないので、
ふたまわり大きな鉢に植え、下側は少し土に埋めてある。
それにしても、アレがこんなに大きくなるとは…
 去年買った小さな株は、一向に成長しないというのに。

右側の空の鉢は、植え替え前のもの。
これでも、花屋で植えられていた鉢の三倍くらいあるのだが。
11july15053.jpg


去年買った株↓ 
7/6の画なので花盛りだが、枯れてきたので、昨日カットした。
11july06038.jpg


水無月の生育状態
7/18 大きな花房が出ている。
よくみれば、この時点で、既に支柱が短いし。
11july18035.jpg


7/19 花房が日に日に白くなっていく。
11july19021.jpg

11july19023.jpg

7/21
11july21027.jpg

7/25 
明日はアナの半年目の月命日、墓前の花は既に季節を終えた。
白い花房が巨大な蝋燭のともし火のように、庭を明るくしている。
11july25001.jpg

11july25002.jpg

このとき、さっさと支柱を変えていれば。
11july25003.jpg


裏のもう一本の水無月は、(右手前)アナベルの花を採ってから、
傘を移動して差していたため、痛み無し。
11july26015.jpg

しかし、こちらの株は、あまり花が大きくないのだ。
11july26152.jpg

 種類が違うのか、栄養不足なのか…
はたまた、場所が悪いのか。
 咲き始めたのはこちらが先だったのだが。
11july26018.jpg

その奥の「ライムライト」は、ぶっとい新芽が出ている割には蕾が付いてない。
…と思い、細かい枝を適当に切って挿し木したら、それに蕾がついていた。
切ったとき、薄暗くなっていたからなぁ…
11july26020.jpg

 そのライムライト、新芽のほうにも蕾が出てきた。
11july26019.jpg


 かなりどうでもいい話だが、先日、隣の温泉町の病院へ行った。
一本道なので、出た時からず~っと、この車の尻につく羽目になり、
トンネルとか、いつタイヤを擦るかと、神経衰弱になりそうだった。

 だって、左右のタイヤが、センターラインと左端の白いラインを踏んで走ってるんだよ?
ほんの少しズレたら、対向車がセンター越えてきたら…
 まだ後続で良かったか。
11july250410.jpg
このページのトップへ

青めだかと青いグッピー

 先日、材料を仕入れに出かけ、帰り、
「青めだか」というのが月間セールだったので買ってみた。
こういうの

 あの~~…「青」って、あの「青」のことじゃないんですかね?
11july06014.jpg

ビミョー… ちなみに、前回買った白めだかは、一匹120円だった。
11july06033.jpg

これ、グレーにしか見えないんだけど
睡蓮鉢に入れても、どす黒い色にしか見えん…
11july06016.jpg


「青めだか」って、白めだか↓が青っぽく光るようなのかと思っていたよ。

そういえば、犬の毛色も、グレー系をブルーと表現するよな。
日本語の表現の曖昧さを実感した瞬間だった。
潔く「グレーメダカ」ってしといてよ!

11june15003.jpg

 ほれ、こっちのほうが目立つやん。
11july03002.jpg


 今回、ホントの目的はグッピーだった。
前回買ったアカヒレの、消息すら判らない地味さにイヤ気がさしたのと、
ヒメダカの増えっぷりにもイヤ気がさした。
 
 ちなみに、我家のヒメダカの稚魚は、現在、軽く200匹は居ると思う。
今日、小さい鉢のを全部、近所のオヤジに押し付けた。
オヤジは大喜びで睡蓮鉢に入れていた。
うじゃうじゃ居るのに、「もっと欲しい」という。
 
 なぜ、皆、そんなに必死で増やしたいんだ? 手間と餌代が増えるだけなのに。
だって、メダカだろ? メダカ!!
まあね、この辺のオヤジたちには、ヒメダカですら初めて見る人がほとんどだし。
 
 私は、もっと綺麗なのを少しだけ欲しい。
稚魚居ると水飼えとか面倒だから、増えてくれんで宜しい。
 ついでに言えば、そのオヤジは、
ウチの羽衣セキセイを「沢山増やせばいい」とかほざく。
増やしてどうすんのさ? 籠一杯要って、餌代かかるだけやん。



 グッピーを飼おうなどと思いついたのは、
「日本の暖地では、グッピーが野生化して繁殖している」…という話しや、
「夏場だけビオで飼う」とい話をネットで何度か見かけたからだ。

 そして、タマタマ、月間セールを知り、名前に惹かれたこともあり、
夏のみ外買いを試してみる気になったのだ。

11july06034.jpg

 店では照明のせいか、結構青く見えた。
なるべく青い子をください」って帰って、今日、外の明るいところでみると、
………地味

11july06023.jpg

 今日は他に色々な用があり、
すぐ入れることもできず、
夕方近くまで外のバケツに放置してあった。

 それを見たらしい母が、
「メダカの尻尾が長いようなヤツは、アレの子か?」
「アレ」とはベタのことである。

つまり、メダカにしか見えない大きさと、
ベタの子供にしか見えないほど地味ってことで。
11july06024.jpg

メダカのえさは、近所のホムセンで100円代のものを買っている。
ラムズホーンもメダカの餌の余りを食べているし、経済的だ。

店員さんに「外のビオで飼いたいんだけど、ボウフラ喰いますか?」
「喰いません。専用の餌です」
 ホントかね~? 
野生化しているやつは、絶対、その手の生き餌を食べてるはずだが。
ベタとかも、専用の餌より、そういうもののほうが好きだし。


コヤツの専用餌を探すと、餌のほうが倍くらい高かった。
なんか納得いかないし、外国産、しかも外飼い…
明日には死んでるかも知れないので、とりあえず、一番小さい餌を買った。
11july06027.jpg

もう、メダカにしか見えなくなった。 雌なんて、完全にメダカ。
っつか、白めだかより地味って…
11july06029.jpg

 来月辺り、ベタの月間セールでもしていたら、
こやつ等は、近所のオヤジ宅へ行っているはずだ。

 っつか、最初からベタ買えよ!! …みたいな。
店に居たベタが、トラでも何でも、私が惹かれずに居られないようなブルーだったら、
何も考えずにベタ買っていたが。
 だって、私が好きなのは、夏の晴天の日本海沖を思わせるマリンブルーだから。

 ああ~~ なんか、納得いかない!
11july06032.jpg


 睡蓮鉢の水換えたり、歯医者で一時間も口開けていたり、
その他色々していたら、
今日、初ヘブンが咲く予定だったのを完全に忘れていた。

4日の蕾↓
11july04031.jpg

 気づいたら夕方、開花した形跡がぶら下がっていた。
11july06039.jpg

 次の蕾が待機中。
11july06040.jpg


梅雨の晴れ間も過ぎたようす。
先日、百均で買ってきた傘で、アナベルに雨除けの細工をした。
なんだか知らないが、昨日、今日と、激しく疲れた二日だった。

 
 こんな夜には、アナを存分にモフりたい。
わらび餅のような、ぺったりした感触の腹にスリスリしたい。
 土に埋めた種から芽が出るように、いい加減、戻ってきてくれまいか。
11july06036.jpg

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する