FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

多髪女の未来は、カッパかタワシか

花ばかり載せているが、花屋ばかり寄っているわけではない。
出たついでに、少し髪をカットしてきた。
厳寒や、アナ死亡で引きこもり、実に半年振りくらいだ。

  少しだけ頭が軽くなったが、
朝目覚めると、相変わらず「○サス」の冒頭に出てくる殺人死体のようだ。
 腰のせいか、うつぶせにしか寝られなくなったから、
目覚めても、自分の髪で時計も見えない。

 多髪女、いつまで健在?
かといって、タワシみたいなベリーショートも、
扇のように広がったおかっぱ頭もイヤなんだが。

 自分のことは自分で決める主義だが、
一応、美容師さんに聞いてみた。

「白髪とかになったら、(染めで痛むから)
タワシみたいな頭にするしかないんでしょうか?
 ボブくらいだと、膨らんでしまうし」

「タワシ……… 
 このまま適度にロングにしてたほうがいいんじゃないですか」

どこまで行っても貞子かいな。



参考までに ウチのおかっぱ、いや、河童
正確には「梵天」という。
11feb27059.jpg

小さな頭につむじが二個もあるため、換羽期はハゲが目立つし。
毛が眼に被さるため、目つきも悪く見えるし、当人も見難いようだ。
11feb27 057

つむじの関係でか、常に、アホ毛が立っている。
11feb27056.jpg

これがなきゃ、背中に花を背負った美麗な鳥なんだが。

ちなみに、これは「羽衣セキセイインコ」という種で、名は「小春(こはる)」と言う。
性別雄
初冬の小春日和の頃に来た子だから。

同時に来たもう一羽は、白かったから「小雪(こゆき)」と付けた。
雄の積もりで買ったら、雌だった。
11may18101.jpg

 でも、性格が少し変…
なんと言っても、ホモ。 なぜ、雄ばかりに迫る?
11feb27042.jpg
スポンサーサイト



このページのトップへ

「仁」のあんどうなつ

  前回、「予想より小粒だったドーナツ」にガックリしたが、
コンビニの商品録には、ちゃんと大きいのが出ているじゃないか。
 これは、ぜひ、一度買って見なければ!

…というわけで、周ったコンビニの一店目に在った。
探すのも面倒だし、他に客も居なかったので、いきなり聞いた。
「仁のドーナツありますか?」
 若い子だったせいか、ソク通じて良かった。

弁当もあったが、ネタとして食べるにも、好みといものがあるだろう。


 で、問題のブツ
何度見ても、ふた昔前のヤンキーが好んで使いそうな字面。
 「安」じゃなくて「餡」ではダメだったんだろうか?
江戸時代でもそれくらいは在ったんでは?
11june15054.jpg

 
 大きさと消費期限が違うだけで、基本の味や食感はさほど変わらない。
ドラマの中のはゴツゴツした感じだったし、時代柄、粉類も荒挽きっぽい。
 ○ス○ードーナツのオールドファッションのような、
硬めな出来かと思っていたんだが。

 ショートニングとかバッチリ使ってあるし。
まあ、時代柄、大量生産するにはしょうがないのかな。
11june15056.jpg


 ドラマのほうも、もう佳境というか、残り二回となった。
新撰組は出る時間無さそうだし、
ドラマなりにも、ちゃんと〆てくれればいいんだけどね…

「残りは映画館で…」とか、その頃には憶えてないわ。
このページのトップへ

ウチのアジサイ類とウツギ

 ウチのアジサイ類はそれなりに成長しているが、
てまりてまりは、秋色化する前に、細かい花枝ごと千切れたり、萎れたり。
根ぐされなら、本体も逝ってるはずだし、なんでだろう。

 もうドライ化は諦めた。
多分、陽に当たり過ぎてもダメなんだろう。
 いいわ、株自体は健康そうだし。…と思うことにした。
11june15026.jpg


 アナベルの蕾は、日ごと大きくなっている。

 これ、購入時、四本も蕾がある~!と選んだ鉢だったが、
二本が寄せ植えしてあると気づいたのは、帰宅した翌日くらいだった。
 「Cカップと思ったら、寄せてパットが入っていた」くらいのショックじゃなかろうか。

 植え替え時には根が絡まり、分けられる状態でなかったため、
二本がグチャグチャになったまま植えるしかなかった。
春先、掘り起こして分けようと試みたが、予想以上に根が張っていて、
へたに構うのが怖くなり、一部のみを取り分け、元に戻した。

 二本で、大小合わせて7~8個の蕾というのは、多いのか少ないのか…
11june15047.jpg

 葉には、生りたての小さなアマガエルが二匹。
コレは↓まだ尾の名残が判る。
水上に出て、新生活の始まり、一体、どのくらい生き残れるのか。
11june15046.jpg

 もうそんな季節なんだなあ…
11june15045.jpg


 去年植えたカシワバ
花穂は伸びているが、最大でも20センチくらいだろう。
とても、プロ生育ものには適わない。
11june15041.jpg

 もう一本の花芽っぽいのがついた枝は、
気づいたら、芽が枯れて、ブラインド枝っぽくなっているし、
存外、花ワサワサは難しい種なのかもね。

 この薄い緑から白く変わる頃が一番見ごろ。
11june15042.jpg


  謎のカシワバは、「ハーモニー」と断定して良さそうだ。
小さいながらも、ホイップクリームのような花塊を付けている。
11june15038.jpg

 しかし、こう小さくては、露地植えにするまで何年掛かるのやら。
なにせ、初めて買った八重カシワバの小苗は、
畑に植えて数日後、私が踏んづけて逝った。
 小苗は、節が一個くらいしかないので、ペキっとやったらそれまでなのだ。
11june15039.jpg

ミナヅキ 成長著しいが、蕾は確認できず。
11june15048.jpg

今期は、バイカウツギ「ベルエトワール」が、最悪の不作だ。
11june15044.jpg

枝は沢山出ているのに、花のついたのは一本…
11june15043.jpg

去年は、そばを通るだけでも、ふわんと甘い香りがしたのに。
(もう一本の半八重バイカは近所へ養子に出してしまったし。)
11june15053.jpg
このページのトップへ

アジサイ色々

 ちと行き詰まってきたので、先日、隣市まで遠征し、
花屋、その他へ行った。

 A店の室内鉢花スペースは、屋根が透明なの、明るさは外とあまり変わらない。
室外の苗スペースも、吹きさらしではあるが、巨大なビニールハウスのようになっているため、
比較的、苗類の劣化が少ない。
 盛りを過ぎた花は、セール処分してしまうので、
回転も速く、枯れかけの花とかほとんど見ない。


 アジサイ類が沢山並んでいるが、
いつもに比べると、全体的に小ぶりで割安感がした。
 いかにも贈答用の「高そう」な花が無いのだ。

 やはり消費が落ち込んでいるのだろうか。
大きな花屋なので影響も大きいだろう。
11june14005.jpg

 普通のハイドランジア類も多いが、
時期的に、遅咲き類にシフトしている感。
白い花はピラミッド系のアジサイたち。
11june14007.jpg

鉢が小さいので、花数も少ない。
11june14004.jpg

上段の白い花穂はミナヅキ
中断のヘロヘロしたヤツは、アナベルの八重咲きと言われる(割には別種にしか見えないが)
ヘイズスターバースト

去年は実店舗では出回っていず、
オクとかで「レア!八重咲きアナベル」とか書かれていたが。
多く出回って相場が下がったのか、売れないから下げているのか…
11june14003.jpg

11june14002.jpg

ミナヅキとヘイズスターバースト アップ
初夏の白い花は涼しげでよい。
11june14008.jpg


目的のブツがなかったので、続いてb店へ
ここも巨大なスペースではあるが、室内、室外ともに、
天井が透明ではないので、特に室内は薄暗く、
売り残りのアジサイは自然に秋色になってしまう。
 どの花も暗い感じがするのは、場所が暗いからだ。

開花が進んで、緑色になったライムライトがあった。
この花は、輝くような黄緑色から白、その後、暗い緑になる。
11june14012.jpg

4800円と、強気価格のアナベルは、盛りをすぎ、緑色に変わっているものも多い。
この店は、システム上、どんなに咲き進んでも、枯れても、店としての値下げ処分をしない。
行く度に、これで経営が成り立つのか?と思うのだが。

 別の言い方をすれば、時期を逃した花も(状態は悪いが)入手可能な店ではある。
それをするには、その後の回復管理が出来ることが前提になるが。
11june14013.jpg

てまりてまりのブルー系 秋色化
11june14014.jpg

同じく、てまりてまりのピンク系 秋色化
11june14015.jpg

まだ秋色化していないものもあるが、盛りは過ぎている
11june14017.jpg


11june14018.jpg
てまりてまり ブルー系とピンク系
11june14019.jpg

この↓マジカルなんたら言う種も、多分、初めは綺麗な色だったんだろう。
いきなり最終色では色変わり系を買う意味も無い。
11june14020.jpg

 アナベル群 売れ残り確定組みかな…
ちなみに、ここの店では、定期的に素人せり市を開催するらしく、
近所の人は、それ目当てでよく行っていたようだ。

「安い、安い」とお気に入りのようだが、とにかくものが悪い。
「花ならなんでもいい」って人にはいいかも知れないが、
 その人は、ケース買い後、半分くらいは、人に押し付けたり捨てたりしていたようだ。

 この前、親戚宅から貰った、品種不明だったカシワバアジサイは、
(小母は憶えていないが)恐らく、そのオバさん経由と見ている。

私みたいな「コレのこの色が欲しい」という特定選択組みから見ると、
「安物買いのなんたら」にしか見えないのだが。
11june14021.jpg

このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する