FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

ニオイバンマツリ 白化

 株いっぱいに咲いたニオイバンマツリは、早くもシーズンを終えようとしている。
ついで、今期購入の小苗が、(↓左側)二期目の花を咲かせ始めた。
11june09001.jpg

 やはり、左のヤツは、葉も花も小型じゃネ?
11june09002.jpg

 ほとんどの花が白く変わり、紫の花は数えるほどしかない。
11june09004.jpg

11june09005.jpg

11june09006.jpg

夕方、室内に入れる頃には、さらに白い花率が増えていた。

花が終わったら、階下の半日陰へ置き、
霜が降りる直前に、刈り込んで、植え替えて、室内に取り入れる。

 何年おきかに、露地植え可能な暖地の人に貰って貰うというのもアリだが、
自称「花好き」な人に花苗を分けたとき、
そこの家の庭で、ルリマツリが小さな鉢で枯れゆくままになっているのを見、
(露地植え可な地域)なんだかな~…と思ったことがある。

 そういう人に上げるくらいならば、刈り込んででもウチに置いておいたほうがマシだろう。
11june09072.jpg


ゲラニウム ジョンソンブルーは、前回の画で最後の花となった。
ロザンネイが次々開花している。
11june09044.jpg

 薄い紙のような花びらは、引っ掛けたりすると、簡単に破れてしまう。
こうして撮ると、見るからに繊細な花だが、
11june09045.jpg

 この、花枝の暴れっぷりはなんとかならないものだろうか。
立つなら立つ、垂れるなら垂れるでいいんだが、四方八方へびろびろと…
 どうしたら、サンプルのように纏まった姿に育つんだか。
11june09041.jpg


このところの陽射しに当てられたのか、
柏葉アジサイの花穂が、みるみる茶色く変わっていく。
11june09054.jpg

奥側の花穂は、それほど急変していないから、
日当たりが原因とみて間違いなさそう。

雨の当たらない「明るい日陰」で、
人や猫に痛められないような場所は中々無いし。
樹の為には、なるべく日に当ててやりたいし。

いっそ、ブドウのように袋掛けしてしまうという手もありだが、
それでは、肝心の花が見えなくなってしまう。
11june09055.jpg

早く大きくなって、わさわさと花穂をつけてくれ!
11june09053.jpg

先日の謎柏葉アジサイは、日に日に花塊が盛り上がってきている。
ほぼ、ハーモニーと確定して良さそうだ。
11june09039.jpg
スポンサーサイト



このページのトップへ

ヒメスイレン スノープリンセス

 ヒメスイレン スノープリンセス というのを通販店で買った。
 以前は、ベタの水槽とかを買っていたアクアショップだが、
なぜか、鳥用品、小動物用品、さらに園芸カテまである。

 「蕾付き」とは書いてあったが、早速咲いた。
買う人の多くは、花が目的なので、すぐに開花が見られるというのは、
その後のモチベーションも高くなる。
11june09007.jpg

11june09012.jpg


 去年の「蓮?」な睡蓮にイヤ気がさし、
白い姫睡蓮を探すうち、日本原種の最小種「ヒツジグサ」というのを見つけたが、
どこも「売り切れ」状態。 設定価格も高い。

 発芽したばかりの小苗はオクで見かけたが、育つわけがないし、
いつ(人生の)卓袱台引っくり返しをしてもおかしくない精神状態のヤツが、
2~3年後の開花予定なんて待っていられない。

「来年のことを言うと鬼が笑う」と言うだろう。
「人生、明日どうなるか判らんのに、来年なんて寝ぼけたことを」
…という意味と解釈している。


 もちろん、行動範囲のリアル花屋にも無かった。
まあいいか…と、タマタマ見つけた、安価な睡蓮を買ったのが先日のこと。
しかし、気温が低い日が続き、苗は、一向に生長しない。

 そこへ「今期は日照不足で冷夏」という予報、
この時点で、熱帯睡蓮は諦めた。
現在、熱帯睡蓮の鉢には、めだかの稚魚と、それより大きいボウフラが主になっている。


 あ~ アレでもいいかぁ。ヒメスイレンの白花
ニムファエア スノープリンセス/Nymphaea ‘Snow Princess’
猫餌で送料無料金額に水増しし、注文したソレが届いた。
 それが、昨日半開きで咲き、今日、全開で咲いた。
 
 睡蓮鉢は、高価で大きくて扱い難いから、小型の睡蓮が欲しかったのだ。
確かに花は小さい 「ヒツジグサより一回り大きい」そうだ。
割高感はあるが、ヒメスイレンは、基本、黄色とピンクしかないのだ。
黄色とピンク、どっちも要らん。

 コレは、ピンクの花から出た変異種を固定した白花なのだそうだ。
 11june09008.jpg

 そのへんのホムセンで売られている、
安価だが、開花まで数年掛かるような苗を思えば、蕾付きのコレは割安とも言える。

しかし、開花時間短い~ 病院から戻ったら、もう閉じかけていた。
11june09009.jpg

全体図
11june09010.jpg

11june09034.jpg
 続、鉢の穴埋め加工編にて
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する