FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

羊毛アナ 二体目完成

 シェルティ分が足りない。
どんだけあっても足りない…

 車で県道を走っていたら、
対向車線側の歩道を、白黒モコモコのワンコが散歩していた。
 通り過ぎる瞬間、後姿の、モコモコ尻と、下げた尾を確認した直後、
反射的に車を停め、Uターンしてワンコの後を追っていた。
(田舎なので、元々少ない後続車も切れていた)
 
 どこの子だろうと、とにかく、シェルティを見たかった。
飼い主と知り合って、ワンコを触らせて貰いたいという下心もある。


 残念ながら、そのワンコはシェルではなかった。
ボーダーコリーと柴のミックスだそうだ。
毛はモコモコ、全体的にはボーダー寄りの風貌、
顔は柴にしては、マズルが詰まり、タヌキを思わせた。


 ヤンキーに類される種の車が、
行き交った途端、自分に明確なロックオンのち、
Uターンまでして追いかけてきたら、誰だってイヤだろう。

「怪しくて済みません、
最近、似た風貌の子に死なれたばかりで…」と言い訳をすると、
「寂しくなったら見に来てください」
 
 黒っぽいものはなんでもアナに見えて、
常に寂しくて堪らないんだけど…とは言えなかった。
やっぱりコリー展見に行こうかなぁ…
 
 この前6つ切りに伸ばしたアナ画があまりにもよくて、
4つ切りサイズで再プリントに出した私はどこまで飼い馬鹿かと。



 出たついでに、知人宅のシェルを覗いてきた。
「殿(との)」
一時より顔色もいいが、週一くらいで抗がん剤を打ちにいかなきゃならないそうだ。
 
 私自身が、アナの死後、激しい餓えに懲りたので、
「絶対に欲しくなるから」と、強引に遺影撮りを押し付けてきた。
まあ、要するに私が撮ったのだが。 

 殿はコリー並みの体躯、一時は痩せたが、投薬後、
(多分ステロイドの副作用で)食欲が増し、体重も15kほどになったそうだ。
11mar05047.jpg

↓殿と飼い主の小母さん。 小母さんは、多分、私よりも背が高い。 
ちなみに、全盛期の「殿」は、22kもあったが、
当時も今も、この小母さん↓が抱いて階段を昇降しているらしい。
11mar05030m.jpg

 縮小した加工画、しかも古くてアレだが、私がアナを抱くとこんな感じ↓
死後の画像整理で、一緒の画も撮っておけば良かったと後悔したが、
なんせ、飼い主がカメラマン、周囲には撮れる人無しという環境…
DSCN9615m.jpg


アナ二体目完成
植毛に三日も掛かってしまった。
びっちり植えたのに、まだ胸の毛が少ない…
自己総評 尻尾が大き過ぎ、もう少し額を高くしたほうがアナに近い。

実物のワンコも、生きてるときは毛が立ってふわふわしているけれど、
死ぬとすぐにペッタリしてしまう。
毛穴マジックか。
11mr05a002.jpg

11mr05a003.jpg

11mr05a013.jpg

11mr05a005.jpg

11mr05a007.jpg

11mr05a010.jpg

11mr05a011.jpg

11mr05a012.jpg

11mr05a015.jpg

11mr05a016.jpg

スポンサーサイト



このページのトップへ

病巣 桜と犬

 このあたりの桜はまだ小さく固い冬芽のまま。
春は遠い。

自室に活けた小枝は、芽が膨らんで、先端からは蕾らしきものが覗いている。 
11mar05 057

処分された親木↓
11mar03014.jpg

樹の中心は黒く変わり、根は腐り、幹には大きなうろが出来ている。
11mar03015.jpg

11mar03016.jpg

本体は切られても、芽吹く小枝…
花芽は来期への希望だ。
11mar03013.jpg


この地区に「アキ」というミックスワンコが居る。
アナの生まれた年の秋に生まれた、同年代のワンコ。
アキが子犬の頃は、よく、アナと追いかけっこして遊んでいた。

アキはガタイが大きい分、することがガサツだが、
決して性格は悪くはない。
近所の小型犬に咬まれて以来、その小型犬に怯え、
出会うと固まってしまっていたらしい。
 過去形なのは、その小型犬も数年前に逝ったからだ。

かつてのアキとアナ
DSCN9663.jpg

 そのアキは、一昨年くらいから、腫瘍が大きくなりつつある。
大きな塊を見るにつけ、
どうみてもアキが先に逝きそうだと思い込んでいたが、
内臓でないぶん、アキのほうが健康(?)のようだ。
 以後、少々グロイので続きにて 乳腺腫瘍 【“病巣 桜と犬”の続きを読む】
このページのトップへ

まだまだ病気進行中

 昨日、久しぶりに厚手の氷が張った。
日当たりのいい場所の睡蓮鉢ですら、昼を過ぎても氷が浮いている。

 先日の暖かい日に、睡蓮鉢の水を換え、底まで探ってみたが、
メダカもラムズも(水凄の貝)ただ一匹も生き抜いたものは居なかった。
11mar03001.jpg

 諦めて、病院に出かけた。
温泉町入り口から望む山々には雪が積もっていた。
 車の運転とか、意識しなくても体が動くような質の動作は、
頭が暇になるから、イヤでも思い出してしまう。

 かくして、病院に付く頃には、
見るからに精神が憔悴した患者の出来上がり。
 感情がそっちへ振れているので、
待合室でも涙ダラダラ、医師との対話も途切れ途切れ。

 心理療法を提示されたが、
私は「悩んでいるわけではない」ので断った。
 原因ははっきりしているし、
相談しても、死んだ者が還るわけでも、体が健康に若返るわけでもないのだ。
 
 療法を断ったせいか、医師が、明らかに、
こんな客、さっさと終わらせたいという態度を丸出しにしていたが、
私は、あえて知らん振りを決めこむ。
 担当医と個人的な付き合いをするわけでもなし、
需要と供給さえ合えばいいのだ。
 あえて言えば、この医師は、ペットロスには疎そうだ。


 少し強い安定剤と眠剤が指定された。
(と言っても、この手の薬では軽いランク)
 支払いを済ませ、そのまま駐車場へと直行中、
受け付けのお姉さんが追いかけてきた。
「××さん、薬が出ているんですが…」

 ああ、そうだった。
私は、そんな判断すら出来なくなっているらしい。
 そういう病院なので、
周りは、おおめに見てくれているだろう。
…と思いたい。
 丁度いい、客観的な目撃者というのは大切だから。

 おかげか、単にプラシーボ効果かは知らないが、昨夜は久々に眠れた。
このところ、追加飲みが続いていたから、薬に耐性がついたんだろう。
 このままジャンキーにされないよう気をつけねば。



 散歩に出ると、ウチの栗畑にフキノトウが出ていた。
某ブログで見た、「フキノトウのパスタ」ってヤツを作ってみようと掘った。
11mar03019.jpg

 枯葉をどけてみると、ホワイトアスパラのようなフキノトウが出てきた。
徒長した茎部は、見た目より堅い。
11mar03022.jpg


11mar03024.jpg


 後で知ったが、この日の気温は一度位までしか上がらなかったもよう。
寒いような気はしたが、体調のせいかと思っていた。

 その夜、思い切り腹を下して往生した。
なんで?変なもの食ったっけ…

 アナがゴハンを食べなくなり、なんとかと思い、
買った犬用粉ミルクを飲んだのが悪かったのか、
 
 この寒い中、うろうろしていたのが悪かったのか、
夜、墓の前で、ガタガタ震えながら「千の風…」に浸かってたのが悪かったのか、

フキノトウの灰汁だしをしなかったのが悪かったのか、
はたまた、使った豆乳がいつのものか判らなかったのが難だったのか…
 思い当たることがあり過ぎて…
【“まだまだ病気進行中”の続きを読む】
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する