Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

セキセイインコ逃亡話

 セキセイインコの瑠璃の連れとして入れた「翡翠」が逃亡して20日弱が経過。
現実的に考えて、タイムリミットは翌日の夕方と判断した。
小鳥は食いだめが出来ないので、食べずに持ち時間は短いのと、
戻るとすれば、そのくらいが限度だろう。


 手乗りだから、通りすがりの人のところへ行ったことも考えられるので、
即、絵入りの手配書を作り、近所のスーパーに掲示。
残った瑠璃の籠を窓辺に出し、呼びかけ鳴きをさせ、
声を聞く度、確認に走った。
 そうして見失った場所を中心に、あちこち探したが見つからなかった。
雨音すらインコの鳴き声に聞こえる。


 田舎のこと、情報は婆ネットの口コミが一番強い。
情報町内の鳥用品(も売っている釣り道具店)店に、
「鳥かごを買いに来た人が居ないか?」と電突すると、
インコが捕まった話が出た。(さすがド田舎!)

 残念ながら、ウチのが逃げる前の話だった。
捕獲した人が、町内ケーブルテレビで飼い主探しの情報を流して貰い、
結果、飼い主が名乗り出たそうだが、その飼い主は「要らんから」
(荒鳥だったそうだ)
 で、保護した人が飼ってるそうだ。
(動物を保護するような人は、元々好きだから)

 
 ちなみに、その捕獲場所と元飼い家は4Kも離れていたとか。
人からすると「そんな遠くに…!」だけど、
空を飛ぶ鳥は、道路とか関係無いから一直線だもんね~。

 さすが翼のある者、(しかもインコは大陸系)
私が地区内をうろついたくらいでは無理と実感しただけだった。 
本気で探すなら、市近辺全体を巡らないと。
 全く、雲をつかむような話だ。

 上記エピのインコは、捕獲した人が警察にも届けたそうだ。
ならばと、私も、地元署に(って、合併してからは交番だが)
問い合わせをしてみたが、世の中、そんなに甘いもんじゃない。
 
 
 その後、ウチの母が激しく昔の話を持ちだした。
ン年も前のことだけど、ウチから逃げたオカメインコ(推定)が、
直後、妹の友人実家(距離約10k、車で10分くらいの距離)に来たとか。
 前述のように山間部のこと、直線距離なら「ふた山超えれば到着」みたいな距離感かも知れん。
 
 当時、オカメは、超マイナー鳥。
見つけた人は「なんか変な鳥が飛んで来た」でエンド。
その友人である妹自身も、その手の興味は皆無な性格なので当然ともいえる。 
 それにしても、今さらそんな話を持ちだす母もどうかと…
 

 ありし日の翡翠  推定 雄
09July04023.jpg

09July04021.jpg

09July04013.jpg

09July04005.jpg
 瑠璃はガブリエルだが、面倒見のいい性格らしく、ウザがりながらも羽繕いをしていた。
瑠璃が居るせいか、一人餌になるのは早かった。
09june29001.jpg


 最初、「籠の中大好き」だった翡翠だが、じきに誤解と気づいたようで、
見る度「出せ出せ!」攻撃を始めていた。
 「出せ出せ!」世代が過ぎ、おとなしくなった瑠璃まで一緒に「出せ出せ!」攻撃
2倍になって疲れた。
09July08011.jpg

09July08012.jpg

09July08004.jpg
 
 どこかで拾われていてくれればいいが。
スポンサーサイト
このページのトップへ

消えゆくもの

 雨期に降らないのも困るが、こう毎日、警報が出るほど降るのもアレだ。
雨間には、河の水がごうごうと流れる音が響いてくる。
 件の土砂崩れ宅叔父は、昨夜、車庫の車内で寝たらしい。
敷地内に避難してどうするっちゅーんじゃ!


 長年掛かり付けの医院が、今月で閉院することを、昨日知った。
「寝耳に水」とはこのことだ。
 そこの医院、内科と婦人科兼ねてたから、色々都合が良かったんだが、
聞けば、先生は既に80才超、そりゃ体調不良で閉めても当然だわな。

 幼い頃からずうっと診て貰ってきた以上、
この際、私の検死も先生にして貰いたかったんだが。


 しかしだ。
普通、こういう時って、
「…で、いついつを持って閉めます。長年のどうたらこうたら…」
 とかいう案内状貼るやん?
昨日時点でも、現場に予告状一枚すらない閉院って…
(常連は通ううちに知るが)

 
 私の仕事先ですら、閉める時には社長から宣言あったのに。
唐突に、「オレ、今月で会社やめるわ(←閉めるの意)」
あれはあれで衝撃だった。
 

 身の回りの「必要なモノ」がひとつひとつ欠けていく。
色々困るなぁ~


連日の雨にも元気なオオボウシバナ(巨大露草) 
09July28006.jpg

09July28009.jpg

09July28013.jpg

09July28010.jpg


西洋アサガオは日照不足で蕾が落ちてきているが
09July28016.jpg




このページのトップへ

オウム Michael Jackson ダンス

 瑠璃が、インコ語でブツブツと独り言を言ってる。
前回、「二羽目の翆が逃走した」と書いたが、実は、もう次世代が居たり。
 夜の自室は、二羽の爆撃に無法地帯と化している。

 ちなみに、我が家の過去インコ類で人真似をした個体は一人も無し。
なんたって、ウチの家族は無口なヤツ(?)ばかりだしな~

 かといって、変なことを憶えられても困る。
禁句インコ 「こっこちゃんは・・」 …とか


 私の口をついて出る言葉と言えば、
「疲れた」だの「背中痛い」だの、「…」だのと、暗いモンばっかだし。
PCの効果音設定はノリで入れた「吸血鬼 美夕」音声… 
※注 超の付くほど救いの無い暗い話のホラー系少女漫画


 この際、
『KITT ターボブーストだ!』
「間に合いません、マイケル!」
『ナイトライダー 現代に蘇る正義の騎士…』とか憶えてくれんものだろか。
 イヤ、オタ趣味過ぎるし、他人に聞かれたら恥ずかし過ぎる!
それ以前に、憶えるまで言わなきゃならんというのがイタイ。

 お構いなしに「頭上を飛んでいく」ってことでは、インコもターボブースト系ではある

ヨウツベのオウム動画
ノリノリで踊る姿がなんともいえん 
Snowball's Tribute to Michael Jackson
このページのトップへ

インコの翡翠行方不明

 一昨日(7/9)ポカをやってしまい、インコの翡翠行方不明。
自分で近所捜索はもちろん、近所の店に画付き捜索願貼らせて貰ったり、交番に問い合わせたり、
できることはしてみたが、当然のように見つからない。
 雨音や池の水が流れる音も、インコの声に聞こえて参った。

 せめて誰かに拾われていればなぁ~
このページのトップへ

クレオメ

 降り続いた雨が上がったけれど、晴天というには程遠い。
一番昼間の長い時期なのに、梅雨の盛りに夏至を過ぎるという理不尽さ…
この長い昼間を、少しでいいから、秋冬に分配して貰えないものか。

 陽の勢力の弱い梅雨時、夜咲く花は元気がいい。
クレオメ花盛り…
09July11021.jpg

09July11016.jpg

09July11015.jpg

09July11011.jpg

09July11022.jpg

09July11023.jpg

09July11027.jpg


ブッドレアが咲いた
小房過ぎて笑えないが、変わらぬ強い香りが懐かしい
09July10001.jpg

注 目立つ大きな葉はウツギのもの
09July10002.jpg
このページのトップへ

ブッドレア

 去年、その花の画を見てからというもの、
懐かしくて堪らず、付近を捜したが見からなかった花、ブッドレア
 今期見つけて買ったが、小型の種類っぽい。
過去のウチには、ピンク、薄紫、濃紫、白の4色があったが、
この花屋にあったのは、この一色濃紫のみ。
 
別名 サマーライラック 
ライラックとは全く系統が違うが、本家のライラックよりも香りは強い。
蝶が群れることから、別名バタフライブッシュとも呼ばれる…らしい。

 休み前の夜、就職先から戻り、闇の中で見た花の香りは、
まさに「むせかえるほど」
当時、新しモノが好きだった私が、通販で3色組み苗を買った。
 (上で4色と書いてるのは、その後、また色違いの組苗を買ったから)


 大きな花房は長さ20センチを超え、わさわさと藪化した。
結実性も高く、いくらでも自生苗で増えていくため、
最後の一本も父に刈りとられてしまい、花は途絶えた。
 
 その頃には一般にも普及し、珍しい花木でもなくなっていたが、
これも流行りものなのか、今では民家で見ることも無くなった。

09July03011.jpg

 一応、花房は出ているが、葉も小型だし、花も小房なんだろうな
わっさわっさと咲く花の記憶があるだけに、ビミョーに淋しい気分

09July03012.jpg
このページのトップへ

鳥と人との三角関係

 新入りのインコ「翡翠」は順調に成長中。

以下 6/25の画
09june25041.jpg

09june25039.jpg

09june25042.jpg

09june25043.jpg

09june25048.jpg

 瑠璃の時は妙に寒かったため、日中も箱に入れて保温していたが、
それも雛時代後半くらいまでが限界。
活発に動くようになったら籠に入れないと、箱のふたの隙間からはみ出てくる。


 翆を見て警戒する瑠璃  まあ当然と言えるだろう。
09june25050.jpg


 翆がきて、数日で暑くなった。
箱の中で羽をバタバタさせるので、瑠璃の籠に入れて見た。
 殺し合いの喧嘩になるマズイので、ちょくちょく様子を見ていたが、
瑠璃が人(?)がいいためか、そこまでは行かない。


 手乗りの鳥は、中々籠へ入りたがらない。
人の雰囲気からそれを察し、捕まらないようにしている。

 翆は、給餌後、大慌てで自ら籠へ入るほど瑠璃を慕っている。
瑠璃が籠から出ていて居ない時もそうで、中へ入って「アレ?」という顔をしている。
「籠の中に瑠璃が居る」前提で、全然見ていないようだ。


 その瑠璃は私の方がいいらしい。
翆→瑠璃→私 
…なんで、鳥とビミョーな関係にならなあかんのや!

 どうせなら、KITTとKARRの間でビミョーな関係になりたい。
↑願望贅沢過ぎ!


「両手に花」ならず、片手に二羽のインコ  6/29
09june29001.jpg

09june29006.jpg

09june29002.jpg

 まあ、流血沙汰にはならないんじゃないの?
と書きつつも、今も私の肩の上で小競り合いをしている。
翆は瑠璃の傍へ行きたいが、瑠璃は自分の居場所をとられまいとしているとゆー…

09june29005.jpg

このページのトップへ

タヌキ日参

  このところ、また、庭にタヌキが出没し始めた。
去年の夏は2~3頭が変わるがわる来ていたが、当分途絶えていた。

 猫が食べそうにない残飯が無くなってるので、
多分、タヌだろう、と予想はしていたが、
暗くなってからなので、中々姿を撮るまでには至らなかった。
 タヌが来ると、猫たちが警戒するので判る程度。

 雨の日は、紛れることが出来るからか、まだ薄明るいうちからやってくる。
山から来るには少し遠いし、線路を通らなければならない。
 多分、近所に住んでいるのだろう。
もしかしたら、ウチの敷地内に住んでるかも。
以前も、別のタヌが小屋の縁の下に住んでたし。

09July01001.jpg

09July01002.jpg

09July01003.jpg


梅雨全開、断続的に大雨が続いている。
せっかく開いた西洋朝顔も、雨に打たれてグチャグチャ…
09june30070.jpg

花は咲いても、まだまだ株は小さい
09june30071.jpg

 藪化したオオボウシバナの陰に隠れ、小さくなっている。
去年の勢いはどうした!
 まあ、あんなに茂らなくてもいいけど。
今年は台風がきそうだし(蜂の巣が低い場所にあるから)
09june30086.jpg

09june30077.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する