Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

ハイストーリー 1/43 シルビア S14 K's 前期型

 出来心で、オタ物を買った。
ハイストーリー 1/43 シルビア S14 K's 前期型 パールホワイト
 09apr23b021.jpg

 気紛れに検索して見つけたんだけど、
なんでこんなもんが¥こんなにするのさ~?な値が付いている。
 
 むか~し、気紛れにプラモを作ったことはあるが、
私の知識なんぞ「1/43ってどのくらいよ?」のレベルなのだ。
(計算機で判明したが)
変な例だが「80円切手っていくら?」…みたいなレベル。
 

 説明読んでも詳細が判らん。
掲示板には「ビミョー」という意見アリ。
「ビミョー」って、どこがどうビミョーよ?

 ググったものの、ド素人過ぎて意味不明。
限定生産モデルだそうだし、迷った挙句、某ブログのTさんに突撃質問してみた。
(迷惑な話だが)
 やっぱり、その道の人からすると「ビミョー」なのだそうだ。


 タマに思いついて、歴代の愛車ミニカーを揃えたいと、度々検索してはいたんだけど、
先代と先先代はあるのに、現愛車のが無く、手を出せないでいた。
逆にいえば、現愛車のが入手できれば、もう全部揃ったようなものである。

 タマにヒットするのは、「なんたら仕様」の変な改造車ばかり。
峠仕様? タダでも要らネ。


 それだけに、コレを見てキモチが動いた。
しかも、だ。(グレード違いは許容内)
マッハ号(←再放送見だから)の時代から、私の車はホワイトボディに決まっている。
 KITTやKARR? あれは黒でいいんだよ! 適材適所!


 しかし… こんなモン買ってるような優雅な身分ではない。
そもそも、1/1スケールの実車を持ってるんだし、
必要かそうでないかと言えば、ハッキリキッパリ、全く不必要なモノである。
 これ1個で、自分のワンピ数着作れるやんか。←着道楽

 それと、こういう、なにがしかの想いの入ったモノは、
思い込みで「形代(かたしろ)」になりそうな気がする。
模型壊れたら実車が事故ったり、とか。
 掃除中に落下→実車あぼん、…イヤん!
KARRの模型は、掃除中に何度か落下させてしまった。
 ごめんよKARR。


 モンモンな夜が過ぎる。
人は、誰かに何かを相談しようとした時点で、もうキモチが決まっている
…のだそうだ。
 これを逃せば、多分、もう無いだろう。

ヨシ、気が変わらないうちにイクぞ~!
人生なんて、どちらの道を選んでも、後悔はするものなのさ。

 で、数日後、ソレが来た
09apr23b017.jpg

09apr23b015.jpg

なんといっても実車持ち、比較しないテはない
ボンネットの独特の膨らみ、縮小するとこんなモン?
09apr23b025.jpg

 ウチのは、グレード違いの「Qs タイプS」
外見は、アルミがワンサイズ下となる以外、Ksのソレと同じ。

 なるべく人の視界に近くなるよう、50ミリくらいで撮ったが、角度違いすぎ
ミニカーでは、普段見ている目線と違うしねぇ
09apr20004.jpg

サイドは限りなく近い気が
09apr23b023.jpg

09apr20006.jpg

上から
09apr23b030.jpg

って角度違い過ぎ
09apr22023.jpg

一応、タテマエどうり、パール塗装になっているようだ
09apr24063.jpg

実車 塗装アップ 3P(スリーコートパール塗装)
08sep06141.jpg

一見して「?」な個所がテールで、
09apr23b020.jpg

「タイプS」グレードは、トランクリッドにハイマウントランプなんて無いんだよね~
だって、工場標準装備のリヤスポに組み込まれているから

 しょうがないんで、前向きに考えてみる。
後ろから見なければいいってことで、前向き設置にてスルー。
09apr12a078.jpg


当時はコレが主流だったけど、
この型に関しては、リヤスポ無しの方が、車高が低く、幅広く見えて有利な気がする。
09apr23b052.jpg

 テールランプ点灯時
一見、全面テールランプだが、点灯するのは外側のみ。
09apr10sakura184.jpg

 ストップランプ点灯時↓ 
ペダルに適当なモノでも置けばと始めた撮影だが、
一人でストップランプを点灯させて撮るのは、かなり苦労した

 長年乗ってるが、ほとんど見ることのない姿
車検の時、走り去るところを見るくらいか。 
…2年に一度w  こうなると、持ち主にとってはどうでもいい部分な気も。
09apr22 041

ついでに言えば、この車は着痩せしている。
外側から見ると、ピラー類がガラスで隠され、華奢に見えるのに、
内側から見ると、意外にピラー類が太く、視界の邪魔になる。
09may01007.jpg
 脱いだらビミョーにマッチョですた、みたいな。
私は、男女問わず、細くて華奢で中性的なタイプが好きなんだ~!
マッチョ、胸毛、絶対お断り! って、話ズレ過ぎ
09may01010.jpg

 
以下 資料類
 カタログは置いといて、価格表
成り行きだったこともあり、この価格表だけで新車を買った

グレードは、トランプの、ジャック、クイーン、キングに例え、基本3段階
「Ks タイプS」最高グレードと「Qs タイプS」は、50万近い差があった。

↓価格表 カタログに挟んだまま残ってた 
09apr24114.jpg

 話が出てから実車注文まで3日!
人間だったら「見合いもしないでいきなり結婚しました~」 みたいな。
 車種も色も選択肢無しなんだから、実車なんて見なくてもいいんだが、
なんかそれも違う気がする。
 
カタログ↓を貰ったのは、新車を引き取りに行った時だったり
(意味無し)
09apr23a079.jpg

 ローン持ちとなった数日後、仕事先閉鎖…orz
この車には、想い出が、色々色々色々…あり過ぎる。
「毒を食らわば皿までも」ってか
 

カタログより スキャナ出すのが面倒なんでデジ撮り
09apr29035.jpg

09apr29037.jpg
 
 お買い得装備の「Qs タイプS」はメーカーの主販売設定らしい。
こちらは、実車画とダブるので省略
アルミも付いてたが、レンコンの輪切りみたいなビミョーなデザイン。

 当然交換、1回目はインチアップしてみたものの、即後悔、
一年後に再交換という2度の交換。
 後で考えると「Ks タイプS」を買ったほうが割安だったかも。
かといって、Ksの、ヒトデのようなデザインのアルミも…


 レンコン似アルミは、そのうち冬用に使うかも?と、
自室の押し入れに入っているが、激しく邪魔。
 でも、ビミョーなオフセット値を思うと(合うのが無いから)手放せない。
レンコン無しで安く売ってくれたほうがいいのに。


 スポイラー類無しの廉価版がコレ↓ タマ~に見かけた。
一見アルミっぽいが、キャップ 
09apr24009.jpg

こっちは見たことが無い。 実際、作っていたんだろうか。
09apr24010.jpg

09apr23a085.jpg

 普段、こういう本を買わないんだが、
これは、タマタマ見かけて買い、そのまま本棚に直行、忘却
 3ナンバー化したのを知り、買う気は無かったんだが…
09apr23a078.jpg

KARRと
さあ、次は、先代S12だ~っ! 
09apr23b032.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

ナイト風味 STEALTH

 寒暖の差が激しいせいか、体調がダウンしてしまった。
頸椎と右股関節がイった。
自力治癒期待して休んでいるのだが戻らない。
もし連休中に悪化したらキツイよなぁ… とモンモン。
 メーテル、機械の背骨くれ~! ←このネタが理解できる人は同世代


 機械繋がり?で、某映画を語ってみる。
STEALTH ステルス
レーダーに捕捉されないのが売りの、べらぼうに高価な爆撃機である。

 「存在を知らせない」という意味で、
オービス(自動速度取り締まり装置)の
狙い撃ち型を「ステルス型」と呼んだりもする。
 ウチのような田舎にはそんなモン無いが、
電波を出さない型の(電磁コイル測定?)オービスは普通にある。
カメラ手前の路面に白線が引いてあるから、多分、そこが計測地点だと思っている。

 
ソレは、AI搭載高性能ステルス爆撃機とチームを組まされた人間との確執と触れあい?の話だ。
 …なんか違うような気がするけど、私見だからいいか。

 多分、制作側は、AIと人間との確執とか、
空中での攻防戦とか、スピード感を見せたかったんだろう。

 しかし、腐女子は別の見方をする。
 「KARRがKITTになって死ぬ話」
そう、微妙にナイトライダー風味なのだ。


 テレビで放映した時、なんとなく録画しておいたのだが、
そのうち見ようと思っているうちに、ウチのビデオデッキが逝ってしまった。
私の保存モノは、いつもこんな感じである。
中には、録画して見ないうちに重ね撮りしたり。
 
 そのうち…と思ってるうちに、再放送があったりして、
前に録画したことを忘れ、また録画する。
 だったら、別に保存しなくてもいいじゃないか、みたいな。


 そうして、二回目を見ることなく過ぎてしまったソレだが、
最近、中古を見つけゲットした。
ああ~ やっぱりKARRだ~!
 形は色気無いけど。


 トップガントリオに、いきなり新メンバーが入るのだが、
それは、AIを搭載した無人爆撃機だった。
通称「エディ(EDI)」 なんの略かは忘れた。

 頭脳部は、思いっ切り、新KITTを彷彿させる
(制作順は新KITTが後だが)

物語の中で、既存のステルス機は普通に助走?して飛び立つが、
エディは垂直上昇できる設定になっていた
ハリアーでつか
(↑航空機オタではないが、少女漫画にも出てくるので知っている)


 急激に学習をするエディだが、スタンドプレイ好きメンバーの行動をも学習してしまう。
そして、落雷にあったことで、プログラムが暴走する。
こんだけ高性能でも落雷で…とか突っ込んじゃ野暮ってことで。 

明後日の方へ進化したエディは、勝手に極秘ファイルにアクセスし、
勝手に爆撃に出る。
もちろん、KARR風味の傲慢なセリフもアリ。


 途中、空中給油機を爆破して、やりたい放題。
これを思えば、「悪魔の心を持つ車 カール」って、
結局、カールは誰も殺してないし、
それどころか、人質に「シートベルトをしておいた方がいいぞ」って。
 …カール、気の毒。


 高性能のわりには、敵機の欠片が当たったくらいで羽損傷。
これも突っ込んではいけない。 …多分。
墜落しかけたところを、追ってきたチームメンバーに助けられ、KITT化発動。
(腐女子脳内でKITT変換済み)


 すったもんだの揚句、敵対していたチームメンバーを乗せ、
敵地へ墜落した他メンバー救出に行く。
 国境際まで逃げたところで、敵機が襲撃してくる。
既に搭載武器を使い果たしていたエディは、突撃粉砕してメンバーを救う。

 で、場面転換、二人のメンバーがラブラブシーンで終わり
途中でもそういうシーンはあったが、腐女子は視てもスルー。

 おまいら、ちょっとでいいから思い返してやれんのか。
とかも思ってしまうんだが、ナイトライダーファンは、そこそこ萌えられる映画だと思う。
 機会があったら見てみてそ。

 あ~ AI系少女漫画なら、樹なつみさんの「OZ(オズ)」
作者忘れたけど、少女漫画の「AIレボリューション」も地味にイイ。
このページのトップへ

ベタ新入り クラウンテール

 前回「ベタ増加」のことを書いた時、実は既にもう1匹が増えていた。
これで、ウチのベタは、
 
ハーフムーン雄
ラベンダーマルチ パステルブルー ロイヤルマルチ ピンクイエロー
トラベタ雄 ブルー

ハーフムーン雌 DV嫁 新入り (注 近似色なので書きわけ困難)
新入り クラウンテール 雄 
の計8匹、水槽3個となった。
1~2匹で細々ときた身には、いきなりの大所帯だ。


 ベタは、人によく馴れる。
自室に入ると、8匹が、一斉にこちらをガン見する。
雌の「餌クレクレ ダンス」も倍である。

 連中、暇だから、起きてる間は、ほぼこちらを見ている。
「なにしてんの~?」みたいに。
傍に置いてる水槽の2匹など、ず~っと見ているのだ。
 魚とはいえ、8匹のガン見は、ちと疲れるものがある。
部屋中にベタを飼ってる人って、視線で疲れないんだろうか?
 
 しかし、それぞれ皆綺麗なので、沢山居ると見る楽しみも大きい。
水中でゆらりとひらめくヒレは、水中花や、童話の人魚を思わせる。
 似たようなヒラヒラ系であっても、蝶はこんな風には飼えない。
その点、魚は飛んで行かないからいい。
 

 去る16日のことだった。
町内のホムセンに寄ると、レジ付近に見覚えのある瓶が積まれていた。

 ああ、またトラベタや白メダカでも入れたのかな。
傍へ寄ると、鮮やかなアクアマリンが目に付いた。
イヤに小さなベタだな~と思い、よく見ると、クラウンテール!
09apr16124.jpg
 
09apr16125.jpg


 改めて見ると、ダブルテールも居た。
ぼっこりしたのじゃなく、和金のような狭いテールだけど。
こんなド田舎の「○メリ」がショーベタを入荷するのか。

 ショー980円、トラ580円、なんだかね~
去年だって売れなかったのに、なんも考えてないんだなぁ。
 だいたい、この辺の人って、隣近所数件の世界で生きているから、
ベタが熱帯魚であることすら知らない。
こんなとこで売るなら、メダカか金魚くらいにしておいて欲しいわ。


 綺麗な青だな~
クラウンテールはあんま好きじゃないし、水槽一杯、もう無理。
でも、もうすぐヒーターは要らなくなる。

 こんなの予定にしちゃアカンけど、トラは年だから先は長くない。
恐らく秋までは持たない。
 売れないだろうけど、それまで待ってたら、この子は確実に死ぬ。
うーん うーん… ←1分くらいしか迷ってない

お買い上げ~!
 ベタ病進行中…


09apr17027.jpg

 クラウンテールって、カサゴの背びれのような、
骨ほねしたイメージだったんだけど、意外に綺麗!
なんといっても、大好きな綺麗青系なので、トラでも買ってたかも。

 ちなみに、今日もそのホムセンに寄ったが、1匹も減っていないようだった。
隣のベタ同士で威嚇しあい、疲れて無気力になっているように見える。
気の毒だが、全部は飼えない。

 飼った時の画と比べると、既に少し成長している↓
09apr23b059.jpg


 そろそろヒーターも要らなくなる頃なので、
一時的に3分割同居中
09apr24059.jpg

 仕切りは、園芸用ネットだけではやわいため、
全回使った100円のプラ籠の残りを、細くカットして支柱とした。
 両脇をコの字型に切り込んで、市販の吸盤を取り付け、
ネット状の生地を使い、目隠しのカバーを被せる。

 底板は、プラ籠のカットした板を、テグスで強引に縫いつけた。
吸盤を付けたことで、前回作ったものよりは安定している。
これでもやわいが、全くあそびがないと、水槽上端のフレームを通過できない。
09apr24049.jpg

右側の雌と比較して、クラウンはかなり小さい
雌区画に入ってる仕切りは、小競り合いの待避所なので、隙間が開けてある
09apr24040.jpg

09apr24039.jpg


↑右端区画の雌  雄に食いついた時から別居措置
雌どうしで小競り合いはしているが、それなりに平和に暮らしている
09apr17092.jpg

ウーパールーパーみたいな顔してるくせに、性格はピラニア級
09apr17093.jpg


 モス植え付けから20日あまりが経過、
網目から伸びた新芽が三角葉を作り始めた。
ベタのベッドになるにはまだまだだが…

 クラウンアクア追加で、モスマットも追加制作し、各ベタに1個が当たるようになった。
09apr24 041

 上と同時期に作った2個のモスマットは、一向に伸びないため作り直した。
網目の中では日当たりが悪いんだろうと思い、
ピンセットを使い、モスを、一本一本ネットにくぐらせ、表に出るようにしてみたら、
日々、元気になってくるのが判る。
 こちらは、在来のトラとロイヤルの水槽に入れてある。
09apr24053.jpg

置き場所の加減から、こちらは私の定位置脇に。
私がそこに居る限り、この2匹にガン見されている。

09apr24048.jpg

両方ともボーっとした性格 
トラは爺だからともかく、ロイヤルの方は若いのに、
鏡を見せても、フレアリングする気ゼロ
09apr22169.jpg

 前回の新入り部屋
右側の子は鏡に威嚇バリバリなのに、
左の子は鏡を見せても無反応
年齢を重ねると、相手が自分と判るんだろうか?
09apr24058.jpg

 これで、もう少し長生き系なら言うこと無しなんだが。
花のようにサッサと散ってしまう辺り、潔いと言えないこともないが。
このページのトップへ

八重桜

 溜まっていた画を整理して、ようやく本館に載せた。
桜や蝶、ヤマブキソウ、自宅の花でてんこ盛り状態。
春から初夏に掛けて溢れるばかりの彩が、冬にも少しまわって欲しい。


4/23、 山笑う
09apr23a009.jpg

八重桜を見てきた
09apr23a007.jpg

ボリューム感のある花は、日陰を作り、下から撮ると、どアンダー~
09apr23a110.jpg

09apr23a104.jpg

a-09apr23176.jpg

09apr23a149.jpg

a-09apr23133.jpg

a-09apr23135.jpg

イチリンソウ
a-09apr23026.jpg


このページのトップへ

ベタ 三匹増加

 もう半月ほど前になるが、ベタが増えた。
ウチで産んだんじゃない。
 あの慣れ合いカップルは、不意に破綻した。
雄のヒレは、雌に食いちぎられてボロボロだ。
もちろん、急きょ別居となった。
雌、怖ス… 雄、情なス


 「ベタに作れない色は無い」と言われているそうだ。
なんせ、三大原色を持っている。
青色持ちは、大概、紫か白くらいのバージョンしか持たないものなのに、
ベタは赤青黄白持ちだ。

 このテの「色もの」は、全色コンプしたくなるという危険をはらんでいる。
どの色も綺麗なのだ。
シリーズのポイントメイクものを、全パターン揃えたくなるのに似ている。


 しかし、水槽を置く場所には限度がある。
熱帯魚だし、寒地なので、冬季のヒーターは欠かせない。
 奥で綺麗色のベタを見る度、もだえていた。

 モンモンしているうちに、急に気温が上がった。
季節柄、そろそろヒーターも要らなくなる頃だ。
 繁殖用に買い足した水槽のため、
メダカ用小型水槽が一個空いた。

 「なんとかなるさ~!」
と、前回譲って貰った人に、また「クレクレ!」突撃をしたのだ。
 もちろん、お礼はしている。
ベタ系、等身大モデル(?)のヒラヒラモノを。

 そういうことで、新しく来たベタ三匹を…

左 色が出ていないが淡いブルーパール 
右 コレも色が変だが、パールピンク系の体に淡いオレンジ黄色のヒレ
09apr16060.jpg

09apr16067.jpg

右側の子 まだ幼いので小さいが元気がいい
先週、自室に入ると、この子がいなかった。

 水槽には蓋がしてあるし、どこかへ行くわけがない。
探すと、仕切りのカバーに潜り込んでいた。
 普通の魚なら放置でOKだが、ベタは、半分くらいは空気呼吸らしいので、
水上に出られないと溺れてしまうそうだ。

 全く! 優雅な姿に似合わず大ボケな性格だ。
何をしてくれるか判らんから怖い。
09apr16051.jpg

09apr16058.jpg

09apr16044.jpg

左側の子 儚げな姿だが、意外に闘志は強く、
仕切り端から隣を覗いてケンカを売っている
09apr16018.jpg

命名「薪剛(秘密 トップシークレット)」…イヤ、冗談だから
09apr16048.jpg

水中でふわりとヒレが揺らめくさまは、水中花を思わせる
09apr16032.jpg

全てのベタにはまることだが、正面顔は…
09apr160131.jpg

こちらは新入りの雌
体は角度により、薄紫に輝く
09apr16005.jpg

 雄は疲れたのかぼーっとしている。
まあ、ぼーっとしているのは元々だが。
腹ピレなんて、半分くらい食いちぎられてしまった。
 しかし、雌の気持ちも判る。
おとなしい雄の煮え切らない態度にキレたんだろう。

 雄よ、煮え切らないオマエも悪い。
押して押して押しまくれ!!
しかし、あの雌は私みたいな性格だから、どうなるか知らんぞ。
09apr16016.jpg

で、元夫婦水槽を仕切り、雄1、雌2が同居
09apr11beta001.jpg

  逃げ込み区域は作ってあるが、雌2匹というのはビミョー
複数居れば、どちらかが強いからケンカが起きる。
しかも、自分の倍もある雄をボコボコにした前科持ちだ。

 在来の雌は、始終新入りを威嚇して追い回していたが、
新入りは、ちゃんと餌を食べている。
 その後、新入りが在来を威嚇していることもあり、
まあ、どっちもどっちかな…みたいな。

とりあえず、繁殖は暫く考えない方向で。
09apr16012n.jpg
このページのトップへ

桜吹雪 壁紙サイズ

 桜吹雪を撮ってきた。
昨夜の就寝時間午前3時、起床時間午前7時前、朝食抜き、
カフェイン剤飲んで強行軍。
現場待機(というか、見物)5時間。
 
 たっぷり過ぎるほどに幽玄の世界を堪能 
通常以上の高画質に記録メディア不足、バッテリーも不足、画像満タン
…画像加工 …死む
そのうち編集して本館に載せます


桜吹雪 壁紙サイズ 縮小するのが惜しい
クリックで全表示 持ち帰り自由
09apr12sakura3003.jpg


部分トリミングアップ
09apr12sakura3a0012.jpg

09apr12sakura2a099.jpg

花弁は白っぽくて小さい為、ピントを合わせるのが難しい
広角で撮るとさらに小さくなり、飛んでても見えないし

数打ちゃ当たるor適当な目標物を置いてみる
09apr12sakura2070.jpg

 数打って当たったヤツ↓ なんか合成画像みたい 
背後の吹雪が凄いことになっているが、
車を大きく入れた為、露出オーバー気味になってしまったのが惜しい
クリックで全表示↓
09apr12sil_1.jpg

ボーっと落花を待つのも暇なので、得意の映り込みを
 フロントウインドゥ編
09apr12sakura2023.jpg

ボディサイド
09apr12sakura2063.jpg

今年の桜も終わってしまった
このページのトップへ

ディマXG急逝

 一昨日、久々に岐阜市へ出かけた。
未だ治らない足をテーピングで補強、強引にストラップサンダルを履く。
後は、極力、「ドアtoドア」強行軍だ。

途中、ディーラーでオイル交換を済ませ、
カイロプラクティックへ寄り、桜を堪能し、
満足して帰る予定だったのだが…

 往路中、コンデジ、ディマXGが急逝した。
最初、液晶が逝ったのかと思ったが、
レンズカバーが開いてないのに気づいた。
起動すると、一旦カバーが開くものの、すぐに閉じてしまう。

開いた時に掛かる爪か何かが外れたのだろうと思った。
それならば、カバーを何かで止めてしまって使うという手もある。
インナーズーム方式だから、レンズが傷付く率も低い。


だが、強引にカバーを開けると、ピントが合わない。
多分、レンズカバーが開くと、連動してレンズが起動するようになっているのだろう。
このレンズカバーは、タダの蓋ではないというワケだ。
 変に凝った作りが、ありがたいような、ありがたくないような…


 サブ機なので、どうしようもないわけではないのだが、
記録撮りには、こちらの方が機動性がいい為、無いと不便。

 ああ~ 丸一年持たなかったよ…
オク買いの中古とはいえ、傷らしい傷もなく、綺麗なデジだった。
去年の晩秋、電池買ったばかりなのに~~
 がっくり…

08june10x027.jpg

XG最後の画  コブシ街道はコブシが花盛り
09apr07039.jpg

隣市内の桜並木
09apr07006.jpg
このページのトップへ

桜満開 春宵

町内中央部満開(クリックで全表示)
09apr06011.jpg

09apr06034.jpg

またPLフィルターでカットされてるし
09apr06026.jpg

春宵 ソメイと月
09apr06069.jpg

09apr06070.jpg

09apr06080.jpg

オカメザクラと月
09apr06076.jpg
このページのトップへ

ベタ水槽 ヒーター急逝

 昨日のことだ。
干した布団を取り込みに二階へあがり、ついでにベタに餌を与えた。

すぐ浮いてくるはずのベタが、水槽底に沈んでいる。
おかしい! 夜ならともかく真昼である。
何気に水温計を見ると、十度代を指していた。

 はへー?… 水温計壊れた?
朝は普通に餌を食べたし、水温もいつも通りだった。
さっき、布団を干す時、調節ダイヤル付近でも触れたんだろか。
見ると、指示温度はいつも通り。

 水に手を入れてみると冷たい。
ひ~っ! ベタ、死ぬやんか!
 どうみてもヒーターの故障だ。
しかし、ヒーター買ってから半年かそこらなんだが。


 焦りまくって予備のヒーターに交換、
少しの挿し湯をすると、ベタ達が動き始めた。
 まだ春だから良かったけど、真冬なら確実に死んでるな。
しかし、ヒーターって、こんなに短命なもの?

 
復活したベタs
09apr06006.jpg

09apr06008.jpg

09apr06009.jpg

逝ったヒーター 昨秋購入
09apr05005.jpg

もう一組のカップルは、三日に一度のペースで繁殖行為を繰り返しているが、
未だ産卵は成功せず、既に慣れ合い状態になっている。
大したケンカもしないし、餌の取り合いも邪魔もしない。

 ベタって、三日に一度も抱卵するものなのか。
まあ、それを言えば、メダカだって一日置きくらいに産卵しているか。

 普段は無関心で、雌が卵を持つと、互いに関心を持ち、寄りそい、
卵を放出して食べ終わると、翌日泡巣も消え、無関心に戻る
09apr06010.jpg

春は鯉も抱卵期に当たるため、雌鯉の腹からは大きな卵巣が出てくる。
砂糖醤油で煮て食べることもあるが、加熱すると固くなる為、あまり美味しいものではない。
かといって、生食できるようなモノでもないし。
09apr05034.jpg

猫たちも、あまり鯉の卵を好まない
09apr05037.jpg
このページのトップへ

ナイトライダー シーズン1DVD

激しく今さら感過ぎるが、ナイトライダー シーズン1のコンプDVDをゲットした。
「超」がつくほどの投げ売りだったのが、ファンとしては微妙でもある。
 もしかしたら、海○版とか○ピーかも…
とりあえず、一部を試聴してみたが、普通に再生されている。
09apr05004.jpg


 このパック、実は、発売当時、中古を買ったことがあるのだが、
一度見て、即、売りに出してしまった。 
余裕もないし、収集趣味もなし、じっと見ているのも苦手ということで、
はじめから視たら売る積りで買ったものだった。
 そもそも、放映当時にも見てるし。


 それでも「ナイトライダー ベスト二枚組」だけは手元に残したが、
これも、2度くらい見て放置。
 ん~ やっぱり、映像よりも本の方が好きなのかも。
本なら、再生機器類も要らず、好きな時に好きな場所で読めるから。


 で、改めて、シーズン1の内容を見てみると、
「あ~ こんなんだった?」…みたいな
 録画テープは持っていたけど、好きなエピしか見なかったから、
他の「なんかビミョー」みたいなエピは記憶に無いわけだ。


 偏見と独断で選んだ萌えエピ
なんたって初回のコレが一番!「電子スーパーカー誕生」
KITTとマイコーが反発しながら打ち解けていくとこがイイ


毎回のように出てくる、走りながらトレーラーに乗りこむシーン↓
コレを「やってみたい」と思った人は私だけではあるまい。
 走行中ではないが、車検引き取りに来たキャリアカーに、
愛車で(問答無用で)乗りこんだことはある。


あとは、基本的に、KITTがズタポロにされるエピ
不意打ちとはいえ、ジャガーノートにボコボコにされたエピは、正直ビミョン↓

 
 萌えエピ続き
プロトタイプKARR初登場、2台の絡みとラストのKITTショボーン
KARR再登場、兄弟ゲンカ終了
KITTが毒液に放り込まれる
KITTがハックされボディを盗まれる
KITTが記憶を失い、通り掛かった少年に付いていく
マイコーが記憶を失い、KITTに付きまとわれて困惑する
KITTがプログラム替えられてマイコーを襲う1
KITTがプログラム替えられてマイコーを襲う2←これは見てないから見たい

 これらのエピは、
シーズン1から4まで飛び飛びに入ってるんだよねぇ
ベスト版と被ってるし、1話ずつ買えれば無駄が無いんだが。
 
 
 シーズン1には、ナイトファンの間で「黒歴史」と呼ばれ、「無かったこと」にされている
「赤ナイト」が入っている。
実は、最初、コレを見たくて買ったようなものだった。
見たことなかったから。
 見た後は、その考えが360度くらい変わった。

 アレは無いわ~~!
デボンは即死するし、マイコーはヤサグレてるし、中年太りになってるし。

 なにより、前輪駆動の赤ナイト。
あんだけ『マイコー、マイコー…』言っていたKITTが、
「じゃ、元気でな」
『んじゃね』とあっさり別れ、次代ドライバーにホイホイ付いてくラスト…
 ソッコーで「無かったこと」に決定。


 旧ナイトの時は、トランザムが売れまくったらしい。
何を隠そう、私も、一時期、かなり本気でトラ購入を考えたことがある。
(まあ、せいぜい中古だが)

口を開けば「トラトラ」言う私に、社長が現実的な一言。
「オマエ、そんなん買っても、駐車場に入らんぞ」
あっさり納得。

 トラを見たいがために、隣市の外車ショーに行き、
そこに展示されてたトラが、ナイト仕様ではなくてガックリした記憶もある。
 もう、××年も昔のことになるのか…

 
 今思うと、トランザム壊しまくりの旧ナイトは、何気にバブリーな番組だった。
あの当時は、「遠くない未来には、こういう車ができてるいるかも知れない」
そう思わせたKITTは、まさに「ドリームカー」
 その「遠くない未来」とんでもない不況がやってくるとは誰が想像しただろう。

このページのトップへ

ナイト2008 シーズン1終了

 NR2008、17話でシーズン1が終わった。
途中で方向転換するわ、散々煽りまくった揚句のカールエピは削られ、
「打ち切り」とまで噂され…

「アメリカがくしゃみをすると日本が風邪をひく」
 百年に一度と言われる不況、○ォードもアレだから無理もない。

有志が「シーズン2の放映要望にヒマワリの種を送ろう」運動をしていたようだが、
シェルビーコブラは、番組でバカ売れするようなランクじゃなし、
そう思うと、スポンサー側もキツイわな。
 日本放映しなくともいいから、字幕DVDくらい出してれんかな~

 
17話にて、マイコーとKITTが
人質交換に呼び出された場所は、旧ナイトをほうふつさせる解体所


 『マイコー! この世にこんな恐ろしい機械があるなんて!』
なんだっけ? サブサイトル 「ナイト2000をクラッシャーが襲う!」とか
 旧作の日本語サブタイは、それだけで内容が判るような長さだったんで、
ラベルに書き切れず、適当に短縮して書いてた。
結果、タイトル見ても内容が思い出せない。


 シチュを見ただけで、次の災いが予測され、
「おおっ! ここにきて、いよいよKITTがズタボロに!」
と期待すれば、
残念なことに(?)ナイト3000は進化していた。


 旧ナイトって、「自分で考えて動ける」設定のわりには、
ホイホイリフトされて毒液に落とされるし、
クラッシャー台に載せられても逃げないし、
ミサイル撃れたら、もろ当たってやってるし、
ジャガーノートにはボコボコにされてるし、

萌えを誘発しているようにしか見えないシチュが多かった。
KITT、ぼーっとしてないで逃げれよ!!みたいな。
初回のパイロット版は、割と自分で判断していたのに。



kittは寸前でレーザー攻撃。
 ってか、もっと早く対処しちゃダメ?

その前にも、レーザーで敵の目を逸らすとういう技をしていたが、
アレ、指示されてやってたのか、自分の判断なのかどっちだろ。


 内容は、どっかの博士が開発したヤバい薬を(多分、人体強化剤みたいなヤツ)
ヤバい連中に奪われ、双方が取った人質を交換しに行く。
マイコー危ない、KITTが助けてめでたし、これからもチームで行くぞ!みたいな
イヤ、もうKITTが主で、マイコーは助手でもいいだろ、な気もしないこともないが。

マイコー、全回前半で二回くらい死んでるのに、KITTは起動で自動修復。
ビミョー… そりゃ、車がそんな風に修復できたら嬉しいけどさ。



 途中、見られなかったエビもあるんで、確信は無いが、また武器が増えてた
超音波衝撃波?
 だから~ どこにそんだけの装備を積む余裕があるのかと。
あと電源もギモン。でも許すけど。

今回、人質の口を割らせるのはKITTという萌え(?)シチュも…
暗闇に浮かぶスキャナー光が、ちょっとカールを彷彿せる
煽ってあるせいか、ボンネットまでの高さが結構あるように見えた。


最終回サービスか、縦列駐車スタントもあったが、
なんだかな~…な最終回だった。
人気無かったんだね。日本語のDVDは期待できんな。
このページのトップへ

紫色のジレンマ

春先の花は、微妙な色あいの花が多い。
黄色とか白とか薄紅とか薄紫とか…
「普通の色なのに撮り難い色」
白は、飛ぶかグレーになるし。

 しかし、黄色や白は、露出を下げるとか、日を遮れば、まあなんとかなる。
…ような気がする。
アマの趣味なんて、所詮、自己満足の世界ではあるが、
どうせやるなら、できる範囲ででも、なるべく綺麗に撮りたい(造りたい)
 
 人の好みや感覚は、皆、それぞれなのだから、
私が思い描く「ソレ」と他人の「ソレ」は、必らずしも同じわけではない。


 花撮りの一番のジレンマは、やはり紫系かな。
フィルムカメラの頃は、再現された色がどうの、なんて考えなかった。
 青紫色の代名詞でもあるラベンダーの花も、
普通に青紫に撮れていたし、それが普通だと思っていた。
 デジは、記憶が薄れる前に見られるからこそ、余計に気になるのかも知れない。

まあ、これらは自分の為の画だから、色味が違っても、さしてどうということもない。
問題は、他人への資料になるモノで、
その辺で拾ったような編集ソフトで調整しても無理がある。
 とはいえ、REW撮り編集なんて、ファイルが大きすぎて面倒臭い。
デジタル化でやり取りが簡単になっても、色を正確に他人に伝えるのは難しい。



 愛機でスミレを撮ると、実物よりもかなり青味が強くなる。
プログラム、露出はオート 
DAY(昼光)に合わせても、色味はほぼこんな感じ
09apr03026a.jpg

 先代のディマ7で撮った画は、そこそこ出ているような感じ。
CCDの読みだし方式が違うので、違って当然ではあるのだが、
 やっぱり、この機は緑被りなんだろうか。
コバルト系の青がアクアブルーぽくなるし。


 以前、どこかのサイトで、
「デジは、紫色が青に傾きやすいから、夕暮れモードで撮ると紫味がでやすい」
という話を読み、時々やってみるのだが、確かに、紫色はそこそこ再現できる。

 だが、こうして↓背景まで赤みが強くなる。
夕暮れモードで撮影
09apr03028a.jpg


 ムラサキハナナの色、コバルトバイオレットライト、これも本来の色味が出にくい。
(色名は、手持ちの水彩絵具、ホルペイン社の絵の具から )
コバルト系の色は、青でも紫でも、ひときわ鮮やかだ。

 一般的に、絵の具は、鮮やかな色ほど有毒性の高いものを含んでいる。
(鮮やかな色ほど高価で、アースカラーは安価だ)
「カドミウムなんちゃら」とかつけば、カドミウムが入っているし、
「コバルトなんちゃら」とつくものは、コバルトが入っている。
 
 有毒でないモノからできた絵の具もあるようだが、
私は花描きなので、綺麗な色を優先する。
 …なんて、現役のようなことを書いているが、長らく描いてない。
描いても、以前のような色が出せなくなってしまった。

 
 どうかすると「描きたい」波が来るので、とりあえず資料は集める感。
「描きたいから描く」のと「画を描こうとして描く」ってなんか違うんだよね。


ムラサキハナナ 実物はこれほど↓青くない
昼光モードで
09apr03062a.jpg


スノーフレーク
09apr03059.jpg

09apr03061.jpg
 
スノーフレーク全体図
09apr03060.jpg

ウチのモクレン
09apr03053.jpg

山のタムシバ
09apr03047.jpg

暖かさに桜の開花が進む 思いっきり逆光でアンダー
09apr03010a.jpg
このページのトップへ

ベタカップル復縁?

 先日、(3/30)近所のホムセンで、ワンサイズ大きい水槽を買った。
レジの小母さんが「水槽、いくつか在るんじゃ?この前も買ったばかりだし」
イエ、もう、激しくその通り…

水槽セット「金魚のお部屋」
mar30048.jpg

 前日の水替え時、水槽の組み合わせを戻すと、
(それまでは、ロイヤルブルーと雌が同じ水槽に入ってた)
目隠し越しに互いを見つめあい、雄は泡巣モリモリ。

 見合いとかメンドクサイから、雌の隠れるスペースを見て、
ワンサイズ上の水槽に投入することにした。
水量半分くらいなのに、やっぱ、重い!!
 
だいたい、自身の足もアカンってのにさ、水槽持って階段上下はありえん。
水替え時はバケツ使おう。

「二度目だから、もう見合いなんぞ要らんだろう」、と、いきなり混泳してみた。
今のところ、生死にかかわるようなヤバイ雰囲気はなく、
二匹はビミョーな距離をとっている。

mar30069.jpg

雌の腹は卵満タン
mar30089.jpg

mar30085.jpg

mar30053.jpg

mar30051.jpg

mar30052.jpg

雄がおとなしいのか、雌がイケイケ(←死語だし)なのか
mar30084.jpg

mar30057.jpg

 う~ん… 仲がイイのか悪いのか… 
乱闘にまでは行かないし、両方とも餌にありついている。
mar30055.jpg


その翌日、泡巣が一杯。
mar30x018.jpg


二匹が寄り添って泳いでいた。
よし、今度こそイケるかも!
mar31014.jpg

仲はいい。 難しいと言われる相性はOKと思う。
mar31009.jpg

やっぱり、水中でモノを掴むのは難しそうだ。
mar31011.jpg

mar31020.jpg


何度か巻けたのだが、産卵までには至らず…
mar31021.jpg
 
翌日、泡巣は半分以上が消え、雌の腹は凹み、卵はどこにもなかった。
どうやら、また二匹で食べてしまったようだ。

 結局、今回も失敗に終わったが、出したり入れたりするのも面倒なので、
そのまま二匹で混泳させているが、大きなもめ事は無い。
「愛」の反対は、「嫌い」ではなく「無関心」だという。
 
 言えてるね。
どんな相手でも、眼中にないなら、ワザワザ覗かないもんね。 
嫌いでもなんでも、覗いてる時点で気になってるんだよ。
09apr03004.jpg
このページのトップへ

ウィローモス

 モスを植えた。
某バーガー店のことではない。
アクア系で、モスと言えば、ウィローモスのことだ。
瓶入りの観賞魚などに入ってる、緑の細い紐のような水草。

 一応、水草ではあるんだが、正式にはコケ類の仲間らしい。
ショップのものは外国産らしいが、一応、和産もあるらしい。
 山の湿地などに、よく似たモノが生えてるのだが、アレとは別物なのだろうか。
俗名「ミズゴケ」ってヤツ。

 金魚藻とも呼ばれる「マツモ」みたく水草っぽいモノではないが、
ちゃんと生育すれば、いい感じになる。
…と最近知った。
それまでは、店でモスを見ても、「なんだコケか…

 去年買った水草「ミクロソリューム」というヤツは、
次々と子株を出す割には成長せず、
揚句、茶ゴケが付いてボロボロになっておしまい。
その前買った「アナカリス」は腐って散った。
 
水草って、エアレーションしてないと無理なのかな。
しかし、本来の目的は、ベタが隠れたり休んだりするモノとして入れてるのだ。
 ベタ>>>水草

 造り物の水草でもいいんだが、茶ゴケがついて洗ううち、
じきボロボロになってしまう。
水中使用でなければ、アートフラワーの材料で、それらしいものを造ることもできるんだが。


 タマタマ、ショップで見かけたカップ入りのモスを買ったのが二月初め頃。
モスが活着するのは、表面がざらざらしているものに限られる。
 一般的には流木らしいが、「なんで?」みたいな値がついている。
川へ流木を探しに行くと、メートル単位の大型ばかり。
「帯に短し、襷に長し」なんてもんじゃない。


 土地柄、石といえば、デコボコの無い砂岩系ばかり。
オクに溶岩出てるけど、何キロ単位なんて要らん。
 そこそこ見栄えが良く、デコボコしているもの…
 
 菊目系の珊瑚(の骨格)ならどうだろう?
なにより自然物だし。
 もちろん、近所に南国の海などない。
その後、某オクに出ていた小さい珊瑚を買い、モスを木綿糸で縛り付けた。

mar20017.jpg
 

 丸一月が経過、モスは一向に活着する様子はない。
それどころか、だんだん腐っていっている。
 どうも、珊瑚自体、ベタによくないらしい。
「らしい」ばかりなのは、売り手と買い手は利害関係にあるゆえ、
真実が出にくいのだと思う。
 

 その後、「南米モス」というのを買った。
水苔とは思えないような綺麗な羽状葉で、色も鮮やかだ。
「珊瑚は、水をアルカリ性に傾ける」というので、この期に取り払う。
 
 
 ネットで見た「園芸用の鉢底ネットを使ったモスマットの作り方」を試してみた。
「石を並べた上に、カットしたモスを並べ、鉢底ネットでサンドして固定する」
という方法だ。
 モスは、成長しながら、網目から芽を出して伸びるわけだ。

↓モスマット
余ったモスは、予備として、カットしないまま、石に括りつけて水槽へ。
mar27a063.jpg

 その翌日、見るからに無理やりくっつけた、
ホットサンドのような仕上がりが気に入らないので、
ネットに厚み部分を足し、モスマットを作りなおした。
mar29029.jpg
 
厚み分のマチを作ったことで、安定性も良くなった。
ネットを剥ぎ合わせるのは、ビーズアクセに使っていたテグスを使用。

 もう一歩踏み込んで、鉢底ネットを上下の箱状に仕上げれば、
ダメだった時、簡単に作り直せる、と思いついたのは翌日のこと。
流石に、三回も作り直す気力は無い。
mar29030.jpg

 今回「表面がデコボコ」という条件に合うものとして
ろ過用にいいと唄われている「麦飯石(ばくはんせき)」を土台にした。
 一時期流行ったアレだ。
花崗岩の目の細かいタイプ。

 この手のモノの効用は、「在って無い程度=毒にも薬にもならない」
と思っていたのだが、麦飯石もアルカリに傾ける性質があるとかないとか。
 ただの石なのにな~ しかも魚用前提の。

 暫く様子を見て、悪そうなら、また考えよう。
量が知れてるから、そこまでの影響は無い、と思いたい。

mar29018.jpg
このページのトップへ

アナ撮り

 昨日の来院でアナの年を実感、ふと思いつき、アナを撮ることにした
「節目」ってヤツだ。
 ワンコは、人からすると、四倍速で生きて、
アレっ?と思った頃には逝ってしまう。

 嵐のような喪失感が過ぎ、写真を見るような余裕が出来て気付く。
長年一緒に暮らした割に「コレ」というものが無いのだ。
 人の記憶なんぞ、実にあやふやなものだ。
僅か三日も過ぎれば、毎日抱いてたワンコが、
どのくらいの重さだったか、どのくらいの大きさだったかすらも、曖昧なものとなってしまう。


 まあね、写真なんて、何万枚あっても、所詮、写真でしかないわけで。
「無いよりゃマシ」程度?
記憶の中で、想い出は都合よく美化され
「死んだ人(過去の思い出)には勝てない」となるワケだ。
 私の中にも、そんな「唯一」の人が居たりもして、
桜の花を見る度、反芻する記憶に磨きが掛かっていく。


 近年、アナは、若い頃のように目線をくれない。
ジャーキーで吊っても、ワンコ友の名前を出しても、完全にそっぽ向き

昔撮ってた頃は、アナが常に私の方ばかり向くため、
何枚撮っても、全部、正面顔ばかりだったのに、ナニがそんなにイヤなん?

一応こっちを向いてはいるが、耳を引き、イヤそう
09apr02a063.jpg

09apr02a065.jpg

だ~か~ら~…
なんで、そうやって視線を外すんだよ!
09apr02064.jpg

09apr02a047.jpg

撮影地は、近所のタンポポ咲く荒れ地
09apr02a055.jpg
このページのトップへ

桜 オカメザクラ ソメイヨシノ

 ネットで買った服地が、このところ、大外れが続き、イタ過ぎる。
そもそも、生地なんて、色柄だけではなく、風合いも大事だ。

 過去にも何度も外しているのに、ピンク系なんて論外なのに、
怖いもの見たさみたいな感じも含め、ついやってしまった。
 思い切り外した…orz
生地を見てあれこれ考えるのは好きだが、この生地、どないしよう?


 &、目を付けてた綺麗色のベタのオクが、ふと気付くと終わっていた。
キャッシュを辿ると、ひとつは入札1で終了、もうひとつは入札0。
あの、綺麗なスミレ色の子が、ライバル無しで買えたかも知れんとは…
 ああ~~!!  なんてバッタイミング!!
私の人生の省略を見るようだ。

 凹みの反動か、この前ショップで見かけた、
スミレ色のセキセイインコが脳内をチラチラしている。
↑綺麗色なら、花でも魚でも鳥でもなんでもいいアホ


春とは思えないような、クソ寒い風の中、ソメイが咲き始めた。
残りは本館で
09apr02034.jpg

オカメザクラの彼方に三日月が浮かぶ(クリックで全表示)
09apr02a016.jpg
このページのトップへ

狂犬病予防注射

 春は色んな節目の時期だ。
しかし、社会の節目は、なぜ、1月じゃなくて4月なんだろう?
子供の頃から釈然としなかったが、大人になっても未だにギモンだ。


 春と言えば、狂犬病予防注射の季節でもある。
今さらやらなくても、もう日本では何十年も発生報告は無いハズ。
 とか言っててもしょうがないんで、一応、注射には行く。

各地区には注射の出前が来るが、1か所の時間が短い為、
忘れていたり、雨が降ってたりと、中々思うように行かない。
 期間中は、どこかで回催しているので、そこへ出向いて受けたり。

 ついでがある時は病院まで行くんだが、
掛かり付けの病院の先生が注射出前に出る為、
該当期間は、病院に先生が居ないワケだ。
 ちなみに、周辺50k以内に他の病院は無い。
  
 
 アナの足は相変わらず良くない。
(私の足もちっとも治らん!←動きまわるから)
尻には脂肪腫っぽいものもできている。
 アナも、先代ジュリアがリンパ腫を発症したのと同い年か…
犬は、あっと言う間に飼い主の年を追い越して、逝ってしまう。
いい機会だし、注射に行くついでに診て貰おう。

 
 それと、かなりどうでもいいことだが、
どうせなら、一番の鑑札が欲しいじゃないか!
 地域の出前注射が始まる前に注射に行けば、一番が取れることがある。
そんなことを考えてなかった頃、一番の札を貰い、妙に感動したことがある。

 取れたところで、引き出しに放り込むだけなのだが、
桁数の多いランダムな数字のを貰うより、キモチはいい。
それだけだ。
 関係無いが、車のナンバーは、ランダムな4桁の方が他人から憶えられなくていい。
自分も憶えられない、という副作用ももれなく付いてくるが。


 犬の注射話に戻る。
以後、何度か一番取りにトライしているのだが、4月1日に行っても、既に二桁代。
田舎の爺婆、どんだけ早く病院いってるんだよ!
開院時間に並んでるのか?
 犬1頭に夫婦が付いてきたり、家族全員が付いてくるのは田舎だけ?


 かくして、今年も二桁代、14番也…
こんな曇天に、体調もいまいちなのに、根性で行ったのに。
ぶーぶー…


 知らなかったが、注射は、3月に入れば、今年度のモノとして登録できるものらしい。
(鑑札が来るのは4月になってから)。
多分、既に注射したワンコの分は保守してあるんだろうけど、なんか釈然としない。


 プチショックなオマケがひとつ。
先生が行った隙にアナをどけ、診察台に乗って自分の体重を計ると、
予想外にデブってて、がーん…
 昨日作った焼きプリン、納得のいく「ふわとろ配合」が出来たのに、
食っちゃダメですか?

ふわとろプリン配合
卵黄 Mサイズ 5コ分 (多少の白身も入っているが)
牛乳 650cc 甘味は好みで
焼き温度 130度で40分
 さあ、君もデブの仲間になりたまへ!



隣町入口に咲く早咲き種桜
09apr1006.jpg

病院 冬季はなるべく近寄りたくない場所だ
下に車を置いて行くにしても、どっち側から行ってもほぼ同じ距離という…
09apr01005.jpg

アナ、「足が悪いのはデブ過ぎだから」…だってさ?
09apr01006.jpg

雨上がりのネモフィラの花
09apr01114.jpg

ハナニラ
09apr01123.jpg

前回植え替えたナツツバキは、やはり死亡しているもよう
左側に新入りが植えてあるのだが、枝が細すぎて見えないし
09apr109.jpg


09apr1107.jpg
新入り↑は芽が動いているけど、植え替えた木は↓芽が動いていない
09apr108.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する