Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

散々な日

 夜半の荒れる様子に積雪を覚悟したが、雪は無かった。

このところ、夕方から未明に掛け、どうにもこうにもならない気持ちが続き、
明け方まで起きてて薬で落ちる日々を送っていた。
「いた」と書いても、多分、進行形だ。

昨夜も…イヤ、今朝もそのパターンだったのだが、
激しい悪夢を見てしまい、起きた後の絶望的と言ったら、
それこそ、言葉にもならない。
「寝覚めが悪い」なんてもんじゃない。

 ちなみに、「悪夢」の内容は、結婚生活のワンシーン、
ルーズな(元)夫に詰め寄り、いつもの、のれんに手押しな態度に、
激怒、絶望する…というもの。
 もうン年も経っているのに、我ながら、どんだけ夫が嫌いだったんだよ!と突っ込んでみる。

某有名「言葉にできない」

 
 そして、階下へ降りると、現実の厄介事が起きていた。
幸い、私には影響が無かったが、激しく疲れた。
(書きかけたがやめた)
 ああメンドクサ。 
吸血鬼のように、ざーっとチリになってしまえばいいのにさ。

 
 さあ、また新年がやってくる。
めでたいらしいが、私には、「生きたい」って人の価値観は判らん。
年寄りになればなるほど命が惜しいのか?
長生きしてる人見てても、全然羨ましくないんだが。

過去には「癌じゃね?」宣告も受けたが、「ラッキー!」でしかなかった。
メシなんてどうでもいいし、ってか、顎関節症進行して食うのも面倒。
  
男に「一緒に死んでくれ!」言われて首絞められた時は、
「私は一人で死にたいから、オメーは勝手に死ねよ」としか思わなかったし、
別人に「俺の子供を産んでくれ」言われた時は、
「絶対イヤ!! 死んでもイヤ!」と断言したことも。

人間の三大欲全滅って、やっぱ、私、基本的なところが壊れてるんかな。
「バカは死んでも治らない」言うしねぇ…
 
 新年明けたが、神社参りへ行く車は少ないな~
静かで嬉しい。(鼠は煩いが)


雪雲の広がる空
08dece31001.jpg

08dece31002.jpg

咲きかけた椿が寒気で焼けた
08dece31003.jpg

バラは、やはり咲けずじまい
08dece31006.jpg

芝桜はポツポツ咲いている
08dece31004.jpg

08dece31005.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

対 ネズミーランド

 連日の鼠にムカつき、殺鼠剤を買ってきた。
ウチのように、そこらじゅう食い物だらけの家で、どの程度の効果があるのかは怪しいが、
何もしないよりはマシである。

「何も」どころか、小屋には接着シートが仕掛けてあるし、
自室と隣室には鼠取り籠が仕掛けてあるんだが、効果無し。

過去には、接着シートに、犬とネコが掛かり、後始末に往生したものだ。


 数日前の夜など、私がこうしてPCっているのに、
数十センチ離れた小物入れの上に尻尾が垂れたきた。
思わず尻尾を掴もうとしたが、頭がぶら~んときて食いつかれてはイヤ過ぎる。

 で、毒という最終手段に出たのだ。

08dece30001.jpg

 しかし、仮にも毒である。
こんな簡単に、身元照会も判子も無しに買えていいんだろうか?
 不況の折り、自分で使おうと考えるヤツだっているだろう。
入浴剤の「○トー○ップ」ですら、○殺幇助どうのこうので、会社が潰れてしまったというのに。


 で、成分のワルファリンというヤツをググってみた。
ワルファリンは普通に医薬品らしい。
「ワルファリンは、ビタミンKの作用に拮抗することによりこれらの生合成を抑制し、その結果として血液の凝固を妨げる。」


 なるほど、「少量なら薬、多量なら毒」の典型か。
毒系は即死と思っていたが、一定期間続けないと効果が無いようだ。


小学生の頃読んだ本に、「孤島の野犬」とかいうのがあった。

 成り行きで野犬を馴らして飼い始めた男は、犬と幸せな生活を送っていた。
ある日、村の家畜が連続して襲われ、村人は、元野犬が犯人と推測し、
飼い主に、毒で殺すように求める。
 
 犬は犯人ではなかった。
犬を信頼する男は、必死に庇ったのだが、迫る村人に負け、
犬に、毒を仕込んだ鶏を与えるしかなかった。
 毒は、強烈なストリキニーネ、狐などを殺すのに使ったものらしい。

 なんとかして犬を助けたかった男は、犬の顔の前で手を振った。
「食うなよ」という積りだった。
 飼い主以外には馴れなかった犬は、男の背後の人々に警戒し、
中々口を付けなかったが、鶏肉の誘惑に負け、肉を舐めた…

 犬は、毒の刺激に、反射的に駆けだしたが、その足取りはよろめいていた。
男はどうすることもできず、その後ろ姿を見送った。

 そののち、男は、出先で犬に会ったが、犬は知らん顔をして遠ざかっていった。
あまりにツンな態度に、他人のそら似かも知れないと思いつつ、生きていてくれてよかった。
…みたいな話。

 ウチの初代シェルティは、拾い食いで服毒死したが、
その毒がどこにあったものかは判らないままだ。

 自分にならともかく、生き物に故意に毒を食わせたくないなぁ…
このページのトップへ

北極と常夏

 昨夜、掲示板をうろついてたら、北日本の荒れは半端じゃないらしい。
苫小牧からの船が、沖で停泊したまま、動くに動けないようだ。
「十秒に一度の無重力状態(上下動)一分に一回の着弾衝撃(波が当たる音)」
 って、経験してみたいような、したくないような。

 …イヤ、ちょっと経験したみたいかも知れん。
極限状態に置かれたら、自分の本心が判るかも。
(判れば判ったでマズイ場合もあるが)

 
 この地方はよく晴れ(この時期にしては)気温も高い。
しかし、この暖かさも、今日までらしい。
積雪すると暫く動けないので、いつもの「近所をふらりドライブ」を町外にしてみた。


 隣市の花屋は、年末とは思えない華やかで、常夏気分が味わえる。
数が半端じゃないだけに、微香性の花でも香が判る。
吹き曝しなので、今日のような日ならいいが、寒い日にはコート無しでは居られない。
08dece29001.jpg

 反対側から
ロウバイが欲しかったのだが、入荷無しだった。
少し離れたホムセンにはあったのだが、予算と積載容量を超えていたのでスルー。
08dece29003.jpg

フキタンポポというか、一応、フクジュソウとして売ってるんかな
08dece29002.jpg

ガーデン系シクラメン?
小型のヤツだが、数が半端ない。
08dece29004.jpg

こちらは プリムラマラコイデス 手前はハボタン
花の無い季節は、店内をうろつくだけでも十分。
08dece29005.jpg

 凍結が心配なので、ソッコー帰路につく。
ルームミラーに、ほんのりと焼けた空が映っていた。
この辺は平野部だから、明日もそこそこの天気なんだろう。

 山間部に入り、ヘッドライトを点ける頃、「凍結注意」の標識にビビる。
だが、表示板の気温は5度もあった。
やれやれ、こんだけあれば凍結の心配は無い。
08dece29006.jpg


 出先の隣市は、車や電化製品関連工場で働く外国人率が多い。
付近の某スーパーなどの客は、日本人より外人が多いんじゃないかと思うほど。
 なんせ、市の人口の1割くらいも居るのだ。

 それが、急激な不況で、路頭に迷う外国人失業者が激増した。
「貧乏」どころか、「今日の飯にも困る」状況になってしまったワケだ。
 数日前、市の呼びかけで、市民から物資の寄付会があり、
この年末に配られるのだそうだが、どう考えても「焼け石に水」である。
 仮に、三日分の食料があっても、その先が無ければね…
 
 隣の名古屋市でも、車関連で契約打ち切りになる派遣が増え、
急きょ、年越し用の施設を用意したそうだが、
ホームレスになるのが数日先になっただけじゃんか。
この寒空に、ホームレスなんて出来る?
 私、一日も無理!! ○○○ほうがマシ。

 年末を迎え、厳しいニュースばかりの東海地方だ。
いっそ、保健所の犬猫処分場みたいなところを作ってほしい、
と思うのは私だけではあるまい。
 減産による操業短縮で、正月休みが増えた会社もあるらしいが、
そんな不安な休みなんて、いくらあっても、全然ありがたくないよな。
このページのトップへ

ちょっと雪

 ちょっと積もったけど、じきに消えた。
やれやれ…
 でも、雪の降る日は、あまり冷え込まないから楽だ。

日陰と日向の差が激しい。
真冬でも咲く花、俗名「フユシラズ」
こんなに自生していたら、全くありがたみがない。
08dece28001.jpg

08dece28002.jpg

雪雲は消えないけど、
08dece28003.jpg

日向では猫が陽を浴びている。
08dece28004.jpg

兄弟と遊んでいたチビが、通り掛かった私を目ざとく見つけた
08dece28005.jpg

ソク、視線ロックオン
08dece28006.jpg

兄弟よりも人間がいいらしい。
即選択されるのも、ありがたいような、ありがたくないような…
08dece28007.jpg
このページのトップへ

寒いっ!

 水回りの様子からすると、昨日より遥かに冷えこんだようだが、
風が無いので、体感的には昨日ほど寒くない…ような気がする。
08dece27004.jpg

微かに緑を残していた野も、一斉に枯れ草色になった。
08dece27011.jpg

ここは一応日向だが、睡蓮鉢の氷は、午後3時を過ぎてもこのとおり。
さらに寒さが増したら、氷の膨張で鉢が割れるかも知れん。
08dece27003.jpg

08dece27001.jpg



時期外れに咲きかけていたシキビの花だが、咲く寸前になり、寒波に負けた。
08dece27009.jpg

 同じく、頑張っていたヒマラヤユキノシタだが、
根性だけでは生きられなかったもよう。
08dece27005.jpg

御苦労だった。 来春咲き直せや。
08dece27006.jpg

一昨年挿し木した「匂いツツジ」 
今年の花芽はひとつだったが、今期は5個の花芽が付いている
08dece27007.jpg

 花の咲く木はいいね。 
花芽は、来季への希望が形になったものだから。
 
 自然愛好家の中で「樹木葬」ってのがトレンド(←死語だし)らしい。
与えられた一画を使い、好きな花木を墓標代わりにしてくれるんだと。
 来世は要らんが、春に花が咲く木になれたらいいな。
08dece27008.jpg


まる1日姿を見せなかった「デブ」は、何事も無かったように帰ってきた。
特に腹をすかせているふうも無し、どこで餌食っていたんだか。
08dece27012.jpg

 しかし、デブ過ぎる。
猫小屋ツブれるやんけ!
子猫と居ると、ライオンとネコのようだ。←言い過ぎ

体重があるぶん踏ん張りが利くらしく、あの動きの悪い玄関戸を平気で開けてしまう。
猫達も、仲間のしぐさを見て覚えるようで、
昨日、白ネコが玄関を開けようとしていたが、体重不足で全く開かなかった。
08dece27014.jpg

子猫も、いつまでも子猫ではない。
お前ら、どんだけ食うんや!
どっかへ散らばってくれ。
 
居るなら、鼠捕ってくれ~~!
昼間から、屋根裏でどたばたネズミーランド家に、神経衰弱になりそうなんだから。
08dece27013.jpg
このページのトップへ

年末寒波

 雪雲の浮かぶ空、時折、チラチラと雪が舞い降りる。
どこに居ても寒い!!
使い捨てカイロの温かみが感じられん!!
 
 ここらは積雪こそ免れたようだが、一つ向こうの山は雪景色。
寒気バリバリ、洗濯物なんぞ乾くわきゃない。
 
08dece26002.jpg


08dece260002.jpg


 午後3時頃だが、気温はこんなん↓
マジで、冷蔵庫の中の方が暖かい。

既に年末休暇に入った会社もあるのか、やけに車の量が多い。
道路上には、トラックが運んできた雪塊が溶けることなく点在している。
08dece26006.jpg

 唯一の彩は、紅い実を付けた木々
08dece26003.jpg

08dece26004.jpg


 17:09 薄闇の中、宵の明星が輝き始めた。
冬至を過ぎ、ホンの少しだけ、陽が長くなったような気がする。
08dece26013.jpg
 
08dece26015.jpg

08dece26021.jpg

 星は、しきりに瞬いている。
今夜の寒さは格別らしい。
 何もかも凍てつきそうだ。
08dece26028.jpg


このページのトップへ

冬の名物 焼き猫

 年末寒気襲来中。
明日の予報は雪、カンベンしてくれ~~

 
 半野良の猫たちは、焚火があると、傍で暖をとっている。
08dece25002.jpg


ふと見ると、コミケが焼けていた。
08dece25005.jpg

こうしているウチに、ついピッタリ寄せてしまったんだろうと思われる。
08dece25003.jpg


天然繊維は、化繊と違い、一気に火が回ることはない。
火に近づいてもじりじり焦げるだけので、本人も気づかなかったんだろうが、
あまりに注意力無さ過ぎでは?
08dece25004.jpg

08dece25007.jpg

 そして、次の焼き猫候補が集う。
ここは、焼けても気づかないくらいに寒いんだよ~~~!!
08dece25008.jpg
このページのトップへ

全ての生命は…

  飯島愛さん死亡 不可思議な言動…マンション住民目撃

 唐突だが、↑のニュースに基づいての話だ。
これ、ブログを見てもフツーに○殺でそ。
 ヤる人は、こんな感じに、一見普通に生活しているような文か、
逆に、「ヤるヤる」書いてて、フェードアウトのち有言実行するか、どっちか。
 どっちにも遭遇したが、前者とは交流してみたかった。


 飯島さん、年齢もアレだし、多分、自分の人生振り返ってしまったんだろね。
がむしゃらに頑張ってきて、ふと振り返り、自分のきた道を見てしまう。
 で、急に何もかも虚しくなる…ってパターン。

 ま、いいんじゃないの。
太く短く、桜のようにパッと咲いてパッと散る…ってね。
ある意味、私の理想に近い。
 人生、長ければいいってモンじゃないんだから、
傍から見て「早死に」とか言えるもんじゃない。
 

「全ての生命は 最後は死ぬ運命なのですよね」
某新番組、父親を亡くした(かもしれない)ばかりの主人公に、トンデモ改造の車に搭載された人工知能のセリフだ。


 まあね、確かにそうなんだけど、実もふたもない辺りがなんとも。
(でもそこが好き)
生き物は、生まれた瞬間から死に向かっているんだから。

 私も、いい加減、生きてるのに疲れたぞ~~~~!!!
パンピーだけど、色々色々色々あったんだ~!


 この数年の、ぼんやりした夢の中のようなモノクロの時間の中、
心残りがあるとしたら、も一回、広い大地を旅することくらいか。
 それには、もう、体力も金も無く、肝心の相棒の愛車はガタガタだ。
逆に、やれるうちにやっておいたのは良かったとも思う。

ドラマそのものはともかく、一番心に残ったのは、
車が広大な大地を駆け抜けるシーンだった。


 もう数日で今年も終わりか…
賀状は絶対書かないかんね!!
このページのトップへ

猫枕

遅ればせながら、本館に冬枯れの景色を載せた

 昨夜の嵐は激しく、猫小屋の一つは吹っ飛び、床上浸水となっていた。
中の座布団もびしょ濡れ、洗濯しても、こんな天気では乾くハズも無く…
デブが一緒に吹っ飛ばされたのか、今日は一回も姿を見せなかった。

冬の定番
犬は激しく無神経、猫は迷惑 (クリックで全表示)
08dece22019.jpg

08dece22023.jpg

体重13kの犬に座布団にされたり、枕にされたりと、猫も楽じゃない。
この後、白チビは、コタツを抜け出し避難していった。
08dece22026.jpg

カロライナジャスミンだけは元気だ
08dece22016.jpg
このページのトップへ

ネズミーランド

 前夜、(12/19)隣の部屋で、ゴソゴソカリカリと物音がしていた。
また鼠かよ…

 翌日、自室の掃除をしていたら、ドングリの入れ物が引っくりかえっている。
見ると、ドングリが半分以下になっていた。
ああ、昨夜の「カリカリ」はこいつを食っていたのか!

ドングリは、リース素材用にオク出品しているヤツだ。
売れないだろうが、万一の為、焦って、出品削除措置を取ろうとしたら、
出品ページが無い。
 アレ? ンなバカな!

…思い出した!
火狐で出品していたら、エラーが出て、後回しにしてそのままだったんだ。
ああ、メンドクサ…
やっば、個人で、別ID同時出品なんてやるべきじゃない。


 で、その後に気付いたんだが、鼠のヤツ、
シクラメンの蕾まで齧っていったもよう。
↓黄色→
08dece20034m.jpg

 芋とか野菜とかあるだろ!
花の蕾やら球根やら食うなよ!!

毎冬、自室の花がなにがしかの被害を受けてるなぁ…


 暮も間近、線路際のアザミは頑張っていたが、命の灯が消えかけている。
08dece20009.jpg

 ニオイバンマツリの大きい方は、ポツポツと花を付けている。
収容したクレオメは(奥側)霜には当てていないが、
寒さに勝てないようで、葉が萎れてきている。
08dece20028.jpg

 やっぱり、初夏の花は初夏しか無理なんだな。
08dece20029.jpg


 数日前に壊れた水槽が、小屋前に置いてあった。
父が数匹の金魚とか飼ってる水槽だ。
飼っても、世話や水槽の保守をしないんで、次々とメンバーが変わる。
 あの人は、花を採ってきても、欲で採るだけなので、枯れるだけである。
だったら飼わなきゃいいのに。

 その、壊れた水槽の中に猫が居た。
08dece20023.jpg

お前ら、楽しいか?
08dece20022.jpg

 こんなに居ても、鼠を取るような愁傷なヤツは居ない。
誰か持って行ってくれ~!!
08dece20021.jpg
このページのトップへ

背中が

腕から肩から腰まで筋肉痛バリバリだ~~!!!
現在貼っている湿布は6枚!

死んどる…

しかし、今のを早く仕上げないと。
このページのトップへ

(片思いの)ライバル

 昨日(12/14)例によって、アナがライバルに挑んでいた。
08dece14013.jpg

腰が引けている↓
08dece14014.jpg

こっちを見ても知らん罠
08dece14015.jpg


08dece14017.jpg

列車相手に視線を逸らしてみてもしょうがないじゃん
08dece14018.jpg

で、列車が通り過ぎた後で威嚇(?)吠え
08dece14019.jpg

変なワンコ
08dece14020.jpg


台所の一角で、押しかけ猫のキジトラチビが寝ている
押しかけ猫も、残念ながら、昼間のパートがせいぜいだが。
08dece14025n.jpg


コタツの縁では、二頭が寄り添うように…
イヤ、茶チビが白チビを踏みつぶすように寝ていた
08dece14027.jpg
このページのトップへ

超短日

 12/14、とりあえず天気は良かった
08dece14028.jpg

08dece14023.jpg

上昇気流に乗って舞う鳶
08dece14034.jpg

妙なものがあると思えば、シュウメイギクの種だった
08dece14033.jpg


14:28 陽が沈む
08dece14030.jpg

列車の背後の山には、まだ残照があるが、山間部の日暮れは実に速い
08dece14038.jpg
このページのトップへ

師走

 12月になったと思えば、もう残りは半月余り。
寝ているうちに時が過ぎているんじゃないか?というほどで、
ちっとも予定が進まない。

 年末正月用に、ドレスでも作ってオクる積りでいたんだが…
リアル店舗では、もう冬物セール過ぎてる時期だもんね。
 製図から裁断、縫製、
果ては撮影からアップロードまで一人でやるなんて、どんだけ兼用だよ。
その結果が報われればともかく、儲けらしい儲けも無しとはこれいかに。


 この暖かさも今日でキリらしい
08dece13001.jpg

 猫達も日向で伸びている
08dece13002.jpg


昨日、外でベタ撮りをしていたら、
08dece12008.jpg

すぐにストーカーがやってきた
08dece12046.jpg

 小柄で黒っぽくい体の子猫は、すばしこい為、
家人が戸を開けた瞬間に入り込み、さり気に隅で寝ていたりする要領の良さだ。
昼間のみだが、立派な(?)押しかけ猫である。
最初の頃は、一番臆病で、ろくに顔も見せなかったのに。

 しかし、同腹の兄弟猫でも、これだけ性格が違うものだろうか?
猫は、同時に複数の雄の子を宿せるらしいから、
同腹であっても、同じ父親の遺伝子を持っているとは限らない。

 それって、羨ましいような、羨ましくないような?
08dece12101.jpg
このページのトップへ

脳内画像再現 「秘密」のMRI技術が近未来に?

 いや~ 
ネット巡ってたら、凄いニュースが出ていた。
脳内画像が出力できる技術なんて、漫画の中だけの話と思ってた。

「心はどこにあるのか?」なんて論議も笑い話になりそうだ。
「人の個性」とか、「人の意識」とかって、結局、脳のデータなんだろ。
じゃ、脳内データを別の容器(体)に入れたら、その人になるんだろうか?
 こうなると、「機械」と「人」のボーダーラインも微妙になってくるよね。
 

 「今、私の脳を覗いたら、とてつもなく恐ろしい画が見えるわ」
と言ったのは、「秘密 トップシークレット」の2巻の犯人だが、
私の脳内もそうとうアレだ。
 
 しかも、夢の画なんて、普通とは違う意味で人には見られたくない。
反面、せっせと貯めた多種多様な脳内資料は、
劣化や死ぬ前に、誰かにコピーして残したいような気もするが、
方面が明後日過ぎるから、受け取った人が耐えられんかも。
 「クジャクに求愛のダンスを踊って欲しい」とか思うバカはそんなに居ない。
 

 子供?
そんなん生んだって、私がコピーされるワケじゃないじゃん。
実の妹も、母親さえも、全く違うタイプだし、
親戚中探しても同種は居ない(←叔父宣言)から、
私の性質は突発的なもの(←変人ともゆー)である率が高い。


 私が、もし人生やり直せたら、第一希望職業は研究者だな。
しかも、バリバリのマッド系

 で、タイーホされて終わり…ってか。
やっぱ、ダメじゃん。


 以下転載
夢を映像化!?脳内画像を脳活動から再現
http://sankei.jp.msn.com/science/science/081211/scn0812110201000-n1.htm

2008.12.11 02:00
被験者が実際に見た画像(上段)と、
そのときの脳活動情報を基にコンピューターで再現した画像(下段)
(国際電気通信基礎技術研究所脳情報研究所提供)
被験者が実際に見た画像(上段)と、
そのときの脳活動情報を基にコンピューターで再現した画像(下段)
(国際電気通信基礎技術研究所脳情報研究所提供)

 人が目で見て認識している視覚情報を、
脳活動を調べることで読み取り、
コンピューターで画像として再現することに
国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府)などの研究チームが初めて成功した。

まだ単純な図形や文字で成功した段階だが、
将来は夢を映画のように再現できる可能性もあるという。
11日付の米科学誌「ニューロン」に発表した。

 物を見たときの視覚情報は、大脳の後ろにある視覚野という領域で処理される。
研究チームは被験者に白黒の画像を見せ、
視覚野の血流の変化を磁気共鳴画像装置(MRI)で計測。
脳の活動パターンから効率よく画像を解読するプログラムを開発した。

 実験で使った画像は小さなマス目を縦横10個ずつ並べたもので、
四角形や十字、アルファベットなど11種類。
被験者が画像を見てから4秒後に、
ほぼ原画に近い画像をコンピューターで再現できた。

また、見ているままの状態を動画で再生することにも成功。
再現精度は個人差があるが、カラー化も原理的には可能という。

 夢を見ているときや、頭の中で映像をイメージしているときも、
視覚野は活動すると考えられている。
ATR脳情報研究所の神谷之康室長は
「夢を読み取って画像化することも、荒唐無稽(むけい)なことではない。
医療での患者の心理状態の把握、
新たな芸術や情報伝達の手段などに応用できるかもしれない」と話している。

 人が見ているものを脳活動から解読する試みでは、
「縦じまか横じまか」といった単純な判別は可能だったが、
見ているもの自体を画像として読み取ることはできなかった。

被験者が実際に見た画像(上段)と、
そのときの脳活動情報を基にコンピューターで再現した画像(下段)
(国際電気通信基礎技術研究所脳情報研究所提供)
このページのトップへ

春箱庭セット

 狂い咲きのヒマラヤユキノシタは咲き続けているが、
春は遥かに遠い。
08dece11007.jpg

 少しでも早く春が欲しいから、去年のように早咲きバージョンを作っている。
小鉢を数作ると管理が面倒なので、小型のプランター1個に纏める予定だったが、
最終的には、小型のプランター2個と鉢1個。
 減らすどころか、増えてるやんけ!

 当初、小型水仙「ティタティタ」 と、クロッカスとスノードロップを
一つの容器に押し込んでいたが、
十日前くらいに、セールの野生種チューリップを買ってから植え直した。
08dece10014.jpg


 春咲きの球根植物は、冬の寒さを経験しないと蕾が出ないため、
年末くらいまで戸外に曝し、室内に入れて開花促進させる。
 とはいえ、この辺りは寒地だし、ウチなんて古い日本家屋だから、
隙間風スカスカで、室内も室外もたいして変わりはない。

 日中の最高気温は5度にもならないときもある。
厳寒期は冷蔵庫の中の方が暖かいくらいだ。
 親戚宅で貰ってきたブロッコリーに、ヨトウムシが居たんだが、
野菜庫の中でブロッコリー食って普通に生きていた。
戸外なら、あの雪で死んでるだろうに、このまま放置したら成虫までいくかもね。

 関係ないが、「冬季も凍らない」類は、
「体液を濃くして凍結を防ぐ(細胞破壊を防ぐ)」という能力があるらしい。
 車のラジエーターの不凍液みたい。
 って、今は年中LLCだから、そんなもん知らんか。(私もLLC世代だが)
野菜を冷凍するとまずくなるのは、細胞が破壊されるからだ。


 自室は夜しか居ないため、暖房もしてないから、さらに寒い。
こんな条件では、春の花の早生栽培なんて話にならんが、
それでも、鉢の土に霜柱は立たないくらいには暖かい為、戸外よりは早く咲く。

 昔、一月の末に伊豆へ観光に行ったとき、沈丁花が咲いているのを見て、
いかにこちらが寒地かを思い知った。
 暖地はいいなぁ…


 最初の組みを植えたあと、猫達に蹴り倒されること三回。
なんとか持ち直したが、開花は、早くても来春3月末頃だろう。

 年末頃、花屋へ行くと、同じ花の温室仕立てが売られていたりして、
妙に空しいキモチになる。
08dece11010.jpg

 私も、もう冬太りしたかも…
08dece11012.jpg


このページのトップへ

小春日和

 昨日は穏やかな晴天だった。
かといって、今や日常となってしまった腹巻きや、
使い捨てカイロが外せるワケでもない。
 
 最近は、使い捨てないカイロが流行りだそうだが、
充電一回で6時間というのは、寒地では、少し心もとないような気がする。
それ以前に、アレは貼れないし。

 
この冬最後の暖かさだろうか?
線路際ではタンポポが咲き、
08dece10008.jpg

アナが列車に挑む
08dece10003.jpg

08dece10004.jpg


落葉後の山は冬色に変わり、紅い実を付けた木だけが目立つ。
08dece10021.jpg

午後4時過ぎでこの気温なら上等の部類だ。
08dece10022.jpg

しかし、日暮れの早いこと!!
とはいえ、最近ずっと散歩をサボっているから、戸外へ出る機会も少なく、あまり実感が無い。
08dece10010.jpg

明後日頃には満月か
08dece10019.jpg

 月の軌跡角度がかなり変わった
そういえば、最近、天気が悪いせいか、星を見てないわ。
木星と金星と三日月のコラボも、過ぎてから知ったし。
08dece10020.jpg

このページのトップへ

残雪

 昨日の寒さは去り、穏やかな曇天だった。

 出たついでに滝付近へ行くと、道路端に雪が残っていた。
このぶんだと、ウチ付近の倍くらいは降ったようだ。
同じ町内、数キロしか離れていないのに、どんな山奥じゃ!

 そりゃ、確かにケータイも通じないところだけどさ…
08dece08008.jpg

08dece08004.jpg

滝落ち口を見下ろして
寒気がするのは冬のせいだけじゃなさそうだ。
08dece08006.jpg

滝壺 
08dece08005.jpg

見るだけでも寒いわ!!
このページのトップへ

天候回復

 昨夜半、うっすら積もっていた雪だが、それ以降は降らなかったようだ。
青空だが、空気は切るように冷たい。
08dece07001.jpg
 
 午前11時、日向の雪は消えているが、日陰には残っている。
08dece07006.jpg

 日陰との差は、人生の明暗のようだ。
08dece07007.jpg

花弁が傷んだが、一応、形を保っている。
08dece07005.jpg

08dece07004.jpg
ヒナゲシの葉に残る露が、クリスタルガラスのように輝いていた。
08dece07003.jpg


 オクの憂鬱
 ヤフオクで、セカンド出品ID用に取ったIDに、2か月無料メルがきていた。
この際にと、こちらのIDに出品歴を作ることにした。
 メインIDが、万一、炎上でもしたさいの乗り換え用前提なので、
IDの字面や雰囲気も似せてある。
 両方の出品ページを見た人は、なんとなく同一人の物と判るだろうと思う。

 だが、双方のIDで、同時に取引進行してみたら、ナニがなんだかワケわかめ。
コピペ挨拶文貼れば、当然ながら、違うID名乗ってるし。

 そこへ、別の落札IDの評価連絡が来た。
は? アンタ誰?
っつーか、なんか買ったっけ? …かなり前のやんけ。

 自分のIDに、激しく紛らわしい思いをする羽目になるとは…
パッと見で判るヤツにすれば良かったと思えど、今さら作り直すのも。 
 
 それにしても、いい加減、オク仕事なんてイヤだ。
やたらとレスが遅く、アクションも遅く、何度書いても、
評価はおろか、到着連絡すら無い常連約1名。

 降り込みなんてネットで出来るし、リアルで郵便送っても3日あれば着くぞ。
よくそれで再入札できるよなぁ。
最初に買ったヤツが気に入らんかったから評価入れないのだと思ってたわ。
 ヨイショ文は要らんが、なんらかのアクションくれんと判らんやんか。
 

 連絡文に挨拶の一言も無く、ほんと1行メルの人にも当たった。
仮に、相手が難アリの場合でもだ。(私に不備は無かった)
いい大人が、顔も知らない人に、いきなり一言連絡なんてするか?
 私だって、「お忙しいところ云々…」とか(心にもないことでも)書くぞ。
 
 もしかして、ケータイしか使えないんだろうか?
「ケータイで取引すんな」って説明文にも入れてるのに。
 やっぱ、性格の差?

 メイン出品物である服落札者が問題率高し、という事はよく判った。
引き換え、サブのガラクタ取り引きはサクサク進むのが哀しい。

社長、仕事くれ~!!
疲れたんだ、私は!!

 
このページのトップへ

雪は要らんから

 冬将軍よ、「雪は要らんから」って言ったのに、
いきなり積もらせるってナニさ?

 ↓では、降っているようには見えないが、
08dece06004.jpg

 黒いワンコに霰が溜まっていく
08dece06009.jpg

この時の霰は、まだ小さかった
08dece06007.jpg

08dece06010.jpg

08dece06032.jpg

08dece06017.jpg

08dece06051.jpg

08dece06052.jpg

08dece06053.jpg

08dece06065.jpg

08dece06066.jpg

08dece06071.jpg

10分も外に居れば、傘に霰が積もる
08dece06037.jpg
 
 寒いよ~~~~

あんまり寒いんで、夕方、車のボンネットに毛布を掛けた。
寒いし、あまり乗らないからか、最近、セルの回りが良くないし、
次に乗る時、エンジンが掛かるか心配だ。
(今年春の車検でバッテリー替えたばっかやんけ)

このページのトップへ

荒天

 今日は雨天とは判っちゃいたが、こんなに荒れるとは聞いてない。
激しい横殴りの雨に、家の敷地内すら出られない。
ワンコの合羽は、形程度にしか役立たず、鳴り始めた雷に、慌てて踵を返す気弱な犬…

 昼間から雨戸を閉め、閉じこもる。
冬季の短い昼間が、さらに暗くなった。
 まあ、そんなに寒くないのが、せめてもの救いかな。

 午後、日暮れ間際、雨は止んだ。
分厚い雲が、うっすらと桃色に染まった。
雨が上がると、冷え込みがやってくる。
 冬将軍よ、雪は要らんから!

 靄が晴れかけた山
08dece05016.jpg

雨でも雪でも無関係なベタ(もう一匹も生きてるから)
いいな~ 年中常夏で…
08dece05012.jpg

 昨日の出かけでは、ロウバイを買う積りでいたんだが、
まだ時期尚早らしく、ブツが無かった。
 普通の「苗屋」ならば、落葉期の秋に入荷するんだが、
そこは「花屋」なんで、開花時期にしか入荷しないらしい。

 開花苗は、すぐ花が見られる点ではいいんだが、
持ち運ぶうちに花が取れてしまったりするのが難だ。
 
 他に、「アネモネの原種の球根があれば…」と思ってたんだが、
園芸種しかなかった。
 アネモネ系やラナンキュラスって、ウチの土地に合わないのか、
何度植えても絶えてしまう。
 今年の春採ってきたイチリンソウも、多分ダメだろう。


 まあ、無い物は無いんだから。
しかし、ここまで来て手ぶらで帰るのもナンだ。
 で、目に留まったのがコレ↓
カロライナジャスミン 耐寒性アリ
08dece05030.jpg

 去年は、羽衣ジャスミンを二回買って、二回とも枯らせてしまった。
耐寒性が必要だが、香り系は室内に置きたい。
 しかしだ。
このジャスミンは、羽衣より大きくなるのである。
塀に絡めるとか、そっち系。
羽衣ジャスミンも伸びるが、戸外では冬越し出来ないから枯れてしまう。

 
 カロライナが塀系なのは知っていたが、ブツが小さいから「わい性(小型)」かもと思った。
聞いたら、単に苗が小さいだけだった。
人は、自分の都合のいいように変換するものなのだ。
 まあいいか。
成長したら、その時考えれば。

もちろん、ポットから植え替えた後の画↓
08dece05007.jpg
 
 あの~ 店で感じたほど香らないんですが?
08dece05005.jpg




このページのトップへ

皇帝ダリア

 寒気が来るというので、その前にと、昨日、隣市へ出かけた。
いつもの親戚宅付近の踏切近く、どーん!と目に付いた花。

 数日前も載せたが、デカいダリアだ。
サカタのカタログで確認すると、「皇帝ダリア」としてあった。
開花時期11月頃、耐寒性アリ、なるほど、寒地のわが町でも咲いてたワケだ。
 
 値段は、一ポットで1300円也 
大きさと値段は比例しないものらしい。

 スノードロップなんて、あんなに小さな花なのに、
小さな球根数個で600円くらいするのにさ。
(↑どういう基準の比較だよ)

 しかし、デカければいいってモンじゃないと思うんだが。
花が咲くから、「ウドの大木」とは言わないのか。
08dece04077.jpg

08dece04080.jpg

08dece04082.jpg


 で、その家を通り過ぎ、角を曲がって数メートル、またダリアがど~ん!!
なんなんだ! この地区の流行りか?
08dece04083.jpg

 大型のロシアヒマワリだって、ここまで無遠慮じゃないぞ。
叔母に聞いたら、この二軒の家は、同じ持ち主なのだそうだ。
少しホッとした。
 「街起こしの為、地区各家で栽培必須」…とかだったら、ヤじゃないか?
08dece04085.jpg

 北海道在住Sさん、このダリアはいかが?
08dece04086.jpg

一番地面に近い花を最大ズームで撮ったのがコレ↓
無駄な大きさはやめれ!! 
高すぎて、空背景で花暗くて見えねーよ!!
08dece04087.jpg

 そして、叔母と一緒に隣街へ行く途中、道路わきの庭に、また皇帝ダリアがあった。
私の趣味から外れるから知らないだけで、世間ではポピュラーなんだろうか?


 冬至近し、平野の隣市でも落日4時半と早い。
陽が恋しいわ。
08dece05026.jpg
このページのトップへ

猫小屋

 穏やかな晴天が続いている。
カブが無くなった干し台には、猫が干してある。
08dece03005.jpg

08dece03003.jpg

 犬の足は子犬期を過ぎればガサガサなのに、猫の肉球はいつまで経っても柔らかい。
ちなみに、私の足の裏は犬系なので、手入れは欠かせない。
08dece03004.jpg

肉球持ち主↓
08nov30006.jpg


 子猫達は居着いてしまった。
大人たちから感染したのか、皆、鼻水を垂らしているので、
仕方なく、スチロールで小屋を作った。
 
 同じ大きさの箱を使い、片方に出入り口を開け、
荷作りテープでぐるぐる巻きにするだけだが、中敷きの布団もいるし、
猫小屋作りで数日済んでしまった。

 箱は、近所のスーパーからの貰いものだが、
最近は、段ボール箱で送付するところが多くなったらしく、
大きい箱が入手し難い。
 
 オク出品でもすれば実感するが、
送る側からすると、梱包材代もバカにならんしな。


 一つの小屋には大人二頭が限度である。
当初は箱二つだったが、箱に入れない子猫が、
その上にまるまっているのを見て、やむを得ず増築。
 結果、4コの小屋がある。

 
 台所脇設置  人に近いせいか、一番人気の小屋
08nov30055.jpg

08nov30057.jpg

洗面所外側設置 
昼間はそこそこ日当たりもよく、小屋素材も厚く、一番長持ちしそうだが…
08nov30019.jpg

08nov30020.jpg


 当初の2個目↓
子猫2頭しか入れないのを見て、3個目を作っていたら、
バキっ!という破壊音と共に屋根(蓋)が割れた。

 箱の上で、子猫がドッタンバッタンしていたから、
脆くなっていたんだろうが、
三日やそこらで破壊してくれるなよ!
08nov30021.jpg


 台所脇設置に設置してい箱だが、微妙に小さい為、次のと替えた際、
置き場所が無くなり、変なところに置いたせいか、遊びでしか入らないようだ。
 
 複数の小屋があるから、今年は湯たんぽは無しだ。
おまいら、雄なんだから、いい加減、どっか行け!!
 とりあえず、向かいのh宅猫は実家に帰って寝てくれ。
08nov30058.jpg

このページのトップへ

azuresky

 12/2 本当に、雲ひとつない青空だった
08dece02029.jpg

08dece02005.jpg

小菊の向こうでは、
08dece02026.jpg

コミケが日向ぼっこをしている
08dece02025.jpg

自宅前ではチビが爪とぎ中
08dece02032.jpg

 画的には、しごく平和だ。
08dece02033.jpg
このページのトップへ

シクラメンの香り?

 昨日(12/1)の過去話になってしまったが、
近所のホムセンで、シクラメンの花を衝動買いしてしまった。
 
 シクラメンの花って、私は、あまり好かん。
 「四と苦が付くから不吉」とかいう変な人は置いといてだ。
冬の、「定番中の定番」過ぎる辺りがそもそも…


 正月、母方の祖母の家に毎年あった花だ。
子供の頃から見慣れているが、その、ゴツめの形や派手な色のうえ、
「温室に入れられて当然!」みたいな態度(?)が気に入らない。
(↑ワイルドフラワーマニア)

 なんだかんだと理由を付けても、根本は、
「箸の上げ下げすら気に入らない」とか、
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の類である。
 それだけに、妥協の欠片も無いワケだ。


 祖母は、毎夜、その鉢植えをコタツに入れて大切にしていた。
(コタツは練炭だったような)

 そういえば、昔、この花のタイトル歌が流行ったな。
(↑こんな歌を知ってる辺りが婆)

 子供ながらに、超リアル主義の私は
「ボケ、シクラメンに香りなんて無いわ!」

歌を聞く度、心の中で突っ込んでいた。


 そうして、毎年見ながらスルーしていたシクラメン、
この日は、レジ前の鉢植えに見惚れてしまった。
 それは、淡いクリーム色花の中心が、口紅を付けたようなローズピンクで、
全体的に柔らかい印象だった。
 
 当然、値段も一番高かった。
こんな田舎では売れんだろうな。(私も買わない)
温室無いともたんし。


 で、買いものを済ませ、店の外にあったガーデンシクラメン(¥298)のポット植えを買った。
シクラメン嫌いでも、こっちの原種系は可愛いと思う。
そして、分相応だ。

 敷地中花だらけの我が家でも、冬季間は花が無い。
で、たいていは、我慢できなくて、
小型のプリムラとか、セントポーリアとかを買うんだが、
前者は好み的にイマイチ、後者はたいてい枯れてしまう。


 まあ、全く花が無いワケではない。
室内に入れたニオイバンマツリが数輪咲いているし。
(初夏の頃のようには香らないけど)
08dece02034.jpg

 
 帰宅後、鉢に植え替え、自室に置いた。
そして夜、自室へ入り、私は知った。
…? なんの匂いだ? あっ、シクラメンか~!
ちょっとだけど、匂いあるんだね。


 長年の誤解、済まんかった。

コレ↓ 園芸誌で見たイスラエルの原種もこういう感じ
08dece01005.jpg

08dece01007.jpg

 しかしだ。
この状態を「下向きに咲いている」と言っていいものか
ギモンでしょうがないんだが。
08dece01009.jpg

 
 前回出た時に見かけ、気になっていたダリアを撮ってきた。
道に停車しての撮りなので、かなりいい加減だが、ダリアであることは判る。
(園芸通販カタログで見た記憶があるし)

二階まで伸びるって、 木かよ!
08nov29022a.jpg

 まあね、私ゃ、ゴツイ系はどうでもいいけど、あんま趣味よく無いよね。
08nov29022.jpg


 オマケ アナの恥ずかしい画
08nov30004.jpg

08nov30005.jpg

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。