FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

懐かしい(?)人

 暑くて、身の置き場がない。

 夜の微熱がキツくなってきたので、今年も、風呂上がりの強制冷却を始めた。
ブツクサ言ってても熱が下がるわけじゃないので、熱があることを前提にすればいい。
 ホムセンで買った小型の保冷剤を両脇に挟めば、体温は一気に下がり、保冷剤はじきに溶ける。
しかし、これを除いても、メンド臭い体であることには違いない。


 日々増えていく蒼い花が楽しみだ。
08july15008.jpg


猛暑の中、夏の精が舞う
08july15014.jpg


こんなモノが羨ましくては、ヒトとして終わってるような気もするが、
コウホネ池のカエル達。
08july15007.jpg



08july15010.jpg

線路際の風景
同じ黄色系でも、グロリオサデージーは暑苦しい。
08july15011.jpg



 先日のことだ。
階下で電話が鳴っていたが、いつものように無視していたら、母が取った。
どうやら、私当てらしいが、メンド臭いので無視していた。
  階下へ降りると、母が「Gという男のヒトが、連絡しれ、と」

 メンド臭いことになるのがイヤなので「電話が男だったら、取次ぐ前に一言!」と母に言ってある。
つまり、相手次第では居留守を決め込む積もりなのだ。
母は、受話器の操作が出来ないので、大声で呼ぶから、居留守は筒抜けだが、それも想定内。


  誰だよ? メンド臭い
ンなもん、最近、知り合った憶えは無いし、体調崩して鬱ってから、知人関係は切ってきた。
携帯も変えたし、親しくしていた友人にも、のちのは教えていない。
 イヤ、それ以前に、携帯のカードもずっと入れてないし、当然、電源もオフだが。
 
 同窓会にも出ない。
土日は出ないから、誰かに会う率も低いので、タマ~に、どこかの店で出会うと「この町に住んでるの?」と言われるほど存在感が無い。

 オクで、ネットに個人情報ダダ漏れだから、そっち関係だったらヤだな~
以前、落した翌日、いきなり電話を掛けてきた生地商がいたし。

 
 家電に掛けてきているし、母に名乗っている。 
そういや、Gって、一応、元々彼(注 元彼より前の人)だった(彼氏というには微妙だが)ヒトか?
そうとう昔じゃん!
 ってか、生きてたのか。
 

 しょうがないから電話してみると、当たりだった。

『もう、嫁に行ったかと思ってたよ』
「相手が居ないのに行くかい!」

元カノに電話したら、自×で亡くなっていたから、気になって電話した』
「(いきなり他の女の話かよ!)そっちこそ、死んだと思ってたよ。
 ウチに掛けてくるとは、よほど女に困ってるんだ?」

『イヤ、他の子たちは、昼間仕事してるから~』 
「ナニそれ? 私は無職前提?」

『イヤ~ だって、××ちゃん、家に居るじゃん 他の子より近いし
 …言うか? 普通…


 ここまで言い切られると、かえって清々しい。
どこまでも自信満々で、いつも数人の女を引き連れていた。
 さらっと女を褒めるのが上手なのは、ある種の才能だと思う。

 出会うと、挨拶のようにデートに誘う。
反面、女に困ってるわけじゃないので、全く執着はしない。
 こういうヒトだからこそ、気楽に付き合えたとも言える。
前向きというか、傍若無人というか、少なくとも、自ら死を望むことなどあり得ない性格だ。
 「こんなヤツとは、絶対に付き合うもんか!」と思ったものだが。
 
 まあ、私も、一緒に居るときに、他の女からの電話があっても、別に何とも思わなかった。
こうなると、一体、どういう関係だったのか?との疑問が湧くが、男女の付き合いで、顔も見たくないような終わり方にならないというのは珍しい。
 

 どうせなら、もっと早く、イヤ、2年前に連絡くれれば、あのチンピラの当て逃げ事故も、
こじれる前になんとかなったかも知れないのに、肝心のときに居ないし。
 (何もしなくても、雰囲気がインテリ×クザだから)


 それにしても、お互い、理由は違えど「アイツ死んだんじゃないか?」と思っていた辺りがなんとも…
ポツン、ポツンと、昔の知人が連絡をとってくるのは、「虫の知らせ」とかの類なのだろうか?

 とりあえず、都合のいい女にされるのはイヤなんで、適当に流しておいた。
…ったく、どいつもこいつも!!

 結婚はもうイヤだが、傍からみて、「勝ち目無いな」と思わせるような人なら最高だよね。
虫除けとしては。
スポンサーサイト



このページのトップへ

オタマの足

 別に月マニアでは無いが、夕方の散歩から戻る頃、月が昇っているので撮る。
今日の月は、なんだか、赤っぼくて暗くて、いつもよりシャッタースピードを遅くしてようやく撮れた。
08july15019.jpg


 月が綺麗に見えるということは、もう、周期的には秋に近いのか。

 以前は全く眼中になかった月だが、03年の北海道旅の最後の日、苫小牧港へ向かう道のり、昇ったばかりの大きな満月が、煌煌と原野を照らしていた景色が忘れられない。
すっかり夜になっていたのに、ヘッドライトが要らないんじゃないか?ってくらいに明るかった。
 よほど、車を停めて撮ろうかと思ったが、当時は月を撮る術を知らなかった。

 ウチは山間部なので、月は、かなり昇ってからでない見られない。
たいてい、月の出の時刻から1時間くらい遅れて出てくる。
その時には、既に小さな月になってしまってるわけだ。

 夜に移動するのは、到着日と帰り道だけ、そのうえ雨女とくれば、満月に遭遇することなど、狙っても無い機会。
 北海道の満月を見たのは、それが、最初で最後だった。

 …てな想い出で、月を見ている。
08july15016.jpg



 毎日、楽しみ(?)に覗いてるオタマだが、
08july15006.jpg


今日、数匹に、小さな足が出ているのを発見した。
08july15003.jpg


足だけが生えたオタマって、妙にアンバランスだよね
当人たちは、この変化を、どう思ってるんだろう?
(そんな知能は無いと思うが)


 再生医療の発達で、皮膚細胞なんかは、比較的簡単にできるようになったが、今の技術では、皮膚細胞からは皮膚を作れるだけ、骨の細胞からは骨しか出来ないし、骨はできても、例えば腕の骨の形が出来るわけではない。

 例えれば、車のパーツの複製が出来る程度。
理想は、車そのものの複製。(その人間版ね)
 
 そんなことで、一つの細胞から、一人の人間が出来るまでには、遠く及ばないものらしい。
「背骨を交換出来ればいいのにな~」 …と、常々思う私には、再生能力のある生き物が羨ましいのだ。
 
 そういえば、魚は痛感が無いらしいが、ホントだろうか?
とりあえず、痛みがなきゃ、背骨がズレてもオッケー!! …か?

08july15005.jpg
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する