Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

デジカメ帰還

 一昨日、「デジカメ修理完了」の電話が掛ってきた。
やれやれ… あまり長いから、「戻らないかも?」とも思ってた。

「首を長くして…」とか「一日千秋の…」とか言う。
月始めの8日に出してから、3週間弱。
 その間、オクでCFカードを買ったけれど、動作も未確認のまま。

 
 待てど暮らせど、修理完了の電話はない。
待ちかねて、数日前に問い合わせたところ、「見積もりは終わり、修理に入ってるところ」との返事。
それから、丸1週間が過ぎてからの帰還。
 まあね、もうメーカーが放棄した事業だしさ。
直してもらえるだけでもマシってもんさね。

 
 「んじゃ、明日行きますっ!!」
ってことで、引き取りに行った。
タテマエはね。
他にも、変な用が沢山。

 まず、遠いところから回る。
車で1時間強のディーラーへ行き、愛車のオイル交換。
(途中で数件の店へ寄っているが)
最近、体がキツくて、あまり出かけないんで、半年以上も換えずにすませてしまった。
 
 スマン、シルビアよ。
決して、愛が薄れたワケじゃないんだ。
肝心の、金と体力が無いだけで。


 で、帰りにも、通り道の店で探しものをしていたら、雨に降られてしまった。
月イチ程度の市外出なので、バイカウツギやら、メイク用品のケースやら探していたのだ。
100円ショップすらない田舎は、なにかとツライ。

 そうして、ようやく店へ入ったのは、既に夕刻間際だった。
一応、店内で試写してみたが、元の不調自体、始終出ていたわけじゃない。
 とりあえず撮れるんで、「じゃ、様子を見ます」で店を出た。
今回の修理が期限内だったということで、また、3か月の保障が付いた。
 無償修理はありがたいが、こう時間が掛ってはなぁ…

 親戚宅へ寄り、薄闇の中、自宅へ帰還。
この地区は、雨は降りそうで降らなかったようだ。
明日も雨だし、汚れがこびりつくのがイヤなので、薄闇の中、ヤケクソで洗車を済ませたら、今日は「一応、起きただけ」状態。
 あの程度で、疲れすぎだろ。
 
 
 店の前の植え込みに咲いてた昼顔を試写
08may30003.jpg


昼顔は、「夏の花」って感じだ 
08may30001.jpg


美しい花には罠がある 中央で獲物を待つ蜘蛛
08may30005.jpg


その帰り、さらに花屋へ寄る。
いつもの「ガーデンテラ」だ。
前回行った時、ここにヒメバイカウツギがあったので、売リ切れると難だと思い、叔母に頼んでおいたのだが、「店員さんに聞いたけど無かった」
 ニオイバンマツリを知らない店員が、こんな花を知ってるとは思えない。

 叔母は、花だけではなく、全てに疎い。
私の周りで、(何かを)頼んでOK、な人って居な過ぎなんだが、こんなモンか?
 

 店へ行ってみると、前回の場所に、そのままあった。
やっぱり、店員なんてアテにならんわ。
 花はほとんど散っていたが、予想以上に小型だ。
まあいいか… 
高いモンじゃないし、(680円)せっかくだから買っておこう。

 ヒメバイカウツギ 花径1センチくらい
08may30013.jpg


08may30015.jpg


買った花↓ 手前はカシワバアジサイ 小株なんで398円也
見えないが、その奥がヒメバイカウツギ 
右側はイソトマ4色(キキョウ科) サワギキョウによく似ている
08may30017.jpg


この店には、バイカウツギもあった。
でも、3株全部が半八重咲き
コレも↓
08may30008.jpg


コレも↓
08may30007.jpg


コレも↓
うちの近所のヤツが、タマタマ、完全な一重咲きだったんだろうか?
帰り道沿い、民家前に、この花らしき花が咲いていた。
 何件か見たところを見ると、私が思うよりは認知されている花なんだろうか?

 真白い雪のような、すっきりした白い花は、初夏の緑に映え、涼しげだ。
雪は大嫌いだが
08may30006.jpg


店に並んでたイソトマたち
左はピンク系 右はラベンダー系
08may30012.jpg


白とコバルト紫
08may30011.jpg


小型だが、可愛い花だ
08may30010.jpg


スコーンとした青い色の花があったので撮ったが、名前は忘れた
シソ科ッぽい
08may30009.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

半八重バイカウツギ

 バイカウツギが咲いた。
予想は、気持ちいいほど(?)当たった。
やっぱり、半八重だよ…orz
 しかもハンパな…

 個体差のあるモノは、開花株を買うのが確実だと思い知った。
しかし、どうすんべ?
無機質な「モノ」なら、引っこ抜いて捨てればいいが、生きてるし、
 「半八重だから、私の愛情も打ち切りだかんね!」で済むモンでもないし。
08may27003.jpg


 出荷の掘り上げショックで、一時的に半八重になった…とかだったらいいんだけどさ。
こじつけの希望的憶測は、ただの現実逃避でしかない。
 まっ、いっかあ…
一応、本質は変わらないんだしさ。

 今度出たら、この前「ガーデンテラ」で見た、ヒメバイカウツギを買ってこよう。
↑全然納得していない

 それにしても、私のA1(修理に出したデジカメ)は、今、いずこ?
は~や~く~ 帰ってきてくれ~~~!

コニカミノルタのサイト、知らないうちに、カメラ系のページを全削除してしまった。
中古を探してるのに、スペック判らなくなったじゃんか。
知ってれば、サイトをコピーしておいたのに~~!!

08may27004.jpg


新芽を伸ばし、一気に倍くらいもっこり状態となった木蓮
背が高くなり過ぎ、もう、私の手では剪定することはできなくなってしまった。

 枝が混んできて、病気にでもなっても困るし、とりあえず、届く範囲だけ剪定したが、四分の一もできてはいない。
「高枝切り鋏」って、今でも一万円くらいするんだろうか?
08may27008.jpg


晴天も今日で終わりらしいんで、先日取ってきた「またたび」を乾燥中
08may26170.jpg


コウホネの葉にいたモリアオガエルは、あの雨の夜、どこかへ行ってしまったのか、探しても居ない。
08may27005.jpg


08may27007.jpg


最初に買ったニオイバンマツリの花が、ニ番目の花期に入ったらしい。
ポツポツとだが、花を咲かせている。
 この花は、特有の害虫や病気が無いので、安心しきっていた。

全く意外だったが、数日前、小さなカイガラムシが蔓延してるのに気づいた。
ペラペラに薄くて、大きいものでも3ミリ程度の虫だったので、鳥のフンでも飛び散ったのかと思っていた。

うえ~~っ! キモチ悪い!
カイガラムシって、薬、効かないじゃん!

ネットで調べると、「ベニカなんとか」というスプレーが効くらしい。
翌日、近所のホムセンで薬を買い、全体にブッかけて様子を見ている。
08may27001.jpg
このページのトップへ

白花ウツギ 桃花ウツギ(タニウツギ)

抜粋 壁紙サイズにて
08may26a099.jpg


08may26a011.jpg
このページのトップへ

納得できない3連発

 前回、近所のホムセンへ寄った時、メダカと金魚の売り場に、
(と言っても、極小スペース)
特価品!「金魚のおへや」 1280円 
という、少しセンスを問いたくなる名の(解りやすいが)水槽セットがあった。

 去年の晩秋、ベタ用の容器を探した時は、最少サイズのセットで2980円
ガラも結構大きくて(10L用)却下した。
 ミニヒーターではとても温度が維持できそうにないし、どう見ても、ベタ一匹ではデカ過ぎる。

 一度目はスルー、2度目に迷って却下。
で、先週見て、家に戻ってから決めた。
この値段なら、買いかも?…と。
 多少大きくても、毎日、水を変えなくても済むってのがいい…と。
水替え自体はいいんだが、二階から持って往復するのがイヤ。


 で、今日行くと、そこに無かった。
ああ~っ! 土日に売れたのか?

 一応、魚関連スペースを覗いてみると、1個あった。
しかし、結構デカいのだ。水量10L=水だけで10K
小型の金魚を5匹くらいは飼えそうだ。

 同じスペースに、一回り小型のセットがあった。
ウチのベタ容器に毛が生えた程度。
 が、なぜか、こちらの方が値段が高いのだ。1780円也
セット名は「メダカのおへや」 もう少しなんとかならんのか?

 付近にいた店員さんを捕まえて、見せて貰う。
(水槽類は高い棚の上)
 
 私は、ストレートに疑問をブツけてみた。
「なんでこっちの方が高いの?」←思いっ切り、チュプな質問
 店員さんは、全く専門家じゃないんで、中を読んで比べ、濾過系類が違うことが判った。

大きい方は、単なるブクブク(空気を入れるだけのヤツ)付き、
小型のは、掛け式の濾過装置が付いてるのが差額の原因らしい。

小型でも水量5L。
ガラスの水槽と相まって、結構重い。
ポンプ循環なので、水槽の半分だけ水を入れて…という使い方はできないもよう。
 フィルター類も、定期的に変えなきゃアカンみたいだし。

夏場はいいが、冬場は、極寒地で小型のヒーターではキツイかも。
ヒーターのパワー不足を補う為、冬場は、水を少なくして対応してきた。

 う~ん …~ こんなんアリ?~
しかし、探すと無いから、ある時に買った方がいい罠。
で、散々悩んだ挙句、買った。
別売の水温計も一緒に。

温度計、小型で安いのが無いか?と、散々、農業コーナーをうろついて探していたのに無かった。
こんなのがあるなら、早く欲しかったよ!
水温計 380円也


 帰って組み立ててたら、セットは、意外に面倒なものだと判った。
コレ、毎日水替えたほうが楽でいいかも。

しかし、買ってしまったものはしょうがない。
(開封後だし)

組み立てて、ベタを入れたのだが、どうも、ベタ自身が一番難のようなのだ。
見るからに落ち着かない感じ。
 狭いところが好きなので、広いのがイヤなんだろう。

 関係無いが、うちの母の実家…と言っても、叔父が新築した家だが、全部が広々している。
トイレも広く、出入れ口は、横へ開けるタイプの引き戸である。
つまり、引き戸をずらした分のスペースがトイレである。
そこへ入ると、後が妙に広くて、人が居そうで、なんだか落ち着かない。
 ベタも、そういう気分ではないだろうか?

そのうち、出たら、水草でも買ってこようか。妙な散財だな。
(↑ベタと一緒に買った水草は腐った)

↓ベタ 新居にて
08may26178.jpg


畑で花に水を撒いていて、ふと見ると、玉ねぎの植えてあるスペースに、
鳥の卵が落ちて(?)いた。
??? なんで、こんなところに??
雛なら猫でも持ってきたんだろうが、卵だよ、卵!!
 納得いかない!

08may26175.jpg


この前、山をうろうろした挙句、近所のホムセンで買ってきたバイカウツギ
樹の大きさの割にポットが小さかったので、(根が切ってある)
根付くか判らないので、朝昼晩と水を切らさないように気を付け、咲くのを楽しみにしていた。

それが咲き掛けているんだが、どう見ても、半八重っぽい。
バイカウツギは、やっぱり一重っしょ!!
札の写真も、一重だったから買ったんだし。
08may26182.jpg


 個体差があるのは知っている。
変種で八重咲きもあるが、宣伝コピーほどは良くない。
八重の花が欲しいなら、これでなくてもいいでそ。
蕾が妙にふっくらしているな、とは思っていたが、半八重かな…

あああ~~ 納得できない~!!
08may26184.jpg
このページのトップへ

スズメ蜂の巣除去

 雨上がりの午後、花を見周りに行く。(25日)
ヤマボウシに作りかけのスズメバチの巣に、親蜂が居ない。
 昨夜の雨で死んだのか?
イヤ、スズメ蜂が、そんなひ弱なわきゃないだろう。

 とにあれ、留守のうちに巣を取ってしまえ!
あいにく、手にはデジカメのみ。
ハチが、いつ戻るか知れないから、のんきにしていられない。

 片手を伸ばし、枝ごと折った。
裏側の死角に、蜂が居たらどないせよう?
…いっかぁ、私、ハチ毒アレルギー持ちだし。
(↑どういう「いい」だよ)

でも、現実には、全身蕁麻疹でボコボコになって、窒息死ってのもアレだよね~
遺族トラウマだよ。

とにかく、その間だけは、蜂は来なかった。
直後に、「ブーン」と羽根の唸る音が頭上にやってきた。
やっぱ、居たんだ。 

 普通に見て、オオスズメバチ。
去年の晩秋に、巣と幼虫を載せているから、興味のある人はドゾ!

戦利品はコレ↓
08may25029.jpg


下側から 巣の径は、約7センチ強ってところか
各小部屋に卵が産み付けられている。
08may25021.jpg


巣は、蜂が増えるにつれ、癒着しながら増設してゆき、外側は丸くなり、
内側は、何段にも層を重ねていく。
巣材は、樹の繊維質なので、大きくても軽い。
08may25030.jpg


夕刻、再度、ヤマボウシの木に近づくと、
除去した枝のすぐ横に、もう、新しい巣を作りかけていた。
なんてマメな蜂…

 …とか言っていられない。
アシナガくらいならまだしも、こんなのが家の周りで増えてくれたら、おちおち外にも出られない。
ってんで、殺虫剤をブッかけたが、蜂は落ちては来なかった。
翌日、薬が掛った枝は、葉が枯れていたが。
08may25032.jpg


 「猫の手も借りたい」とはいうが、
「犬の手も借りたい」とは言わない。

つまり、猫は、そのくらい役に立たないって意味だろうか?
以下、のんきに寝ている2頭
08may25004.jpg


08may25001.jpg


08may25002.jpg


08may25003.jpg
このページのトップへ

モリアオガエルの棲む庭

 昨日、(23)裏のスイレンが咲いた
08may24003.jpg


その葉蔭に、見慣れないカエルがいた。
カメラが近づいても、逃げる気配もない。
08may23027.jpg


そして今日、庭先のコウホネの葉の上に、
08may18008.jpg


また、見慣れないカエルが居た。
08may24020.jpg


 アレ? 昨日、スイレンにも居たよな?
移動してくるには遠いし、そんなに沢山居るとも思えない。
 スイレンを確認したら居ない。

 なんのことはない。
父がこっちへ持ってきたらしい。
08may24005.jpg


 アマガエル↓も、大きいものは、4センチくらいはあるが、それよりも大型で、感じが違う。
ちなみに、アマガエルは、裏の畑の、桶の溜め水で、毎年、繁殖している。
 まさしく「井の中の蛙」である。
08may24013.jpg


 これは、もしかしたら、アレ?

天然記念物のモリアオガエル
山の中の池などに張り出した樹上に泡状の卵を産むカエル 無地タイプ


いくら山間部でも、民家の傍に棲むようなカエルではない。
しかし、居ても不思議は無いのだ。
 その昔、父が、町内奥の繁殖地で卵を採ってきたので、仕方なく、飼っていたから。

 樹上に産み付けられた卵は、卵塊の径15~20センチほどもある。
綿菓子が枝についているのを想像すればいい。
 中の卵は、淡い黄色、径3ミリくらい。
普通のカエルの卵のように、外側に白味のようなゼラチン質は持たない。

泡は、時間と共に外側が渇いていくが、それが皮膜となり、中は水分が抜けない構造になっている。
初夏の、こんな雨降りの夕方から産卵が始まる。…らしい。

 やがて、卵は孵化し、オタマジャクシになるまで泡の中で過ごすと、泡の皮を破って、下の水中へと落ち、そこで成長するのだが、地では、落ちてくるオタマジャクシを狙っている輩が居る。
ほとんどが、落ちると同時に、イモリなどに食われてしまう。
 沢山の卵を産む生き物は、死亡の確率が高いことを意味している。

 
 外敵が居ない我が家の池でのカエル変換率は高く、ほとんどが成長してどこかへ行った。
多分、その子孫が、この付近の山ででも繁殖しているハズだ。
このくらい↓
08may24022.jpg


 カエルとしての俊敏さは皆無
こんなんで、何取って食ってんだ?
簡単に捕まえられるし、こんな風に指に止まらせて撮影もできる。
08may24023.jpg


しかし、ウチには、暇を持て余した天敵が居て、いつも、池の付近をうろうろしているんだが…
まあ、これだけ動かないなら、猫も手を出さないか。
08may23008.jpg


2代目ベタは元気だが、生き餌のボウフラで、一回り大きくなって、メタポかも。
色上げのため、戸外に置いて日光浴中↓
08may23012.jpg


08may23017.jpg
このページのトップへ

秘密の薪さん

修理に出したA1が、あの後、何の音沙汰もなし…
どうなってんの~?
もしかして、追加で買ったCFは無駄?


 「秘密」がアニメになったが、この地方では放映されなかった。
ガックリ… テープ買って待ってたのに。
 でも、ネットで見つけてみてる。

被害者の脳の記憶を取り出して映像化出来る装置「MRI」とその特殊班「第九」
美形壊れモノ系、年齢不詳の優秀な薪警視正は、
妙に元気で別人になってるし

薪さんお気に入りの青木君は、まあまあのイメージだけど、そこへあの設定持ってくるか?みたいな。

青木君の後輩だったはずの人は、先輩になってるし、生きているし…

岡部さんはまあ、普通にゴツイからいい(?)


掲示板覗いてたら、早速、薪人形が限定生産されていたという話が。
SDドルフィー=一体数万円を超す、リアル人形
ここに画像あり→SD薪剛
…なんて言ったらいいのか。

趣味の人は、同じものを「鑑賞用」と「保存用」と「予備」の分を買うらしい。
こんなん、沢山並べて、キモチ悪くないのか?
 趣味それぞれは普通に認める。 
モーホーもバイも鍋も妖怪もアリだ。
「私はイヤだ」という話だ。

 
 物ごころついた時には、既に人形大嫌い女だった。
「嫌い」も、嫌いで済むようなモンじゃなく、人形を見せるとひきつけを起こすので、家にはその類を置けなかったという。
デパートのマネキンを見た時も、酷く嫌ったらしい。


 人形好きな人は、その服にも金を掛けるので、どうせなら、そっちに手を出してみたいのだが、それには、まず、モデルの人形が要る。
人形の服なら、生地も少なくていいし、筋肉の運動量とかの緩みとか無しで製図が出来るわけだ。
 細い袖だと腕が上がらない、とか考えて、補正しなくてもいいってことだ。

 中古で安いの無いか?と、オクを覗いてみた。
「この子は、××年にお迎えしました。
なんたらかんたら… 素手では触っておりません」


 !!そういうカテ?
無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理!
絶対に無理!!!


 中古でも高いし、買えたとしても、私には、とても、あんなモノを身近に置いておくような根性は無い。

 少なくとも、自室には絶対に置きたくない。
「こっち見んな~!」とか、ぶっち切れて、窓から放り出しそうだ。
 動物の縫いぐるみくらいならいいが、人間に近くなれば近いほどキモチが悪い。
霊写真とかで「ここに霊が…」とかやってるじゃん?

ヒトは、点が二つ並んでいたら、それを顔と認識するようになっているので、無意識のうちに顔に見立ててしまうのだそうだ。

 動物は好きだが、馬とか、鹿とか、その他4つ足類、犬、猫、鳥とかはいいが、猿系は一切ダメ!
そこらで怪我した個体見ても、猿系ならスルーすると思う。
 

 昔、寮暮らしの頃、誕生日に、先輩が猿の人形をくれたのだが、マジ、処置に困った。
部屋替えの時、忘れたふりしておいて行ったら、持ってこられたという思い出が…
もちろん、その先輩が会社から去った直後に、思いっ切り捨てた。
「可愛いやろ」 って、どこがやねん!!
(とりあえず、私の領地内に無ければそれでいい)


 うちの母が趣味で作っている飛騨の民芸人形「さるぼぼ」ですら
「視界へ入らないどっかへやってくれ!」と思っているくらいだ。
理由なんてない。
本能的にキモチ悪い。
 
 小学生の頃、学校の夏休み行事で、地域の親子で出かけた先の施設入口で、渡された流行りの人形を、皆が喜んで受け取る中、私一人、断固として受け取らなかったというツワモノである。
小学生にして、既に、徹底的な自己確立(?)
 ふん、年季が違うわ!

 もし、母が死んだら、形見だろうがなんだろうが、あんなモノは、即刻処分してやる。
どうしてもダメなんだ! 
100の足があるという「アレ」に対する気持ちに近いものがある。

 オタ趣味で買ったユニコーンのフィギュアとKARRの模型は、枕元に置いて、寝る前に眺めている。
私が死んだら、同梱…イヤ、同葬(?)して欲しいと思ってるくらいだ。
 もし、KARRの実車が在ったら?
多分、外でもいいから傍で寝る。

 多分、私の感覚は「ヒト」のモノじゃないんだろう。
子供の頃の夢は、雄の孔雀を飼って求愛のダンスをして貰うことだった。
(だから、ダンスの上手な人に惹かれたのかも?)
 私自身は、何の不便も無いんで、別にいい。
↑ヒトの異性に魅力を感じないのは、別に不便ではないと思っている


このページのトップへ

関所

 アナの毛刈りから半月以上が経過、僅かだが、毛先が伸び、黒っぽくなってきた。
「伸びる」とはいえ、カビが生えた程度だが。 
 もう半月もすれば、丸刈りの違和感も減り、「ちょっと変な犬」くらいになる。

 丸刈りで楽になったのか、食欲が増し、欲しいばかりだ。
毛刈り前は、一日一食くらいしか(フードは)食べなかったのに。
注 オヤツは別

  08may20005.jpg


 散歩を嫌がるので、(私も、ダルいからイヤだが)
「アナ、フー見にいこうか?」と連れ出す。
フーは、近所の大きめポメだ。
 なぜか、子犬の頃から、「アナ命!」みたいなポメ。

 シェルティは、ポメの血も入ってるというので、掛け合わせてみたいが、両方とも、既に生殖能力を外してある。
そうじゃなくても、アナは、この春で満9才を迎え婆犬だ。

08may20015.jpg


08may20019.jpg


帰ってきたアナを出迎えるチビっそ
(本当に、ワザワザ来るのだ)

チビっそ、出迎えなのに、威嚇してどうする!
08may20026.jpg


 ああ~
それにしても、体がダルい。
顎関節症は治る気配なしで、食事がメンド臭い。
口内右内側は、噛み癖付いてて、ずっと傷が付いてるし。

原因 歯を食いしばることが多いとなりやすい

そう言われても、体に力が入んないんだから、どうしても、食いしばってしまうんだよ~
以前なった時も、自然に治るのに、年単位掛った記憶がある。
 こりゃ、数年単位で続くわな。

人間の三大欲ン中で、在るのは睡眠欲のみの人生て、すんごい疲れる。
それ、自分に当て嵌めたら、楽しいか?
このページのトップへ

恐怖の夜

 なんだか知らないが、昨夜は、妙に寝苦しい日だった。
うとうとして、ワケの判らない夢を見、何度も目覚め、起きるとぐったり。
 暑いというほどではないが、湿気が多かったからだろうか?

 そして、今日、肌寒いのに、妙にムシムシする。
こんな日は、アレが出る。
足が沢山あるアレだ。

 同じく、足が沢山あるヤツでも、ゲジゲジは、キモいだけだからいい。
 コヤツはダメだ。
いきなり天井から落ちてきて、問答無用で咬むから。
コレに比べれば、足の無いヤツ(幽霊とか蛇とか)は、害が無いほうだ。

 コイツが部屋に出ると、その後、三日は眠れなくなる。
寝る前に布団をはいで確認。
夜中に、カサリとでも音がすれば、飛び起きて確認する。
 神経衰弱になりそうだ。

 「アレ嫌い」な仲間は地味に多く、散歩中出会った人と、挨拶代わりに、
「昨日、アレが、××に出た!」『ウチも、一昨日出た!』と、暗号のような会話をする。
 ちゃんと成り立っている辺りが凄い。

 
正午過ぎ、台所で、いつものように、母がブーブー言っている。
「タワシに付いてたらしく、湯を入れた桶に放り込んだら浮いてきた」
 シンクの洗い桶に浮かんだ赤黒いソレは、長さ15センチほど。
大物だ。
ああ、また、アレのシーズンか…


 さらに湿気が高くなった午後4時頃、ハーフ散歩に出た。
ああ、もう、ドクダミがシーズンだな…と。
 何気なく、道沿いの溝を見た。

でた~っ!!
08may19043.jpg


ブツは、長さ20センチほどに見えた。
早足でどこかへ向かっている。

大嫌いなのに、なぜ、こうも奇遇に出遭う?
このときだって、1分も違えば出会わなかったわけで…

アナと比較↓
08may19044.jpg


 とりあえず、自室の四方に、ティシュで包んだ樟脳を置いた。
アレ除けにはなるが、臭いから、人間も部屋へ入れない。
 なので、最初は、半量くらいから始める。
樟脳の匂いは、三日もすれば、慣れて感じなくなるので、結果オーライ(?)

そうそう、この↑赤黒いタイプは、せいぜいこのくらいの大きさで、毒性もそれほどには強くない。
もう1種の、家屋に住みつくタイプ黒いヤツは、もっと大型になり、毒性も強く、ショック死することもあるらしい。

注 
樟脳はあくまで樟脳であり、パラジクロルベンゼンの防虫剤では無い
この辺りだけなのか、なぜか、年配者の方が、樟脳を知らない。


 雨の降り始めた夕方、2頭がコタツに集う
アナ、ネコ枕状態↓
08may19042.jpg

このページのトップへ

このこねこねこ

 春以来、夜は外へ出されてしまっている白チビだが、昨夜は、ニ階の自室の窓際まで上がってきて、「中に入れて~」攻撃を開始。
 気になって寝れないやんか!
私には権限が無いんだから、そういうことは、母に直訴してくれ。


 茶チビも、風呂上がりに洗面所に居ると、窓外にぶら下がってくるし…
(その後、落下する音のオマケが付く)
 た~の~む~! 
ワンコ一頭維持困難な私じゃ、どうしようも無いんだ!

庭で会った白チビ、転がる
08may18014.jpg


ちょっと顔が怖いんだが…
こねこの頃の風邪の後遺症は治らず、いつも鼻水と涙を出している
08may18015.jpg


デブと近所の家猫
デブの方がガタイがいいが、上下関係では、デブが下らしい。
大きなデブが、一回りも小型なボスの後をついてまわっている。
08may13041.jpg


この前も喧嘩していたが、最近、激しく人相が悪い
08may13033.jpg


喧嘩相手のクロネコ
全身、傷だらけで、禿が沢山ある。
そんなに弱いのに、なぜ、喧嘩を売る?
08may12074.jpg


 部下育成中?
最近、ちびっそは、ミケを追うしぐさをするようになった。
08may13043.jpg


デブは、基本的には性格がいい。
アナに会っても、威嚇や手だしはしない。
(一番復古なのに、猫に威嚇されてる中型犬というのもアレだが)
08may07018.jpg


数日に一度は開かれる、鯉解体ショー
左はちびっそ、右は、白チビの母親「ニャ」(居住区不明)
どの猫も、丸のままの魚を咥えて逃げるという甲斐性はなく、こうして、切って貰うのを待っている。
08may07083.jpg


「ニャ」は、こいつらの中で、要領最悪のアホな猫だが、四兄妹の中で唯一生き残っているという点では、山下画伯のような要領の良さ(?)の持ち主かも知れない。
なぜか、線路の上に座っていることが多く、ヒヤヒヤさせられる。
今日も、轢かれてるのかと思った。

アナに挨拶する「ニャ」↓
08may15014.jpg


アホと言えば、この前の燕。
アレを見て以来、あの家の前を通るたび、チェックしているんだが、翌日だったか、
テープがぶら下がった辺りに、燕が巣を掛け始めていた。

 お前ら、たった二日かそこら前の災難を忘れたんか~!
(鳥頭とは言うが)
っつーか、どうして、そこにこだわる?
 ウチなんて、玄関開け放してても、燕が視察にも来ないってのに…

そういえば、うちには、あいつら↑が居るんだったよ。
頼んでも来ないだろ。

 ちなみに、燕は、廃墟には巣を掛けない。
新しい家を好む。(災害時にも、壊れそうにないから?)
人が住んでる家は、間借りしても安全、ということなのだろう。

 その後、造りかけの燕の巣は、家人により撤去されていたが、
それでも、燕は付近をうろうろしている。
このページのトップへ

愛車 三日がかりのコーティング終了

 春がきたと思えば、あっという間に過ぎ、もうすぐ夏。
体力要るし、メンド臭いからスルーしていたが、暑くなる前にと、車のコーティングをした。
冬前にして以来、実に、半年間の放置である。
(冬季は乗らないからいいけど)
 
 乗るだけで、後のことは店任せの余裕がある人とか、ダンナがしてくれる人には、一生無縁の作業だと思う。

どう言ってみても、自分で経験しないと判らないことってのは、普通に多い。
 背骨のズレた時の痛みとか、そういう体で生きてくことのもどかしさとかさ。
基本、さっさと人生降りたい主義だし。
他人は他人、長生きしたい人はそうそればいいだけの話でそ?


 車いじりは、ブツが大きい分、体力が要ってしょうがない。
若いころは、週イチのワックス掛けでも平気だったのに、
なんなんだ、この差は~?
 
 まあね、私は、結婚していたときも、その前でも、自分の愛車を他人任せにするのはイヤなんで、できることは自分でしていたが。
 
 でも、いつも思うんだけど、自分で出来るようなことでも
「彼に頼んで…」「彼に聞いてから…」とかいう人って、ナニ?
 ウチの妹がそうなんだが、同性から見ても、依存体質はウザいわ。
異性でも、「お前なんぞ、×んでしまえ!」…くらいにはウザい。

 あ、でも「利用する」ってのは、ある意味「それだけの能力がある」ということで許容かも。
ただの無能なブサイクでは、他人(この場合、異性のこと)を利用することなんて出来ないんだし。
 って、何の話や。


 寒地の冬場の戸外作業なんてイヤだし、ようやく春になったと思えば、春先は風が強くて、作業中に埃が飛んでくるから、かえって傷を増やすことになってしまう。
その後も、桜見物やなんかで、ズルズルしてしまった。
 一応、気にはしていたらしく「サイドをブツけて、30万の修理見積もり」という悪夢は見た。
イヤ過ぎ!

 疲労は毎度のことなので、三分割くらいで作業しようと思って始めても、
結局、一気に作業してしまう。
その結果、筋肉痛や背骨ズレ。

 普段だってヨレヨレなのに、これ以上はマズい。
カラダに力入んなくて、足上がらないから、歩いてても、よく、そこらで躓いてしまう。
どんだけ年寄りだよ…orz

 
 で、対策を練った。
今度こそは、絶対に、分割作業するぞ!と。
なんたって、ボンネットの面積だけでも、1.3m×1.3mもあるのだ。
 「ワンボックスは、もっと面積がある」って?
知らんわ。
だいたい、私が絶対に買わない車を引き合いに出されても意味ないし。


作業中は乗る必要が無い日を選択、時間制限を付ける。
途中で雨が降らないことを祈って開始。

一日目 右前後フェンダーとドア、右側半分ルーフ、前後ホイール
二日目 ボンネット(裏側含む)前バンパー、フロントホイール、左フェンダー
三日目 左ドア、ルーフ左半分、リアフェンダー及びトランク付近、リアホイールとバンパー

三日目が、微妙に分量が多いような気もするが、深く考えるのはやめ。

 で、一昨日の出かけ前に作業を開始、今日でようやく終わった。
ヘロヘロなので、その間は、他の仕事らしきものは除外。
 っつーか、夕方まではなんとか起きているが、食事後に爆睡状態にハマる。
(その後に起きるが)
とりあえず、これ以上酷くならないよう、クエン酸を飲み、湿布貼りまくり。


 疲れているときに製図とかすると、とんでもないミスすることが多いので、
むしろ、なにもしない方が得策とでもいうか…
 昨夜上げたページも、二枚も画像名間違えていたし。
(間違えると、画像が表示できない。 ま、実生活には支障ないわな )

とにかく、これで、晩夏くらいまではやんなくて済む~!
あっ… オイル交換してないわ。
(↑することは、ミシンのオイル交換と同じだが、ここまではやらない)

隣市のディーラーまで行くのがダルいよ…orz
08may16074.jpg


 
 ヤマボウシの初開花 
おめでとう! 
適当に数えたんだが、50コくらい花が付いているもよう。

08may18025.jpg


 しかし、ここまで長かった。
本葉が2枚くらいの実生苗から育てて、10年近くか?
年寄りなら、十分、死んでるわ。

これも、ホウが花弁に見えるだけなので、どの時点で開花宣言なのか、よく判らん。
緑のホウが、だんだん大きくなってきて、白っぽくなってくる。

08may18024.jpg


↓は12日のものだが、こうして見ると、あまり変わらないように見える。
08may12070.jpg
このページのトップへ

バイカウツギ

 さっき、記事を書こうとしたら、重くて画像が上がらない。
面倒なので、本館に貼り付けて終わり。 
本館はようやく追い付いた。

ここ、未だに重くて上がらない。
どうなってんの?

バイカウツギを買った。
すっかり、ウツギマニアになってしまった。

↓は他所ん宅の花だが
 08may16169.jpg
このページのトップへ

ニオイバンマツリ2

一昨日、店舗にカメラを持ち込んだ帰り、いつもの園芸店へ寄った。
「ガーデン テラ」 
別に「地球へ…」オタだから、ここを選んでるわけじゃないかんね!

 目的は無かったが、なんであれ、花を見るのはいい。
花壇? 気にいったのがあっても、買えないじゃん。

 で、ニオイバンマツリがあったので、また買ってしまった。
↓右側は一緒に買ったミニ薔薇、左側が最初に買ったヤツで、真ん中が今回の。
小さいのも確かだが、安い!
 (家に帰って植え変えてある 元はポット植え)
 08may09011.jpg


 前回のは、花が終わった個体だったので、なんだかな~…な感。
今回のも終わりかけだったが、前回の鉢よりは咲いている。
葉も小さいから、小型種かも知れないが、香は素晴らしい。
 数輪咲いてるだけなのに、6畳の自室が香る。
天然のアロマテラピー抜群、自室に、この花がある時は、あまり悪夢を見ない。


 これを期に、前回買ったクチナシは、階下へ降ろしてしまった。
クチナシ、「香のプリンセス」と詠ってる割には、傍へ寄らなきゃ、香は判らない。
しかも、意外に、ひとつの花の寿命が短く、咲いたと思えば、もう枯れている。
 詐称じゃん。 やっぱり、気まぐれに浮気するんじゃなかった。

08may09012.jpg


 変な形が付けてあるな~とは思っちゃいたが、見るからに窮屈そうなので、
留め具を外したら、こんなん↓だった。
 しかし、ここまで栽培して、形まで作って、この値段かよ!
園芸農家も、やっていられないだろうな。

 前回買ったヤツも、次の蕾が数個出ている。
ニオイバンマツリは、この辺では年1の開花だが、暖地では年中咲くらしい。
 羨ましい! 

 もしも露地植えが出来たら、これで垣根を作りたい。
とりあえず、同行した小母に、「私が死んだら、この花供えてよ?」と頼んでおいたが、三日もしたら忘れるような人だ。

08may1001.jpg


一緒に買ったミニ薔薇だが、小さくて可愛いから買ったのに、植え変えてみると、一本じゃなく、挿し木苗が数本押し込んであった。
花の咲きそうな枝を挿し木して、寄せ植えで、形を作ってあるのだ。
一気に、冷めてしまったよ。
 ピンクよりも白花が好きだが、あまりに可愛いので買ったんだが。

 やっぱりコレか…
同じ花が、大きな苗に咲いていたから、もしかしたら…と、疑ってはいたが…
以前買ったミニ薔薇も、そういうタイプで、植え変えたら、ミニじゃなくなった。
 
市販の「タラの芽」とかも、そうやって芽を出させたものだ。
タラの栽培地を見ると、数センチの小枝の先から芽が出たヤツが、野菜のように畑に並んでいる。

08may09013.jpg


まあね、花は、本当に小型だ↓ これで白花だったら…
08may09014.jpg


 
 先週、オクで買ったCFカードが届いた。
でも、カメラが無いんで、動作確認が出来ない。
 (サブ機で撮ってはみたが)

UltraIICF_1GB.jpg


 終了日がアレだったんで、早い人なら、ギリギリで間に合うかも、と思ってたんだがダメだった。
オクのメモリーは偽物が多いらしいが、とりあえず、PCで調べたら、本物のようなので良かった。
 ストアじゃなくても、連続して出している人は、偽物率が高そうなので、個人っぽい人のを狙っていたのが正解だった。


 …まあね、それも、カメラが治って帰って来ればの前提だけどさ。
できれば、桜の時期前に欲しかったな~ ←貧乏なので買えない。

 ただ、気になることが一つある。
ウチのPCはノートで、容量小さいから、一度に1GBも転送して、エスプローラー死なないのか?

TIFF画像転送のときなんて、数枚の転送で、無茶苦茶時間が掛るし。
 

 ちなみに、前に買った中古の250Mのカードは、これより高かった。
当時としては安かったのだが、たった2年で、ここまで値下がりするのか。

 でも、カメラが治らなかったら、このカード無駄じゃん。
今、純正バッテリーが、安くオクに出ているんだが、カメラの状態が判らないので買えない。
あ~う~… 

ちなみに、↑は、半壊状態のコンデジで撮ったんだが、こっちのほうが、紫がちゃんと出ている気がする。
ニコンの安いコンデジ、クールピクスこれ

 いっそ、これを買い直そうかとも思ったんだが、この後続機って、接写距離が長いんだよ。
小さいCCDなのに、やたらに画素数ばっか大きくしてるし。
元が、「一番接写距離が短いヤツ」条件で買ったから、これがなきゃ意味無し。
 
別に、カメラオタじゃないから、デジカメなんて一機でいいんだけど、A1だと、こういう接写が出来ないんだよねぇ…

CFカードのプロパティ↓
08may10sd.jpg

 
 
このページのトップへ

デジカメ入院

 今日、予定通り、隣市へ出掛けた。
目的は、カメラの修理だったりする。
 
 新緑輝く、とてもいい季節なのに、
↓クリックで全表示
08may07a079.jpg

 
 開花を楽しみにしているジャーマンアイリスが、今朝から咲き始めたのに、
08may08004.jpg


 当分、カメラが無いワケだ。
(正確には、半壊状態のコンデジがあるが)

ちなみに、そのカメラはコレ↓ミノルタ ディマージュA1
二月初めにカイロへ行ったとき、「見に行くだけ」の積もりだったのに、実物を触ったら、カード払いで買ってきてしまったシロモノだ。
08may07c004.jpg


 
 当初は、オクで買うつもりでいたのだが、掲示板巡りで、このカメラが、色んな時限爆弾を抱えていることを知った。
一番のアレは、デジカメの要であるCCDのリコールだ。
いつ発症するか判らないし、症状が出てからでないと直して貰えないらしい。

 さらに、さらに問題は、メーカーのミノルタが、カメラ事業から撤退してしまったことだ。
アフターケアは、譲渡先のソニーが引き受けるらしいが、ユーザーにはビミョンである。
 私も、長年、αシリーズを愛用してきた身なので、ソニーがその名を使うのは、結構抵抗を感じる。


 オクで買うのはいいが、ナンがあるのは困るし、できれば操作性をみたいので、どこかで実物を見られないものだろうか。
岐阜は田舎だが「×ード×フ」くらいはある。

 私は基本的に電話が嫌いだが、なんせ、以前のような体力が無い。
どう考えても、店を回って探すより、電話で聞いた方が早い。
 
 そうして、カイロプラクティック行きの前日、「見るだけ」の積もりで、(出来れば操作も…の腹積もり)「×ード×フ」店に絨毯爆撃電話を掛けたら、タマタマ、一番近い店に在った。
 
 正確には、もう少し遠い店舗にも、一体在ったのだが、値段が倍くらいも違う。
新同なのかと思ったが、そうではないらしい。
 同じ系列の店で、どうしてここまで差があるワケ?
この状況で、ワザワザ、遠くの高い店を選ぶワケがない。
 
 
 ブツは、入荷した後、メーカーによる点検修理を受け、CCDも交換済みという。
オクの相場より少し高いが、3か月保保障が付いている。
 その間に、何か不具合があれば、修理は持って貰えるワケだ。

 で、カイロ帰りに実物を見る。
「触ってもいいですか?」
で、OKの返事に、かまいまくるが、店員さんは、他の仕事にかまけ、私を放置プレイ。
 初めから、機種限定で問い合わせたので「説明不要のオタ」と思われたのか?

 うへへ… ええじゃないか!
室内、ストロボ無し、手持ちで適当に撮ってるのに、ブレてない。


 しかしだ。
月末には、車検が待っている。
こんな玩具を買っている場合じゃない!
 とりあえず、手持ちのデジは動くわけだし。

 う~ん… あ~う~…
手にしたカメラの、ずしりとした重さが、「このチャンスを逃すのか?」と追い詰める。
 
 思うように動かないカラダ、この先、仕事がどうなるかも判らない。
………

「あの~… 車検があるんで、支払を少しでも先に延ばしたいから、カード3回払いでもいいですか?」
↑リコリス 落札される
客の好きなように品物をかまわせるのは、やはり、これが目的なのだろう。


 そうして、そのカメラは、即日お持ち帰りとなった。
分厚い取説は、操作の判らないところだけ読んで、放り出す。
待望の、ROWデータをいじれる(ハズの)付属の画像編集ソフトは、未だにワケワカメ。

 ズームは手動、銀塩一眼と大差ない作りなのに、起動音が 「ちゃららん♪」と軽い。
当初は、起動の度、違和感に脱力していたが、それも、知らないうちに慣れた。

ちなみに、スペックはコレ
 明るいワイドレンズに、アングル可変式ファインダーと液晶のおかげで、以来、小型の花の撮影も楽々。
花音の画像が、やたらにローアングルになったのは、このせいだ。


 メーカーが、コンデジに資金を掛けていた時代のモノなので、しっかりしているが、結構、デカい。
男や一般成人ならともかく、たびたび「子供のような手」と言われる私の小さな手では、持つのもギリギリである。
 市販のプレスレットとか、たいていは、私の手からスッポ抜けて飛んで行ってしまう。
 ↓
08may07c002.jpg


 激しく蛇足だが、私は足も小さいので、(←22.5)セール時期まで売れ残っている率が高く、それでも売れないことが多いので、調子よく行けば、さらに安くゲットできるのだが、逆に言えば、昨今のワイドサイズの靴で合うモノはほとんどなく、結構不便だ。
 普通のバンプスでは脱げてしまうので、仕方なく紐付きを買うことになる。


 たっぷりと資金を掛けたカメラの、合金ボディの重量は600gを超える
手に収まらないうえ、利き腕の靭帯ヤった私では、長時間支えるのが困難なので、落とさないよう、普段は、こうして↓手首にストラップを二重に巻いて持っている。
 
 首に掛けれ? 頚椎ズれるやんけ!
 
 銀塩一眼と変わらん重さじゃないか、と思ったが、買取に出す為、久しぶりに持った一眼は、当然、もっと重かった。
 以来、アレよりは軽いと、自分に言い聞かせながら持ち歩いているが、
重いことには違いない
08may07c003.jpg


 買った当時は、時期柄、撮る機会も少なかった。
暫くして、起動中に固まり、操作を受け付けなくなる、ということが起きるようになった。
 電源も切れないので、最終手段として、電池を抜いて入れ直すと、何事も無かったように動き出す。

 まあ、デジモノは、エラーは多いし、再起動で治ることが多いから、こんなモンだと思っていた。
とりあえず、桜の時期が過ぎるまでは持ちこたえて貰って、それ以降もおかしいようなら、保障期限内に点検修理に出そう。


 そして、先月、いつものように近所で花撮りをしていたら、起動中なのに起動音がして、画像サイズが勝手に変わっている。
 ?? 私が触ったのか?

 その数日後にも、同じ症状が発生。
ヤバいわ! 
時限爆弾が起動したか?

そうじゃなくても、古いから、いつ逝ってもおかしくは無い。
 

 保証書を見ると、五月初めで切れることになっている。
即、店に電話すると、「期限内に不具合が出たら」の前提なので、(当分、メーカー休みだし)連休後でもいい」との返事を貰った。
最悪、返金もアリと言われたが、私はクレーマーじゃない。
 担当の人が変わって、話が違ってくると困るので、しつこく確認した。


 で、今日、店に持って行ったワケだ。
コレで紫系の花を撮ると、青くなってしまうので、ついでにCCDの色調整もできないか?と聞いた。
「修理後の状態が納得できなけければ、返金も可です」

 だ~か~ら~…
私はクレーマーじゃないっつーの!!

ヨダレ垂らしながら(←比喩だかんね)オク見てて、ようやく手に入れたのに。

 ホント、当時にその存在を知っていれば、無理してでも買ったのにさ~
一眼は、重くてメンドクサいから、もういいわ。

「クレーマーじゃありませんから、これが治ればいいんです。使い慣れたし… メンド臭いカメラで済みません」
と、お願いしてきたが、これって、ハタからしたら、やっぱり、クレーマーなんだろうか?


 帰り道、道路脇に垂れさがるタニウツギの花を見て身悶え、家に着いて、開花したアイリスの花を見て身悶え。
デジカメに移行して以来、激しく日常的に使っているので、カメラが手元に無いこと自体が落ち着かない。

 うぎゃ~!! これから先、短くて半月これかい!!



…多分、イヤ、絶対に、シルビアが居ないよりは、はるかにマシな状況だと、自分に言い聞かせている。
 外見、並以上にドレッシーな機械オタ女。
アホは死んでも治らない」のサンプルである。

出先で撮った、満開のナンジャモンジャの花↓クリックで全表示
08may08a066.jpg

このページのトップへ

燕(ツバメ)ホイホイ

 連休中は、向いの国道の通行量をみて、本能の赴くままにヒッキー。
その間、続く暗いニュースに「…」
鬱の人のうちで、硫化水素が流行りらしい。
他人がはしゃいでいると、余計に落ち込むのだろう。


 明けの今日、…って、もう「昨日」か。
所要で車を出した。
国道が見えるようなところではあるが、自宅前の道路は狭く、対向車が来たら、(いくぶんでも)広い所で待つような道だ。
当然、車の速度も低い。

 数件先、右側の家の軒下で、黒い何かがバタバタしているのが視界に入った。
クロアゲハかな?
 イヤ、なんか違う…
鳥? イヤ、なんで鳥が? 
雛? にしては、まだ早過ぎる。

 通り過ぎたところで車を停め、それを見に行った。
それは、燕だった。
片方の翼から体に掛け、べったりと、荷造り用のクラフトテープが張りついている。
 飛び上がろうとしても飛べないので、地面でバタついていたのだ。

 なんなんだ?
燕が、どうしてこんなことに???
 
 とりあえず、燕を抑え込み、確認する。
翼は無事なようだ。
「大丈夫だから! 暴れるな!」
 通じるわけないと判っちゃいても、つい、口に出る。


 鳥は、あれで、結構兇暴なのだ。
元は爬虫類だろ? 当然といえばそうだ。
動物は「仲間同士の喧嘩で、相手が降参しても殺すのは、鳥と人間だけ
…と言われるくらいだ。

 スズメとか、ヘタに掴むと、思い切り食いついてくるからバカにならない。
飼い鳥のセキセイインコとか、本気で怖いぞ?
 巣箱から出た雛は、その瞬間に、家族ではなく、侵入者になるらしい。

 ウチで、以前孵化させてたカップルは、私がちょっと目を離した隙に、朝方巣箱から出たばかりの雛鳥を食い殺したことがある。
雛は、自分の母親が攻撃してくることなど、意識の範疇外なので、反撃も、逃げもせず、鳴き続けていたようだ。
 もちろん、以後は、巣箱から出てしまった雛は、時期前でも、即、隔離したが、「可愛そうなことをした」という想いは、今でも、記憶の底に、澱のように残っている。

 
 言葉が通じたのか、意外にも、燕は、大人しくしていたので、テープの向きを確認し、羽根の向きに逆らうことなく、安全にテープをはがすことができた。
なんたって、鳥は、翼が命である。
 軽い体で、ハイスピードで飛ぶ必要のある燕には、翼の羽根一枚でも折れたら命取りだ。

 以前見た特集で、燕の体重は15gとか(だったか?)言っていたが、鳥とは思えない軽さだった。
あの体重に、テープ一枚でも付けたら、とても飛ぶことはできまい。
 オク送付をしていると、紙一枚の重さを実感する。
テープ一枚の重量で、定型外重量オーバーになるのも稀ではない。

 
 燕のテープをはがし、体を確認したが、一見では、損傷は判らない。
一瞬、連れ帰るべきか?と悩んだが、離してみたら、すいっと飛んで行ったから、無事だったんだろう。

 しかしだ。
どうして、こんなテープが付くハメに?
テープの長さは30センチほど。
荷づくり用のテープをはがしても、燕に張り付くほどの粘着力は残っていない。

 とりあえず、その場は所要を続行、その帰りに、その理由を知った。
さっき、燕が落ちていた家の軒に、何本ものテープがぶら下げてあるのだ。
ハエ捕り紙のように。

 その傍にはCD板がぶら下げてある。
鳥除けだ。
ああ、そういうことか!
「ゴキブリホイホイ」ならず「燕ホイホイ」だ。
 
 原因が判ると同時に、酷く、胸糞が悪くなった。
クソ婆、クソ爺、×ね!!(←そこの家のこと)
 ウチの母は、どうして、こんなヤツと友達付き合いをするんだ?

 そうじゃなくても、私は、そこの家の人に、いい印象を持っていない。
具体的に何をされた以前に、直感的なものだ。
まあね、私が呪わなくても、そこんチは、結構、不幸がてんこもりだが。
業は自分に還る」ってヤツさな。
 

燕は飛び去っても、「その意図」を見てしまってから、重苦しい気分だった。
口の中に、砂を突っ込まれたかの如く。


 燕は、農業をしている人においては、益鳥だ。
だから、燕は、人の家の軒に巣を作り、ある意味、共同生活をしてきたから、他の鳥ほどには、人間を嫌わない。
 
 どんな動物でも、たいてい、人間を嫌う。
ガラパゴス諸島とか、ごく一部の地域を除き、ほとんどの生き物から嫌われているということは、「とてつもなく、人間は悪い生き物である」ということの証しでもある。


 この辺りの家は、「家が汚れるから」と、燕が巣を作るのを嫌う。
だから、この季節には、ひたすら、燕を追い払う。
 まあ、そうではない家も、あるにはある。
知人の洋品店は、店の軒に燕が並んで巣を掛けていたが、下に段ボールを敷いて、見守っていた。


 ホンの少し昔は、燕が玄関に巣を掛けたら、大事に見守ってきたものだが…

 ちなみに、我が家も、大昔は燕が来ていたのだが、ある日、落ちた雛を巣に戻したら、何がどうだったのか、とんと、燕が寄り付かない家になった。
 燕が来ていた頃は、玄関上のガラスの一部を切り取って、出入りできるようにしていた。 


 なぜか、世間一般では、「田舎の人は、純粋で、親切」などというイメージがまかり通っているフシがあるが、それは、大間違いだ。

 純粋=時代についていけない、井の中の蛙的バカ
気配り、親切=他人の行動を見張り、触れまわるのが唯一の楽しみ
そういう面は確かにあるが、それゆえか、とても強欲だ。

 だからこそ、催眠商法の類にひっか掛るのだ。
考えてほしい。
例えば、人気アイドルが、知らない人にプレゼントを貰い、それを好意と受け取っても、ごく当然のこと。

 ちなみに、過去に、その手のキャッチセールが流行った時、私は十分に若かった。
見知らぬ男から、いきなりプレゼントを貰っても(それほどは)変でない程度には。

 岐阜市内を車で移動していたら、信号待ちで後続車の運転者が降りてきて、声を掛けた。
「配送中の荷が余ったから、上げるけどどう?」
『要りません』
 キっパリ断る私に、怯む男。
「本当に要らないの?」 ←普通は、それが何かを聞くらしい
『要りません』

 その後も、そういうことがあったが、モノが何かも聞かずに『要りません』
私は、欲しいものは命を賭しても欲しいけど、要らないものは、タダでも要らないんだよ~!
残念だったな。 ふん!
 

 見ず知らずの人が、こ汚い婆に、タダでモノをくれるだろうか?
自分だったら、知らない人に、畑の屑野菜一つでも上げないだろうに。
ちなみに、そういう強欲な人が作ったくず野菜は、「道の駅」とかの施設で、ひと束いくらで売る。
 
 お前らなんぞ、催眠商法でボッたくられてしまえ!!
やっぱり、田舎は嫌いだ~!!
(その前に、自分が人間であること自体がイヤでしょうがないんだが…)

1日にでも早く、もう、人間やめてぇ…


写真は溜まってるけど、更新が間に合わないので、今日の1枚を壁紙サイズで
ヤブテマリ
08may07a054.jpg

このページのトップへ

初夏の風物詩

本館にウスバシロチョウを
08apr30069.jpg


別館にアナ刈りを

使用前
08apr30013.jpg


使用後
08apr30141.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する