FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

充電池の謎 付録 猫詰め

 ユキワリソウの蕾が顔を上げていたので、撮ろうとしたら、二枚撮らないうちに電池切れになってしまった。
うぞ~… 昨日も充電したのに!


とりあえず、この一枚は撮れていた↓
開花には、まだ一週間はかかるだろう。
 
08jan26001.jpg



 最近、すぐに電池切れになるのは、電池の容量が低いのと、ひと組の電池で、連日充電しているうえに、この寒さで、電池の性能が落ちているのだと思っていたのだが、二枚目が撮れないというのは、もはや性能ダウンどころではない。
 電池の寿命がきたと見るべきだろう。

 しかし、どんだけ大食いのカメラだよ?
そりゃ、私の使い方も、いっさいファインダーを使わず、液晶画面でピント合わせるという、電池食らいのモノグサしてはいるけどさ。


 今回使っていたのは、サンヨーのエネループ。
数年前にPC関連で買ったコンデジが、単三乾電池2本でも可なタイプだったので、そのへんで充電池セットを買って、普通に使っていた。

 そう、普通の乾電池と同じだと思っていたワケだ。
我ながら、無知ってのは恐ろしい!

 だって、しょうがないだろう?
店員さんに聞いても、充電器とか全然知らないんで、裏の説明読むしかないじゃん?
「充電して、繰り返し使える電池です」
メーカーサイトの説明も、そんな感じ。
 

 そんなだから、目に付いたものを適当に買っていたので、そこに1650mahの充電池しかなければ、それを買っていた。
 自分で経験して、これでは容量が小さいと理解し、以来、なるべく高容量のモノを探しているのだが、この地域では、2000mahですら珍しいのだ。

 
 その後、オクで買ったデジカメ「ディマージュ7」が、私に、電池容量の感覚を叩きこんでくれた(?)
「電池のメモリ効果」ってナニさ??
「継ぎ足し充電可」ってことは、不可な電池もあるってことか?
  
 とにかく、手持ちの充電池では全く歯が立たず、メーカーサイトをうろつき、オクのストアで買ったのが、最高容量の2400mah電池2組8本と充電器。
 今まで使っていたメーカー「パナソニック」でもあるし、安心していたワケだ。
(というか、この付近に売っている充電池は、たいていパナソニックなんだが)
 
 
 「当分、電池なんて買わなくてもいいだろう」と思ったのは、全くの勘違いだと判るまで、そんなに時間は掛らなかった。
 
 
 電池容量が大きいだけに、確かにパワーがあり、私が、ちょこちょこと出た先で撮るくらいなら、予備は使わずに済んだ。
 が、それも、数か月の間でしかなかった。
充電しても、すぐに電池切れになってしまうのだ。
 そうして、丸1年を待たずして、高かった電池は死んでしまった。
早っ!!

 
 その後、カイロプラクティックついでに寄ったカメラ店で、高容量の電池を探したのだが、やはり2000が限度。
店員さんの説明では、「高容量の充電池は、充電後に放電しやすい」らしい。
 今まで使っていた電池は、充電しても、放電してしまっていることが多かったのだが、経験から、充電池はそういうモノだと思っていた。
 
『指定の充電器をお使いください』って書いてあるのは、タテマエなのか、本当なのか?」
と問うと、「問題なし」
 で、「エネループ」を買った。
ちなみに、その扱いやすい性質で、一般人に充電池というモノを広めたのが、この電池らしい。


 充電池を使い始めてから、新旧が混ざってはまずい、と、使い始めに、電池に日にちを書いたメモを貼っておく。
 去年の8月に使い始めたエネループが、もう寿命かよ…
「1000回繰り返し使用可!」が売りのエネループなのに、私、100回も充電してないと思う。
やはり、2000mah程度では、容量が小さいのかな。
 でも、エネループは、2000が上限だ。
 
 電池を酷使し過ぎだと判っちゃいても、ビンボーなので、何組も買えないのだ。
だって、充電池って、結構高いんだよ?
ただでさえ、単3を4本要るんだから!


 年末あたりから、電池の寿命を感じてはいたので、例によって掲示板を探した。
目から鱗! …私、随分、いい加減な使い方してたわ。
 指定外の充電器は「個人責任で」

って、やっぱりアブないんじゃないか!
爆発や液漏れをしなかったのは、単に運が良かったのだろう。
「接点を磨く」ってヤツも、手持ちのダイヤモンドやすりを使わなくて良かった!


 素人には、高容量電池の扱いが難しいことも知った。
どうりでね~ 
メーカーサイトの説明なんて、いいことしか書いてないモンな。

 ちなみに、私が情報を探すのは、大手の、評判の良くないあそこだ。
下手に質問すると「過去ログ嫁!」とか「ググれカス!」とかレスされてしまう、ある意味、とても敷居の高い掲示板だが、情報量の多さは他と比較にならないし、タテマエ説明以外のことが判る点ではありがたい。

 
 エネループの評判はいいが、近所には売ってないし、充電器が合わないから寿命が短かかったとも思える。
 放電し難い電池として、パナソニックからも新しいタイプが出たらしい。
通称「緑パナ」 (旧タイプは「金パナ」と呼ばれるらしい)

 大概の新製品は、田舎に来るまではタイムラグがある。
都会では、とうに消えた金髪も、この田舎では、未だ世代を問わない支持率を保っている。

 
 全く、これだから、ド ド ド田舎は!
近所のホムセンで、「1650mahの充電池なんて、何に使えるんだよ!」と、心の中で悪態付いて帰った日。


 まあ、今度出た時探せばいいか、と思っていたら、その前に寿命が尽きてしまったのだ。
忙しくなくても、仕事が入ってる時は、極力、用事は町内で済ますことにしている。

 
 オマケに、この寒気!
夏場なら、雨さえ避ければいいが、冬場は、帰り道の凍結時間が早くやってくる。
昼中に出て戻らなければならないうえ、翌日寝込む前提では、中々出られない。
 もう、ほんとに、「時間があったら寝ていたい」…みたいな。
 

 そして先日、寄ったホムセンで、充電池コーナーを見て、「2000かよ…」と帰宅。
そして今日の撮影で思い知り、メーカーサイトで正式な品番を調べたら、ウチにあったのと同じタイプだった。
 パナの2000だから、他のと同じだと思ってたが、見直すと、胴体に緑色が入っていた。
 
 私の行動範囲から考えて、近所のホムセンで買ったモノだろうな。
日付は「06.10」となっている。
 じゃあ、昨日見たのはコレか?
行ってみれば、まさしく、そのとおりだった。

灯台元暗しかい
って、私、数字と値段だけ見て、本体はろくに見ないで買ってるんだな…
どこかの店で誰かに会っても、たいてい、相手に呼ばれるまで、全く気付かないし。
(注 ↑見た目がアレなので、遠くからでも、相手に見つけられてしまう)


実写版 猫ぎゅうぎゅう詰め
この時点では、まだ湯たんぽが入ってないので余裕がある

08jan26003.jpg
スポンサーサイト



このページのトップへ

銀塩一眼とお別れ

 某プログに、銀塩一眼を、専門店へ買い取りに出した話が出ていた。
私も、丸1年以上、銀塩一眼を使っていない。

 年数は経っているが、ターゲットが花や景色なので、年中使っていたわけじゃない。
初秋を最後くらいに、翌春まで電池を抜いて置いてあるだけの状態が普通なので、次に使うときには、たいてい、手動での操作を忘れていて、出先で取り説を読んだこともある。
 最後に使ったときは、フィルムを入れることを忘れているほど、デジが当たり前になっていた。

 デジの一番の利便性は、プリントしなくても、PCで画像が確認できるというところだと思う。
(第一、フィルム代も現像代も掛らないし)
35ミリフィルムがどれだけ鮮明に再現できようが、一般人の腕と使用目的では、あまり意味がない。
 歯切れのいい動作音とか、壊れにくさという点では、いきなり逝くデジよりは不安が無いが。


 数年前、身辺整理を思いたった時、「いっそ、オクで売ってしまおうか?」と、それ用の写真まで撮ったのだが、思いきれなかった。
「想い」だけではなく、売り後の、クレーム対処が鬱だったということも一因だ。
 だいたい、全部の機能を使ったこと自体も無い。
そのうえ、現像してみないと判らないのでは、動作確認も難しい。


 以前、広角の単発レンズを、欲しがる知人に売ろうとしたら、レンズにカビが生えていると言われ、結局、タダで上げた。
(カビかどうかは知らないが、事実、ゴミみたいなものが映り込んでいた)
 専門店ならば、そのテの判断が出来るから、私は煩わされずに済む。

 
 長年、私の視界を写してきた一眼レフカメラ「ミノルタ α707si」
私の、「第3の眼」だ。
08jan26012.jpg


 出来れば、親しい人にでも貰って欲しいが、私の周りには一眼マニアもいない。
イヤ、一眼以前の問題で、「カメラを構えて、被写体をフレームに入れる」ということすら、できる人が居ないのである。
 当然、センスも構図もあったモンじゃない。


「やらしいヤツ!」と思われそうだが、私は、写真の構図とか、一度も勉強したことは無い。
幼い頃から、遊びで絵を描いてきたせいか、「画面に配置する」ということを、無意識でやっているらしい。
 
 例えば、「どうやって息をするの?」と聞かれても、答えようがないだろう?
まあ、「胸郭筋を広げて、肺の細胞に…」とか答えられる人も居るかもね。
 色々やってきたが、ほとんどが感覚的なことなので、何かを人に教えることは苦手だ。

 
愛用のカメラも、使わないまま保存しておいても仕方がない。
万一、後に残っても、扱いに困ることになる。
服にしろ、カメラにしろ、とにかく、使わないものを、無意味に保存することが嫌いなのだ。
 
 
 思いたったら即行動に移した方が、思い切りが付いていい。
とりあえず、見積もりを依頼した。
その店は、連絡すると、専用箱で回収して、見積もり後、納得がいかなかったら、送料を出せば戻してくれるというシステムになっている。

 しかし、「セットで3千円」とかだったら、どうしよう?
不燃ゴミに出すよりはマシ、と思うしかないだろうか?
微妙過ぎる…


資料が無くて、あんまり似てないが、ユキワリソウ
08j18yuki02.jpg


ジンチョウゲ
08j22gintyo02.jpg


季節感バラバラだが、エゴノキの花
08j22ego02.jpg
このページのトップへ

猫 ぎゅうぎゅう詰め箱

 昨日、今日と、酷く寒い日が続いている。
正午過ぎ、わんこを洗って、そのタオル類を洗濯して干した頃、向いの山に遮られ、陽が外れた。
さらに寒さが増した。

その30分後、出掛けに洗濯物を見ると、タオルは、風に煽られた姿のまま、パリバリに凍りついていた。
普通は、陽が外れたら、ほとんど乾くことは無いが、生渇きになっていたあたりが凄い。
まるで、冷凍後、水分が無くなった食品のようだ。


 風邪の治りきらないデブ猫のため、毎夜、外の猫小屋に湯たんぽを入れている。
夕方、既に、猫は小屋に入っていて、どく気配は無い。
仕方なく、無理やり湯たんぽを入れるのだが、元の箱が小さいうえ、座布団も入れてあるので、余分なスペースは少ない。

最近、そこへ、近所の猫が入っていることがある。
2匹なら、互いに脇に寄れば、寝られないことも無い。

だが、この二日ほど、そこへ、小さいチビも入っていることがあるのだ。
今日、湯たんぽを入れようとしたら、入口の、H宅の猫が、どうしてもどかない。
この状態で湯たんぽを押し込むのは無理なので、恐る恐る、威嚇する猫を引っ張り出したら、その奥には、小さいチビまで居た。


小さいチビよ、家も近くにあるんだし、親も居るんだから、夜くらいは帰って寝れ!
H宅家猫よ、尻、ハミ出させて詰まってないで、家があるんだから、自分チで寝れ!

 ってゆーか、お前ら、そんなにぎゅう詰めで、酸欠にならないか?

08j24neko.jpg


だいたい、猫類は、個人主義で、縄張り意識も強くて、群れるのを好まないハズなのに、こんなに詰めて楽しいのか?

08j24neko1.jpg
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する