FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

白生地

 夏頃から、ネットに繋ぐと、オクの生地を漁るのが日課になっている。
オクに出ている生地は、タテマエ上「はぎれ」なので、服を作れるようなものは限られている。

 そのうえ、写真技術やPC画面の関係で、なかなか風合いが伝わらない。
特に、光沢のある生地などは、フラッシュで、全く違う色になってしまっている。
 色や質感なんて、個人の感性の問題だし、情報を受け取る側は、自分の都合のいいように解釈してしまう。
 オク買いを始めた頃は、安いと思って落札しても、結果的には使えない生地だったりして、コケてばかりいた。
 

 初夏頃、タマタマ見つけたそこは、どれも、そこそこか、それ以上の量があることと、品質も安定していて、その説明や写真なども、ほぼ正確で、オク後の対応も早いので、常にマークしているワケだ。

 しょっちゅう入札しているから、ライバルの中には、私を、サクラか転売屋だと思っている人も居るかも知れない。
落札履歴見ると、生地とヘアアクセばかりだし。
 
 13~4才頃だったろうか?
一般人の出場するクイズ番組で、「今日着ている服は、自作です」と言った女性を見て、「私も、大人になったら、自分の服を作れるようになりたい!」と思ったのは。
 
 ウチの母も、独学で私や妹の服を作ってはくれたのだが、私がデザインしたものを作って貰っても、微妙にズレがあるので、自分で作った方が確実だ。
 そうしてン年、服を作るのは、趣味というより、ほとんどライフワークだ


 綿系はともかく、サテンなど、光沢系の、「日常着用では無い生地」は、あまり入札が無いのが普通だが、白系で、まとまった量のある生地は人気が高い。
 今年の初めから、何度も白系の生地をオクったので、光沢系の白地も持っているんだが、量が少なかったり、思ったよりも張りが無かったり、重ね使いをするにも、地色と違ったりして、うまくないのだ。
 
 オフ白狙いなのに、あるときは、「うわ~! 綺麗~!」で、目的も無く白オーガンジーを落札してしまったりして…

 ドレス系の生地の白は、服地としては、あまり一般的なものじゃないんだが、競り勝った人は、何に使うんだろう?
「まとまった量」とは言っても、オクのは、花嫁衣裳ができるほどは無いし、お呼ばれには、白はタブーだ。
 ディスプレイやコスプレにでも使っているんだろうか?

 ひとことに「白」と言っても、紫を帯びた蛍光白から、クリーム色やベージュに近い色まで、ひっくるめて「白」と表現する。
よほど色白な人で無い限り、蛍光白は肌馴染みが良くない。
 染め前の絹のような、自然な白がいいんだが、これがなかなか…

 この手の生地は、演劇衣装基本で織られた安っぽいものも多く、そういう生地は、生地専門店では、1M当たりで300円くらいから出ているが、素人が見ても、安っぽさは一発だ。
 他の出品者のモノを狙うのは、コストパフォ-マンスも不安なので、同じ人の生地を狙うんだが、白サテンは、この二月ほどで三回ほど負けていた。
 
 その後、2度のPC修理でネット落ち、この際、キッパリ諦めて、手持ちの生地で手を打とうと決心したところへ、白サテンの出品。
 やたっ! 
年内に欲しかったので、振り替え用の口座に入金してスタンバイ。
(豆腐よりも脆い決心だ)
 
 だが、ライバルは、それ以上に切望していたようで、最終的には競り負けてしまった。
敗因は、私に迷いがあったからだと判っている。 
オクは、送料も足さなければならない分「捨てても惜しくない値段」の限界が低い

 だが、一度、イける!と確信した後の敗退はキツく、ああして、妙なモノ(ユニコーンの模型)を買ってしまったワケだ。


 その翌日、かなり迷ったが、マークしていた別の人のモノを、競ることなくオクった。
「オフ白」表記が不安といえば不安?
即日連絡が来て、折り返し、振り込み連絡したら、今日の夕方に届いた。
 早っ!!
 
 ブツは、白と言うより、ベージュっぽいというか、シャンパンゴールドみたいな感じ。
ちと微妙だが、縫い糸を合わせるなら「生成り」でイけるから、ギリギリで「オフ白」圏内ってところか。
 
 ちとスタート価格が高く感じたが、ライバルと競らなければ、反って割安となる。
同系色のおまけも付けて貰えたので、さっさと形にしたいが、親に見られると、アレなんで、こそこそ動かなきゃならんのがイタい。
 ウチの親は、空気を読むとか、スルーとかが出来ない人なのだ。


「最落無しの一円スタート出品」をマークしていたこともあるが、入札者が多くて、普通に買った方がいいんじゃないか?」みたいな値段になっていることもあった。
 生地なんて、実物見なけりゃ、風合いとか判らんのに、よく、バンバン競られるなぁ。
 
今日の二頭
07dece23011.jpg

スポンサーサイト



このページのトップへ

銀猫

 仕事がちっとも進まない。
どこのどいつだよ、あんな変なデザインの型紙引いたヤツは!
 変わってりゃいいってモンじゃないだろ!
原型引きからやり直して来い!
 と、紳士物の型紙など引けない私が言って見る。
 
 
 すったもんだの挙句、地元のカメラ店へプリントに出したデジ画像が仕上がったが、私には、銀塩一眼との差というのは判らない。
デジの画素数は5.2Mである。
 銀塩カメラの35ミリフィルムを、デジの画素数に換算すると、一千万画素くらいに相当するから、並みのデジでは、遠く及ばないと聞いたことがあるが…

「望みどおり、実物よりも綺麗に撮れていたか?」…って?
いくらエフェクトかけても、モデルが婆だからねぇ。
 ちなみに、ウチの本館の自己紹介項に、こっそり入れてある写真と似たヤツだ。
(これでもか!というくらい、自己顕示欲丸出しポーズの…)
 
 人は、皆、別個の生命体なのに、判で押したような澄ました顔の○影なんて、つまんないじゃん。
 先頃書いた「みんな消し去りたい」とは正反対のようだが、相対的な話だ。
 何も残したくない<<<||超えられない壁||<私の感知できない所で勝手なことをされる …みたいな

 
 近所の家の次男は、卒業と同時に実家を離れていたんだが、癌に侵されて仕事をやめ、見つかったときには腐乱が始まっていて、部屋のテレビは点いたままだったらしい。
 男の独身、訪ねてくるような親しい友達も居なかったのか…

 その遺影は、かなり昔に撮られた旅行の集合写真から切り取り加工されたものを使うしかなかったので、「誰?」みたいな感じだったという話だ。
 その人は、私より数才年上くらいのはずだが、ほとんど実家へは帰って来なかったので(私も、ずっと実家に居たわけでもないし)顔も覚えていないが、そんなことが身近で起きたことは、結構、ショックだった。


 人間なんて、いつ、どこでどうなるか、わかんないぞ~?
とりあえず、小さなことであっても「心残りは消す」を推奨する。
 不二家のベイクドチーズケーキ食べたい!(←例の事件で地元店が辞めた)
…イヤ、それ以前に、普通食を食べられる程度にならんと動けないんだが。

 それにしても、PCの調子が悪い。
もしかして、Ffブラウザがアカンのか?と、IEで入って書いてるのだが、別に関係がないようだ。
 多分、そこそこの率で、同じような故障はあるんだろうが、そうなっていたとしても、症状は「かな打ち」の人しか判らないし。


父が、どこかで、ネコヤナギを取って来た。
晩秋の気温で、間違って芽吹いてしまったのだろう。
 今更戻ることも出来ない銀色のネコが、寒そうに身を縮めている。

 07dece22005.jpg



庭のライラックの木に、雪虫が溜まっていた。
死んでいるのかと思って触ったら、モゾモゾと動く。

 雪虫は、高山性の木(松かなんかだったと思うが)に寄生していて、晩秋になると、一斉に羽化し、平地へやってくるらしいから、ライラックの木から出てきたわけではなく、その辺に居たヤツが、寒さを逃れるために集まったもののようだ。

07dece22007.jpg

このページのトップへ

鰯の頭も信心から…? 聖獣

 昨夜、風呂上りに鏡を見たら、明らかに、胸が凹んでいた。
妙にブラがスカスカな気がしてしたが、気のせいじゃなかったようだ。
 
 貧乳じゃないから、少しくらい減ってもどうってことは無いんだが、夏に、下着を買い換えたばかりである。
 晩秋から加速した欝に、さらに、物の味がしなくなり偏食が加速、そこへ先頃の不調で胃腸をヤられ、うどんと、菓子パンと、野菜ジュースという食生活が続いているせいだろう。
 どうせなら、腹から痩せてくれればいいのにさ?


 色々と「年内に…」で、気が高ぶって寝付けない日が続いている。
俗に言う「躁転」というヤツか。
いっそ、寝なくても居られるなら効率的だが、昼夜逆転はアカン。
 ダラダラしていたら、一昨日、ネット通販で買ったもの↓が届いていた。
「できれば、年内にお願いします」と頼みはしたが、早っ!!

ドイツのシュライヒ社 ユニコーンのフィギュア
結構リアルだが、モノとしては、普通の馬に角を付けただけのようだ。
シュライヒ・フィギュアのネッショ
犬系もあったが、シェルは無かった。

07dece22002.jpg


元が伝説の生き物だから、定義は、あるようでないようなモノだが、
特徴の、長く捻れた角、ヤギの顎鬚に獅子の尾、足は…鹿だっけ?

この模型のように、馬のような奇蹄目の蹄ではないハズだが、一応、雰囲気は出ている。

07dece22003.jpg


 私がオタでも、模型などには興味は無い。
幼い頃、人形を見てひきつけを起こしたというエピがあるほどに人形嫌いだ。
 狭い部屋に、様々な趣味の道具がてんこ盛りでは、モノを増やせば、邪魔になるだけだ。
興味が無いので、こんなものがあることも知らなかった。


 きっかけは、一昨日のオクで、狙っていた生地を、競り負けたことだった。
オクは、バクチ的要素が強い。
落札できても、出来なくとも後悔する…みたいな。
 ライバルが居た場合、終了間際には、物凄く神経が高ぶる。
そうして、えげつない(?)争いをして、競り負けたわけだ。

 ガックリして眠れない。
とはいえ、強制的にでも眠らないと、またダウンしてしまうので、眠剤を飲み、夢うつつの状態で、思いつきの検索を掛けた。
 
 現実主義の私は、他人の価値観の生産物の「霊験あらたかな壷」や「ありがたい宗教」などは、全く信用して無いが、救いを求めていないわけでないらしい。
 
 まあ、私の場合、普通の人のいう「救い」の類とは、少しばかり方向が違うワケだ。
「家内平和、元気で長生き」ばかりが幸せではないとでもいうか。
 
 元々馬は好きだが、ユニコーンの「優美な姿に似合わず、凶暴な性格で、清浄無垢を好む」という伝説は、さらにツボだ。
 私のような、煩悩てんこ盛りの腹黒は、出合った途端に蹴り殺されそうだが、もしも、もしもだ。
目の前に、愛車とユニコーンが並んでいたら、私は、ソッコーで人間やめる決心して、ダメ元で、ユニコーンに突進するぞ!
(長年のパートナーなのに、スマン、シルビア)

20020201.gif



 ずうっと前、小樽の「北一ガラス」で買ったガラスのユニコーンは、飽き性の私が唯一持ち続けていたものだが、ある日、洗濯物で角を引っ掛け落下させ、肝心の角が折れてしまった。

07dece22004.jpg


 
 そうして、オクをうろついていて、検索に引っかかったのがアレ↑だ。
動物フィギュアでは、そこそこ有名な会社らしい。
 開始価格3千円弱、価格としては、私でも手を出せる品だ。

 オクの説明には「希少」としてあるが、オクの値段というのは、その人が決めるものだ。
試しに、メーカー名で検索すると、もう少し安い価格で、普通に売っていた。
 危うくボられるところだったよ。

 で、ウトウトしながら、そのまま注文してしまったワケだ。
翌朝、前夜の行動に確信が持てず、PCを開いたら、注文確定メルが来ていた。
 大量注文とか、変なことしてなくて良かった。

 
 同シリーズで、ペガサスも在ったが、同じ伝説の生き物でも、アレは、非現実的過ぎる。
鳥の翼は、前足が変化したものであり、4本足+翼というのはアレだし、パッと見で、あのカラダにあの翼では、揚力が足りな過ぎで、気分的に落ち着かないのだ。
 
ツバメの体重は10gくらいしかないから、最高時速200kくらいで飛行できるって、知ってる?
(「ダーウィンが来た」で見た↑)
動物が、自分の体で飛ぶということは、たいへんな軽量化が要るのだ。
 
 どうでもいいようなことだが、子供の頃から、妙な知識ばかり入れてきたんで、どうしても、理屈が先立ってしまう。
神話の半獣、ケンタウロスとかを見ると、「内臓とか、どういう構造になってるんだろ?」とか思ってしまう。
 だって、あの接合状態だと、それぞれに、臓器がひとセットずつありそうじゃん?


 私が買った店以外にも、同じモノを扱っている店があった。
そちらは、馬モノの雑貨店で、馬好きな私には、ある意味毒だ。
リアルな模型を見ていると、全部欲しくなる。↓
馬の雑貨屋

 ちなみに、動物学上では、「一本の角」を持つ動物というのは、ありえないのだそうだ。
(サイの角は、皮膚の変化したもの 鯨の仲間の一角は、牙が変化したもの)
 
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する