FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

猫洗い

 チビの日記

 僕は、チビと呼ばれています。
僕のお母さんは、一人で僕を生んだ後、どこかへ行ってしまい、僕と兄弟は、いつも、おなかを空かせていました。
 兄弟は、少し前に、動かなくなっていました。

 風邪をひいて、民家の軒で動けなくなっていたら、人間に拉致られました。
そいつは、僕の口を無理やりこじ開け、甘苦い水を流し込み、簀巻きにしました。
爪を立てても、咬み付いても、そいつは平気です。
 あれは、多分、人間の姿をした妖怪です。


 妖怪は、何時間おきかに、僕の口をこじ開け、何かを流し込みます。
僕がむせても、手加減なんてしません。
とてもイヤだけど、なんだか、懐かしい味がしました。
 
 暫くしたら、体が楽になり、僕は外へ出て行きました。
寒い日が続き、僕は、また、動けなくなりました。
 妖怪は、また、僕をわしづかみにして、口に、あの甘苦い水を、無理やり流し込みます。
何度も何度も…

 そんなことを繰り返しすうちに、僕は、大きくなりました。
ゴハンも沢山食べられるようになりました。
 そうして、大人になってからも、僕の声は、ほとんど出ません。
精一杯叫んでも、かすれた声が少し出るだけです。

 妖怪は、「病気の後遺症らしい」というけれど、なんのことかわかりません。
最近の僕は、ほとんど家の中で寝ています。
 
 僕は、水に濡れるのは大嫌いです。
妖怪は、寝ている僕を、わしっ!と掴んで連れて行きます。
 そして、白く濁った水の中に放り込みます。
「助けて!」
力の限り叫んでも、しわがれた声しか出せません。

 妖怪は、僕の体を、ぐしゃぐしゃとして、水をいっぱい掛けます。
僕は、もう、抵抗する気力もありません。
 それでも、妖怪は許してくれません。
簀巻きにされ、ぐしゃぐしゃされた後、暑い風を掛けます。

 妖怪は、ぐったりした僕を掴んで、コタツへ押し込みます。
僕は、妖怪が嫌いです。
 本当に嫌いです。


チビ↓
07nov04026.jpg


 
 チビ洗い
暇もあり、穏やかな天気だったので、チビを洗うことにした。
暑い時期は、半野良だったチビだが、最近は、ほとんど家の中で過ごして居るから、こちらの都合で洗うことが出来る。
 
 この日も、チビは、コタツの中で寝ていた。
浴室に準備をしておき、チビの両手を塞いで連れて行く。
既に気配を感じているチビが、必死に抗う。
 
 私に、以前ほど生傷が出来ないのは、チビが遠慮しているというのも少しはあるだろうが、大半は、私の防御能力が強くなったためと思って居る。
 それでも、少し気を緩めた隙に、パンストを破られてしまった。
 
 アナだって、風呂は嫌いだ。
タオルを出すのを見ると、白目を出して、隠れている。
それほどイヤなのに、外から戻ると、自分から浴室へ向かう。
絶対に、足を洗わないといけないことにしているのだ。
 
 犬は、なんと生真面目なのだろう。
その生真面目さには、哀しみすら覚える。
犬は、損な生き物だ。

 小屋の入り口前で、母を待つ猫軍団↓

白二頭はチビ親子、帰ってきたボス猫(現 デブ)と、その弟の茶チビ、残りの一頭は、デブの兄弟。
 残りの一頭は、近所で飼われているのだが、それは「タテマエ」というヤツで、よく、我が家へ餌を食べに来る。

(注)猫達は、小屋に魚が保存してあることを知っているが、小屋へ入る人が、必ずしも、魚を持ちに行くとは限らないことは知らない。

07nov04005.jpg
スポンサーサイト



このページのトップへ

日常的でない服地

 最近、出来心で、普通でない生地を買ってしまった。
いつものヤフオクだ。

 先月頃には、さらに普通でない生地を買ってしまい、そのまま保存してある。
ソレは、ロイヤルブルーのオーガンジー。
「地球へ」に染まっていた頃だったせいか、なんとなく欲しくて入札した。
 おおかた「おおっ、ソルジャーブルーのマントの色だ!」とか思ったんだろう。
(↑こういうことは、すぐ忘れる)
オーガンジーは、ゲトしたところで、浴衣の兵児帯くらいにしか使えそうにないのだが。
 
 いつもは、ライバルが居たら、入札しないか、適当に切り上げる。
この時も、どうしても欲しいというわけでもなかったのだが、暇だったので、30円ずつくらい上乗せで再入札をした。
 ライバルも、同じ考えだったのか、同ぺースで再入札してきた。

 こうして、ずるずると30分以上も延長戦になり「もう、これでやめよう」と思ったら、ライバルが引いた。
 多分、アホらしくなったのだろう。
延長した割には、高騰はしなかったが、使用目的のない生地では、無駄なことには違いない。
 
 送られてきたロイヤルブルーのオーガンジーは、宇宙から見た(見たことは無いが)地球のような色だった。
半透明で張りのあるオーガンジーは、ウスバカゲロウの羽を思わせる。
 この年では、結婚式のおよばれも無いし、ダンパも無いので、使いたくとも使えない。
他人の注文で服作ってもつまらない。
 技術があっても、自分のためにしか使わないという、超の付く個人的なタイプである。
 

 こうして、使い道のない生地が、既に、3種は保存してある。
これといったコレクション趣味はないのだが、これも、コレクションに入るのだろうか?
 この数年、「何もかも捨てたい病」の発作が定期的にやってくる。
季節が代わる度、服なども、ホイホイ捨ててきたが、夏物だけは、未練があって捨てられない。

 捨てないまでも、極力、物を増やさないように気をつけているのだが、保存確定と判って居る生地を買うなど、我ながら、ナニ考えてんだか…
 アクセサリー?
ンなモン、いくら買っても、場所取らないからいいんだよ。
 デカいし、書類とかも要るしで、一番難物は車だね。
 

 写真右側は紅いタフタ。
度目の時は、忘れていて流してしまったが、まとまった量だったので、特に目的もなく入札したら、落札できてしまった。
 夏に着られるような生地ではないのだが、薄手なので、真冬にも無理。
春秋か、初冬に下着で保温をしたら、どうにかなるかも…

 タフタが非日常的な服地とはいっても、まだ、赤色だから救われる。
問題は、もう一色の、ライラック色のサテンだ。
 光沢のある生地で、そのうえ紫。
ドレッシーに仕上げると、それこそ、結婚式でもなきゃ着られない服になってしまう。
キャミにすると、一歩間違えば、ヤンキーか、水商売のおねえちゃんになってしまう。

あの色は、私の頭の中では、初夏の花変換なのだが…

07nov03031.jpg



 紫つながりで、毎度枯らしてしまうのに、また、セントポーリアを買ってしまった。
言い訳すれば、「出来心」というヤツだ。
 
 花でも、生地でも、メイク用品でも、あの手の色合いを見ると、見境が無くなってしまう。
スミレ色というか、コバルトバイオレットというか、青味掛かった紫は、初夏の花のイメージ。

 白い花も好きなのだが、白は、初夏の瑞々しい緑の中でこそ映える色だ。
春も夏も好きだが、ウツギの花の咲く頃が一番好きだ。
これから夏に向かう時期、日ごと、長くなる陽差しと、あがる気温…
 いっそ、人間やめて、そのまま、木々に吸収されてしまいたいくらいだ。

「木霊」と書いて「こだま」と読む。
飛騨の山間部には、「精霊」よりも、「木霊」の方がふさわしい。

07nov03021.jpg
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する