FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

帰ってきたボス猫

 先日の朝、外の猫ベッドを見ると、茶雉が入っていた。
チビ茶、随分デカくなったな~
いつもは、こんなに傍まで近づけないのに、急にフレンドリーになるなんて変じゃないか?

 茶雉は、ごろんと転がり、「撫でてぇ~」姿勢を取る。
 やっぱりおかしい。
これ、チビじゃないんでは?

よくみれば、腹に、白い紋がある。
これは、初夏前に行方不明になった茶雉ボス猫では?
 母に言うと、やはり、同じことを思ったらしい。

 今まで、どこでどうして暮らしていたのか?
この近所に居たのならば、そこらで見かけないはずがないし、猫の行動範囲は、それほど広くない。
 どこへ行っても、その周辺の猫の縄張りがあるからだ。

 行方不明になった猫を専門家に探してもらうと、大抵は、半径1~2Kの範囲に居るらしい。
他所の縄張りへ入り、「ここは俺の縄張りじゃ! あっちへ行け!」と、どつかれてウロつくうちに、自分のきた方向が判らなくなってしまうのだとか。

 それにしても、痩せるどころか、より、デブになったようだ。
顔も、そこはかとなく、迫力がつき、ちょい強面。
 既存の茶チビも、ほぼ成長しきり、ちょっと見、子猫ではなくなった。

「名は、体を表す」と言う。
判別のため、元茶雉には、「デブ」という不名誉な呼称が付いた。
 抱くと、ずっしりくる。
恐らく、5Kはあるだろう。

07nov01014.jpg


 かつて、せっせと餌を運んだミケは、息子であるという事実も忘れたらしい。
双方、知らん顔を決め込んでいる。

07nov01011.jpg


 元「茶雉」 現「デブ」贔屓の父が、鯉を獲ってきて、猫パーティが始まる。
デブは、餌をねだりっぱなしだが、カリカリは食べようとしない。
オマエ、一体、どんなモン食って過ごしていたんだよ!
 野良に餌をくれる人は、結構居るものだが、漁師町でもない限り、普通はカリカリである。

07nov01010.jpg


 ほとんどコタツで過ごすチビは、たまに、戸外で私と顔をあわせると、かなりの距離を取る。
失礼なやっちゃ!

「好意に見返りを求めたら、それは、もう、好意ではない」
というのが、私のポリシーだが、愚痴くらいは言わせてくれ。

 去年、死に掛けていたオマエを、手当てして、薬やミルクを飲ませ、あまつさえ、なし崩し的に飼い猫になれるように仕向けた私に対して、その態度はないだろう。
 それらは、確かに、私が勝手にしたことだ。
感謝してくれ!などという気は、さらさらない。
 でも、タマに、ほんの少しくらいは、愛想くれてもいいんじゃないか?

07nov01013.jpg


 峠は越えたとはいえ、虚弱な体質はどうにもならないらしく、一日中寝ていることが多いが。

07nov01016.jpg
スポンサーサイト



このページのトップへ

雪虫

 11月初日、しとしとと降る雨は、夕方まで続いた。
昨日までの晴天になれたせいか、陽のない今日は、酷く空気が冷たく感じる。
 仕事部屋は、まだ暖房器具を出していないので、たまらず、使い捨てカイロを貼ったが、それでも寒い。

 霧雨の中、フワフワと雪虫が飛んでいた。
これが飛ぶと雪が降る…ではなく、腹部の白い毛(?)が雪のように見えるからだと思う。
 そうとはいえ、この虫を見ると、冬を感じざるを得ない。

07nov01001.jpg


 「雪虫」というのは通称で、アブラムシの仲間だ。
近くで見れば、一目瞭然。
何の木だったか忘れたが、寄生していた木を離れ、飛び立つのが今の時期になるらしい。

 普通のアブラムシでも、寄生している食草が枯れると、次世代には羽が生え、次の餌場へ飛んでいくことができるという、よく言えばフレキシブルな対応のできる虫である。
 不景気時代の中高年は、餌場(職場)がなくなれば、あの世へ向かうことしか出来ないが。

07nov01004.jpg


 所詮、アブラムシの仲間、大した飛翔力を持っているわけでもないので、素手で叩き落とすことができる。
 そこら辺の蜘蛛の巣にも、沢山ひっかかっている。
せっかく飛び立ったのに、直後に蜘蛛の巣行きでは、コイツラの人生も、そんなに楽ではないようだが。

07nov01003.jpg
このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する