Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

夜の常連客 狸

 「狸や狐は人を化かす」といわれている。
イラストなどの、細面の吊り目狐を見ると、狐の方が悪そうに見える。
実は、始末が悪いのは、一見マヌケ面の狸なのだとか。

 「化かす」と言っても、狐は頭がいいので、「いたずら」程度で手を引くが、狸は頭が悪いので、加減を知らない故、当人(狸)にその気がなくとも、結果的に人を殺してしまうようなこともあるのだそうで…

 狐と狸のソレは、昔の不良(って死語だし)の「悪い行為」と、現代の若い世代の「悪い行為」に当てはまりそうな感じではないだろうか。
何事にも、加減というものが要るのだが、それは、自分で経験を積まないと身に着かない。

 昨夜、現ブロバイダーのWEBスペースを取ったのだが、ここのブロバイダーは、登録ID=メアド=WEBスペース…なのである。
つまり、サイトのアドレスから、本アドが判ってしまうというワケだ。
 色々確認してから乗り換えた積りでいたが、これは想定外だった。

今日の夜、担当者からアフターサービス電話があったので、そのことを聞いたのだが、基本アドは変えられないらしい。
 
 さきほど、サイトで確認したら、削除できるようなことが書いてあったが、よく判らん。
多分、担当者自身、回線の営業以外の詳細は判っていないんじないだろうか? 
 しかし、メアドが変えられんてのは、色々マズイわな。

私は、どちらかといえば、こずるい狐タイプだと思っていたが、実は、マヌケな狸なのかも知れない。
細かいことを突っ込んで調べるのに、いつも、肝心なところでぬけている。


我が家に、狸が来るようになって、一年は経つ。
狸は、闇にまぎれてやってくる。
 夏は、遅くまで明るいので、狸は遅い時間に来ていたらしく、家族も、ほとんど姿を見なかった。
翌朝、タヌ用のえさがなくなっているので、「ああ、来たんだな」…と思う。

冬場は、早く闇が訪れるので、狸も早く現れる。
このところ、6時を回るか回らないかの時間に、タヌは、のっそりとやって来て、猫に威嚇されながら、餌を食べていく。
 以前、二頭同時に見たことがあるから、担当タヌは、複数居るのかも知れないが、流石に、私にも、ろくに顔も見られないタヌの区別はつかない。


夕暮れ、5時半を過ぎた頃、一番星を撮りに出たら、雲が出ていて、星は全く見えなくなっていたが、代わりに、畑でタヌと遭遇した。
暗くて、よく見えないが、タヌは、困ったように、その場に居た。

 カメラは、ズームでは測光不可の距離だったようで、シャッターが切れない。
近寄ると、タヌは、畑の奥へ行くそぶりをするが、真剣に脅えているわけではなさそうだ。
最短距離で2Mほどまで接近して、フラッシュをたくと、嫌そうな顔をしていたが、一気に逃げるわけでもない。
 
 もう少し…と近づくと、「ほぉ」と声を出した。
タヌって、こんな鳴き声なのか。
「人の話声に似ている」というのは、都市伝説なのか?

かたまるタヌ
07oct31013.jpg



07oct31015.jpg


07oct31016.jpg


タヌの右方向に、畑内のガラクタ置き場があるのだが、タヌは、恐らく、その辺りをねぐらにしている。
ここからなら、陽がくれれば、1分もありゃ来られるわな。

まあ、タヌくらい、別に邪魔にもならんだろう。
今の荒れた山では、野獣といえど、山で暮らすのも、キツかろう。

こうしてみたところ、毛もフサフサしているから、疥癬でも無さそうだから、ウチの「わいわいども(わんにゃん)」に感染するようなこともなかろうさ。

07oct31017.jpg


追い回していたら(というほどでもないが)また「ほぉ」と鳴いたので、脅えさせてもと、やめた
お詫びに(?)パンと茹でた芋を出しておいたら、タヌが来る前に、猫がパンを食べてしまった。
07oct31018.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

脳内メーカー

 昨夜半、風呂に浸かっていたとき、ふと思いついた。
そういえば、PC、まだ長期保障期間内だったんじゃないか?
どう数えてみても、まだ5年は経ってないし。

 風呂から上って、書類を見てみれば、2003年の日付けになっている。
保障が切れたと思っていたが、何かと勘違いしていたようだ。
 とりあえず、明日、店へ問い合わせてみよう。
来春には車検も控えて居るし、例の当て逃げ事故の修理代(一割だが)も、まだ未払いだし、とても、オモチャ(PC)なんぞ買っているような余裕は無い。

 そして今日、PC修理の問い合わせをしてみると、保障圏内修理の模様。
症状から、多分、キーボードじゃなくて、もっと元の部分。
今年始めに交換したし、その前から、ポツポツと症状が出ていたから、HDも除外。
 
 仕事がきりついたら、修理に持っていくか。
そうなると、また、ネット落ち→再設定コースか…

完全腐女子設定「地球へ」バージョンPC、もう、見得なんてかなぐり捨てて、このまま出すか。


 私のような一般人にとっては、PCは「ただのオモチャ」にしかならないのが問題なのだ。
株やっているとか、ネットショをやっているとか、原稿書いてる…とかなら、投資のしようもあるが、接続代は要るわ、周辺機器は要るわで、結局、散財の元でしかない。


 趣味で、せっせとサイトを構築しても、キー一個で全部消えてしまう。
「ネットの中の世界」というのは、どれも、形を成さない夢のようなものだから。
 時々、自分のしていることが、酷く、非生産的に思えて、益々自分がイヤになることがある。

 そもそも、そこに載せる「写真」ってのも、所詮、カメラが映したもの。
技術云々と言ってみたところで、撮影者自身が描いた世界ではないのだ。
 要望があっても、美術界では、写真をカテゴリ入れしないのもうなづける。
 
 まあ、人生そのものが、消費と破壊の連続でしかないんだが、それは、タブーだから、生きていく人は、気付かないフリするしか無いんだろう。
 それに気付いてしまった私は、何をしても面白くない生活を送っている。
 
 そもそも、なぜ、生きなきゃならないんだろう?
「生きることが善」基準は、その人が、自分が生きるのに都合のいい理由として位置づけているに過ぎないのだが。
 そういう人を非難する気はさらさら無い。

「恋人が居るから生きたい」とか、「酒を飲みたいから生きたい」であっても、とりあえず、その人がそれで納得しているのなら、別に他人がとやかく言うことでは無いと思うから。
 
 それと同じく、私に、そういう価値観を押し付けないでくれればいいだけの話だ。
でも、「恋人が居れば幸せ」とかなら、楽でいいよなぁ。
私の場合「恋人類は、その愛情すら縛りの重荷」基準でしかないから。
 
 
 仕事やなんかでバタバタしているうちに、気付いたら、ケータイのカード期間(プリベイド)が切れていた。
使わないにもほどがある。
 
 今月なんて、一度も使ってない気がするし、だいたい、電源自体が入っていない。
私が好んでうろつくような場所は、圏外ばっかで、タマに電源入れれば、間違い電話(詐欺ワンギリ?)らしきものが入ってくるんでウザい。
 車停める場所探して、バッグから出せば切れて、知らない番号って、どんだけぇ~!!
 
 待ち受けの必要?
はっきり言って、全く無い!
元々電話嫌いだし、買い換えてからは、仕事関係以外、誰にも番号を教えて無い。
 公衆電話が減っていなければ、ケータイなんて持たないのになぁ…

 多少高くついてもいいから「何ヶ月分」のカードより、その場だけカード入れて使えるようなプリケーがあればいいのに。
eメールが使えないのが難だが、料金では、前使ってたauのプリの方が、結果的に安くてよかった。
 いや、圏外も少なかったような…

 いっそ、この機会に、いつまで使わないで居られるか、トライしてみるか。
って、期限内にカード入れないと、ケータイそのものが期限切れになるからダメか。
 メンドクサ…

 不思議でしょうがないのは、卵ひとパックの値段を、十円単位で右往左往する主婦が、自分のケータイ料金を、無駄とは思ってないことだ。
「家族割りで安い!」とか叫んでみても、家電一基に比較したら、安いとは思えないのだが。

 
  ネットをうろついていて、あちこちで見かけていたが、アホらしくてスルーしていた「脳内メーカー」
遅ればせながら、やってみたら、微妙に合ってる感。
…まさしく、微妙な気持ちだ。
このページのトップへ

乗り換え完了?

 今日、モデムが着く予定だったので、缶コーヒーを温めて待っていたが、×川急便が中々来ない。
う~っ… やっぱり、あそこは当てになんないな~
こりゃもう、明日か。
 と諦めた頃、ようやくブツが着いた。
時刻は、五時を回っていた。
(ちなみに、×川急便の最短距離営業所は、車で二時間強の高山市である)

 仕事も詰んでいるし、後回しにしようと思っていたのだが、とりあえず、今のスプリッタが使えるかは確かめておきたい。
(本来、スプリッタの要らないモデムなのだが、口座引き落としの関係で、あえて、かませることになった)

 ふん、繋ぐだけなんだし、PC全設定に比べれば、大したことじゃないっしょ。
二度のHD交換を経験した私は、甘く見ていた。
 しかし、意外にできない。
ただ速度が速くなっただけで、設定自体は同じハズでそ?
なんで???

しょうがないので、付属のCDを使って設定した。
接続だけの積りだったのに、いきなりID設定のログが出てきた。
しかも、「一度決めたIDは変更できません」ときている。
 
 そして、そのIDがメアドになる設定らしい。
コバルトブルーか、ソルジャーブルーかなんて、悩んでいる余裕なんてないのだ。
ううっ…心の準備が出来てないよ。
 ヤケクソで、「silvia」とかにしようかとも思ったが、さすがの私も、いきなり、乗っている車まで推測できてしまうようなアドは恥ずかしい。
車名じゃなきゃ、どこかのオカマバーの源氏名みたいだし。
 
 かくして、とってつけたようなメアドに決まった。
一般的な言葉ではないうえ、新規の会社である。
ダブるアドがなかったらしく、@の前は、極めて短いものとなった。
 
 なにがどうって、肝心の私が、長いアドを正確に覚えられないのである。
自分のPCで打つときには、辞書登録がしてあるから、「ほんあど」で済んでしまっているのも一因だが。

 今回のアドも、適当に語呂のいい言葉をコピペしたので、多分、正確には覚えていない。
人の名前らしいものを使うと、迷惑メルが来やすいだろ?
前回の「リコリス・レッド」アドは、花の学名から取ったものなので、一度も迷惑メルなんてこなかった。
 今回も、予測不能だろうな。

 で、ネットには繋がったのだが、メルソフトに弾かれてしまう。
う~… 同時に設定されているはずなのに、なんで?
どこが違うのかが判らない。
第一、CDの案内で作った接続が、今までの設定と違うんだが?

 何度も設定しなおして、ようやく、メルソフトの設定が完了したが、あまり何度もやり直したので、どこが違っていたのか解らないままである。

 旅先などで、道を間違えたら、忘れないうちに、どこで間違えたのかを調べないと、解らないまま、また同じことを繰り返すのである。
(人生も同じだ 解ったところで、時間は戻らないのだが)

20010904_20071029233030.gif

 とにあれ、繋がったんだから、コレで良し!

と言いたいところだが、どうやら、PCの入力不調は、キーボードが原因ではないらしい。
数日前、急遽、オクで買ったキーボードが届いたので、さきほど、取り付けてみたのだが、それを使っても、いきなり入力がおかしくなる。
(かな指定なのに、急に、英文字入力が切り変わってしまう)
 
それとも、本来のキーボードのドライバ(ノートでも、ンなモン、入っているのか?)アンインしなければ、後付けがうまく働かないのだろうか?
 思い出してみれば、このPC買って半年後に、キーボード不調で交換修理している。
キーボードって、壊れやすいのか?

 ああ~ いよいよ、このPCも寿命かな。
せっかくブロバイダー変わったのに、頭痛いわ。
 
まあ、そういうわけで、アクセス解析に、(nexyzbbかな?)怪しい足跡が残っていたら、多分、私です。



このページのトップへ

生物兵器 カメムシ

 天気は回復して、清々しい秋晴れとなった。
しかし、こんな穏やかな日には、大量のアレが出る
越冬場所を求めるカメムシである。
 その臭気は凄まじく、鼻についた匂いは中々取れない。

 予測がついたことなので、干した布団を早く片付けたが、既に一匹がしがみついていた。
当然のように、洗濯物にもついている。
取り込むときには、裏地と表地の間まで確認するのだが、どこからか紛れ込む。
 寝具や夜着に紛れ込んだりしたら、最悪である。
 
 こんな天気のいい日には、ベタの水槽を窓辺に出し、陽を当てるようにしている。
何気なく、水槽を見ると、油膜のようなものが浮いている。
…? …!
よく見れば、カメムシが水死体になっていた。
 これはヤバイ!と、即、水を替えたが、ベタ、臭くなかったんだろうか?
っていうか、よく臭気で死ななかったよ。
(そもそも、魚が匂いを感知できるのかが疑問だが…)

 大量のカメムシにブチ切れた私は、無差別テロを実行に移した。
紙袋にカメムシを落としこんで、火炙りの刑だ。
(アレは、触れるとコロンと落ちる習性があるので、袋の口で受けるようにすれば、簡単に捕獲できる)

 かくして、惨殺したカメムシは、(母捕獲のものも含めて)30匹ほどだろうか?
残酷?
イヤ、あの臭気を知っている人なら、そんな甘いこと言っていられまい!
カメムシは、超、ド級の生物兵器なのだ。
 去秋、無意識に、素手でカメムシを摘んでしまった私の欝は、経験者にしか理解できまい。
それこそ、手の皮が剥けるくらいに洗っても、匂いが取れないのだ!

カメムシ飛散劇も、冬直前の数日の間のことなのだが、暫くは、緊張感を解けそうに無い。

カメムシ↓
07oct28018.jpg


 今年も、こんなシーズンがやってきた。
コタツにて、一見平和な犬と猫(クリックで拡大)

07oct28023.jpg


明日の午前で、×T×のADSLが切れるのだが、まだモデムも来ない。
大丈夫かぁ…?
来たら来たで、接続しなきゃならない。
メアドも決めなきゃならないが、何も思いつかない。

いまだ「地球へ…」が抜けない頭では、オタク丸出しのメアドを取りそうだ。
コバルトブルーとか、マリンブルーとか、アクアマリンとか、ソルジャーブルーとか、TERRAとか…
 あああぁ~っ…

しかも、最近、PCのキーボードが不調で、かな入力にならないことがある。
いまさら英文字ブラインドなんて出来ないよ~っ!

タイトルとは関係ないが、玄関前の小さな池で、冬眠前のひと時を過ごす蛙達↓

07oct23004.jpg
このページのトップへ

お魚パーティ

 キモい物を載せたので、(オオスズメバチ)口直しに(なるかは疑問だが)猫の日常光景を…

床屋から戻ると、父が鯉を獲ってきて、猫用に捌いていた。
まだ解体途中だが、猫達のパーティが始まる。


おとなしい…イヤ、甲斐性なしの猫達は、決して、鯉を持ち逃げしたりはしない。
食べやすい切り身になるまで、じっと待っている。
(写真に写っている鯉は小さいが)大きな鯉の皮は、意外に厚く、奴等には、中々咬み切れないからだ。

「最近の猫は鼠を捕らない」という。
鼠以前に「お魚咥えて逃げていく野良猫」自体、サザエさんの世界の話である。
 
しかし、猫達は、太い骨とか、頭とか、エラとか、どう見ても食べられないようなブツに口を付けたがる。
一頭が諦めて去れば、次の猫がトライ。
でも、どの猫もかじれない。
そういうモノは、畑に放置された後、カラスや鳶が持ち去っていく。

07oct23039.jpg



07oct23035.jpg


07oct23037.jpg


どうでもいいが、大きな鯉の口って、近くで見るとグロい。
いつだったか、パーティの翌日、愛車を出したら、その腹の下に、大きな魚の頭があり、ギクっとしたことがある。

猫よ、食べられないものを、わざわざ、私の車の下へ持って行き、置き去りにしてくれるな。
07oct23036.jpg
このページのトップへ

オオスズメバチ

 秋は、蜂の被害に遭いやすい。
群れが充実する季節なのに、野山へ入る機会が多くなるかだろう。
日本では、毎年、十数人程度、蜂に刺されて死んでるらしい。

 かくいう私も、蜂毒アレルギー体質だ。
二十代始め、家の軒先で、いきなりぶつかってきた蜂に刺され、数分後には、プツプツと蕁麻疹が出て、しょうがなく病院に行った。

 自分で車を運転して、3分後に病院に着いたときには、全身ボコボコ、看護士さんに「歩けますか?」なんて聞かれ、「はぁ?…」と。
 蕁麻疹くらい珍しくもなかったし、当時は、アナフィラキーショックが、そんなにヤバいものだという認識は持っていなかった私には、「大げさなやっちゃな~」くらいの感覚だった。
 
(多分)坑ヒスタミン剤の注射をされ、数時間後には、蕁麻疹はひいた。
無意識に掻き毟ったようで、あちこちから血が出ていることに気付いたのは入浴時のこと。
とにかく、痒かった!!

 その後、一月くらいは、何を食べても蕁麻疹が出て、面倒臭かった。
「次に刺されたら、死ぬかも知れないから気を付けろ」…とか言われたところで、蜂毒アレルギーは、刺されてから十分以内に対処しないとダメなので、気をつけようがない。
 私が刺されたのが、タマタマ昼間で、自宅の敷地内だったので、即病院へいけたが、野山で刺されたら、到底間に合わない。

 ちなみに、蕁麻疹が出た状態で死んだ場合、死後も、蕁麻疹は出たままなのだそうだ。
ミステリーなどでいうところの、遺体の傷などの「生活反応」ってヤツだ。

 人間、どんな美人でも、死ねば、ただの死体でしかない。
常々、「死後なんて、どうなろうと知ったこっちゃない」と思っている私だが、あの全身ボコボコ状態で死ぬのは、少々抵抗がある。
手の指なんて、曲がりにくいくらいに腫れ、顔なんて別人だ。
いっそ、腐乱まで行った方がマシという気さえ…

 林業など、山に入ることの多い仕事の人は、薬を持ち歩くのだそうだ。
(そんな人、私の周りでは聞いた事が無いが) 
 
 蜂毒アレルギーが一般的になり、ミステリーの小道具に使われたものを、何度か目にしたことがある。
「青酸カリで殺人」とかならば、ある意味、「殺人の王道」って感じだが、「蜜蜂で殺人」って、何かショボイような印象を受けるのは私だけか?
 だって、蜂だよ、蜂!
(まるきり外れているが)最終兵器とかならともかくさ?

 
 先日のことだ。
暇があるときに…と、思い立ち、同級生(男)のやっている床屋へ、髪を切りに行った。
 別に、義理とかではない。
所帯持ちの同級生にも興味は無い。
自前のウェーブが強くなった今、カットのみでいいので、地元で安く上げているだけだ。
 
 安くしてくれるのはいいが、何の関係も無い相手だ。
仕方が無いので、適当に何かを買って持参することにしている。
この日も、市販のカレールーを3箱持って行った。
 私としては、普通に料金取って貰ったほうが、面倒臭くなくていいのだが、「前髪だけカット」なんて時が多いので、相手も、正規の料金を取り難いのだろう。 

 田舎なので、床屋には、客ではない人も来て居る。
この日も、店内で、初老のオッさんが、魚釣り用(?)の仕掛けを作っていた。
 帰り際、レジで、ガラス瓶に入った蜂を見つけた。
異様にデカい。
聞けば、そのオッさんが蜂狩人から買ったものだという。

外に置かれたそれを見ると…↓

ちなみに、これで1万5千円だそうだ
 定規は30センチ
07oct23007.jpg


もうじき羽化する蜂 体長は5センチほどもある
こんなのに襲われたら…
07oct23008.jpg


それにしても、蜂の巣は精密だ
6角形を連ねた形というのは、力学的に見ても、極めて強度が取りやすい構造なのだそうだ。

ついでに言えば、蜂は、成虫になると、腰が(正確には胸部も)くびれるので、固形物は一切食べられないのだそうだ。
07oct23010.jpg


幼虫もデカい!!
感触は、冷たくて、ぶにっとしている

幼虫は、空腹なのか、近寄ると、一斉に頭を動かす
ザワザワという音は、幼虫が出しているのだろうか?
 
ちなみに、親蜂(成虫)は焼酎漬けにして、幼虫は焼いて食べるのだそうだ
これだけ大きければ、定番の佃煮じゃなくてもいいんだろう

オジさん曰く「美味いぞ~!」

私は絶対要らん!

子供の頃、蜂の子(クロスズメバチ=この地方ではヘボと呼ぶ)入り炊き込みご飯を食べさせられたことはあるが…
07oct23013.jpg


…あまりにキモくて、見ずにはいられない?
しかし、こんなのが、どうやったら、あの蜂に…?

その特殊な生態からして、「昆虫は地球外からの生き物」説があるらしいが、昆虫って、動物の常識では計れない代物だ。

だって、他の動物は、脱皮して、足や羽が生えたりしないだろ?
(結婚後、角が生える人は居るが)

それにしても、こんなのが一万五千円か…
価値観の問題だな。

07oct23016.jpg
このページのトップへ

ビーズ ヘアゴム

 急に寒いっ!!
冬は嫌いだ~~っ!!

 
 この夏の、遅れてやってきた猛暑のせいか、アナは、ちっとも毛が伸びてこない。
(尻など、色の薄い部分は、ほとんど伸びていない)
猫と違い、寒い系ではないので、当人は、苦にならないようだ。
いっそ、ダニの季節が過ぎるまで、短毛のままでいて欲しい。

07oct20027.jpg


先日、暇だったので、放置の髪ゴムを製作した。
髪が長くなると、この手のゴムは使い難いので、実際に使えるものかは疑問だ。

ビーズのページに追加したが、こちらにも…
(正確には、バレッタからのリメイクだが)

専用のシャワー金具を使ったのだが、 金具が小ぶりなので、私にしてはプチサイズ。
ネックレスの余りを使用。
ちなみに、金具を買ったのは、初夏頃である。
 我ながら、とんでもない放置ぶりだ。

サーモン、アメジスト
07oct20002.jpg


 アイスブルー
07oct20003.jpg


ネタ不足なので、今日のベタを…
コイツだけ「夏!」って感だ。
07oct20009.jpg
このページのトップへ

水槽改造

 仕事が切れたので、衣類の入れ替えとかの雑事を済ませ、ベタの水槽を改造した。

数日前にも、ビニール巻きワイヤーで持ち手をつけたのだが、仕上がりが汚いうえ、私の力で捻ったワイヤーでは、重量に耐えられるか危ぶまれた。
なんせ、水槽は小さくても、水というモノは、1Lで1Kの重量があるのだから馬鹿にならない。

 穴開け?
ガラスならともかく、ンなモン、簡単だ。
その辺に転がっている壊れたカンザシの柄を、ガスで熱して、ジュっ!とやれば、スルっと穴が開く。
 あえて自慢するが、私は、小学生の頃から、この手の素人細工が得意だ。
(だから、伴侶にするなら、同じように、器用な男がいい)


 で、ホムセンでステンレスワイヤーを買い、再改造を試みた。
細い線を束ね拠って作られたワイヤーは、1ミリ径、それを専用の金具で留める。
この辺は、ワイヤー使用のビーズアクセと同要領だ。
 
 ただ、金具に厚みがあるので、気になって、店員さんに聞いてみた。
「私の力で絞められるようなものか?」と。
答えは「叩いて絞める」
 ふ~ん?
アルミなのに、そんなモンか?

 ワイヤーは、必要量をカット売りなのだが、男の店員さんが、ワイヤー径に不似合いなゴツイ道具で切ったことが気になってはいた。

 小屋からペンチを持ってきて、ワイヤーを切ろうとしたら、全く切れないのだ。
うそ…? こんな細いのに…?
なるほど! この細さで、あの耐荷重量はダテじゃない。
これでは、あんなもので切るしかないワケだ。

 って、感心している場合じゃない!
万能鋏でも、アートフラワー用鋏でも(刃先で生地、鋏奥でワイヤーカット可の構造)文字通り刃が立たない。
 うあああ… 何か無いか? 何か…

 あっ、昔、北海道で買った、ゴツイ蟹切り鋏はどうだ?
カチカチの砂肝ジャーキーでも、ブッつり切れるし、以前は、自分の指も一緒に切ったことがある代物だ。
 かくして、蟹用鋏がペンチに勝った。
(あのとき、指、切り落とさなくて良かった!としみじみ思った)

 そして、めでたく、ワイヤーはカットできたのだが、アルミ製の金具が、意外に潰れないときている。
アルミ製だからと、舐めて掛かっていた。
ビーズの「かしめ金具」なんぞ、ビーズの如くペラペラなので、ビーズ用の小さなペンチで、簡単に潰れるのだが…
 なるほど、店員さんが、「叩いて潰す」と説明したわけだ。

 しょうがないので、カナヅチでガンガン叩いて、なんとか絞めた。
平の部分なら、力任せに出来るが、こんなところじゃ、思うように力が入らない。
最悪、水槽を叩いても、ガラスじゃないので割れることは無いが。
 
 それにしても、アルミ、意外に丈夫いな。
…イヤ、考えてみれば、軽くて、そこそこの強度があるから、車のホイールに使われるんだよな。
完全に舐めてたよ。


で、仕上がり
かしめ部分アップ
07oct19016.jpg


 持ちやすくはなったんだけど、ワイヤーが細いから、手に食い込んで痛い。
持ち手といえど、中々、奥が深いわ。
07oct19015.jpg


今日のベタ
07oct19017.jpg



07oct19022.jpg


最近、「ショーベタ」のオクを知り「うおお~! 綺麗!」と、覗いているが、このまま進行すると、悪い虫が出そうだ。
このページのトップへ

ブロバイダー乗り換え

 ネットを繋いで以来、お世話になっている某ブロバイダー会社と、成り行きで、今月末でお別れすることになった。
きっかけは、一昨日の夜、唐突に掛かってきた営業の電話である。
次接続会社は、ソフトバンク ネクシーズBB とか名乗った。

 私は、初めて聞く名に、はぁ? 状態
そんな会社ありましたか?…なんて聞いてしまった。
「ソフトバンクBB」とか言われても、ヤフーとどう違うんじゃ?…みたいな。
 しかもだ。
説明を聞けば聞くほど胡散臭い。
安過ぎる。
 
 書面の、判り難いところに書いてあるような条件外で、変な料金を請求されたりしないんだろうか?
「×フー」とかの街頭モデム配り契約も、全てがタダだと思い込む人が居て、「話が違うやんか~!」みたいなことが在ったらしい。
 契約命!の、販売員の説明もアレなんだろうけど。
(「×フー」の対応も、色々アレなとこがあるという噂だし)

 乗り換えってことは、長年使ってきた本アドも変わるわけだ。
「@から後ろは、どうなるんですか?」
「××××.××.×××××です」
思わず「長っ…」 
 
 短さという点では、「×フー」が一番判りやすいんで、出先で誰かにメアド教える時は、×フーの捨てアドを言うことにしている。
 つまり、私は、本アドを完璧に言う自信が無いワケだが、人から口頭で教えられたアドが、合っていたためしは無いから、皆、そんなもんだろう。

 
 まあ、ワケ判らんけど、詐欺じゃないならいいか…と、前向きに考えて、「じゃ、お願いしまっす~!」で決定。
乗り換えは色々面倒なんで、後回しにしてきたが、どうも、最近、回線が遅いような気がして、気になっていた。
 
 なんとなくだが、その原因が、モデムのような気がする。
ちなみに、ウチのモデムは、接続当初はレンタルだったのだが、レンタルより買い取りの方が安かろう、と買い取ったものだが、「旧モデルなので、セール価格です」だった。
要するに、最初から古いのだ。(その点では、PCも、もう古いが)

 それと、現ブロバイダーには、ちょっとした不満があった。
本家本元のHPスペースに、この半年以上、私は、ファイルを転送できない状態なのだ。
 それ以前にも、ホムペの登録とかしようとすると、なぜか、パスワードで弾かれてしまい、出来ずにいた。
 
 もちろん、そのときも、今のファイル転送不可のことも、メルで問い合わせたが、帰ってきた返事は「IDやパスワードを確認しれ!」
アホ~! 何度もトライして出来ないから相談してるんじゃないか!
 
 そもそも、IDやパスが違っていたら、ネットに接続自体ができへんやろ!
そんなわけで、本家本元のスペースは使えないまま過ぎてきた。
無料スペースがあっても、色々制限があるんで、できるならば、本家を使いたいこともあるわけだ。

 
 時間が時間だったので、ADSLの解除は、翌日ということで終了。
その夜、ネットでチラ見した当サイトで、余計に胡散臭くなった。
営業の説明と、料金プラン違うやんけ~!
 翌日、そのことを確認すると、「サイトには出ていないプランなんです」
…むむ、やっぱり怪しい。
追加料金と無いのか?としつこく聞き、まあ、最悪、また乗り換えればいいか、と、続行。

 言われたとおりに、○T○に電話して、ADSLの解除を頼むと、出てきた担当者が、「どこかに乗り換えですかぁ?」とか聞くので、「はい~ 安いとこを電話で勧められたんで…(←なんとなく言ったバカ)」

 話の流れで、担当者が、条件を聞いてきたんで、「××で、××です」というと、私の不安を見越したようなことを言い始め、結局、丸め込まれた私は保留決定。
 入れ替わりに、先の営業レディから掛かってきた確認電話に、「すみません、もうちょっと考えます」

 その夜、某巨大掲示板を巡り、情報を集めた。
わけの判らない会社と思ったら、早い話が、×フーの子会社だった。
 それなら、そう言ってくれれば、話が早いのに…
過去の日本の「外国製品神!」時代には、無理やりこじつけたとしか思えない、パクリ風味会社名や産地があったから。

 書き込みには、モデムの不具合なのか、単に設定が悪いのかという、微妙な意見もちょこちょことあったが、別に、詐欺契約では無いようだ。
伴って「○T○」のことも載っていた。
なるほどね。 それ、私も思った。

 親会社が個人情報の扱いがヤバいとか、色々言われているが、私みたいな底辺のパンピーの情報が漏れたところで、別に大したことはない。

 それが元で、どこかの怪しい会社から営業の電話がきても、ウチの電話は、非通知電話はシャットアウト設定になっているので無問題。
私は、06や03で始まる電話は取らないことにしているし。
 そうじゃなくても、オクで情報垂れ流し状態だ。
 
 実用的な問題としては、「メアドの@から後がダサい!」という意見。
私だって、そんなアド見たら、「どこの会社だよ?」って思うだろう。
せめて、携帯みたいに「ソフトバンク.ナントカ」にしてくれればいいのに。

…と、ウダウダした結果、最初の流れどおりに、乗り換えることにした。
変な時に電話が掛かってきてもイヤなので、こちらから掛けた。
っつーか、電話が掛かるタイミングは、常に、その傾向が強い。

 幸い、「○T○」は、先日の担当者が塞がっていて、別の人が出たおかげで、「解除お願いします」「判りました」だけで終了。

 かくして、月末に乗り換え決定となったが、モデムとかが送られてくる予定日が、変更当日なので、サクサク繋げるかは不明。

 そういうことなので、私の本アド「紅い彼岸花」は月末を持って消えます。
 似たようなアドにする積りだけれど、御用の方は「新日本海フェリー 敦賀~苫小牧航路直行便船名、漂流していない方をローマ字綴り、プラス、就航西暦年4桁×フー」へどうぞ。
 そんなのフェリーオタしか判らんって?
目の前の箱を使ってググって欲しい。

本文とは全く関係ないが、10月桜
07oct18041.jpg


07oct18043.jpg


  
このページのトップへ

奇妙な物体

 このところ、それなりに小ネタは在ったのだが、書く根性と時間が、完全にマイナスだった。
じゃ、今日は在るかと言えば、そういうわけでもない。
仕事のキリはついたので、とりあえずは気が楽…程度?

 数日前、アナの散歩に出たら、線路脇の草場に、白い円盤が落ちていた
なんだろ? 卓上サイズの漬物桶の中蓋か?
 
 誰だよ? 
(民家も近いってのに)こんなとこにゴミ捨てたのは!
(↑アバウトな性格なのに、こういうことには煩い管理人)

 近寄ると、それは、ゴミではなかった。
種類は判らないが、大きなキノコなのだ。

 直径15センチくらい アナの頭と比較してそ?
07oct10045.jpg


 怖いもの見たさで近づいてみる↓

07oct10047.jpg


 白っぽい巨大なキノコは、今日見ると、引っくり返って茶色くなっていた。
ちなみに、今シーズンは、猛暑のせいで、地元の天然キノコの出荷が遅れたそうだ。

 これからの時期は、全国で、いつものように、毒キノコの中毒患者が出るのだろう。
いつも、その手のニュースを見聞きする度も思う。
 何が嬉しくて、キノコなんかで死ななきゃならんのや?
たとえ、マツタケだろうがなんだろうが、所詮、菌糸類だぞ?菌糸類!
 カビの仲間。
死ぬかも知れんのに、カビなんて食いたいのか?
私なら、「最上級牛肉のステーキ」とかで死ぬほうがいいぞ。

 って、余計なお世話か。
このページのトップへ

許容限度

 田舎の犬は、飼い主の無知により、社会性というものを持っていないといっていい。
多くの… いや、ほとんどの犬は、はるか彼方から、その姿を見掛けた飼い主により、遠ざけられてしまう。
 飼い主達は、一様に思い込んでいる。
「異性の犬ならともかく、同性の犬とは必ずケンカする」と。
 
 間違って近づいたりしても、犬同士の挨拶も知らない犬が、仲良くできるわけがない。
テレビで見るような、他所の犬同士がドッグランで遊ぶ様など、夢の、また夢である。


 そんな地元だが、近所に、二頭だけ、普通に挨拶ができる犬がいる。
一頭は、ラブ外見の雑種、もう一頭は大きめな白いポメだ。
双方とも、若い頃から顔見知りになったおかげかもしれない。
 その他の犬は、親の敵の如く怒りまくって擦れ違うのが普通だ。

 十日ほど前のことだった。
そのポメの飼い主から、「カンベンしてくれよ~」 な依頼(?)がきたのは…
 以前から、ポメの足が変だという飼い主に、さっさと病院へ連れて行け!と促していたにも拘わらず、病院代を渋った飼い主は放置したままだった。 

 その日、来客に興奮したポメは、玄関で暴走し、後ろ足が脱臼してしまったらしい。
動転した飼い主は、立てなくなったポメを抱き、線路を横切って、我が家へやってきた。
おいおい!! 私に治せって言ってんの?
あのぉ… いくら私が小器用であっても、 完全に許容外なんだけど?

折り悪く、病院は休診日だったが、携帯に繋がれば、診て貰える率はある。
とにかく、すぐに電話をしてみれ!と追い返し(?)後に様子を見に行くと、なんとか診て貰えたらしい。
 やれやれ…
 
 安静を言いつけられたポメは、抱かれて移動するうちに、すっかりズボラになったそうだ。
だ~か~らぁ~!
「ワンコは、手間と金が掛かるよ」って、くどくど言ったのに…
人は、どんなに助言を受けても、自分で経験しなければ解らないってことか。
 現実を思い知らされた飼い主は、ポメの為に、フローリング床の滑り止め敷物購入を検討しているようだ。

 他所の犬はともかくとしてだ。
二日ほど前、アナと猫に、ダニ用の薬を使った。
アナは外用性ダニ、猫は、被下性の「耳ヒゼンダニ」用である。
どちらも、人間に移ると、さらに困る。
 
 ツツガムシに関しては、既に私は陽性なので、どうでもいいと言えないことも無いが、目に見え辛い分だけ、ダニや蚤などはイヤさが増す。
 仮に、ダニが、「体長10センチ」とかならば、避けて通れるもんね。
(そういうダニが居たら、それはそれでイヤ過ぎるが)
 
 今日、仕事のキリが付いたので、夕方、チビ猫を洗った。
ダニ薬も、この二日で浸透したことだろうし。
 当然、洗われたチビは機嫌が悪い。

 チビ猫は、晩夏頃から、ほとんど家の中で寝るようになり、いつも、母にくっついて寝ている。
 食事の時は膝へ昇り、母が夜中にトイレに行くと、チビも付いてくるらしい。
「犬は人につき、猫は家につく」
とかいうが、どうして中々、人にべったりだ。

 そんなチビだが、最近、私を見ると、一目散に逃げていく。
どうやら「妖怪 猫洗い」くらいに思って居るらしい。
忘れた頃に洗うようにしているのだが、チビは、もう、頭に焼き付けてしまったようだ。

 そうじゃなくても、私は、チビが幼い頃から、薬やミルクを無理やりに飲ませたりと、嫌がるようなことばかりしているからな。
 それでも、チビはチビなりに、自分を抑えているようで、最初の頃のように、力一杯引っかいたり、咬んだりはしなくなった。
 が、イヤなヤツには違いない。

07oct10042.jpg


nekoarai.jpg


 ちなみに、ウチの母は、アナを、「大きい猫」と表現している。
「大きい猫」って、どうみても、普通に犬なんだが…
 
 数日前の光景↓
07oct10044.jpg

このページのトップへ

ベタ その後

 先週の金曜(12日)動物病院へ行った。
秋はダニが付きやすい。
この辺りは、ツツガムシの出回るシーズンでもある。

 アナのダニ薬が欲しかったので、夕方、バタバタと、とんぼ返りの往復である。
ついでに、ベタ用の容器を探すという、一石二鳥の企みだ。
 隣町のホムセンでも、水槽は、大きめサイズ(複数飼うには適当な大きさだが)ばかり。
別に、水槽に限ったわけじゃなしと、他の容器も見てみたが、やはり、水槽以外には、適当なものはない。

 結局、小型の虫飼育用ケースに決めた。
ガラスじゃないので軽いのはいいが、大きさ的には微妙な感じ。
「帯に短し、たすきに長し」である。
もう少し深さがあるといいな~とも思ったが、380円という値段に負けた。

家に戻ると、早速、ベタを入れてみた。
まあ、実用的ではあるのだが、いかんせん、片手で持ち運には持ち難い。
そのうち、穴でも空けて、ワイヤーで「取っ手」を着けてみようと企んでいる。

07oct14001.jpg


なんせ、ヒーターが小型なので、水を沢山入れると温まらない。
今は、夜でも気温は十度代だが、真冬になったら、どこまで水温が上げられるのか問題だ。

07oct14002.jpg


餌は乾燥赤虫を与えているが、やはり、ボウフラの方がいいらしい。
今日、散々探して、ようやく捕まえた数匹のボウフラを、ベタは、数秒で完食した。
おいおい! 少しは味わって食ってくれ!

 まあ、あれだ。
モノトーンの淋しい景色の時期に、夏色の魚がユラユラと泳ぐ様を見るのは、悪くない。
07oct14006.jpg
このページのトップへ

なんだかな~…

 このところ、急に秋めいてきた。
薄手の長袖の夜着が心もとない。
じきに、暖房器具が要る。

半月ほど前の頃の、地面にめり込むような脱力感は、少し和らいだ。
…ような気がする。
体が慣れただけかも知れない。 
 
 こんな調子では、どこかへ出かける気力も無い。
先月、気まぐれに応募した、普及キャンペーンで貰ったETC機器は、到着時のまま、テーブルに載っている。
不調になっていく一方なのに、この先、これを使えるような時が、やってくるのだろうか?
今、もし資金があっても、かつての、夜通しのドライブなんて無理だろうな…(←遠い目)

 かといって、仕事をすれば、ありえないようなケアレスミスばかりしている。
今度こそ!と気負うあまりに、全体への目配りが欠けるのだろうか。
 一応、賃金を貰っている以上、私はプロだ。
なのに…

 知人や近所の人からの、何気ない社交辞令「アンタはいい腕しているから…」の文句は、私の崩壊寸前のプライドに「砕け散れ!」と言わんばかりのダメージを加える。

 自分のアホ加減に落ち込む→気負い過ぎてミスの悪循環、負のパターン構築終了ってか?
思いたくもないが、やっぱり、年のせいか?
今でこんなだったら、母達の年になったらどうなるのだろう。
恐ろしい! 考えたくも無い。

疲れているせいか、数日前、居眠り運転をする夢を見た。
なぜか、その夢の中で、私が運転しているのは、見たことも無いトラックだった。
一体、どこの車や?  
こんなトラックに乗っているってことは、私のシルビアはどうしたんだ~!
 ってか、私、夢の中でも眠いのかよ…orz

全く関係ないが、一昨日撮った彼岸花を…
紅い時は、一瞬で通り過ぎた。 

07oct06004.jpg


07oct06012.jpg


単体ならば、花火のようなシベも…
07oct06015.jpg


群れると、互いに絡み合い、収拾が付かない光景となる
ある意味、私の心象風景に近いのかも…

07oct06023.jpg
このページのトップへ

ベタの秋

 夏に気まぐれで買ったベタの「ブルー」が、まだ元気に生きている。
メダカに与える積りで取って来たボウフラを、試しに与えてみたら、以後、乾燥赤虫餌を食べたがらなくなってしまった。
 やはり、生餌の方が美味しいんだろう。

しかし、ボウフラの繁殖にも限界がある。
連日与えるほどに増えるわけがない。
 しかも、季節は秋、さすがに蚊も少なくなってきた。

 そうして、気温とともに下がる水温。
夕方からは浴室へ入れて凌ぐ。
この数日は、昼間でも、ブルーは動かなくなった。
 仕事にキリがついて、どこかへ出たら、ミニヒーターを買ってこようと思っていたところ、今日、一気に気温が下がった。
限界だな…

 迷ったが、夕方、近所のホムセンへ、ヒーターを買いに出かけた。
家にあった容器を使う積りでいたんだが、ヒーターは結構大きく、(イヤ、そもそも容器が小さいのだが)入らなかった。
「ベタ専用、容器1Lタイプ」とか、もっと小さいヤツ作ってくれよ!

 再度行くのもイヤだし、その店には、私が思う適度な大きさの水槽なんぞ売っていない。
最小サイズの水槽も結構デカかった。
 
ベタ一匹に、あんな邪魔臭い水槽が使えるかい!
この寒地で、ミニヒーターがどれだけ能力が出せるかも判らない。

 要するに、水が入ればいいわけだ。
で、車に常備していた洗車用のバケツをとってきた。
調子が良さそうなら、容器を考えればいい。


 で、現在は、こんな感じ。
07oct06027.jpg


↓ヒーター 取り付け前
1191037523n.jpg


水替えは繁盛にするタチなので、ろ過系は買っていない。
ド田舎なので、水道の水は、井戸水と大差が無い。
(ウチには両方ある)
細かいことを言えば、井戸水は水温が一定なので、夏は冷たく、冬は暖かい、水道は逆というくらい。
 大阪へ嫁いだ同級生が言っていた。
「ここは、水道水でも美味しい」と…

 我が家には、かなり昔から、鯉が居る。
父が釣ってくるのだが、50センチ以上のものばかりだ。
これだけ大きいと、餌も、沢山要る。
屑野菜などを煮て与えたりもするのだが、鍋一杯与えても、一匹あたりは、ちょっとしか食べられない。

 池は大して大きくないので、鯉が増えたら、欲しい人に上げてしまう。
だったら釣ってこなきゃいいのだが、釣り人というものは、欲が深いもののようだ。
 最近は、鯉を釣ってきても、ほとんどが猫達の餌にされてしまう。
やっぱり、知らん顔の魚より、人を見て喜ぶ猫の方が可愛いもんな。
元々、水生の魚と、陸上の生き物とは、文字通り、「住む世界が違う」のだから。

ちなみに、鯉には、俗に「池鯉」と呼ばれるデブっとしたモノと、「川鯉」と呼ばれる細身のモノが居て、飼うのは前者のみだ。
肉質は、池のほうは赤身で油が多く、川の方は、白身で油が少ないので、猫達も、池の方を好む。

 子供の頃から、そういう環境で育つと、魚に対して、あまり愛情は感じられなくなる。
私にとって魚とは、「川で取って来て、池に入れたり、食べたりするもの」である。
そういうわけで、ベタも買い捨てで飼ってきたのだ。


なんでも、魚は、局部的な熱さには鈍感で、ヒーターで火傷をするらしい。
専用のカバーが売っているのだが、なんでこんなもんに800円も出さにゃならんのさ?
(ヒーター本体は1480円だった)
 
そもそも、ベタは、180円で買ったものである。
 どうにも、納得がいかない。
当時、ベタが瓶込みで980円、単体180円で売られていたのもアレだが、今回は、その程度じゃない。
仮にも、生き物との比較はどうかとも思うが、犬猫達より格が下がるのはしょうがない。
 じゃ、相応するような高価なベタ買え…って?

イヤだ!
魚に万札出すくらいなら、オカメインコでも飼う。
もっと余裕があるのなら、コバタンが欲しい!
なんにも考えずに言えば、やっぱり、クジャクの雄だ!!
(↑大きめで派手系が好き)

 ちなみに、私の子供の頃の(動物飼い方向の)夢は、乗用車代わりに白馬に乗り、クジャクの雄を飼って、求愛のダンスをしてもらうことだった。
 

 で、カバーは、ホムセンにあった灯油ポリタンク用の口を買って来て、自分で作った。
 我が家は、広い割りには、使える部屋がないので、(居間とか暗いし)渋々、バケツを自室に持ち込んだのだが、はっきり言って邪魔臭い。
いくら実質主義の私でも、これはちょっとキツイ。
どこかに、安くて適度な大きさの水槽があればいいが…

 一番納得がいかない事実は、ここまでしても、ベタの寿命そのものが短いことである。
1~2年って、金魚より短いんか!
もっと長生きして、「全長30センチ」とかになるのなら、もう少し萌えるんだが。
 なんだかな~


 
このページのトップへ

さだ「関白宣言」

 その昔、「さだまさし」の歌う「関白宣言」という歌があった。
内容は、
「オマエを嫁に貰う前に、言っておきたいことがある。
俺より先に寝てはいけない。
俺より後に起きてもいけない。
…忘れてくれるな。
仕事も出来ない男に、家庭を守れるはずなど無いってことを


という、非常に勝手なものである。
 (まあ、前提が共働きではない辺りは、可能な範囲とも言える。)

そんなことは、自分が仕事をできるようになってから言え!
オマエなんぞ、私のボスとは認めん!
←どこまでも野生の本能優先
 そう突っ込みを入れたくなるような詩だったことは確かだ。
世間の大抵の女性は、それほど悪く取ってなかったようだが、私は私、その「誰か」じゃない。
(押し付けの愛情で喜ぶタチでも無いし)


今聞いても、ムカつく内容だ。
もし面と向かってそんなことを言われたら、私は、「機関銃のごとき口」と評される口で言い返し、速攻退散するだろう。
(実際、常にやり返していたし)

 そもそも、他人に勝手に決められるのが気に食わない。
夫婦だろうが、親子だろうが、別々の人間なんだから、相手の意思を、一言、確認するくらいできないか?
僅かな手間を惜しむから、不満が溜まり、爆発するハメになるのだ。
「夫婦は二人で一人」なんていうが、それは違う! 絶対に違う!
だいたい、半人前が二人なんて、非効率この上ない。
夫婦は、一人+一人」だ。

 この歌には「関白失脚」という続きがあったらしい。
「オマエを嫁に貰ったけれど、言うに言えないことだらけ。
かなり寂しい話になるが、俺の話も聞いとくれ…」


これを聞くと、異様にすっきりした気分になる。
我ながら、根性悪いなと思うが、言い換えれば、自分の気持ちに正直なだけだ。


 今日、アマゾンから、「地球へ…」のサントラ2発送のメルが来ていた。
動画サイトを覗くと、既に、「例の曲」がアップされているじゃないか!
 ジョミー役の人が、昔の「地球へ…」の劇場版のテーマ曲をカバーしているんだが、凄い!
どう聞いても、男の声にしか聞こえない!

そんな歌、古過ぎだろ!と思っていたのだが、普通にかっこいい。
食傷気味かな~とも思ったんだが、予約してよかった。


しかし、この体調、なんとかならんのか~
はあ~…
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。