FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

鬼籍

 ウチに、猫が来るようになって3年。
年々生まれる子に、幸先不安を募らせていたが、猫は、増えるより減る方が多いような気がする。

 猫詳細を知りたい人が居たら、花音別館のワンコサイドで見て欲しい。

 最初の美人兄弟のうち、オスのグレーが、いつの間にか姿を消した。
白猫Sは常駐に近かったが、この子に関しては違う。
 特に、次世代の子猫が成長してからは、遠慮がち(というより、次世代に追い払われていたんだが)になっていたので、いつ居なくなったのか判らない。

 そして、次に姿を消したのは、白猫の一頭だった。
裏の畑に常駐していた「手」だ。
 春頃から見なくなったような気がする。
あいまいなのは、全部同時に来るわけじゃないからだ。
DSCN2956u.jpg


 そして、ミケに今期の子猫が生まれたが、なぜか一頭だけだった。
それと入れ替わるように、前年の「ヒゲ」が姿を消した。
健康を害していたという感も無い。
ブクブクにデブってはいたが…
↓「ヒゲ」
07apr02059.jpg


 その後だった。
もう一頭の白猫「お座り」が姿を見せなくなったのは…
多分、もうこの世には居ないだろう。

 そして、数日後、茶雉と、もう一頭の白猫が姿を消した。
白猫は、年の割りには老けていたが、特に不健康というわけではなかった。

 茶雉は、去年のミケの子で、ウチへ来る猫のボスだった。
普段は、一番穏やかで、子猫の面倒もよく見て、人馴れもしている。
 だが、侵入者には徹底的な態度を見せた。

 5日ほどが過ぎ、「ああ、茶雉は、誰かと戦って死んだな…」と思っていたら、昨日、茶雉が、ひょっこりと帰ってきた。
体を見ても、どこにも傷らしきものは無い。
 この数日、どこかに閉じ込められていたのだろうか?
だとしたら、この暑さに、よく耐えたものだ。

茶雉とアナ
07augu12003.jpg
 
 
白猫(白チビの母)は、今のところ、帰ってこない。
この子は、ちょっと弱っていた。
物凄く食べてばかりいたのに、痩せていた。
猫免疫不全とかになっていたかもしれない。
 にしても、前日まで、あんなにバクバク食べていて、翌日に死んだりするものだろうか?

 こうして、我が家に来る猫は、ミケ親子二頭と、帰ってきた茶雉と、白チビのみになった。
 家族も、気にしては居るが、近所で猫の遺体は見つかっていない。

 ↓ミケ  
07augu12008.jpg

スポンサーサイト



このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する