FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

一応、出口?

 夕方、アナの散歩から戻ると、一枚のFAXが届いていた。

この一年、澱のように、心に溜まり続けていた事件が、ようやく解決することになった。
 そう、コイツ↓のことだ。
07june23018.jpg


 もう、一年にもなる。
去年の7月末のことだった。
岐阜市からの帰り道で、当て逃げ事故に遭ったのは…
 ↓
DSCN7396m.jpg


 「ドコン!」という衝突音と衝撃、相手の、古い外車は、停まりもせずに走り去った。
 母親が助手席に乗っていながら…
当てられた愛車の傷を見た私は、ブチ切れて、我を忘れて、その車を追った。

 傍からしたら、愛車は、ただの古い車だが、十年余にわたり、一緒に旅をしてきた「バディ(相棒)」なのだ。
強風の中、豪雨の中、揺れるフェリーの中…
沢山の感動と、驚きと、タマには恐怖と…

 物に、記憶というものが宿るならば、愛車は、恐ろしいほどの記憶を持っていることだろう。
 その「バディ」が傷付けられて、黙っていられようか?


 そうして、長い、地道な戦いが始まった。
キモチは、金銭的なものより、感情的なものへと移行してゆき、自覚の無いまま、ストレスは溜まりに溜まったらしい。
 私の、真っ黒な髪に、いきなり、沢山の白髪が出てきたときには、絶望的なキモチになった。

 つのるストレスと、トラウマ。
道路で会う同型の外車は、全部、故意にぶつかってくるような気がして、今も抜けない。
 そのくらいの事故で? とか言われそうだが、いっそ、死亡事故ならば、トラウマも何も無いのだ。
 

 詳細は、完全に終わった時に、本館にでも載せようと思う。
とにかく、このことについてだけは、いい方向に向かったということだ。

 ちょっと、気が抜けてしまった。
明日の朝あたり、ポックリ逝ってたりして…?
それでも、証明できたんだから、いいって気もする。

 望みが小さいって?
「地球征服」なんて器でもないんだから、いいじゃないか。
人生なんて、当人は我武者羅に走った積りでも、振り返ってみれば、コレということは成してないものさ。
 …と、もう人生が終わったようなことを言ってみる。
スポンサーサイト



このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する