FC2ブログ

Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

ヤフオクな日々2

 しょうこりもなく、オクで小物を買い漁っている。
生地は、3つに一つは微妙、これは、色の見え具合が違うのと、質感が解らないからしょうがない。
割り切って、捨てるのが惜しい値段のものには手を出さない。
 しかし、随分ボってる生地もある。
まあ、そういうのには、入札自体も入ってないが。

 先週、サニタリーショーツを探してて、綿生地のが「3枚で500円」というのがあり、やたっ!と入札。
届いたものを見ると、防水布が外側にある… 
なんで??
 それは、「サニーショーツ」という商品名の軽失禁用ショーツだった。

 そう、私は、「サニーショーツ」がなんたるかを知らなかったのだ。
人間は、物事を、自分の都合のいいように解釈するモノである。
タイトルの「爽やか…」は、綿生地だからと、都合のいい変換をしてた。
…笑えない
がくーっ…
 
 モノがモノなので、言い訳したい気分アリアリだったが、それもみっともないか、と普通にお礼評価でエンド。
問題のブツは、叔母ゆきと決定。
叔母の名誉のために書くが、まだ叔母は必要ないらしい。

 その少し前に、激安の、ハーフカップブラ3枚組みをゲト。
私の夏服は、肩を出したものが多いので、ヒモ外し可のブラは必需品である。
しかし、最近、夕方頃になると、ワイヤーが痛くてたまらない。
 
 元々、ハンパなアンダーサイズだったので、カップサイズを上げて、ホックで調整していたんだが、とにかくズレやすい。
で、試しに、カップを小さくしてアンダーをワンサイズ上げて探した。
 そうじゃなくても、ブラサイズは、月のモノの影響で、ワンサイズくらい変わってしまうから、中々ピッタリするものは少ない。

 柄が微妙だったが、薄色なので、透けることは無さそうだ。
珍しく、生地が綿ということで決定。
しかし、間違いなくズレるだろう。
大体、ハーフカップそのものが、貧乳向きなのだから、BだのCだのでは、ズレて当たり前である。

 「転ばぬ先の杖」という。
「ズレる前の替えヒモ」と変換、ブラストラップを探したら、良さそうなのを発見。
 通販好きの私は、はるか昔にも、交換ストラップを買ったことがあるが、本来のストラップと違い、金属チェーン素材は肌に痛く、ゴムのように伸縮しないので、動くと、すぐに落ちてしまい、実用的ではなかった。

 最近は、キャミソールが普及しきったので、クリア素材のストラップとかが普通に出回っているが、この年では、流石に無理がある。
 去年、近所のヤンキー婆(私よりも若いが、孫が二人いるヤン婆)が、そのテのストラップを着けていて、ひいた。

 そもそも、俗に言う「可愛い」タイプの小物は、私の趣味じゃないし。
ってんで、オクったのが↓の3点。
 一番上のが本命だったのだが、ライバルが居たので、滑り止めとして、他の人の出品していた安いのにも入札したら、結局、全部落札してしまった。
オクは、自分の意志だけでは決まらないというところが難だ。
 
 下二点は、値段相応に安っぽい感じだったので、最悪の場合、自作の金具取り用にする積りで入札したから、いいといえばいいんだが、やはり安っぽさは否めない。

 しかもだ。
到着したブラが、全く締め付け感が無いにも拘わらず、一日中ズレなかったという…(ストラップ要らないじゃん!)
 ヒモ無し装着は、生地のヘタリが早いから、最初は良くても、いずれは要るだろうが…

07july20b002.jpg


 前述のサニーショーツは、その後、他を当たり、今日、ブツが届いた。
今度は間違いなく、私の希望のものだった。
やれやれ…

 先月、ネットショップで買った「夜会巻きコーム」だが、これが、あまり具合がよろしくない。
崩れないように締めると、夕方頃には、生え際が痛くなる。
コームのカーブが、頭の形に合わないのか、櫛先が、頭皮に当たって痛い。
 しかし、緩めに結うと、すぐに落ちてしまう。

もっと、軽くて、簡単に結えるコームが無いものだろうか?
去年自作したカンザシは、髪の許容長を超えて使えない。
 別店の「アージェコーム」がセール期間だが、どんなもんかな。
スポンサーサイト



このページのトップへ

遠い大地

 梅雨は、今日も居座っている。
前に車を動かしてから、一週間近く過ぎた。
仕事があるし、天気が悪いので出たくないし、時期柄、これという花も無い。
ちょこちょこ乗りなんて、つまらないし。

 資金があれば、即、北海道行きなんだが、今度行ったら、そのまま行方不明かも…
金と暇があったら、一月くらいは彷徨ってみたいものだが…
 ずっと離れていたから知らなかったが、この数年で、フェリー運賃が、かなり値上がりしたようだ。


 せめて、敦賀港の物産展、行きたかったな~
物産展は大したことないが、「すいせん」の船内見学も可だったようだし。
 って、この状況で、フェリーの姿なんぞ見たら、溜まらんわ。
ランプウェイを昇るときの、不安とワクワク感の混じった高揚感は、もう二度と味わえないのだろうか?

 吹きすさぶ風の中、冷たい雨の中、夏の強い日差しの中、一台の車と、長い長い旅をする。
私にとって、恋愛よりも結婚よりも、刺激的で感動的な時間だった。

 人は、強い刺激を受けると、その後の人生が、死ぬほど退屈になってしまうそうだ。 
  昔、ベトナム戦争に行った兵士が、命からがら帰ったのに拘わらず、日常の平和な生活が溜まらなく苦痛になり、自殺してしまう人が出たらしい。

 雨は、来週まで続くようなので、雨間を見て、車を引っ張り出した。
川面から、霧が上ってくる。
また雨が降りそうなので、早々に帰った。

 
07july20004.jpg


…と、ここまで書いたのは昨夜半(20日)
今日も引き続き雨。
ツゲの木に張った蜘蛛の巣を雨粒が飾る。
07july21003.jpg


 油蝉の抜け殻
この2~3日に羽化したばかりのようだが、せっかく地上に出たのに、この悪天候では、甲斐が無い。
07july21004.jpg

このページのトップへ

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する