Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

年越し料理「鰤」

 昨日から積もリ続ける雪に、アナは、トイレの場所が無くなり、右往左往している。
なんだって、ワザワザ、雪深い中へ行こうとするのがギモンだが。

↓ ×ッコ中
08jan01002.jpg


↓ ××コ中
08jan01006.jpg

 残りは本館で…


 大晦日の年越し料理とか、おせち料理って、現代の食生活とは掛け離れすぎているんじゃなかろうか?
 
 岐阜県北部飛騨地方の年越し料理のメインは、「汐ぶり」である。
 ここで言う「汐鰤」は、「鰤に塩を振って寝かせ、半発酵させたもの」を指す。…らしい。
「飛騨」と言っても、もっと北部での習慣なので、本場モノは、この辺りには、あまり出回らない。

 本州のほぼ中央に位置する岐阜県は、その中ほどの山脈で属する地方が違うのだ。
降った雨水は、片方は日本海側、もう片方は太平洋側へと流れる「分水嶺」となっている。
 当然、日本海側に属する地域は、日本海の魚が流通しやすい。

 年末が近づくと、地方の話題として、汐鰤の漬け込み風景が流れる。
去年だったか、その「汐鰤」をスーパーで見たが、「4切れパックで1980円」だった。
それ、魚の値段じゃないだろ!
 ぼってるのか?

 北部へ出入りしていた知人に、その後、汐鰤の話をしたら、地元でも、そのくらいの値がするものらしい。
 汐鰤、高いよ!


 魚の塩漬けは、昔、海から遠い地域への輸送手段として考えられた保存法だ。
その昔、富山県などの日本海側から、鯖などの塩漬けを「ぼっか(字が出ない)」と呼ばれる行商人が背負い、山を越えて運んだそうだ。
 流通が未発達な時代、山間部では、海の魚はご馳走だったと思われる。

 
 我が家では…というより、ウチの母は、年越しに鰤を食べたい(家族に食べさせたい)らしい。
鰤と言っても、件の汐鰤ではなく、普通の切り身を煮焼きするのだ。
 だが、私は鰤も煮付けも嫌いなので食べない。
味覚が変なのか、特に味の濃い煮付けがイヤだ。
(鰤は刺身でも嫌いなんだが)

 年寄りは皆そうかも知れないが、ウチの母は、人の意見を聞く人ではないので、何度言っても鰤を出す。
買い物で鰤を見ると、「魚なんて要らんからね!」と言いつづけているのだが。
 食べたいのならば、二人分だけ作れば、無駄にならなくて良さそうなものではないか。
我が親ながら、アカの他人よりも理解されていない気がするよ。


 いつぞや、鰤のカマと大根の煮物「鰤大根」というヤツのレシピを見て、食べてみたくなって作ったんだが、カマは焼いてから煮たのに、魚臭いだけだった。 
私の料理法が悪いのか、鰤が新鮮じゃなかったのか、周りにも判断できるような人は居ない。
 
 どうも、この辺の人は、専業主婦でも、あまり料理をしないように思う。
ジジババ同居では、目新しいメニュー作っても食って貰えない率が高いせいもありそうだが。
 私だって、親の分作るとしたら、かなりメニューが狭まられる。
そういう意味では、同居人は、世代の近い人が楽でいいな。


 そして昨年の大晦日、夕食に鰤は無かった。
年末間際、私が、似たようなことでブチ切れたばかりだったせいかも知れない。
やれやれ… 
 そうして、私は大晦日の夕食をうどんで済ませた。
食べたくない気分の時に食べると、後で胃が痛くなるのに懲りたからだ。

ちなみに、今夜もうどんだった。
(決して、うどんが好きなわけではない!) 
スポンサーサイト
このページのトップへ

焼きバナナ

 「バナナはオヤツ?それともオカズ?」
子供の頃の遠足で、クラスで一人くらいは聞くヤツが居たんじゃないか?

 
 一時、マラソン選手かなんかのハナシで、「すぐにエネルギーを取り込めるモノとして、バナナがいい」、とか言われていたことがある。
 果物類が好きではない私にとって、(いや、そもそも食べ物自体に興味が薄いんだが)バナナは、もそもそとした食感が、どうもいけすかない。

 バナナが高級品だった頃の記憶を持つ世代は、バナナ好きな人が多いように思う。
ウチの親もよく買って来るし、親戚の叔父は、我が家へ来るとき、ワザワザ、お気に入りの「バナナ屋」まで行って、バナナを買ってくる。

 「バナナ屋」って、バナナ専門店?
私の頭に、ずら~っと、バナナばかりが並ぶ絵が浮かぶ。
(想像すると、なんとなくイヤだが…)

 バナナ叩き売りの「寅さん」じゃあるまいし、今時、そんなんで(店を)やっていられるものか?
聞くと、普通の果物店なのだが、その昔の開店当時は「バナナ屋」だったのだとか。
 
 叔父は、「バナナは、この店が美味しい」と譲らない。
この辺のスーパーのモノよりは美味しいが、それは、単に、「田舎へ高級品を持ってきても、売れないから仕入れない」というだけじゃないのか?

 果物ってヤツは、カラダを冷やす働きがあるものが多い
特に南国系のものは、その傾向が強い。
 
 冬場は、冷たいものは食べたくない。
しつこいようだが、とにかく、寒いのだ!
 偏食を、市販の野菜ジュースで補っている(積り)なのだが、この時期に冷たいジュースを飲むなど、私には、ほとんど拷問に近い行為だ。


 現地では、野菜のように、バナナを加熱して食べることも多いと聞く。
日本でも、プリンやケーキなどの菓子類などに混ぜ込んで使うのも普通だ。

 寝込んでいた時、おかゆもうどんも飽きて、バナナを焼いてみた。
縦半分に切り、焦げ付かない程度に軽くバターを引き、蓋をして。
 とろっとして、甘みが増した。

これなら、冬場でも苦にならない。
(味などは、それぞれの感覚の問題だが)


 この地方は、ハンパな寒地なので、家自体が、それ用に作ってない。
それ以前に、ウチは古いので、隙間風が入ってきて寒い。
 なんか知らんが、窓などの構造上、アルミサッシにリフォームするのが困難なのだ。
(正確に言えば、壁を作り直すくらいの手間と金を掛ければ可能)
 

 一階の居間はともかく、二階の自室にいたっては、真冬の夜など零度である。
室内なのに、戸外とあまり変わらん。
 もし、布団類無しで寝たら、凍死するんじゃなかろうか。
私の仕事場は、昔飼ってたインコの水が凍っていたことがある。


 エアコンの暖房は、室外機が、自身を凍結させないことを優先させるので、最高に設定しても、全く効かず、石油ファンヒーターを使っている。
寒地は、室外機用のヒーターが要るのだそうだ。
 とにかく、冬は寒い!


 野菜も、温冷効果は果物と同じだ。
夏野菜はカラダを冷やす働きがある。
キュウリやスイカなどは、特にそうだ。
 
 台湾だったか、中国だったか忘れたが、夏バテを防ぐため、スイカの消費量がとても多いらしい。
 利尿作用の強いスイカは、漢方薬にも名が連ねられていたんじゃないかな?

 反対に、冬野菜は、カラダを温める効果がある
要するに、その季節、その地方で採れる旬のモノを食べるのが、一番、カラダにいいのだ。
 
 とか言っても、今の時期、うちの畑にあるものは、大根と葱と白菜と、いつまで経っても苗みたいなほうれん草くらいなのだが。


自室の鉢植えが、ちょっとだけ、成長した。

ユキワリソウの花芽から、蕾が見える
07dece27015.jpg


クロッカスも、蕾のほうらしきモノを覗かせている。
07dece27016.jpg


 
 
 

このページのトップへ

恐怖のオムライス

 懲りもせず、生地を狙っていたのだが、昨夜に続き、今夜、また競り負けてしまった。
年内にキリを付けたかったのだが、もうダメぽ…
 
 一番の問題は、私の気がコロコロ変わることだ。
つい先頃、気まぐれにオクった生地が、案外良かったので、今度は、こっちに合わせたくなったのである。
 だから競り合いにも身が入らない。

 オクは、見合いと似ている。
どうしよっかな~と見送って、次の人に会ったら、前の人の方が良かった。
…みたいな。
  見合いパーティのように、全部一度に見られればいいのだが。



 一昨日辺りから、うどん主食生活から抜け出し、実に十日ぶりくらいに米を食べた。
だが、いぜん主食類には興味が湧かず、食事時は激しく憂鬱だ。
寝たきりならともかく、食べなきゃ動けない。
 ああ、メンドクサ!
  
 
 私が実家住みだから、据え膳と思われてるかも知れないが、母の料理は、好みが違う以前に、味が濃すぎ、私には食べられないモノが多いんで、自分で作っている。
 食べたくないのに、メンドクサいよ~!! 
「これ一本飲めば、一日OK!」みたいなモンないかね。
 もしくは、植物みたいに光合成とかさ。


 今夜、ふと、オムライスを作ってみようと思いついた。
そういえば、母が土産に買ってきた隣町特産のケチャップがあったな。
トマトの加工品ではあるが、一日にスプーン2杯も取れば、そこそこの栄養素が取れるらしい。
 坑酸化作用とカロチンを含むトマトは、変なドリンク類より効果があるという。
「食事」というものを「栄養摂取」主体に捕らえている私は、そういう基準で食材を選んでいる。


 そうして、順調に作業は進み、ケチャップを入れる時、事故は起きた。

 そのケチャップ容器は、ガラス瓶だった。
高さ20センチ強くらい、径3センチくらいの口だが、予想通り、するっとは出てこない。
 で、フライパンの上で、逆さにして、上下に揺すったワケだ。

 次の瞬間、どぽっ!!
小型のフライパンではあるが、その半分くらいをケチャップが占めていた。
 うぎゃ~っ!!
こんな定番ギャグ漫画のようなことが、我が身に降りかかるなんて!
 容器の中身は、半分ほどになっていた。


 暫くの間、フライパンの中を見つめていたが、大量のケチャップに、なす術はない。
御飯を増やすという手もあるが、親は、とうに食事を済ませている。
 実の親であっても、一つの台所で二人が料理するのは無理(っつーか、私は嫌い)なので、一緒に食事をすることはほとんど無い。
 
 「一人で食べるのが淋しい」とか言う人も多いが、過去の寮生活時代において、次の人のために場を空けることが習慣となった私には、食卓で、他に人が居ないことの方がラッキーなのである。
 貧乏暇無し一般人の生活は、何をするにも慌く、本当にゆっくりできるのは、死んだ時くらいなのだ。


 結局、別のフライパンに御飯類を掬い上げ、残ったケチャップは捨てた。
オムライスが美味しくなかったのは、「どぽ!」が原因なのか、私の味覚が変なのか。
 納得できない事件だったことは確かだ。
 

 穏やかな晴れ間も、今日までのもよう
07dece27009.jpg


 冬枯れの景色、梢に残った柿数個
07dece27010.jpg


もさもさと歩くアナ
07dece27007.jpg


恒例の二頭
07dece27014.jpg

このページのトップへ

プリン、 プリン!

 昨夜未明、掲示板で、ふわとろプリンの作り方を探していたら、やたらにプリンが食べたくなり、作ったのだが、あまり美味しくない。
今回は、生クリームも入れたのに、なんで?

こんな配合↓
牛乳500cc、生クリーム200cc、全卵2個と卵黄4個、糖分少な目、
140度で40分蒸し焼き

 
 最近のリニュCMを見て買った、コンビニ「×ーク×K」のプリンが結構良かったので、それに近づけたかったのだが、一体何がアカンのだろう?
怪しいのは、「多粘体」とか「乳化剤」辺りか…
 
 十日前くらいから、プリンを作りたいと思っていたのだが、カラダが動かないんで、ジリジリしていたワケだ。
 コンビニは歩いて行ける距離じゃなし、近所のスーパーでは、ゼラチン系のプリンしか置いてない。
ふわとろでも、あれは邪道だ!
プリンは絶対に焼きだろ! 
 (↑子供の頃、母製のインスタントプリンしか食べられなかった反動と思われ)

07dece23010.jpg


 たらふく食べようと思い、グラタン皿でデカいヤツを作ったのだが、食べ切れなかった。(厚みは3センチくらい)
 私の味覚が変なのか、作り方が悪いのか。
消化の良さそうなものを選んでいるのに、微妙な胸焼けがイヤン。
 
 妙な頭痛は治まらないし、鬱陶しいカラダだな。
原因は、あの、前頭部をゴン!…か?
 それにしちゃ、いつまでも痛いし、場所限定の痛み。
やだなぁ… 
洗濯竿にぶつかったくらいで「外傷性脳ナントカ」で半身不随になったりしたら、目も当てられん。

 頭痛はバカになんないゾ?
父方の叔母(父の弟嫁)は、頭痛で検査したら脳腫瘍が出来てて、もう、3回くらい開頭手術している。
 良性らしいんだが、今度再発したヤツは、切れないところに食い込んでて、化学療法しか取れないとゆー。
 
 叔母は生活に余裕があるし、楽観的な性格だから、大して気にして無いが、その度、頭は丸刈りの一休さんだよ。
私は、それだけは、(それ以外でも)ヤだねったら、ヤだねぇ?
このページのトップへ

プリン

 一昨日、むしょうにプリンが食べたくなった。
作ろうとしたら、冷蔵庫に牛乳が無かったので、適当に買って済ませた。
・・・筈だった。

 今日も「プリン食べたい病」がおさまらなかったので、ソッコー作った。
 目一杯食べてみたかったので、この大きさで↓
(グラタン皿使用)

 厚みはそんなに無いんだが。
07apr26y023.jpg


↓あら熱取り中 普通サイズ
07apr26y024.jpg


牛乳500cc
卵5個 (うち全卵は3個)
砂糖適宜
気まぐれにオレンジマーマレードを少し

130度のオーブンで45分焼く
まあまあかな?

市販品のような、「ふわとろ感」のプリンにしたかったのだが、焼きでは無理なのだろうか?
 でも、冷やして固めるタイプのって、昔あった「(手抜きの代表)ママプリン」みたいでイヤなんだが・・・

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する