Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

シクラメンの花と、羽衣セキセイの背中

子供の頃の冬休み、祖母宅に行くと、
いつも、一鉢のシクラメンがあった。
当時の定番贈答花として、毎年、親戚から贈られていたらしい。

 寒さに弱い種のため、
祖母は、夜寝る前、その鉢をコタツに入れ、大切にしていた。
(掘りごたつで練炭だったため、一晩くらい余熱が残る)

 当時の私には、そっくり返った花びらと、
冬にそぐわない、ドピンクや赤などの派手な色彩が、
どうにも好きになれない花だった。

 なによりイヤなのは「冬の花なのに、寒さに弱い温室花」というところだ。
「ワイルド種好き~」には、温室花は無しなんだ!

それをカバーしたのが、ガーデンシクラメンという小型種だ。
戸外でも越冬可ということだが、一定以下の気温では花は咲かない。

 今は、ピンクが濃くなってしまったが、
今でもよく咲いている。
12/22の花↓
11dec22003.jpg

11dec22004.jpg
 

 この三年くらい、晩秋に一株だけ買っているが、
暑さに弱いため、一度も夏を越せずにいる。
特に好きな花ではないのだが、冬季には貴重な花だ。

今期は二株、無理やり感だが、一鉢に押し込んだ↓
11dec22002.jpg
  
 店に並んでいたガーデンシクラメン
11nove22a043.jpg

ついでに撮った、小型種のストック これも少ない冬の花だ。
11nove22a042.jpg

 白花好きといえど、真冬に白い花も寒々するので、
たいてい、淡いピンク系の花を買うんだが、
今期は、そっくり返った花びらを見て、羽衣セキセイの背中を思いだし、白花も買った。
11nove24017.jpg

背中に大輪の花を背負った羽衣セキセイ↓
淡いブルーと白の子に「小春」と名付けた。
11may18100.jpg

 同時に買った白い子は、「小雪」と名づけた。
背中の花が咲かなかったが、
真っ白い羽の一部に、ほんのりとブルーが掛かり、
セキセイとは思えない雰囲気をもっていた。
11may16003.jpg

 過去の人もそうだったが、
里親候補の人達は、渡す前は「定期連絡する」宣言するのに、
渡すとそれきりの人ばかり…

 いくら忙しくても、月イチで三回くらい、
「元気でいる」のメルもできないんだろうか。
 
私は、アナが来てから死ぬまで、
自主的に、年一で親バカ報告を欠かさずしたが、そこまでは望まない。
 気になるのは生存状態なので、最初の三ヶ月くらいで充分だと思う。

一回の賀状すら来ないと、なんだかな~…と思ってしまう。
嫌いで手放したわけではないから。

 鳥だから?… でも、鳥との時間も、
飼い主にとっては、結構濃密なんだよ。
ただの籠の鳥でなくて、コミュの取れる子達だから。
 
 まあね、鳥って、過去記憶保持低いから、
私のことなんてとうに忘れているだろうし、
とにあれ、元気でいてくれればいいんだけどさ…
 

 賑やかさは消えたが、やつ等が居たという証は残っている。
セキセイたちの換羽のとき、
なんとなく捨てられなくて集めていた羽コレクションたち↓

 この白い羽で「天使の翼とかが出来ないものかな」…とか、
脳が融けそうにスイーツな考えがよぎったことはナイショだ。
 鳥飼いは、一度は思ったことがあるんではなかろうか?
「全部の羽を回収できれば、理論的に同スケールの模型ができるはず」とか。
11nove21a029.jpg

 尾の長い羽は、一羽に二本しかないので、
「お宝毛」と呼び、別の瓶に保管している。
もっとあったのだが、瓶にふたをしていたらカビてしまい、全部捨てた。

 二度目の換羽で…と思ってたが、クリーム黄色の子「萌」の尾羽は、一本しか回収できなかった。
11nove21a031.jpg
  
 瑠璃さんたち、元気で居る?
11nove21a030.jpg


以下、店で見かけた、普通サイズのシクラメンたち
11nove22a038.jpg
↑と↓の、ボカシ咲きは自前だが、
11nove22a035.jpg

この紅白は、単に寄せ植え鉢
奇をてらったというより、普通に正月用かな。
11nove22a036.jpg

11nove22a039.jpg

以上、11/22の画  インコも花も、もう「去年」の記憶となってしまった。
11nove22a041.jpg


スポンサーサイト
このページのトップへ

セキセイ軍団去る そして誰も居なくなった

 長いこと… でもないか。
自室の花であり、破壊魔であったセキセイ軍団が去った。
籠のスペースがポッカリ空いた部屋が妙に静かだ。

 始まりは、衝動買いに近い形で飼った、
一羽のコバルトバイオレットのセキセイだった。

名を「瑠璃さん」という。
我家初の人語を操るインコとなった。
11nove19023.jpg

 私の生活に慣らされ、深夜までピーピーギャアギャア賑やかな鳥たち。
テレビなんて無くとも、始終、鳴き声が聞こえて騒がしかった。

変だが、集合写真
基本的に明るい彼らは、何にでも興味を持ち、
ある意味、とても前向きという、私には無い性質を持つ。
11july14001.jpg


 アナが逝ってからというもの、
何もかもがイヤになってしまい、私はどうなっても構わないが、
セキセイたちの将来が不安だった。
あんな小鳥でも十年近くも生きるのだ。


 そこらじゅうでアナの姿をかいま視る日々、
いつまで自我を保てるかもわかりゃしない。
 夜の墓参り時、敷地内をうろうろし、
畑の穴の中まで確認しなければ気が済まない。(よく変なところに落ちてた)
どんなに探しても居るはずの無いワンコを。


 なにせ、自宅敷地内に列車が通ってるような立地ときている。
ふいっと線路へ出てしまいそうになることも度々…
駅に近いここでは、列車の速度が落ちているから、
とりあえず、死にはしないだろう。
それはそれで今よりも困るわけだが。

 だから、この数ヶ月、里親掲示板などで、
託せそうな人を逆指名すべく探していたのだが、
うまくなく、思い切って、こちらから募集を掛けた。

 最初からそうしれよ?
いや、業者じゃないパンピーは、金銭の絡むやり取りはできないから、
無償で掛けると、「何でもいいからタダでクレクレ」な人ばかりが集まり、
最終まで至らないということを、経験者なら知っているはず。


 だから、あえて良いことは書かず、
色々な悪条件フィルターを仕掛けてはみたが、
今回もそんな人が大半だった。
 そもそも、募集の記事自体を理解できていない。
もう、うんざり!

 百万回くらいは言いたい。
おまいら、自分がその立場になったら、
赤の他人に、そんな失礼なメルする人に託す気あるのか!


 うち、一番最初に来たメルが一番マトモで、
全部を引き取り可だったこともあり、
結局、その人に託すことに決め、機会を待った。
それが今日だった。

 遠くからの引き取り、実にご苦労様だ。
そのくらいのリスクを払う気の無い人には託せない。
それなりの子達でもあると思っているし。

 もちろん、迷いはあった。 在り過ぎた。
特に瑠璃さん、長い時間を過ごした分…
よほどカポーを残そうかとも思った。
 しかし、多分、瑠璃さんの嫁は先に逝ってしまうから、
瑠璃さんは、じきに一人になってしまう。
死に別れよりはマシだと自分に言い聞かせた。
 
 そういえば、オカメを手放したのも去年のこのくらいの時期だったな。
発送した帰り道、涙が止まらなかった。
一年足らずしか居なかった子なのに。
 
 部屋へ入るとき、臆病なオカメが驚かないよう、
必ず声を掛ける習慣がついていた。
そういう習慣が中々消えなくて切ない。
僅か二ヶ月後、比べ物にもならない喪失がくるなど微塵にも思わず。

2010年夏、転がっているアナにちょっかいを出すオカメ
10june17007.jpg


 小鳥は、一日でも餌が切れれば死に繋がる。
僅か40グラムにも満たない命。
五羽あわせても、アナの体毛にも及ばない重さ。
 そんなに小さいけれど、とてもハイパーな。

そして、彼らなりに嫉妬などの感情もある。
瑠璃さん夫婦宅を覗く、間男「小春」
11nove19038.jpg

「小春」の間男ぶりは、倫理観などない分、とても明快で積極的だ。
背中に大輪の花を背負い、堂々と家宅侵入。
何度みても、花の様に綺麗な子だった。
11nove19025.jpg

11nove19040.jpg

 最後だからと、直前に放鳥したのだが、
なにかを感じたのか、早々に籠に入ってしまった。
 手前で振り向いているのは「小雪」
11nove19067.jpg

小雪は羽衣なのに、背中の花が咲かなかった。
当初はガックリしたが、なんか、小雪って、とても可愛い子だった。
11nove19058.jpg

なんとかして、最終の集合画を撮ろうと試みるも、
11nove19063.jpg

「萌」は一人別所で破壊行動にいそしんでばかり。
11nove19047.jpg

それぞれ、皆、性格が違うのが面白い。
そして、それぞれ、全部が愛しいから厄介だ。
11nove19044.jpg

 インコたちが増え、最大時には籠が三つあったため、
籠の掃除を忘れないよう、カレンダーに予定を書き込む習慣ができていた。
底の敷き紙は毎日交換するのだが、解体して洗う日だけを記す。

 最初に一月分決めてしまうので、今月は、キャンセルが沢山できた。
アナが生存中は、「アナ」というメモが書き込まれていたが、
それも、今は遠い過去。
11nove19001.jpg

イン子、オカメ、アナ、セキセイ軍団…
とうとう、誰も居なくなった。…ベタは居るけど。
見方を変えれば良いことひとつ、私の心残りは消えた。いくぞ~!
このページのトップへ

お宝毛

 数日前、籠の中に白い長い羽が落ちていた。
セキセイの尾羽の一番長いヤツ。
この時点ではどちらのものか不明。

放鳥後暫く、アレ? 小春(こはる)の尻尾が短い!
もう一本も抜けた小春は、妙に小柄になっていた。

 瑠璃さんも抜けるが、一度に二本とも抜けることはないため、余り目立たないのだが、
羽衣たちは二本同時に抜けてしまう。
このへん、奇形を固定した無理があるのかも。

この長い羽は、一羽に二本しかないため「お宝毛」と呼び、なんとなく保管している。
11sep08a003.jpg


尾羽が無いと舵取りができないとかいうが、
セキセイに関しては、本来、ここまで長い羽は必要というわけではないらしい。
 要するにハッタリが主なのだ。
だから、これが抜けると、とても小さく見える。
11sep08a004.jpg

11sep08a005.jpg

見慣れないため、どうしてもアンバランスに見えてしまう。
11sep08a008.jpg

短い…
11sep09da1054.jpg

 尾羽だけでなく、翼も短期間で対で抜けてしまうため、
さすがに飛びにくいのか、さっさと籠に入ってしまうし。
これは、野生ではありえんな…
11sep09da1055.jpg

11sep08a010.jpg

それにしても、なんて目つきの悪い。
11sep09da1056.jpg

背中に花を背負っているというのに、とってつけたようカッパ頭が…
11sep09da1057.jpg

 自室には青い鳥、外には天国の青い花…
幸せの青い鳥は、童話のとおり、身近にあるものだと気づくのは、
たいてい、それを亡くしてから。

ヘヴンリーブルー、天まで伸びて、私を連れていってくれ。
11sep08a002.jpg
このページのトップへ

セキセイ 首吊り未遂

 年末のニュース見てると、世の中平和そうに見える。
しかし、盆がこようが、正月がこようが、
めでたい人ばかりではない。
 色んな意でも判りやすい「区切り」だから。


 さて、ジャンボセキセイという前提で買った新入りの春日(はるひ)だが、
挿し餌を受け付けなくなる時期だったためか、
「ちょっと太ったインコ」程度に収まってしまった。

↓手前がソレ
10dec28027.jpg

 手乗り雛のはずだったのに、ほとんど馴れてないし。
10dec28029.jpg

 ウチでは放鳥時の止まり場所として、
プラ籠をこんなふうに改造して吊るしている。
 インコが上段に留まれば糞も床には落ちないと思ったんだが、
思うようにはいかない。
09aug01050.jpg

 朝の籠掃除の時は完全放置だし、
夜も、かなり好き勝手にさせている。
 籠の縁からぶら下がったり、紐にぶら下がったり、
紐の結び目を解いたりして遊んでいる。

さきほど、春日がそこで変な声を出していた。
上段から小雪が覗いていたので、ちょっかい出してるのかと思った。
 一応、けん制に行く。

 春日が逃げ出さないので変だと思ったら、
紐の輪部分に首を突っ込んで首吊り寸前になっていた。
一応足場はあったが、長びいたら本当に首吊りになってしまう。

 つか、
なんでそんなところに首を入れるんじゃ~! オマエは~!
↓タブが無いのでマウスで無理やり描いた図
2010dec29haruhi.jpg

いいか、正しい使用法はこうだ!↓
10may10016.jpg
 かなり考えて、あの造りにしたんだけど、
紐の辺りを再考する必要があるんだろうか…


このページのトップへ

セキセイの顔

 成鳥の雄セキセイの顔はフクロウに似ている。
…と、かねてから思っている。
10dec22033.jpg

 雌はオトナになっても可愛い顔のままなのに…
反して、性格は限りなくキツくなるけれど。
10dec22022.jpg

 自ら求愛行動をとりつつも、
いざ嫁が寄って来ると、何気に怯える瑠璃さん
10dec22032.jpg

10dec22031.jpg

10dec22034.jpg


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する