Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

デジカメ、サブ機その2 PowerShot A3200 IS

ケータイのカメラが使い辛いため、
機会があったら小型のデジを買いたいと思っていた。
ワンピースのポケットにも入るくらいの。

 出かけるときはバッグにポイと入れられて、
サッと出して、記録的画像が撮れればいい。
もちろん、メイン機が故障したさいの代理にも。

 美術的な写真ならば、
一眼のように、一箇所だけしかピントが合わなくてもよいが、
オクとか、小物を撮るさいには、前ボケも後ろボケも邪魔なだけだ。
だから、そういう小物を撮るには、安いコンデジのほうが使いやすい。

 以前使っていたコンデジは、小さなビーズのカットとかもビシっと撮れた。
より性能が良いはずの、ミノルタA1には出来ない技…


 しかし、あまりにもモデルチェンジが早すぎて、
また、種類が多過ぎて、ドレにすればいいか判らない。
 カシオは広角が使えるのがいいんだが、
手振れに弱い傾向があるらしい。

初めて買った、ニコンのコンデジの後継機の詳細を見たが、
なんかあまり評判よくないし、
レンズも、その頃より暗くなってしまっている。劣化してどうする!

 むむむ… メンドクサ… 放置。


 先に買った、富士フイルム FinePix HS10のショップが、
決算セール二段目に入り、
丁度出ていたのが、型落ちとなったコレ。
PowerShot A3200 IS


1450万画素(総画素) 
1410万画素(有効画素)1/2.3型CCD
 ←小さいCCDにこんなに詰め込んだらイヤン

28mm~140mm F2.8~F5.9 ←まあまあじゃね?望遠側はともかく
最短撮影距離 3cm(標準) 3cm(マクロ) ←こんだけ寄れればいいか

動画撮影サイズ 1280x720 記録方式MOV  ←ワンも居ない今、何を撮れと…
顔認識アリ ←私には死ぬまで要りそうにない装備

幅x高さx奥行き 95.1x56.7x24.3 mm
重量 130 g
電池タイプ  専用電池
 ←この辺が難…


 私の要求はほぼ満たしていたし、
なにぶん、値段が安かったので、思い切って買った。
A1を売った分が少しあったし。

 欲を言えば、ブルーのが欲しかった。
いっそ、アクセサリー的な感覚でも…と。
他の店には在庫があったんだけど、少~し割高だったので諦めた。

 アクセ的な…ということで、IXYがそれらしい面を主張しているが、
実は、このときまで、
IXYとPowerShotを同じメーカーが作っているのだとは知らなかった。

 だって、CMコピーが真逆じゃん!
IXYのCM見るたび、もやもや感が出ていたわけも、なんとなく解った。
あまりに外面ばかり強調するから。(中身はカスですか?的な)

 ブルーのが欲しかったのならIXYでええやん、な感もあるが。

11sep25002.jpg

 ちっさいコンデジは、5Mもあれば十分だから、
無理して画素数詰め込まんで欲しいよ。
 最初に買ったヤツなんて、2Mだったが不足は無かった。

 コレも液晶画面がピカピカ仕様、暫くは普通の保護シートを貼っていたが、
先日出たさい、反射防止シートを買い、張り替えた。
ピカピカはやめてくれ~
11sep25m002.jpg

さすがに付属のストラップはアレだし、第一、紐が長過ぎる。
11sep25004.jpg

数日後、自作のストラップを取り付けた。
11sep29001.jpg

 これも、先日書いたケータイと同じく、
意地でも市販の金具なんて通さへんで~! …な穴が開いている。
 ビーズなどのパーツは手持ちで十分だったが、
この部分との接続の為だけに、
ネッショでワイヤーを買い、ついでに他のパーツも買うハメに。

 本体は軽いが、持ち歩く率はケータイよりはるかに高い。
ストラップ部のテグスは二号を二重に通し、
接続部のカンは二個使いで補強した。
 紐だけ持って出歩くわけじゃないから、多分、持つだろうと思っている。
11sep29003.jpg

 石は、手持ちのアマゾナイトを使用。
霊感壷的なものは嫌いだが、
そのテのサイトによれば、キモチを落ち着ける効果があるそうだ。
残念ながら、私は信心がゼロなので、その手の自己暗示の効果はない。

 困ったときのなんとやらで、以前、そっち方向に助けを求めた元カレに、
アマゾナイトの薬効(?)の説明をしたら、
「オマエ、それ常に着けてろ。その猛獣みたいなところが抑えられるかも知れんから」
…と、実に失礼なことを言われた。
 
 いっそ、本当に、豹にでも変身できればいいんだが。
11sep29002.jpg

 こういうコンデジって、レンズカバーが長持ちしないよね…
前の二機も、そこが壊れて終わった。
他になんとかしようがないんだろうか。
11sep29004.jpg


 さすがにポケットは無理やり感がありすぎ、ポシェットを作ってみた。
軽いんだが、こういうふうに、吊る紐が長いと、
下げて動くうちに、ガラス細工の頚椎にググっとくる。

 それでも、断然、フジよりは軽くて楽なので、
散歩のさいは、こちらを持ち歩く。=フジはあまり出番が無くなった。
11oct01c021.jpg

 ケータイと比較。
電話のほうが大きいって普通なんだろうか…
11sep25005.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

デジカメ、サブ機 その1 EXILIMケータイ

 デジカメって、今日まで動いてても、明日は判らない。
だからサブ機が無いと不安になる。
少なくとも私は。

 制御盤はいきなり逝くし、
自分で基盤を作れる人でも、
他人の作った基盤は解らんのが普通らしい。


 私の素人考えでは、
パーツ一個ずつ、順番にテスターかければ、
何処が逝ってるか判りそうな気がするんだが、
許容電流が小さすぎて、普通のテスターを掛けると、
マトモなパーツも焼ききれてしまうのだそうだ。

 オタッキーな人が、半年くらい掛けて調べれば判る場合もあるそうだ。
(メーカーは、基盤の仕様を絶対に外部に教えないので)
 以上は、以前、うちの工業用ミシンの制御ボックスが逝ったときに聞いた話。

…って、とうにデジカメの話しじゃなくなってるし。


 以前、運転中に当て逃げされたことがあり、
ぶちきれて追いかけ、数キロ先の信号で追いつき、
とりあえず、持っていたコンデジで相手の顔と車のナンバーを撮った。

 担当の保険屋さん「携帯カメラでですか?」
「いえ、普通のデジカメです。」
「凄いですね、その状況で…」
「いつも持ってて使い慣れてますから」

 その後、現場へ行って、目撃者に話しを聞き込み、
目撃者視線からの景色とかも撮って、
写真と説明画像付きの報告書を出した。
 
 詳細な報告書に、担当の上司の人が(揉めたため、担当が上司に…)
「一体、何をされている方なのですか?」
「本職は縫製の既製服加工です。 他は趣味です」 
 微妙な空気が流れた。 
解ってるわい、私は実用的でないスキルが半端にあるんだよ。

 これほど単純な当て逃げ事故が、裁判にまでなったのは、
当初の担当の人が、
事故相手が、色んな意味で常識外のアホーだと理解してなかったからだと思っている。
(私は対面していたから知っていたが)
 

 以来、ドライブ時にカメラを持っていないと不安でしょうがない。
 
 人身事故は僅かな情報でも真面目に調べてくれるらしいが、
物損だと、車種に色、ナンバーのメイン四ケタまで判っていても、
(かな文字、地名、など全てが必須)動いてくれないのが普通らしい。
それを当事者から聞いていた私は、とにかく全桁を撮ろうと追ったワケだ。

「デジカメ画像は加工ができるから証拠にはならない」ともいうが、
逃走する車のナンバーを、パニくった頭で憶えるよりは確実に違いない。

 デジが証拠にならないってなら、
「写るんです」とか非常用に常備しておくのが一番なんだろうか。
非常時に、パッケージ破って撮れるものか。銀塩は期限があるし。

 そういえば、当時はまだ銀塩一眼を持っていた。仮想してみる。
「携帯カメラでですか?」
「いえ、一眼レフです」 …別な意味で終わっている感。
おまいの職業はパパラッチかよ、…みたいな。

 
 ドライブレコーダーを買え? 当時はそんなもの無かったんだよ。
今は? ほとんどヒッキーだし、余裕がないから付けられない。
余裕があったらソッコー着けてるわな。
 しかし、駐車中も、前後左右で作動せんと、あまり意味無い気も。
いくら車が古くたって、修理代は変わらないんだから。



…てなわけで、
デジカメは、なるべく二機体勢できたのだが、
サブが壊れたり、メインが壊れたりで、
一年半くらいメイン機だけになってしまっていた。

 放置してきた「○フトバンク」のプリケーが、使用できなくなったのが丁度その頃。
仕事でうろうろするようになり、無いと不便になった。
 この時点で、公衆電話は既にオーパーツ並み。
まれにめぐり合っても、受話器取ったら故障していたり。

 で、AUのショップで、EXILIMのケータイを見た。
あ~ こういうのもアリかも。
なにより、兼ねられるというのがイイ。モノが減らせるから。


 その後、寄り道はしたが、結局、auを新規で契約。
これでサブ機ができた!…とか思ったのは、最初の三日くらいだった。
10mar23016.jpg

  
 無理がわかってるので、画素とかは最初から問題外、
広角だから使えるだろう…ということで、サブカメラにする積もりで契約。
11sep25m003.jpg

 画面部が回転でき、カメラスタイルになるので、
普通のカメラつき携帯よりはマシだろうと思った。
10mar24009.jpg

 10mar24008.jpg

 が、所詮は携帯付属カメラ、まず起動が遅い。
こんなん、当て逃げ逃走車を撮るのには間に合わん!

 カメラスタイルにしても、グリップが悪いため、手振れが酷い。
まあ、それは置いといてだ。
どうにもガマンならないのは、いちいち「保存しますか?」聞いてくることだ。
その分、次回のシャッター切るまでロスあって、イライラさせられっぱなし。


 そんなん、全部保存しておいて、要らないやつは消せばいいじゃんか!
メンドクさ~~
要らないやつを消すときも、それはそれでメンドクサい。
一覧ではファイル番号でしか表示されないからだ。
 
 メモリーカードも変なところについていて、
見るからに割れそうなペラペラのカバーを、
恐る恐る外し、電池まで外さないと取れないという、
超イライラ仕様。
 デジカメに電気を食われるのか、凄く速く電池が切れるし。
 
 …というわけで、数日持ち歩いたのち、普通に電話として使用している。

 電源切って、自室のバッグに入れっぱなし、
月に数日しか電源入れず、
千円弱の無料通話分すら、溜まるだけで流れてしまう、
…というのが「普通」かどうかは別として。
 
 いいんだ。元々緊急用の保険みたいなものだと思ってるから。
問題は、その緊急時で、私の行動範囲は圏外ばかりという…


 一般的なストラップは、たいてい、長過ぎて使い辛いので、
落下防止に、自分の手首に合わせてストラップを作った。
 ストラップはともかく、一番の難所はケータイとの接続部である。
「どんな金具も通さへんで~」 …な穴に、アクセ用のワイヤーを二重に通し、
カシメ金具を二箇所で留め、そこへ既成の二重カンを接続する。
…眼が死んだ。

 ストラップ部分は、二号のテグスを二回通してあるし、
とりあえず、一年半が経過した現在も切れていない。
10mar23017.jpg
このページのトップへ

デジカメ、発色の差

 デジカメは、メーカーにより発色の傾向が違うことは知っていた。
紫色系統が青味強く出るのも普通かと。
しかし、こんだけ違うもんかね~

いずれも、上がミノルタDiMAGE A1、下が後続のフジ
DiMAGE A1が、緑被りになる傾向が強いという点を差し引いていも、
青味の出方がさ~…

 もお、花なんてモロ出で、別の花じゃないかと思うくらい。
室内での緑色に差があるんで、オク出品物では苦慮中。
一応、色を補正できるようになっているんだけど、
色々いじっても、中々色が安定しなくて…

ヘヴン
DiMAGE A1 アクアブルーって感
10oct10a030.jpg

FinePix HS10  普通にサックスブルー
11sep25f012.jpg


ゲラニウム  この花は、陽の無いときは、特に青味が強く出る
DiMAGE A1
11july01a012.jpg

FinePix HS10  …ピンク
11sep30f006.jpg


ゲンノショウコ 
光の状態が違うため比較にならないが、
隣のイヌサフランが青味が強く出ている。
DiMAGE A1
10oct10a004.jpg

FinePix HS10
11sep25f016.jpg
同 イヌサフラン
11sep28012.jpg


ブッドレア  これに関しては、差がありすぎだよ…
DiMAGE A1 青味強過ぎ、でもこっちのほうが実物に近いかも
11aug04a028.jpg

FinePix HS10 ピンク強過ぎ
11sep13f018.jpg

スイレン
DiMAGE A1 このとおり、普通に薄いブルーの花と思っていた
11aug16a035.jpg

FinePix HS10 …orz 紫ってゆーか、ほとんどピンクになってるし
11sep30f001.jpg

11sep30f003.jpg

オキシペタルム
DiMAGE A1 ヘヴンと同じく、アクアブルー系
11sep09a1015.jpg

FinePix HS10 やっぱりサックス系
11sep22f038.jpg


ナギ
DiMAGE A1 青すぎ
11sep03a002.jpg

FinePix HS10 ピンク過ぎ
11sep17006.jpg

あああ~~~ どうすりゃいいのさ~
 
 今思うと、一番最初に買った、安価なニコンのコンデジが、
「作った感」モリモリではあったが、一番綺麗な発色だったような気が…
 過去の想い出が綺麗に補正されているのと同類なんだろうか。
このページのトップへ

フジフィルム FinePix HS10 購入顛末

 ワンコが逝ってからというもの、
定期的に外へ出ることもなくなり、
同時に、写真を撮る機会も半減以下となった。

が、オク出品にデジカメは必須だ。
現行機(だった)ミノルタ A1は、
昨年初冬頃から、色々と不具合が強くなってきていた。

固まるのは珍しくなかったが、
シャッターボタンが利かないときもあり、
電池もそろそろ寿命ときている。

マズイな~…と思いつつも、
条件に合う後続機が無かった。

ローアングル撮りが多いのと、
生来の面倒がりにて、バリアングル液晶は必須。

しかし、一眼はもうイヤ。
レンズ交換なしで広角から接写までいってくればいいが、
(↑それはもはやレンズ交換カメラとは呼ばない)
やたらに荷物ばかりが増える。
長期旅行のときなんて、車のトランクの三分の一がカメラ機材だった。


 昨今は、一眼の値が下がったため、
なんでもかんでも一眼が一番!みたいな風潮になっているが、
本当に必要な人ってどのくらい居るんだろう。
 「長年一眼使ってて懲りた」という、
私みたいなパターンは案外多いんいじゃないかと思う。


 少なくとも私は、そこまでシビアな画は要らない。
年に数枚、せいぜいワイド四つ切サイズでプリントに出す程度だし。
ちなみに、今期伸ばしたのは、全部、ワンコの遺影のみ… 
 これじゃ、撮る意欲も無くなるって。


 で、キャノンとニコンで、
バリアングル液晶機が出たのを知ったのが1年前くらいだったか…
実機を見たが、キャノンのほうは、バリアングルの動作に二段階要り、使い辛い感じ。
言い換えれば、自分撮りをしたい人にはあっちのほうが向いているだろうと思った。

ニコンのほうは上下動作だけなのでさっと使える。
本体も軽くて、店でもこちらを勧められた。


 しかしだ、二機とも、当然のように電動ズーム機なのだ。
電源ONでレンズが繰り出すアレ。
 一見楽そうなんだが、
ズームリングが、サッと動き、思った位置でピタッと止まらないのがタルい。
この辺は、長年の一眼使いだからこそ感じるタルさだと思う。

 沈胴式レンズなので、先端部に、ねじが切ってない。
…というか、多分、自動でレンズが引っ込んでしまうため、ねじ山を入れられないのだろう。
なので、保護フィルターとか、フードとかを付けられないという難がある。
カメラを日常的に使うものにとっては、保護フィルターは必須だ。

過去、一眼をレンズ部を下に落としてしまったことがある。
ガシャンという音に、「終わった!」と観念したら、
フィルターが割れただけで済んだ。


 悩んだが、まだA1は十分に元気だったので、
まあ、どうにもならなくなってからでいいや…と保留。
なんたって、機械的な操作感が使いやすかったからだ。


 そうしている間に月日が経過、
タマタマ、どこかで、手動ズームでバリアングルのがあることを知った。
ふ~ん… 
これならいつでも買い換えられるわ。
(次代に変わっても、装備は変わるまいし)
 と、また保留。 なにぶん、資金に余裕がないのだ。

 撮るのが趣味というより、オク用に近くなっているので、
もはや仕事用みたいなもの。
そうなると、買う楽しみというものが無いのだ。
親バカ記録対象のワンコも居ないしね。


 それから数ヶ月、ブクマしておいたページを見ると、
既に生産終了。はやっ… しかし、まだ在庫を持っている店もある。
後続機は微妙に評判が良くない。

 微妙な値段のヤフオク中古と、
某比較サイトで価格比較をチェックしていたら、
ある日、最安値の店のクチコミが載っていた。

 台数限定か…しょうがない、ここで行こう! 
送料も無料だし、この値段なら、付属品を買っても、オクの中古と大差ない。
てなわけで、その夜のうちにポチった。

FinePix HS10
有効画素数 1,030万画素
撮像素子 1/2.3型 裏面照射型CMOSセンサー
 ←CCDとの差が解っていない

 
フードは別売で取り寄せだった。
皆、あまり使わないんかね?私はレンズ保護の意味でも欲しい。

レンズキャップつけるの面倒だから、
黒いバッグに入れて、光が入らないようにして持ち歩いてるので、
フードがついてると、フィルター面とバッグが接触しなくてよいのだ。

撮影の都合でフードは外している。
ちなみに、フードは、安っぽい、ペラペラのプラだった。
万一、踏んだりしたら一発だろう。
まあね、当時10万越えの贅沢仕様のA1と比較にはならんわな。
11sep09003.jpg

ズームは凄いが、ズーム側はレンズが暗いので、
私の使い方では、あまり実用的ではないと思う。

名称 フジノン光学式30倍ズームレンズ
焦点距離 f=4.2mm~126mm
(35mmフィルム換算:24mm~720mm相当)
開放F値 F2.8(W)~F5.6(T)
絞り F2.8~F11(W)、F5.6~F11(T) 1/3EVステップ 手動/自動切り換え

11sep09m003.jpg

 バリアングル液晶は、ズボラ~には必須装備
年代の差が液晶画面の大きさに表れる。(老眼にはありがたい)
 しかし、グリッド表示は装備されてないようだ。
11sep09001.jpg

前機のグリッド表示画面↓
私の癖か、たいてい、左側が水平から下がるので、これで水平取っていた。
(しかし、それでも傾くとゆー…)
11sep09da1a003.jpg


 PCのようにピカピカ液晶なため、
戸外でチルトさせると、反射して何も見えん…
一緒に買った保護フィルムもピカピカ透過。

 ノングレア液晶って、実にありがたいものだったことを知る。
その後、反射防止フィルムを探して張り替えた。
11sep09008.jpg

撮影可能範囲(レンズの先端から)

標準:[広角]約50cm~∞、[望遠]約3.0m~∞
マクロ:[広角]約10cm~3.0m、[望遠]約2.0m~5.0m
スーパーマクロ[広角]約1cm~1.0m
クイックショット:[広角]約2.0m~∞
クイックショット:[望遠]約5.0m~∞


11sep09009.jpg

 デジの専用電池は高価なので、
「単3形充電式ニッケル水素電池×4本」というのはありがたいが、
以前使用していた「DIMAGE7」の電池食らいのトラウマがある。
なにせ、中古買いの本体よりも、電池代のほうが倍くらい掛かったのだ。

 あまりに電池食いなので、最高容量の2600mahの電池を二組買ったが、
一年も持たず…
後に、容量の高いものは、寿命も短いのだと知る。
 あまりに電池代が掛かるので、一年くらい使ってA1を中古で買った。


てなわけで、とりあえず、エネループをワンセット一緒に買い、
使用してみたら、使える範囲と判断。
その後、もう一組を追加購入。

四本もあると、交換のさい、間違って混ざってしまうことがある。
以前も、それを懸念して、各電池に記しを付けていた。

 エネループは、地色が白なので、
ふと思いつき、プラス側にアクリル絵の具で花を描いて見た。
購入期が判るようにと、秋の花コスモスを。
11sep22 025

 もう一組は悩んだ。
小さなスペースに描ける秋の花は、ピンク系の花が多いからだ。
それでは区別の意味がなくなってしまう。
 
 かなり無理を感じたが、「とりあえず今も咲いているから」と、
瑠璃茉莉のブルーの花を描いてみたが、
描いた私が見ても、コレをルリというには、かなり無理を感じている。
11sep25 001
このページのトップへ

ディマXG急逝

 一昨日、久々に岐阜市へ出かけた。
未だ治らない足をテーピングで補強、強引にストラップサンダルを履く。
後は、極力、「ドアtoドア」強行軍だ。

途中、ディーラーでオイル交換を済ませ、
カイロプラクティックへ寄り、桜を堪能し、
満足して帰る予定だったのだが…

 往路中、コンデジ、ディマXGが急逝した。
最初、液晶が逝ったのかと思ったが、
レンズカバーが開いてないのに気づいた。
起動すると、一旦カバーが開くものの、すぐに閉じてしまう。

開いた時に掛かる爪か何かが外れたのだろうと思った。
それならば、カバーを何かで止めてしまって使うという手もある。
インナーズーム方式だから、レンズが傷付く率も低い。


だが、強引にカバーを開けると、ピントが合わない。
多分、レンズカバーが開くと、連動してレンズが起動するようになっているのだろう。
このレンズカバーは、タダの蓋ではないというワケだ。
 変に凝った作りが、ありがたいような、ありがたくないような…


 サブ機なので、どうしようもないわけではないのだが、
記録撮りには、こちらの方が機動性がいい為、無いと不便。

 ああ~ 丸一年持たなかったよ…
オク買いの中古とはいえ、傷らしい傷もなく、綺麗なデジだった。
去年の晩秋、電池買ったばかりなのに~~
 がっくり…

08june10x027.jpg

XG最後の画  コブシ街道はコブシが花盛り
09apr07039.jpg

隣市内の桜並木
09apr07006.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する