Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

最近のお気に入り

 珍しく食べもののネタで。

この夏の猛暑で、毎日アイスをドカ食い&ポカリ飲みな日常が祟り、
夏バテしつつも夏太りしてしまった。

アイスのお気に入りは、
チープなシロクマのバー(6本入) = 日常用

ちょっと贅沢してみたい時は、
森永の「MOW」 定番のバニラに始まり、チーズとか、キャラメルとか

 しかし、今期は、その「MOW」すら入手できない夏だった。
田舎ゆえ、カップタイプのアイスがほとんど売られてないのだ。
 去年までは、なぜか近所の田舎展開ホムセンに、アイスが数種あったのだが、
今期はアイスの取り扱いをやめてしまったらしい。
代わりに、その一角には金魚が売られていた。

 いつもそのホムセンで買っていたため、
この町に、カップタイプのアイスが売られてないという事実を知らなかった。
コンビニにもない。
○ーゲン○ッツなら、コンビニでもスーパーにもあるが、
「ちょっと食べたい」程度にアレは贅沢である。
たま~に「○ーゲン○ッツ」を一個より、
日常的に食べられるコスパのもののほうがいいし。


 ところが、この秋に、なんと、このド田舎に、
某ドラッグストアが出来た。
食料品も売られている店なので、
そこでアイスも入手できるようになった。

 で、そこで買い物してたときに、
近所の犬友に出会い、
知ったのがコレだ。
  
見た目はショボイが「凄く濃厚」という証言を信じて買った。
ホント、凄く濃厚!
見た目からして、言われなければ絶対買わなかったと思う。
MOW好きにはお勧め!
13nov03 004


ドラッグストアは、
そこにあった、ちょっと高級な(私にとっては)ドライブインが、
赤字で辞め、その跡地にできたのだ。
 町を代表するといってもいい店だったので、
町としてはどうかな…という感は否めない。

 かつては、大型観光バスがガンガン入り四季を通じて賑わった店だった。
春夏は行楽、冬はスキー客で溢れていた。
要するに、周辺の国道沿いにある大型店はそこだけだったわけだ。
やがて、隣市に高速道路ができ、
この町が陸の孤島化していく流れの果ての終末だった。

 なんだかんだ言いつつ、便利になったことは確かだ。
しかし、こんな田舎に、あんなストア作って、
潰しあいにならなきゃいいんだが…
 車必須の田舎は、やはり色々とメンドクサイ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

樟脳=ナフタリン=×

 ひゃくあし(←どうしても書きたくない)出現におき、
自室に樟脳を置いた。

アレの忌避効果があるらしいが、人間も臭くてたまらない。

 ガマンしていれば、三日もすれば匂いは判らなくなる。
体に染み付くであろう匂いを、
他人がどう感じるかはギモンだが。

 
鳥? 死ぬようなことはないだろう。
虫だって「忌避」程度なんだから。


 宣伝じゃないが、樟脳といったらコレ↓しか無いんだ。
「タンスに○ン 一年」とか、そういう類のものに比べると、
効果は短いのに、高価だ。
10june12001.jpg


 たいていの人は混同しているが、
樟脳樟脳=ナフタリン ではない。
樟脳はあくまで樟脳だ。

 近所の婆様たちですら混同していて、
何度説明しても納得せず往生した。
件の婆様は、ナフタリンをてんこ盛りにしたそうだ。

 だ~か~ら~
ナフタリンはナフタリンだってば!!
(バラジクロルベンゼン)


 誰もこんなの食わないから…
とか突っ込みは置いといて、
中はむき出しのブロックなので、
一個ずつティシュで包んで、セロテープを巻いて、
揮発の調節をしている。
10june12002.jpg

残りはキチンと密閉して保存しないと、
一月もしたら揮発してしまっている。
もちろん、臭い。


 肝心の効果のほどは、
…良く判らん。
「いわしの頭も信仰から」レベルかも。

 でも、「あ゛~ 樟脳置いているのに出た~~!」
という場合、もれなく樟脳が揮発していたので、
まったく効果がないわけでもない。
…ような気がする。


 ちなみに、この時期は、マムシに遭遇する季節でもあるが、
私としては、自室に入ってくるアレのほうがイヤ度が高い。
このページのトップへ

冬季のお気に入り

 昨日買ってきた紅茶「「レディグレィ」と、冬季限定チョコ「ラミー」
缶入り紅茶は、ド貧乏人間を、ほんの少し贅沢な気分にさせてくれる。
09feb17015.jpg

 基本、チョコ類は嫌いなんで、冬場にコレを食べるだけ
年間6枚くらいか。
09feb17016.jpg

このページのトップへ

対 ネズミーランド

 連日の鼠にムカつき、殺鼠剤を買ってきた。
ウチのように、そこらじゅう食い物だらけの家で、どの程度の効果があるのかは怪しいが、
何もしないよりはマシである。

「何も」どころか、小屋には接着シートが仕掛けてあるし、
自室と隣室には鼠取り籠が仕掛けてあるんだが、効果無し。

過去には、接着シートに、犬とネコが掛かり、後始末に往生したものだ。


 数日前の夜など、私がこうしてPCっているのに、
数十センチ離れた小物入れの上に尻尾が垂れたきた。
思わず尻尾を掴もうとしたが、頭がぶら~んときて食いつかれてはイヤ過ぎる。

 で、毒という最終手段に出たのだ。

08dece30001.jpg

 しかし、仮にも毒である。
こんな簡単に、身元照会も判子も無しに買えていいんだろうか?
 不況の折り、自分で使おうと考えるヤツだっているだろう。
入浴剤の「○トー○ップ」ですら、○殺幇助どうのこうので、会社が潰れてしまったというのに。


 で、成分のワルファリンというヤツをググってみた。
ワルファリンは普通に医薬品らしい。
「ワルファリンは、ビタミンKの作用に拮抗することによりこれらの生合成を抑制し、その結果として血液の凝固を妨げる。」


 なるほど、「少量なら薬、多量なら毒」の典型か。
毒系は即死と思っていたが、一定期間続けないと効果が無いようだ。


小学生の頃読んだ本に、「孤島の野犬」とかいうのがあった。

 成り行きで野犬を馴らして飼い始めた男は、犬と幸せな生活を送っていた。
ある日、村の家畜が連続して襲われ、村人は、元野犬が犯人と推測し、
飼い主に、毒で殺すように求める。
 
 犬は犯人ではなかった。
犬を信頼する男は、必死に庇ったのだが、迫る村人に負け、
犬に、毒を仕込んだ鶏を与えるしかなかった。
 毒は、強烈なストリキニーネ、狐などを殺すのに使ったものらしい。

 なんとかして犬を助けたかった男は、犬の顔の前で手を振った。
「食うなよ」という積りだった。
 飼い主以外には馴れなかった犬は、男の背後の人々に警戒し、
中々口を付けなかったが、鶏肉の誘惑に負け、肉を舐めた…

 犬は、毒の刺激に、反射的に駆けだしたが、その足取りはよろめいていた。
男はどうすることもできず、その後ろ姿を見送った。

 そののち、男は、出先で犬に会ったが、犬は知らん顔をして遠ざかっていった。
あまりにツンな態度に、他人のそら似かも知れないと思いつつ、生きていてくれてよかった。
…みたいな話。

 ウチの初代シェルティは、拾い食いで服毒死したが、
その毒がどこにあったものかは判らないままだ。

 自分にならともかく、生き物に故意に毒を食わせたくないなぁ…
このページのトップへ

3年目の浮気

 よく「三日坊主」というが、アレは飽きやすい人ばかりではなく、ヒトは、3の期間で飽きが来るのだそうだ。
三日の次は、3か月、その次は3年…てな具合に。
 
 ネズミなどの実験でも、ペアの相手を変えると、生殖行為が強くなるそうだ。
できるだけ多くの優性遺伝子を残す為の本能ではないか、という話だ。
「3年目の浮気」というのも、一応、生物学的な根拠があることなのである。
 だからと言って、コレを楯に、浮気の正当性を主張しても、普通は無理だと思う。


  めっぽう飽きやすい私だが、この3年、シャンプー、コンデは、「いちかみ」を使ってきた。
実を言うと、今まで、リピートはしても、そのリピート分を、使いきったことは少ない。
異常に気に入っていても、ある日、突然、イヤになるのだ。
 で、新商品に目が行く。
見事なまでに、メーカーに踊らされてるワケだ。

 だから、そのテのモノは、あまり買い置きはしないようにしているのだが、いちかみは、何度もリピ買いしている。
廃版にならない限り、もう、変える気は無かったのだが…
 以前、背中や顔など、髪の触れる場所に湿疹が出来てしまってからは、ヘタに変えるのが怖くなっていたが、なんとなく、「その原因はオリーブ油のようだ」とは気づいていた。
 

 夏になってから、なんだか、急に、濃厚な桜の香(メーカー自称)が、ウザくなってきたのだ。
で、気になっていた「海の潤い藻」に変えた。
 サラサラしているが、髪が広がって、余計に爆発している。
早く乾くが、なんだかね~


翌日、コンデに、手持ちの椿油を入れてみた。
コレ↓
ネットで見て、春頃から、「いちかみ」のコンデと「流さないトリートメント」に入れて使っている。
 本来は、洗髪後に数滴付けるものらしいが、油が垂れても面倒だし、もともと「いちかみ」には入っているからいいかな、と。
08july22x014.jpg

髪の絡みは減ったが、広がりは変わらない。
 ダメだ こりゃ…
でも、夏には、このくらいの洗浄力が欲しいかも。
まとめ髪の為に、ヘアワックスも付けているし。


 で、一昨日、デジカメを修理に出した日、ドラッグストアで見かけた「×ックス スーパーリッチシャイン」の「ごわつく多い髪」のセットを買ってしまった。
 早速、その夜に使ってみた。
シャンプーはともかく、コンデが臭い!
 乾かしてからも、鼻にツンとくるやんか! 
匂いで咳まで出るよ。
 
 CMコピーのように、きらめく艶髪にはならないし、まとまりがあるかっていうと、いちかみと変わらん。
う~む… 
まだ、「海の…」の方がマシだ。
 ってんで、今日は、使う気が起きなかった。

やっぱり、浮気はやめよう。
(でも、またすぐにしそうな予感)


その多髪女の私は、つい半月ほど前から、ターバンの国のヒトになった。
風呂上がりのみの時間限定だが、頭が重い。
何か?って、頭にパスタタオルを巻いているからだ。
 
 髪が長くなるにつれ、フェイスタオルから、パスタオルの小型改造版へと、少しずつ、大きいサイズのタオルに変えて誤魔化してきたが、ついにどうにもならなくなった。
十代の頃、超ロングヘアだった頃は、普通にバスタオルで拭いていた。
当時は、尻よりも長かったので、それが当然だった。

 その重さを知っているだけに、バスタオル巻きだけはしたくなかったのだが、さすがに限界にきてしまったようだ。
仕方なく、薄手のバスタオルを買った。
 
 山間部は、冬場など、洗濯物の渇きが悪いので、厚手のものは、乾燥に困る。
夏限定の表ガーゼ、裏ワッフル織のタオルがあったので、これなら…と思ったのだが、意外に吸水力が低く、乾くのが遅い。
 
 当然、買い漁った夜会巻きコームではどうにもならなくなり、今は、スッパリと諦めて、毛先をしまわないまま垂らしているので、一見、ポニーテールのような格好になっている。
全然夜会巻きじゃなくなってるよ…orz
 
 しかも、髪の反発力で、時間が経つと、コームが押し出されてきている。
メデューサの頭かよ、私の髪は!
どうせなら、髪を自分の意思で動かせればいいのにさ。
 なんだかね~…
 
「そんなに面倒な髪なら切れ?」
それは無しだろう。
 どうせ、もう僅かな命だからさ。(←黒髪がね)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する